2022年08月03日

【映画評】プアン/友だちと呼ばせて

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



そういや「バッド・ジーニアス」ってWOWOW録画しているけどHDDの肥やしになってまだ観ていない。

映画『プアン/友だちと呼ばせて』公式サイト

イントロダクション
巨匠ウォン・カーウァイが心酔した稀有なる才能『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のバズ・プーンピリヤ監督最新作
「こんな映画アリ ! ?」と大興奮を巻き起こし、本国タイで年間ランキング1位、アジア各国でタイ映画史上歴代興収第1位を奪取した 『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(17)のバズ・プーンピリヤ監督最新作。 彼の才能に心底惚れたのが、『花様年華』(00)『恋する惑星』(94)のウォン・カーウァイ。 自らの手で過去の名作を4Kレストアした作品が、近々日本でも特集上映されるなど、新旧のファンから愛され続けている巨匠だ。 そんなカーウァイが自らプーンピリヤ監督に「一緒に映画を作ろう」とオファーし、製作総指揮を務めた。
完成した作品はサンダンス映画祭でプレミア上映され、ワールドシネマドラマティック部門でクリエイティブ・ビジョン審査員特別賞を授与され、 タイでの公開では初登場No.1の大ヒット。前作で全開した才能をさらにパワーアップ、新たな世界観で日本を魅了する!

ストーリー
<余命宣告>を受けた若者が親友と共に巡る甘くて苦い<思い出> その終着点で明かされる秘密とはー?
ニューヨークでバーを経営するボスのもとに、タイで暮らすウードから数年ぶりに電話が入る。 白血病で余命宣告を受けたので、最期の頼みを聞いてほしいというのだ。バンコクに駆けつけたボスが頼まれたのは、 元カノたちを訪ねる旅の運転手。カーステレオのカセットテープから流れる思い出の曲が、二人がまだ親友だった頃の記憶を呼びさます。 かつて輝いていた恋への心残りに決着をつけ、ボスのオリジナルカクテルで、この旅を仕上げるはずだった。 だが、ウードがボスの過去も未来も書き換える〈ある秘密〉を打ち明ける──。




BMW2000は萌えないなぁ。2002なら萌え萌えだけど。
ロードムービー?と思っていましたがあまりそれ風味はない。印象として「ドライブ・マイ・カー」っぽいので今のトレンドには合致しているでしょう。個人的には後半のちむどんどん風な畳み方を含め、なんか集中力欠きました。カメラワークはカッコいいシーン多いけどね。タイ映画は今のところ「すれ違いのダイアリーズ」がベスト。

満足度(5点満点)
☆☆☆



Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)映画 
Edit







コメント
バッド・ジーニアスの主役の女の子が可愛かったです。
Posted by たいいきたい at 2022年08月03日 19:52
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。