このカテゴリー過去記事一覧
  1. 【新語 ポリコレシャワー】「貴方はポリコレについて議論するには少しポリコレシャワーが足りない」
  2. 【ISLAND 村川梨衣降板騒動】芸スポスレで新作コピペ誕生?
  3. 【新語誕生】池内さおりは「ガラパヨク」
  4. 【ネット流行語大賞 2017】「報道しない自由 タマキード事件 このハゲー! パコリーヌ 一線は超えてない ギフハブ 嘘松 たつき監督を信じろ」ノミネートワード公開
  5. 【捜査書類を送付】「器物損壊 山P容疑者の書類送検(在宅送致)」報道に苦渋するフジテレビが新語「警視庁が捜査書類を送付した」で絶体絶命のピンチを切り抜ける
  6. くまモン、ふなっしーに続け!西宮のご当地ゆるキャラ「野々村竜太郎(47)」女学生のハートを直撃!
  7. 日本語でもフランス語でもない言葉で喚き散らす菅直人(67)ブログに「基ずく」「シュミレーション」
  8. 【新語誕生】「まず原発を再稼働させないこと」阿部知子放射脳議員がテンプレ化に初挑戦
  9. 【2014都知事選】新語誕生「右の放射脳」
  10. 【新語誕生】朝日新聞記者石橋英昭さん「チョンキール」ツイートを完全削除
  11. 【新語誕生】民主党有田芳生先生が造語した新蔑称「特定日本人」が「在日韓国人朝鮮人」を指すネットスラングとして急速に伝播中
  12. 【今週の新語】日本語でもフランス語でもない言葉で喚き散らす菅直人先生「ファシズム的手法の橋下徹はコテンパー」
  13. 菅直人による「福島原発付近は20年住めんぞ。がはは。」発言は、松本健一という内閣官房参与の菅直人倒閣クーデター。ほぼ本当です。米軍情報。
  14. 朝日新聞号に乗った仮面夫婦のカンチョクト
  15. 「アベする」は「自分は聞いたことがないし、ググッても出てこなかったから流行語じゃない!」 と嬉しそうに言っている人もたくさんいましたが、「だから『流行語』という表現は捏造だ」と非難するのは笑止千万だとコラムニスト石原壮一郎氏
  16. 【JR羽越線脱線転覆死亡事故裁判】山形地裁 事前に風の息づかいを感じる事は予測不能と司法判断を下し毎日新聞一審敗訴
  17. 【友愛】ネット流行語大賞2009予備調査結果発表
  18. 新語 「ギーク」
  19. dedicate to 中日新聞 「ネット流行語大賞2007」ノミネート候補作品一覧
  20. 中日新聞コラム 「今年一番流行った言葉はアベする。サワジるも面白い」

2020年07月29日
【新語 ポリコレシャワー】「貴方はポリコレについて議論するには少しポリコレシャワーが足りない」


個人的な趣味嗜好的にはポリコレ認定作品だろうがゲースロはアメコミ映画みたいで全然面白くないし、ウエストワールドは面白いけど展開がワンパターンでケレン味なし。

真面目に記しますと「性別や人種を偏見的に表現せずエログロ描写はゾーニングで対応」するのがディズニーやHBOが提唱する商業作品のポリコレ縛り。HBOのポリコレ認定作品など鑑みるに模範的ポリコレ作品は「北斗の拳」とか?とはいえ現実は共同通信や朝日新聞側の怪電波により扇動された正義リベラルが「北斗の拳」みたいな作品をポリコレ棒で叩きまくり、正義マン側の濫用(現在の倫理基準で過去作を批判、作風が破綻する演者の性別人種均等割キャスティング、トランスジェンダー役をシス俳優が演じてはならないなど)から「ポリコレ」が独り歩きし始め「ボクが考えたポリコレ」と「君が考えたポリコレ」など定義が分岐〜議論が噛み合わない。  続きを読む

