2022年05月30日

【映画評】トップガン マーヴェリック

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



コロナ禍で公開延長に次ぐ延長と雖もこれほどの大作が日米同時公開というのも珍しい。
恐らく36年前に劇場鑑賞したであろう爺さんと婆さんで場内は埋め尽くされていました。

今から行く人は是非配信サービスで前作を復習してから行こう。
以下、ネタバレ満載なのでまだ観ていない人は黙って閉じてね。

映画『トップガン-マーヴェリック』公式サイト

イントロダクション
『トップガン』—— 全世界が熱狂し、数々の記録を残したアクション超大作。トップスターの階段を駆け上がったトム・クルーズはこの作品の続編製作権は誰にも渡すことはなかった。いつの日か“ふさわしい時”が訪れることを信じて。そして2022年、トム自ら最新作を世に送り出す。究極の”リアル”を求め、IMAXカメラを機内に搭載し撮影を敢行。全てが今だからこそ最高レベルで実現した、究極のスカイ・アクションが、ついに公開を迎える。

ストーリー
アメリカのエリート・パイロットチーム”トップガン”。かつてない世界の危機を回避する、絶対不可能な【極秘ミッション】に直面していた。ミッション達成のため、チームに加わったのは、トップガン史上最高のパイロットでありながら、常識破りな性格で組織から追いやられた”マーヴェリック”(トム・クルーズ)だった。なぜ彼は、新世代トップガンとともにこのミッションに命を懸けるのか?タイムリミットは、すぐそこに迫っていた——。

コラム
ハリウッド映画が、そしてハリウッド 映画を上映する世界中の映画館が、 未曾有の危機に陥った2020年。公開延 期が告げられた数多くの映画のなかに そのタイトルを見つけて、思わず天を 仰いだ映画ファンも多かっただろう。
『トップガン マーヴェリック』。かつて 日本中を熱狂させて、若かりし日の トム・クルーズをトップスターへと押し 上げた、ハリウッド映画ならではの 興奮が最も高い純度で詰まったあの 歴史的ヒット作の35年ぶりの新作だ。 タイトルの「マーヴェリック」は、 トム・クルーズ演じる主人公ピート・ ミッチェルのコールサイン(戦闘機パ イロットが無線で呼ばれる名前)。 つまり、あれから35年を経ていまなお トップスターであり続けているトム・クルーズが、現役のトップパイロットとしても本作で大復活を遂げるのだ。他のアクターだったら「あり得ない」と笑われそうなそんな展開も、「あのトム・クルーズならば」と思わせてしまう。誰よりも映画に愛され、そして誰よりも映画を愛する男の奇跡を、2021年、我々は遂にスクリーンで目撃することになる。2020年3月以降、アメリカの主要都市にある映画館の休業が続いていることで、多くのハリウッド映画は行き場を失ってしまった。当然、その影響は日本にも及んでいて、我々が通っていた映画館では、その多様なラインナップの中心にあったはずの「ハリウッド映画」という大きなピースのほとんどが欠けた状態となってしまった。
巨大なスクリーンを前に、最高の 音響装置に360度囲まれて、そこで 起こっている「信じられないような 映像」に圧倒されるという体験。あの 体験を久々に思い出して、再び取り戻す のに、『トップガン マーヴェリック』 ほど相応しい作品はないだろう。35 年前の『トップガン』をきっかけに 映画の楽しさに目覚めた世代も、スーパー ヒーロー映画を追っかけている若い世代 も、誰もが夢中になれる"本物"の映像 体験。実在するスーパーヒーロー、 トム・クルーズが映画界を救う!
宇野維正

トップガンとは
1986年に公開され、世界的大ヒットを記録した名作。本作を機にトム・クルーズの人気が爆発。日本でもトムの劇中ファッションを真似る若者が続出し、アメカジが大流行した。「デンジャー・ゾーン」「愛は吐息のように」といった楽曲もチャートを賑わせ、映画を超えた社会現象となった。




