このカテゴリー過去記事一覧
  1. 東トルキスタンはテロ脅威 中国公安省高官が懸念
  2. 東トルキスタン亡命政府声明 中国は日本の教科書批判の資格なし
  3. 来日中のリチャードギア 中国を糾弾
  4. ダライラマ来日 中国政府が日本を恫喝

2005年10月04日
東トルキスタンはテロ脅威 中国公安省高官が懸念
全体主義に従わない者はテロリストか。
民族浄化策や言論封鎖に従わないものはテロリストか。
トラック一周遅れの選民主義国家。

少数民族を弾圧するお前の存在こそがテロなんだよ。

中国公安省高官、東トルキスタンを中国の主要テロ脅威と指摘 CRI
中国公安省テロ取締局の趙長叙ァ副局長は5日北京で開かれた世界法律大会で、「当面と今後しばらくの間、東トルキスタンテロリズム勢力は依然として中国が直面する主要なテロリズムの脅威である」と指摘しました。
中国公安省のデーターによりますと、ここ十数年来、中国西北部の新疆ウィグル地区のテロリズム、分裂主義、極端主義の勢力が中国国内外で260件あまりのテロ事件を起こし、ウィグル族を含む無辜の群衆や基幹組織の幹部、宗教信者など160人余りが死亡し、440人余りが負傷したとのことです。

中国高官、「東トルキスタンは中国の主なテロ脅威だ」 CRI
中国公安省反テロ局の趙永チン局長は5日、北京で行われた世界法律大会の席上、「当面とこれからの一時期、東トルキスタンは中国にとって、依然として主要なテロ脅威だ」と述べました。
趙永チン局長はまた、「ここ10年来の状況から見れば、中国が直面しているテロ脅威は国内外からの東トルキスタンのテロ勢力と國際テロ組織及びテロリストのテロ活動だ」と語りました。
中国公安省の統計によりますと、ここ10数年来、中国西北部の新疆にあるテロリズム、分裂主義、過激主義のテロ勢力は中国の国内外で260回余りにわたるテロ事件を起しました。これで、ウイグル族を含む一般の民衆、末端組織の幹部及び宗教者、合せて160人余りが死亡し、440人余りが負傷しました。


関連記事
ウイグル独立派、中国に「宣戦布告」か 産経新聞

【拙ブログ過去記事】
東トルキスタン亡命政府声明 中国は日本の教科書批判の資格なし  

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2005年04月22日
東トルキスタン亡命政府声明 中国は日本の教科書批判の資格なし
チベット民族やウイグル民族など周辺少数民族の浄化に飽き足らず、
今度は極東の小国たる、我が日本に対する組織的な人種差別政策を開始した「赤い選民独裁国家」ですが、その民族絶滅の危機に見舞われている東トルキスタン亡命政府より、緊急日本語メッセージが発信されています。

当ブログでは全文を引用したいと思います。

日本の教科書がどうとかいうレベルではありません。
ウイグル族が置かれている立場を、国民皆で認識しましょう。

中国は日本の教科書を批判する資格などない 東トルキスタン情報センター
2005年4月20日

前の文章でも書いたが、旧ソ連と中国は謀略のうえ、東トルキスタン共和国を手に入れた。

我々の民族軍が共産党中国を歓迎するわけがなく、すべては共産化をアジアに広げたかった旧ソ連が、中国と組んでしたことである。
しかし、中国の歴史書には恥知らずにも、我々の民族軍(ウイグル、カザフ、キルギス)は“中国共産党のために”国民党と戦ったと書いてある(三区革命)。
独立のために中国侵略者と戦った事実を全く口にしていない。

東トルキスタンや東トルキスタン共和国、民族軍などの単語さえ、中国のかいらい政権である“新疆ウイグル自治区”で実施している全ての教科書に載っていないし、東トルキスタンの歴史は完全に偽造され、西安と北京政府の歴史が貼り付けられている。
これこそ歴史をわい曲する事実である。

頭の正常な人間は“新疆ウイグル自治区”というはずがない。
東トルキスタンの国民は漢民族でない。
ウイグル語辞典に“新疆”という単語はない。

ウイグル王朝、匈奴帝国、チュルク王朝、カラハン王朝、セイディハン王朝、カシュガリヤ国、東トルキスタンイスラム共和国、東トルキスタン共和国、ウイグルスタン共和国! これが私たちの祖国の正確な名称である。

