2022年12月27日

【映画評】ナイブズ・アウト: グラスオニオン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



こちらの続き。
【映画評】ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

前作はローリング・ストーンズでした。ビートルズの中でも結構マイナーな曲なので流れるだけで嬉しくなりますね。

Watch-Glass-Onion-A-Knives-Out-Mystery

ギリシャに集まったテクノロジー界の大富豪と癖の強い友人たち。 そこに現れた世界的に有名な名探偵ブノワ・ブランが、彼らにまつわる謎の真相をひとつひとつ解き明かしていく。




世間では絶賛評価だった前作同様、本作も個人的にはいまいち肌に合わず。体質的に探偵モノが合わないみたい。この手の密室殺人劇だったら先月観た「【映画評】ザ・メニュー」が面白すぎた。思うにダニエル・クレイグお爺さん過ぎるし、露出多めの女性陣も押し並べてセクシーとは言い難く、キャスティングの好みも個人評価に影響?
アコギで弾く「ブラックバード」までは面白かったけど、セレナ・ウイリアムズのカメオを含め配信で充分だと思いました。

満足度(5点満点)
☆☆



Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)映画 
Edit







コメント
本作はまだ見てませんが、予告動画を見て、glass onionってなんだべ?って検索したらyoutubeでビートルズの曲が出てきて、はじめて曲の存在を知りました。
自分たちをパロディにした面白い曲ですね。

Posted by にわか at 2022年12月27日 22:18
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。