前日に復習していたので準備はバッチリ。画像もテキストも劇伴も冒頭が丸々前作のオマージュなんだな。結論から申し上げると本年度ベスト作品になるのでしょう。シンプル構成ですが全体のクオリティは非常に高かったです。山場のシーンはスターウォーズの一作目感覚。

メグ・ライアンとケリー・マクギリス未出演なのが悲しい。ケリー・マクギリスは外紙インタビューで「太っておばちゃんになったから声すら掛けられなかった」とありますが、見た目もアレですがそれ以前に例のレズビアン騒動とかLGBT云々で制作陣も嫌気が差しているのでは。メグ・ライアンは整形のやり過ぎでグロ注意だから仕方なかろう。

アイスマンは役者さん自身が喉頭がんなんだ。ご快癒お祈りします。

トムさんのカワサキ愛とF14愛はよく分かった。

ベルリンの曲が流れなかったのが残念。あれが一番好きなOSTだったのに。

背中の日の丸&台湾国旗が復活してよかった。コロナ禍で中国資本(テンセント?)が降りたんだって。
参考:【トップガン中華】来夏公開新作予告編 トム・クルーズ愛用革ジャンから日の丸台湾国旗エンブレム消える

満足度(5点満点)
☆☆☆☆

最後にIMDBよりトリビアを機械訳貼付。こういうとこからネタ引っ張って有料課金する映画評論家は頭がいいなぁ。

Top Gun: Maverick (2022) - IMDb

この映画で登場する第二次世界大戦中のP-51マスタングは、実はトム・クルーズの自家用機で、彼は実生活でも優秀なパイロットなのだそうです。

トム・クルーズの強い希望により、グリーンスクリーンやCGIによる空撮は最小限に抑えられ、コックピットのクローズアップも実際の飛行中に撮影されている。そのため、キャストの多くは、飛行中のGフォースの圧力に耐えるために、大規模なGフォース・トレーニングを受けなければならなかったのです。

マイルズ・テラーによると、6人の新人俳優のうち3人は、ジェット機での撮影中、毎日吐いていたそうです。

オリジナルの『トップガン』(1986年)の監督、トニー・スコットが生前、この続編のバージョンを開発中であったことを記念して捧げられる。

トム・クルーズがこの映画に参加するためには、空撮シーンにCGIではなく本物の航空機を使用することが条件とされた。

パイロットを演じる俳優たちは、自分でカメラを回して撮影するだけでなく、化粧直しや照明の調整、音響も自分でやらなければならなかった。監督は、俳優が映像を持って戻ってくるまで、何時間も地上で待たなければならないこともあった。その映像を見ながら調整し、また役者が戻ってくる。

マイルズ・テラーによると、出演者は自分のコールサインを選ぶことができたそうです。彼は、"Goose "と同じ科であることから、"Rooster "を選びました。

トム・クルーズは、新人俳優たちがF-18に乗れるように、3ヶ月の航空訓練コースを自ら考案しました。

ヴァル・キルマーは咽頭癌との闘病のため、本作に出演するかどうかは不明だった。しかし、2020年1月現在、トム・"アイスマン"・カザンスキー役で再登場することが決定している。

シャツを着ていないビーチサッカーのモンタージュは、トム・クルーズが最初のバージョンでは十分でないと判断したため、2度撮影する必要がありました。再撮影のため、俳優たちには、そのシーンを再撮影するために引き締まった体を取り戻さなければならないという、さらなるプレッシャーがかかっていた。撮影したその日の夜、みんなでミルクシェイクとテイタートッツを食べに行ったんだ。みんなでビールを飲んで、豪勢にやりましたよ。一週間後、トムは「もう一回撮らなきゃ。十分な出来ではなかった。もう一回撮るんだ。そして、みんなまた昼も夜もジムに戻るんだ" このシークエンスは、オリジナル映画の同様のシーンが象徴的で観客のお気に入りになったことから、映画の宣伝に非常に大きく使われています。

