このカテゴリー過去記事一覧
  1. 【映画評】おかえり ただいま
  2. 【映画評】ホテルローヤル
  3. 【映画評】おらおらでひとりいぐも
  4. 【映画評】パピチャ 未来へのランウェイ
  5. 【映画評】水上のフライト
  6. 【映画評】ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち
  7. 【鬼滅の刃】「劇場版」韓国で上映決定!韓国人民感情を鑑み炭治郎耳飾りは塗り潰し処理される模様
  8. 【映画評】スパイの妻
  9. 【映画評】空に住む
  10. 【映画評】シカゴ7裁判
  11. 【映画評】朝が来る
  12. 【映画評】キーパー ある兵士の奇跡
  13. 【映画評】劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編
  14. 【映画評】博士と狂人
  15. 【映画評】ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ
  16. 【映画評】メイキング・オブ・モータウン
  17. 【映画評】オン・ザ・ロック
  18. 【映画評】ミッドウェイ
  19. 【映画評】劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
  20. 【映画評】TENET テネット

2020年11月20日
【映画評】おかえり ただいま


こちらの続き。
朝日新聞名古屋本社販売部傘下の拡張団員が通りすがりの女性を拉致強盗し殺害
【闇の職安 名古屋女性拉致殺害事件】中日新聞 死者のブログを晒す
女性殺害―朝日新聞拡張団を放置できない 朝日社説をインスパイアしてみた

名古屋闇サイト殺人事件に関するドラマ&ドキュメンタリーのリミックス映画。
東海テレビのドキュメンタリー映画はどれもこれも秀作揃いなので楽しみに鑑賞しましたが、ご遺族に忖度しているのか掘り下げ方がテレビのバラエティっぽくて、これはちょっと残念な内容。  続きを読む

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2020年11月16日
【映画評】ホテルローヤル


百円の恋/全裸監督の監督さん作品&波瑠のベッドシーンが堪能できるという触れ込みを聞き喜び勇んで鑑賞。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2020年11月12日
2020年11月09日
【映画評】パピチャ 未来へのランウェイ


90年代アルジェリアの女性人権問題を題材にした作品。前評判がよかったので楽しみに鑑賞しましたが、あまり大した事はなかった。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2020年11月06日
【映画評】水上のフライト


パラ競技題材としたスポ根系作品。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2020年11月02日
【映画評】ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち


一部評価がマチマチの模様ですが、音楽ドキュメンタリーとは思いもせず普通のドキュメンタリーと勘違いして鑑賞している人には肩透かしかも。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2020年10月31日
【鬼滅の刃】「劇場版」韓国で上映決定!韓国人民感情を鑑み炭治郎耳飾りは塗り潰し処理される模様


こちらの続き。
【鬼滅の刃】韓国からの「旭日旗修正」イスラムからの「不適切音声発禁」を乗り越えアニメ化後に原作書売上6.5倍に大化けする快挙

朝日を浴びると死んでしまう鬼滅の「鬼」ってひょっとして韓国のメタファー?となると「上弦の鬼」が北朝鮮で「下弦の鬼」は韓国という事か。

安倍晋三を具現化した竈門炭治郎は韓国にとって忌み嫌う象徴的存在らしいですが、どうしてそこまでして観たいのかねぇ?怖いもの見たさ?  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(8)
2020年10月30日
2020年10月29日
【映画評】空に住む


多部未華子と大森南朋が繰り広げる「私の家政夫ナギサさん」パラレルワールド版。
本編では自己肯定力が低いヤリマン多部ちゃんが猫とセフレ相手にふわふわしています。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2020年10月28日
2020年10月27日
【映画評】朝が来る


前評判がいいのでハードルを上げて臨みました。期待通りの素晴らしい作品。それに引き換え「スパイの妻」は何なの...  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2020年10月26日
【映画評】キーパー ある兵士の奇跡


公開を楽しみに待っていた作品。期待通りの出来でした。起承転結がかっちりしているのも好感。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2020年10月21日
【映画評】劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編


年に何度か宝満には登りに行きますが裏からがメインなので竈門神社は数えるほどしか行きません。とはいえ行くたびに「鬼滅の絵馬」には圧倒されます。竈門神社右手奥から行者道に通じるマイナールートがありまして、途中の愛嶽神社が凄いよ。荒廃し朽ち果てた鳥居が散乱。鬼滅の雰囲気にぴったり。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(4)
2020年10月19日
【映画評】博士と狂人


オックスフォード英語辞典を編む男と男の友情!
まさにイギリス版ゴールデンカムイ!  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2020年10月13日
【映画評】ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ


A24+プランBということで鑑賞。
偶然ですがA24作品は先週に続き2週連続鑑賞となりました。映画館は違うけどね。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2020年10月12日
【映画評】メイキング・オブ・モータウン


客の年齢層高くて笑った。みんなあたま真っ白やん。
上映前の予告編で映画「ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち」「ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった」が流れまして、どちらもロビー・ロバートソンが同じ様な服装で出演していたので笑った。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2020年10月05日
【映画評】オン・ザ・ロック


ソフィア・コッポラ最新作でA24なら観に行こう程度の動機です。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2020年09月29日
【映画評】ミッドウェイ


1976年版も鑑賞したクチです。
なんで中国がこの作品作りたかったんだろう?と考えるとニヤニヤが止まらず。詳細は分かりませんが、観客目線に立脚すると中国共産党の野望はエメリッヒが粉々に叩き潰した模様。

しかしなんでキノフィルムズ配給なのにキノシネマで上映しないんだろう?  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)
2020年09月24日
【映画評】劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン


事件なんか予想すらしなかった去年の春に購入したムビチケ握りしめ公開初日の18時の回に鑑賞しましたがグッズが全部売り切れってどういうこと?
肝心の内容についても、京アニ復活は喜ばしい事ですが、色々モヤモヤしました。色々残念でした。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2020年09月23日
【映画評】TENET テネット


俺たちの天安門町山評論家が相変わらず斜め上の挙動を見せている本作でして、なんでお前は中国語版ティーザーしか掲出しないのか?またアレか?  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(9)