2023年11月14日

【映画評】ザ・キラー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



割りと評判がいいデヴィッド・フィンチャー最新作。劇場公開よりタイミングをずらしNetflix配信始まったので鑑賞。

ザ・キラー-Netflix-ネ-ッ-ト-フ-リ-ッ-ク-ス-公-式サ-イ-ト

イントロダクション
『Mank/マンク』「マインドハンター」シリーズのフィンチャー×Netflixが再タッグ! 全身が“凍結”するサイコサスペンス・スリラー
とあるニアミス により岐路に立たされた暗殺者が、雇い主や自分自身にさえ抗いながら、世界を舞台に繰り広げる追跡劇。『セブン』『ファイト・クラブ』『ゴーン・ガール』の鬼才デヴィッド・フィンチャーが、『 Mank/ マンク』、ドラマ「マインドハンター」に次いで Netflix とタッグを組んだサイコサスペンス・スリラー『ザ・キラー』。主人公の暗殺者役は、『それでも夜は明ける』など演技派として名を馳せ、『 X MEN 』のマグニートー役などでも知られるマイケル・ファスベンダーが怪演を魅せる。
共演には、ティルダ・スウィントン、『Mank/ マンク』のアーリス・ハワード、『トップガンマーヴェリック』 のチャールズ・パーネルら実力派俳優陣が名を連ねる。




冒頭のパリで待機するシーンを受け入れられるか否かでこの作品の評価が分かれるでしょうね。その辺りから本作が「不真面目」「高度なギャグ映画」であることを把握。そこが理解出来てからはすんなり感情移入出来ました。その辺の空気感分からないとだるいし何か意味が分からんでしょうね。

メジャー配給会社ではなくNetflixだから出来る許される映画人的に冒険作であることは評価しますが、作品としてはまあそんなもんか。でしょう。竜頭蛇尾感はある。とはいえネトフリ前作「マンク」よりは面白かったです。

満足度(5点満点)
☆☆☆




Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)映画 
Edit







コメント
ギャグ映画というか、コーエン兄弟の作品に通じるようなダークなユーモアが随所に見られる映画ではありますね。リアリティに欠けるとはいえ、シリアスなアクション、サスペンス物としても十分楽しめると思いますけど。
あとは、モノローグによる展開を受け入れられるかどうかで好き嫌いが分かれるかも。私は好きですけどね。
Posted by 星4つ at 2023年11月14日 17:11
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。