トム・クルーズとヴァル・キルマーは、オリジナルの『トップガン』(1986年)で演じた役を再び演じる唯一の俳優です。

映画史上最長となる36年ぶりの続編。

トム・クルーズは、オリジナルの『トップガン』(1986年)でヴァイパー役を演じた時のトム・スケリットより年上になってしまった。

マイルズ・テラー氏がKermode and Mayo Podcastで、この映画ではロード・オブ・ザ・リング全3作の撮影より多くの映像を撮影したと語っています。

マイルズ・テラーは、ニコラス・ホルトやグレン・パウエルといった面々を抑えて、グースの息子役に抜擢されました。3人とも、この映画の主役であるトム・クルーズの家に飛ばされ、化学テストを受けたそうです。パウエルは、オーディションでクルーズやプロデューサーのジェリー・ブラッカイマー、パラマウント映画やスカイダンスの幹部たちに感銘を受け、後に彼のために強化された役でこの映画に出演することになったのです。

海軍の最高齢戦闘機パイロットが54歳で引退。マーベリックの1962年の誕生から計算すると、『トップガン・マーベリック』では58歳。パイロットが言うところの「限界への挑戦」。

マーベリックがジェット戦闘機と戦うバイクは、カワサキNinja H2 carbon 2019。これは、マーベリックもカワサキNinja(1985年モデル)に乗っている第1作目へのオマージュです。

この続編もオリジナル映画と同様、国防総省エンターテインメント・メディア・オフィスの緊密な協力のもと製作された。5月2022日付のワシントン・ポストの記事「『トップガン』、米軍がお届けします」で、テオ・ゼヌー氏はこう報じている。"トップガン"。マーベリック』は、国防総省(DOD)から、ジェット機や空母などの装備、人員、技術的専門知識などの支援を受けた。これはDODエンターテインメント・メディア・オフィスが許可したもので、軍の物語を語る映画製作者を支援するものです。このオフィスを率いる元空軍中佐のグレン・ロバーツ氏は、「私たちは100年近く前から存在している」と言う。実は、アカデミー賞の作品賞を受賞した最初の映画を支援したんです」。その映画とは、第一次世界大戦の戦闘機パイロットを描いた1927年のドラマ『Wings』です」。ロバーツは、(国防総省が軍隊に同情的になるように筋書きを大幅に変更した最初の映画とは異なり)彼のオフィスはトップガンにいかなる物語上の変更も行わなかったと主張した。マーベリックの脚本には一切手を加えていないそうです。「最近でも、国防総省は映画の共同制作の際に、真実性を重視して脚本の書き直しを要求することがあります。しかし、ロバーツは芸術的なプロセスには口出ししないという。脚本をもらったら、ストーリーを変えることはない』と彼は言う。これは本物じゃないとか、これは間違っているとか言うことはあってもね』。ロバーツ氏は、安全性(国家機密を漏らしてはならない)、正確性(訓練や戦闘を正確に描くこと)、ポリシー(登場人物がDODのルールを守ること)、礼節(軍人とその家族のプライバシーを守ること)の4つの基準を念頭に置いているという。ロバーツはさらに、「ああ、あなた方は、映画の運営方法を人に教えるのですね」と言われたことがあります。私はあなたに言うでしょう。スティーブン・スピルバーグやクリストファー・ノーラン、マイケル・ベイに映画の運営方法を伝えるのは大変なことだ。それはとてもうまくいくとは思えない。'私は人々に、「ああ、あなたたちは、人々に映画の運営方法を教えているのですね」と言われたことがあります'とロバーツは付け加えました。「私はあなたに言うでしょう。スティーブン・スピルバーグやクリストファー・ノーラン、マイケル・ベイに映画の運営方法を伝えるのは幸運なことだよ。それはとてもうまくいくとは思えないよ。'私はあなたに言いたい。スティーブン・スピルバーグやクリストファー・ノーラン、マイケル・ベイにどうやって映画を運営するのか、幸運を祈るよ。それはあまりうまくいかないと思うよ。

