2022年05月18日

【映画評】死刑にいたる病

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



テンポよく新作をリリースし続ける白石和彌監督最新作はシリアルキラー。

映画『死刑にいたる病』オフィシャルサイト-2022年5月公開

イントロダクション
ミステリー作家・櫛木理宇の最高傑作と謳われる同名小説を『孤狼の血』『凶悪』の白石和彌監督が映画化。
阿部サダヲ、岡田健史、岩田剛典、中山美穂など日本を代表する役者陣を携え、息つく暇ない心理戦の応酬から目が離せない新たなマスターピースを生み出した。一件の冤罪事件を巡り二転三転する真実、深まる謎――誰も予測できないラストがあなたを待ち受ける。
阿部サダヲ×岡田健史×監督・白石和彌 誰もが翻弄される、戦慄のサイコ・サスペンス

ストーリー
史上最悪の連続殺人鬼からの依頼―それは一件の冤罪証明だった。ある大学生・雅也のもとに届いた一通の手紙。それは世間を震撼させた稀代の連続殺人鬼・榛村からだった。「罪は認めるが、最後の事件は冤罪だ。犯人が他にいることを証明してほしい」。過去に地元のパン屋で店主をしていた頃には信頼を寄せていた榛村の願いを聞き入れ、 事件を独自に調べ始めた雅也。しかし、そこには想像を超える残酷な事件の真相があった―。




白石和彌作品は基本大好きでほぼ全作劇場で観ておりますが、本作も例に漏れず面白いんだけど、例によって面白いだけで何か足りないんだよなぁ。

なんだろう?起承転結の「結」がなんか弱い。これじゃ単なる「お手紙大好きおじさん」じゃん。そうじゃなく「故意に」逮捕される前に犯人が二重三重に仕込んでいた罠を岡田健史が暴くつもりが嵌まり込み最後に号泣みたいな流れじゃないと後味悪い余韻が続かないよ。「虎は死して皮を留め阿部サダヲは死してお手紙残す」じゃ竜頭蛇尾。看守を抱き込んでいるならその延長戦で看守に犯罪工作させるとかさぁ。こうなる事は阿部サダヲをキャスティングした時点で織り込み済みとは思うけれど。

とはいえグロさは満点。特に終盤の女子小学生回想シーンは気持ち悪い。スクリーン越に目や耳で嫌な感じを味わうには白石和彌作品はいいのだけれど、脳で考えて背筋が凍る様な体感があんまりないんだな。そうそう。面会室の撮影ギミックは秀逸でしたよ。

満足度(5点満点)
☆☆☆


Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)映画 
Edit







  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。