しかし、中国当局はこのような事実を口に出すだけで「自分たちの“歴史認識”と異なる」として、弾圧してきた。
東トルキスタンの教科書に東トルキスタンの歴史を全く書いていない。
禁止している。
東トルキスタンの歴史資料を焼いている。

我々がイスラムを信じ、イスラムの習慣を守ることをあらゆる手をつくして妨害し、信仰を貫こうとする人たちを残酷に弾圧してきた。
ウイグル語教育を制限し、我々の文化を消滅へと向かわせ、東トルキスタンに大量の漢族を送り込んで、今もウイグル族を浄化させている最中である。
しかし、新疆白書や人権白書を発表し、そのなかで恥知らずにも、“少数民族の差別を禁じ、漢族と平等に扱い、少数民族の権利を尊重し、宗教の自由も認めている”と書いて、世界を欺こうとしているのである。

これはチベット族に対してもいえることである。

漢族自身も共産党によって何千万人も死に追いやられたのである。
しかし、その事実も中国政府はまったく認めないし、教科書にも載っていない。

このような国に日本の教科書を批判する資格があるのか。
中国にはそんな資格はまったくないとここに断言する。

また、中国は国連安保理の常任理事国にいる資格もない。
アメリカが何度も中国の人権批判決議を国連でしようとしたが、中国は常任理事国という立場を利用し、たくさんの国に根回ししてその決議を11回もつぶしている。

国連がパンダや絶滅寸前動物や、世界遺産などを重視しながら、東トルキスタンでの人権弾圧やウイグル族の消滅の危機、ウイグルの当然世界遺産に指定されるべき古い街が無残にも破壊されることに対してまったく無関心なのは、中国自身が常任理事国などになっているからである。

それさえなければ、私たちの問題は国連に調査してもらい、国連の会議のテーブルにあげてもらって当然の問題である。
しかし、中国は常任理事国という立場を悪用し、国際社会が我々の問題に正しく目を向けることを全力で阻止している。

このような国に常任理事国である資格があるのか。
国際社会はそのことをもっと考えてほしい。

そして、東トルキスタン亡命政府は、日本の常任理事国入りを支持する。

日本はその資格を有する民主国家であり、独裁中国共産党が支配する中華人民共和国よりはるかに国連常任理事国としてふさわしい。  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2005年03月29日
来日中のリチャードギア 中国を糾弾
突然、壇上から降りて司会者のマイクを奪った。
「映画に関係ないけど」と前置きした上で

「中国で反国家分裂法が制定されたことに強く反対します。小泉首相の見解と同様、中国に武器が輸出されることを絶対反対します!」

漢、リチャードギア!

更に記事は続きます。

ギアはこれまでも中国政府批判を繰り返してきた。
93年にはアカデミー賞授賞式にプレゼンターとして出席し「中国政府がチベットを抑圧している」と発言。
政治的発言をしたとして、その後の同賞授賞式から追放された経験もある。

リチャード・ギア、中国政府を批判 日刊スポーツ  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2004年12月29日
ダライラマ来日 中国政府が日本を恫喝
ダライラマって、この前、チベットは中国の属国の道を歩むって
宣言してたやん???
http://news.independent.co.uk/world/asia/story.jsp?story=573564
政治の世界は難しいですな。

中国は何焦ってんの?また指導部交代すんの?

靖国問題、李登輝問題、ダライラマと、小泉さんいい仕事してますね。
中国が怒れば怒るほど、快感に身が震えるのは何故?(w

しかしチベットも、アメリカとインドに無視されて可哀想です。
台湾も遂にアメリカから見放されたし。

当事者の中国は、世界で唯一生き残った帝国主義です。
貪欲に、領土を拡大しています。
その原動力が日本からのODAと円借款。

以下、あっしの妄想です。
そのうち北朝鮮の政局混乱に乗じて、
人民解放軍を平壌に電撃駐留させ、
中共傀儡政権を擁立してクーデター実行するんじゃないですか?
んで、同時に台北に進行。
台湾軍と北のゲリラと南の正規軍が共同戦線張って、
日本は助けを求められたら、どうしましょう?
台湾と南北朝鮮はイデオロギーは違えど、元は大日本帝国国民です。
民意は鬼畜支那竹、救え旧同胞、八紘一宇の精神だ〜に傾くでしょう。
その辺のオプションは、内閣で揉んでるのかなぁ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)