グレン・パウエルは、シャツを着ずにビーチでサッカーをするシーンでは、ポーズを取ったり体を鍛えたりするので、男性俳優たちの間で互いの体格を上回ろうとする健全なマッチョ競争が起こっていたことを認めました。シャツを脱ぐ時の男性の不安は相当なものでした。体育館は昼も夜も満員でした。今まで見たこともないような不安の度合いでした。"

ジェニファー・コネリーがペニー・ベンジャミン役に決定しました。オリジナルの『トップガン』(1986年)では、そのキャラクターはマーベリックがデートしたことのある提督の娘だとグースによって言及されています。1986年版の時点では、コネリーは16歳の未成年である。コネリーはトム・クルーズより8歳年下である。

マーヴェリック』の主人公戦闘機として使われた1機のF/A-18Eスーパーホーネットは、2021年の航空ショーシーズンに向けて旧型機と入れ替わりに海軍曲技飛行チーム「ブルーエンジェルス」に使われようとしているそうです。

映画に登場する空母は、USSセオドア・ルーズベルト(CVN 71)です。

コックピットシーンを撮影するために、この映画のために特別に開発されたIMAX認定のSony Venice 6Kフルフレームカメラで全編を撮影。センサーはカメラ本体から取り外すことができ、光ファイバーケーブルで接続されているため、カメラ本体はジェット機のメカニックにうまく配置され、狭いスペースに設置することが可能です。IMAXシアターに限り、映画全体のアスペクト比が最大26%拡大された画像が表示されます。

当初の公開日は、2019年7月12日でした。スパイダーマンの1週間後に公開されたことになる。Fa Furomu Homu』(2019年)の1週間前、『ライオンキング』(2019年)の1週間前である。撮影開始から1〜2ヶ月が経過した頃の2018年8月29日(水)、公開日が2020年6月26日に延期され、2019年の期待作のひとつが外されてしまったのです。そして2020年4月2日、パラマウントはCovid19の大流行により、本作を2020年12月23日に半年間延期すると発表した。2020年9月、パンデミック継続のため、映画は2021年7月2日に延期された。2021年4月9日、パラマウントは再びこの映画を2021年11月19日に延期し、これで4回目の公開日変更となった。この映画は、トム・クルーズの他のパラマウント作品である『ミッション:インポッシブル7』(2022年)の座を奪いました。インポッシブル7(2022年)。2021年9月1日、Covidのデルタ変種により、パラマウントはこの映画を5回目の延期をし、2022年5月27日とし、またもやMission: Impossible 7(2022)の座を奪いました。インポッシブル7(2022年)」。この映画は、当初の公開日から約3年、撮影が始まった時から4年後に公開されることになりました。

2019年7月のEntertainment Tonightのインタビューで、ケリー・マクギリスは本作への出演を依頼されなかったと発言しました。連絡がなかったと思う理由を聞かれた彼女は、「私は年寄りだし、太っているし、年齢相応に見えるし、あのシーン全体はそういうことじゃないからでしょうね」と答えた。私はむしろ、他のすべてのものに価値を置くこととは対照的に、この年齢で自分の肌と自分自身と何であるかに絶対的な安心感を得たいのです。"

バーでは、ジュークボックスの86という数字が押されている。1986年は『トップガン』が公開された年です。

グレン・パウエルは、この映画のために共演者のマイルズ・テラーの体格に驚いたという。シャツを着ないビーチサッカーのモンタージュを撮影する日、男性俳優は皆、シャツを脱ぎ、オイルを塗り、上腕二頭筋のカールや腕立て伏せをしていた。パウエルはテラーの体を見て、「なんてこった!」と叫んだ。おまえ、役者じゃないのか?何してたんだ?テラーは「ジムに通っているんだ。ジムに通っているんだ。パウエルは「マイルズ・テラーの肉体はこの映画で発揮されている」と共演者を絶賛した。テラーが細切れの腹筋を波打たせるショットは、この映画の第2弾予告編に含まれています。

