2021年12月21日

【映画評】パワー・オブ・ザ・ドッグ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



いつでも観れると思ったら結構観ない訳でして、各所で超話題の本作ようやく鑑賞。

パワー・オブ・ザ・ドッグ-Netflix

2021 | | 2時間 8分 | アメリカ映画
威圧的だがカリスマ性に満ちた牧場主。弟の新妻とその息子である青年に対して冷酷な敵意をむき出しにしてゆくが、やがて長年隠されてきた秘密が露呈し...。
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キルステン・ダンスト、ジェシー・プレモンス




中盤までどういう映画なのかさっぱり分からず固唾を呑んで観ていましたが、主従逆転からの復讐劇が見事。小舅から虐められる母ちゃんを守るフラフープ少年 vs ガラスのハートを持つ鋭利なホモマッチョ。カメレオン俳優カンバーバッチ見事な映画でした。

満足度(5点満点)
☆☆☆☆


Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)映画 
Edit







  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。