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(8)
2018年01月30日
2017年11月23日
【新語誕生】池内さおりは「ガラパヨク」
ホクシン交易 おそ松くん イヤミ 直立マーカー W09FUM0073
ホクシン交易 おそ松くん イヤミ 直立マーカー W09FUM0073

こちらの続き。
【成人誌取扱停止騒動】デマに苦しむ しばき隊池内さおり元議員「フランスでは女の裸や媚びた写真は公共空間に存在しない。日本はダメな国」ネットの知識で安定のドヤ顔ツイート

菅直人「ボクはものすごく原子力に詳しいんだ」→福島原発事故
池内さおり「ミーはおフランスのポルノ事情にお詳しいざんす」→ガラパヨク

ググりましたが結構前から使われていたのですね。初耳ざんす。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(10)
2017年11月10日
【ネット流行語大賞 2017】「報道しない自由 タマキード事件 このハゲー! パコリーヌ 一線は超えてない ギフハブ 嘘松 たつき監督を信じろ」ノミネートワード公開
新聞記者 (角川新書)
新聞記者 (角川新書)

そういう時期が近づいたんですね。
当ブログ的には、報道しない自由、一線は超えてない、〇〇警察、そんな名前の人知らない、だんないよ、すごーい!、どっきどきーのわっくわくー、もしゃもしゃするはブログで使わさせて頂きました。「ハルキ、リセット」はノミネートされていないんだ。「スマホ太郎」は見ていないけど知っている。

他方、永世名誉選考委員だった鳥越俊太郎の婦女暴行騒動に忖度したのか「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」より反政府、反社会ワードは一掃され、糞の役にも立たない無味無臭な自称流行語で埋め尽くされている模様です。
2017年ユーキャン新語・流行語大賞 ノミネート語
参考:【2015ユーキャン新語・流行語大賞】候補発表「I AM KENJI」「I AM NOT ABE」「アベ政治を許さない」「自民党、感じ悪いよね」「戦争法案」「シールズ」「とりま、廃案」  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2014年10月21日
2014年07月08日
2014年03月05日
2014年02月17日
【新語誕生】「まず原発を再稼働させないこと」阿部知子放射脳議員がテンプレ化に初挑戦
解離性障害―「うしろに誰かいる」の精神病理 (ちくま新書)
解離性障害―「うしろに誰かいる」の精神病理 (ちくま新書)

あい続く天災をストップさせるには昔なら元号でも変えるところだが、今必要なのは政権交代ではないか?  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2014年02月10日
【2014都知事選】新語誕生「右の放射脳」
30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと
30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと

「選挙に克つ」というのは何かを捨て去ることです。それがいつまでたっても出来ないのが民主党率いる地球市民。
耽美で退廃的。自壊と自虐に身悶える破壊衝動に満ちた「4列目の男」の美学。

以下、田母神陣営の中の人(上記書籍著者)による発言です。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2013年05月16日
2013年04月01日
【新語誕生】民主党有田芳生先生が造語した新蔑称「特定日本人」が「在日韓国人朝鮮人」を指すネットスラングとして急速に伝播中
ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)
ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)

「情けは人のためならず」などと同じパターンですね。

本人は「誰得会」を揶揄するつもりで自慢げに命名したのでしょうが、「特定アジア=中韓朝」から「特定日本人=在日、または地球市民」を想起するのは自然な感情。
酷いやつだね。芳生スターリン。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2013年03月18日
2011年04月14日
菅直人による「福島原発付近は20年住めんぞ。がはは。」発言は、松本健一という内閣官房参与の菅直人倒閣クーデター。ほぼ本当です。米軍情報。
ウィルソン・ピケット・グレイテスト・ヒッツ(スーパー・ファンタスティック・ベスト 2009)
ウィルソン・ピケット・グレイテスト・ヒッツ(スーパー・ファンタスティック・ベスト 2009)