実際には、グースの息子を演じるマイルズ・テラーは、『トップガン』第1作が公開されたときにはまだ生まれてもいなかった。テラーは1987年生まれで、トップガンが公開されたのは彼が生まれる1年前の1986年です。

トム・クルーズがこの映画を初めて公に確認したのは、オーストラリアの朝の番組「サンライズ」(2000年)のインタビューだった。

予告編では、映画『スター・トレック』でおなじみのフォントで書かれた "FANBOY "というコールサインがヘルメットに描かれているキャラクターが目立つ。パラマウントは『スター・トレック』と『トップガン』の両方を所有・配給しています。

ジョセフ・コシンスキー監督(I)は、1980年代の映画の続編を、オリジナル作品から数十年後に監督することを得意としている。トップガン:マーヴェリック』が同名の映画から36年後に公開されたように、彼は『トロン:レガシー』もオリジナルから28年後に監督しました。

モニカ・バーバロは、シャツを脱いでビーチでサッカーをするシーンでの共演者グレン・パウエルの気迫あふれる演技を賞賛した。このシーンは、ポーズを取ったり、体を鍛えたりするマッチョなシーンですが、彼女はパウエルについて、「どのテイクでも、彼は何らかのお祝いをするんです。こんなグレンは見たことがない。これがグレンのエネルギーのピークだった。もし薬があれば、みんなそれを使っていたでしょう。彼は叫びながら走り回っていた。撮影のどの瞬間も、タッチダウンを決めたような感じだった」。彼女はとても感動して、「It's raining men」という曲をかけ、パウエルが「油を塗った」「ほとんど服を着ていない」状態で踊る様子をスローモーションで撮影し、キャスト仲間も何人かそれに参加したそうです。彼女はパウエルにこう言った。「あれだけの努力をして、あの時のように引き締まった体になったら、それを祝わなきゃ。その時点で楽しむ価値がある。シャツを脱いで踊る価値があるのよ" と語っています。

ジェニファー・コネリー演じるペニーが最初に登場するとき、デヴィッド・ボウイの「let's dance」という曲が流れています。ジェニファーはデヴィッド・ボウイと『ラビリンス』に出演しています。

Covid-19の制限により、映画はポストプロダクションと編集のために英国に送られ、2021年の公開に間に合わせることができました。しかし、常に遅延が発生し、最終的に劇場公開される頃には、この映画のファイナルカットは2年近くも棚に置かれたままになっていることになります。

ジョセフ・コシンスキー監督は、『オブリビオン』(2013年)でクルーズを監督して以来、トム・クルーズとの2度目のコラボレーションとなります。

グレン・パウエルは、この役のために過去最高の肉体を作るプレッシャーがあったと明かしました。なぜなら、彼のシャツなしの体格が何度もクローズアップされることがわかっており、彼の「カメラに向かって屈伸する」ショットを印象的で象徴的なものにしたかったからです。「この作品に臨むにあたっては、かなりのプレッシャーがあった。あのシーン(原作のビーチバレーのシーン)が超有名になるとは知らずに撮影したんだ。今回は、誰もがこのシーンを待ち望んでいることが分かっていた。GIFを撮ることになる。GIFを撮ることになる。ジョセフ・コシンスキー監督は、「うまくやれば、あなたはgifで不滅の存在になりますよ。フレックスGIFを手に入れることができるんだ」と約束した。パウエルは、「この映画で手に入れるんだ」とからかった。gifが来るんだ "と。映画の予告編に含まれている、油を塗って激しく屈伸するパウエルのショットは、すでに何度もgif化されています。

ケリー・マクギリスが続編に出演しなかったため、ジェニファー・コネリーがマーヴェリックの新しい恋敵を演じます。

ペニーとその娘が住む家は、『トップガン』でチャーリーが住んでいた家と同じ。また、チャーリーは初期のポルシェに乗り、ペニーはクラシックなポルシェ911に乗っている。これは、チャーリーが住んでいた家ではありません。その家は移築され、現在はカリフォルニア州オーシャンサイドにあるパイ屋さんになっています。

レディー・ガガが本作の新主題歌を担当することが決定。"Hold My Hand "と題された。本作の監督が手がけたミュージックビデオとともに、2022年5月3日にリリースされる予定です。

トップガン』(1986)の主題歌 "Danger Zone "のシンガー、ケニー・ロギンスは、2018年に報じられたように、本作のために同曲の新バージョンを録音するはずだった。しかし、レディー・ガガが2022年5月2日に発売された本作のサウンドトラックのために「Hold My Hand」というタイトルの新曲をレコーディングした。

トップガン』でトム・クルーズの恋敵を演じたジェニファー・コネリー。マーヴェリック』。偶然にも、ディズニーのアニメーターは、オリジナル・アニメーション映画のジャスミンとアラジンのために、二人の俳優の姿を影響力として使用しました。

2010年、クリストファー・マッカリーは、もともとマーベリックを脇役として書いていた。

トップガンの両作品では、最後の最後でバレルロールが行われる

撮影は2019年に開始された。

トップガンの作品でコールサイン「ホンド」が使用されるのは今回が初めてではありません。プレイステーションのビデオゲーム『トップガン』。Fire at Will』では、ジェームズ・トルカンがホンドというコールサインを持つ指揮官として再登場する映像がありました(不思議なことに、1986年のオリジナル映画では彼のコールサインはスティンガーだったのです)。

マイルズ・テラー、『トップガン』に出演。トップガン』(1986)の続編である『マーヴェリック』(2022)にも出演し、『フットルース』(1984)のリブート/リメイク版である『フットルース』(2011)にも出演しています。トップガン』(1986年)では「Danger Zone」、『フットルース』(1984年)ではタイトル曲「Footloose」と、いずれもケニー・ロギンスが80年代オリジナル映画のサウンドトラック用に曲を書き、リリースしている。

本作で使用された黒のフォード・ラプターは、『ブレイクイーブン』(2020年)でも使用されていた。2つの作品は同時進行で撮影していたため、共同で使用した。

この映画には、有名な声優でコメディアンのH・ジョン・ベンジャミンが、アーチャーのエピソード「アーチャー」にちなんで、楽しくウィンクしながら登場するのではないかと噂されている。アーチャー・バイス ベイビー・シャワー」(2014)には、映画「トップガン」1作目の主題歌歌手ケニー・ロギンスがゲスト出演し、そのエピソードの声優として出演しています。

グレン・パウエルは、映画の中で待望されていたシャツを着ないビーチサッカーのモンタージュのために、体にオイルを塗りすぎたことを認めた--それが象徴的なものになると分かっていたから、絶対にベストな状態でいたかったからだ。実は、ココナッツオイルを塗る担当のメイクアップ・レディたちが、ある時、僕を止めなければならなかったんだ。あまりに滑るので。止め時がわからないんです。モンタージュの中で滑るような男にはなりたくなかったんです。なんであんなに脂ぎってるんだろう」みたいな。でも、うん、うまくいった!」。パウエルがカメラに向かって油を塗った筋肉を曲げるショットは、この映画の最初の予告編で大きく取り上げられ、ネット上で大きな話題を呼びました。

トム・スケリットはヴァイパー役で再登場せず、ヴァイパー役で戻ってくる。撮影時、彼は86歳でした。

主にIMAXデジタルで撮影。最初の『トップガン』(1986年)はスーパー35mmカメラで撮影された。

グレン・パウエルは『砂の城』(2017年)で別の軍人を演じ、似たような刈り上げヘアと鍛え上げられた体格で、屈伸したりシャツなしでポーズをとってバキバキの体格を披露する同じようなシーンに出演している。