一瞬で内閣支持率10ポイント減、民主党支持率半減、更に当該地域で自殺者まで出し、民主党にトドメを刺した最終鬼畜菅直人の「原発周辺は20年間住めない」発言。
真実は菅直人ではなく松木健一という参与の暴走だったそうです。。
今まで報道された菅直人による一連の狂気・鬼畜・異常性愛発言と称されたものは全て、松本健一という稀代の売国奴による反社会行為である蓋然性が高まりました。


松本健一という狂人の罪を黙って被っていた塗炭の苦しみ菅直人さん。本当にごめんなさい・・
松本健一という破廉恥な非国民は直ちに議員、じゃなかった特別公務員辞職し、小沢一郎と一緒に福島原発で雑巾がけしろ!  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(24)
2011年01月03日
朝日新聞号に乗った仮面夫婦のカンチョクト
国防
国防


石橋さん、何やってんですか?
(動画は100%削除されるので閲覧はお早めに)  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2010年06月16日
2010年03月20日
【JR羽越線脱線転覆死亡事故裁判】山形地裁 事前に風の息づかいを感じる事は予測不能と司法判断を下し毎日新聞一審敗訴
メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書)
メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書)


確かこの年は、東京新聞の「なぁに免疫が付く」と変態の「息づかい」が世間の話題を二分した当たり年だったと記憶していますが、予想外の判決結果となった毎日新聞は上訴するのでしょうか?  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2009年11月13日
【友愛】ネット流行語大賞2009予備調査結果発表
知られたくなかった2012創造説

その前に、クソ詰まらんユーキャンから。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(9)
2007年11月14日
新語 「ギーク」
最近目に付くトレンド用語ww

定義は定まっていない模様ですが、「サイエンスヲタ」とか「プログラムヲタ」でしょうか。いい意味で。

で多分、社会的に認知されているけど敷居が高いカタカナ領域のエキスパートさん且つライフハック(笑)なお洒落さん全般が、ギークと総称されそうな気がする。

無駄な知識に秀でたダサい達人=オタク
俺には関係ないが誰かの役に立つかもしれないおされな達人=ギーク

ま、脳内憶測ですので文責持ちません。

これなど分り易いかと ↓

ギークなお姉さんは好きですか
恋焦がれる理想の男性・ギークに近づくため、PHPをお勉強してギークな女を目指すブログ

おいらは何かと考えるに、CMSギークちう。


で、人前じゃタバコ吸わないのに、おいらの前ではタバコ吸う女って、ギークでつかw

  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2007年11月05日
dedicate to 中日新聞 「ネット流行語大賞2007」ノミネート候補作品一覧
ネット流行語という位ですのでリアルの世界での流行語とは異なりかなり限定的なスラングではありますが、パペットの如く流行語を自在に創出し操る中日新聞の川北隆雄君でさえ、流行り言葉をネットの検索エンジンにて下調べしているご時勢ですので、一見の価値はあるかと。

で、トップ5は流石に当ブログでも何度か利用させて頂きましたが、本ノミネート候補30用語全てについて意味が理解出来るやつは、廃人と看做して構わない筈ですよね。常考。
真に受けてリアルで使うやつは痛いですよね、スイーツ(笑)

<宮崎日日新聞の陰惨なケーススタディ>
宮崎日日新聞社社説 「宮崎日日新聞の如き意見はネット上では「上げ」という隠語で退場させられるのが落ちだが 」




今後はこういう流れらしいです。

企画の流れ
11月:
ノミネート候補となる「ことば」を広く募集

12月初旬:
ノミネート流行語決定。一般投票開始

12月中旬:
投票結果等を考慮しつつ、今年の流行語大賞を決定

流行語関係者に結果をお知らせし、表彰する。

ノミネートのエントリーはこちら

ま、流行語なんてのは、どっかの誰かが企図して流行るものではない。
古くはブッチホン然り、最近のアベする然り。
長く使われるのは偶発的に誕生した「だめぽ」とか「ホロン部」「ガイシュツ」などですな。
そういう意味じゃ、「なあに免疫がつく<出典:東京新聞(中日新聞)>」とか、「風の息づかいを感じていれば<出典:毎日新聞>」なんて歴史に燦然と残る名言にしてもインターネット(つまり2ちゃんねる)の存在なしでは、その言葉の存在すら気が付かなかったパターンだろうね。