続編であるにもかかわらず、この映画を「リブート」と呼ぶ記事がよく見られる。

VFA-154「黒騎士」が登場します。

ジェームズ・トルカンがスティンガー役で戻ってくることはない。スティンガーはとっくに引退しているか(トルカンが2018年の撮影時88歳/2022年のプレミア時91歳のため)、新作の前に他界している可能性が高いです。

この映画の名前は、別の続編『fast 9』で、ポンティアック・フィエロと戦闘機のレースの前に言われている。

トップガン』では、オリジナルの『トップガン』(1986年)がPGであったため、MPAAによって初めてPG-13に格付けされた作品。

映画に登場するパイロットの一人は、"ボブ "というコールサインを持っている。アメリカでは、本作と同日に『ボブズ・バーガーズ・ムービー』が公開される。

完成した映画には「DonSimpson/Jerry Bruckheimer Film」のロゴが入り、プロデューサーの一人として故ドン・シンプソンの名前がクレジットされています。これは、シンプソンのパートナーであり長年の友人であるジェリー・ブラッカイマーの要請によるもので、彼はドンがトップガン続編の強力な支持者であり、この映画に彼の名前を載せるにふさわしいと言ったのである。

『ライトスタッフ』『アイアンイーグルII』『大脱走』『スター・ウォーズ 新たなる希望』へのオマージュを込めた作品。

具体的に言及されることはないが、映画で描かれる戦闘ミッションはイランで行われているはずである。マーベリックはF-18を撃墜された後、空母に戻るためにF-14を盗んで操縦する。F-14戦闘機を運用している国は、アメリカ以外にはイランしかない。1978年、イランはアメリカの同盟国であったため、最新鋭のF-14を計80機購入した。しかし、その1年後、イランの国王がホメイニ師によって追放され、80機のF-14戦闘機は突然、敵国の手に渡ったのである。結局、アメリカは2006年にF-14戦闘機を退役させ、すでに博物館に収蔵されているものを除いて、すべて廃棄した。しかし、イランは老朽化したF-14戦闘機を今日まで運用し続けている。

訓練中に墜落した唯一のパイロットはフェニックスで、自らの燃える灰の中から蘇る神話の鳥にちなんで名づけられた。彼女はその後、最終ミッションで飛行を続ける。

本作の敵機は、第5世代戦闘機「スホーイSu-57フェロン」です。

最初のバーでのシーンで、ハングマンは「8」と「6」を押してジュークボックスの曲を再生する。これは、オリジナル映画が公開された年にちなんでいる。

主人公ブラッドリー・ブラッドショーとその父ニック・ブラッドショーのコードネームは、それぞれ農場にいる鳥「ルースター」「グース」です。



Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)映画 
Edit







コメント
前作はVHSで何度も何度も見たので冒頭から引き摺り込まれましたw
最近元気が無いバブル世代のそこの草臥れた貴方、これ見てあの浮かれた時代を思い出しませんか(^^)
ベルリンの曲未使用なのはチャーリーとのラブシーンを想起させるから外したのかも知れませんね。で、ティムロビンスが前作にしっかり出てたことをつい先日まで知りませんでした、恥ずかしい、死にたいwww
いやー、楽しかったです、トム、ヴァル、ありがとう(^^)
Posted by 名も無き友愛伝道師 at 2022年05月30日 16:49
スパイ大作戦でのやらかしから反省したのかな。。!(^^)!
Posted by すしそば at 2022年06月01日 23:30
IMX劇場にて2回目鑑賞w
まだ観てない方はIMXがおすすめですよー(^^)
嫁が4DXってどんなんだろう?とか言い出してるので3回目に突入しそうな勢いですw
でもこの収益もサイエントロジーに没収されるんでしょうか(^^)
Posted by 名も無き友愛伝道師 at 2022年06月17日 12:45
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。