マスゴミの失言をネタにするなど、我が軍のリテラシーもまんざら捨てたものじゃないww


で、当ブログ界隈の狭いブロゴスフィアで今年一番流行った流行語大賞については、「でぶりんこひ−ちゃん」に清き一票w
だってチェ・ゲバラのイメージ刷り込んだ挙句、実像は「でぶりんこ」なんて卑怯だよww
当時、腹筋が割れそうに痛かったw

どうせならリニューアルして
「ネット・デブリンコは料理人である。料理人に厨房はいらない。自分に有利な時と場所で調理を開始する」なんて親しみ易いタイトルなら、警戒感なく無防備・無思考でエントリー拝読出来ます^^
そこからエロ本とかカメラマンとか政治論客・アパレル販売業の顔が見え始めると、いい意味で読者のゲシュタルト崩壊を招き、懐柔効果〜従属効果が高くなると思われ。
チェ・ゲバラにせよ、信者に囲まれたら全てをいい意味で勝手に解釈してくれるから楽だよね。
(そういうアイコンを悪用したら駄目よん)

【追記】著作権侵害行為を更に侵害してみるテストって、おまww仕事はやw



モーターサイクル・ダイアリーズ (角川文庫)モーターサイクル・ダイアリーズ (角川文庫)
エルネスト・チェ ゲバラ Ernesto Che Guevara 棚橋 加奈江


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チェ・ゲバラ 人々のために【字幕版】チェ・ゲバラ 人々のために【字幕版】
マルセル・シャプセス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チェ・ゲバラ 英雄の素顔チェ・ゲバラ 英雄の素顔
エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ ヴェナンツィオ・カマラ フェルッチョ・ヴァレリオ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2007年10月31日
中日新聞コラム 「今年一番流行った言葉はアベする。サワジるも面白い」
ここまで超絶したコラムに巡り合えて、正直感動しています。


Google Trends: アベする
無の状態から朝日のコラム発表直後の2007年9月中旬にいきなりブレイクするが、同月末日を持って完全に霧消。
用語としての寿命は僅か半月。


Google Trends: アサヒる
アベするにワンテンポ遅れブレイク。誕生一週間後をピークとし漸減基調下にあるが、10月中旬までかろうじて閾値計測内に留まる。


サワジる - Google 検索
グーグルヒット数19件。内、数件は当該中日新聞記事への諧謔。
論評の余地なし。


Google Trends: アサヒる,アベする,サワジる 一覧比較



【アサヒる】流行語大賞は「アベする」で決まりだ!捏造?捏造疑惑の方こそ捏造だ!
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1193748733/

流行語大賞はこれだ

「流行語大賞はこれだ!」

最近、人名の後に「する」とか「る」を付けて動詞化することが、はやっている。
その中で最も流行したのは、やはり「アベする」ではないだろうか。

これは今さら説明するまでもないだろう。首相としての「職責」にしがみつかず放棄しながら、
衆院議員の「職」にはしがみつく安倍晋三前首相の無責任な行動に由来する。
この言葉が本当に「流行語」なのかどうかについては、一時、捏造疑惑も流れた。
あるコラムニストがある新聞に流行語として紹介したところ、インターネット上で、

「その時点ではまだ流行しておらず、コラムニストのでっち上げではないのか」という批判が殺到したのである。
しかし、コラムニストが紹介する以前に公の場で使われていることは明らかなので、捏造ではない。

つまり、捏造疑惑の方こそ捏造の疑いが濃厚だ。
私は、これを今年の「流行語大賞」に推薦したい。
同賞を選定している自由国民社の審査委員会は、ぜひ、聞き届けてほしいものだ。

もう一つ、人名の動詞化では、「サワジる」も面白い。
これは、女優の沢尻エリカさんが出演映画のキャンペーンの際、「不機嫌でビッグな態度」を取ったことからきている。
なかなか秀逸な言葉だとは思うのだが、ネットの検索エンジンで調べる限り、「アベする」に比べると、流行度は低いようだ。大賞は無理だろうから、トップテンの一つにどうか。

どちらも記憶にとどめて、アベしたりサワジったりしないよう、戒めの言葉にしたい。

 ※中日新聞 10月30日付 夕刊コラム「一筆両談」

■著者紹介
川北隆雄(かわきた・たかお)
1948年 大阪市に生まれる
1972年 東京大学法学部卒業、中日新聞社入社。同東京本社(東京新聞)経済部記者、デスクなどを務める
現在―東京新聞・中日新聞論説委員、政府税制調査会専門委員、専修大学非常勤講師
著書―『図解でカンタン!日本経済100のキーワード』(講談社+α文庫)
     『「財務省」で何が変わるか』(講談社+α新書)
     『国売りたまふことなかれ』(新潮社)
     『官僚たちの縄張り』(新潮選書)
     『日本銀行』(岩波新書)
     『大蔵省』『通産省』(以上2点、講談社現代新書)
     『データベース早わかり』『通算・郵政戦争』(以上、2点教育社)



川北隆雄君に一言申し上げたいのが、(政治家相手ですから好嫌あるにせよ)志半ばで病魔に倒れた者を「アベする」と嘲笑出来るその心境。
これは道徳以前の、隆雄君の生き様というか、隆雄君が親から受けた教育の結果や彼自身の品格の問題なのではないでしょうか。

例えばわたしは鳥越さんや筑紫哲也が大嫌いですが、ガン闘病の為に一時期ニュース23を降り、更に完全引退を宣言した彼を指して、「キャスターとしての「職責」にしがみつかず放棄しながら、文化人の「職」にはしがみつく筑紫哲也の無責任な行動に由来する事をチクシる(元の文章も破綻していますな)」なんて差別用語思いつく発想もないし、ギャグでもなく真顔でそういう発言をする人がいたら内心侮蔑します。
ましてや中日新聞の論説委員。
幾ら嫌いな相手とはいえ、相手が不本意にも病気や怪我でリタイヤすれば一言、「お疲れ様」が、大人の対応ではないのですか?
ラグビーで言うノーサイドの精神。
叩きたいなら、相手が復帰した時に思う存分叩けばいい。
周りでそういう発言するものがいれば、やんわりと紙面で諫言するのが天下の大新聞の論説委員。
それを事実上の弱者に対し鬼の首を獲った様に「アベする」など公器で囃し立てるとは、隆雄君は精神年齢が未熟なのか、親から甘やかされて育ったのか、勉強のし過ぎで精神を病んでいるのか、家庭が上手く行っていないのか、世論を自在に操っている自負心というか錯覚というか驕りなのか、そのいずれかだろうと思います。


とまれ、再販制度という名の護衛船団に庇護され、排他的・寡占状態のぬるま湯の中で我が世の春を満喫してきた「中日新聞」らの終焉の時が刻々と近づいています。
このコラムは遂に読者をも敵に廻し始めた利益集団の断末魔の叫びと思えば、一抹の寂しさは感じますね。

新聞の時代錯誤―朽ちる第四権力新聞の時代錯誤―朽ちる第四権力
大塚 将司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新聞社―破綻したビジネスモデル (新潮新書 205)新聞社―破綻したビジネスモデル (新潮新書 205)
河内 孝


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

崩壊する新聞―新聞販売黒書PART2 新聞狂時代の終わり崩壊する新聞―新聞販売黒書PART2 新聞狂時代の終わり
黒薮 哲哉


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新聞がなくなる日新聞がなくなる日
歌川 令三


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新聞は生き残れるか (岩波新書)新聞は生き残れるか (岩波新書)
中馬 清福


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(14)