2021年11月22日

【映画評】モーリタニアン 黒塗りの記録

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



ゼロ・ダーク・サーティの裏側ではこういう事もあったのね。

映画『モーリタニアン-黒塗りの記録』公式サイト

イントロダクション
2015年、全米が驚愕した。アメリカ政府による検閲で多くが黒く塗りつぶされた、ある男の〈手記〉が出版されたのだ。しかも筆者の男はその時、アメリカが設置したキューバのグアンタナモ米軍基地に収容されていた。異例尽くしのこの本は、またたく間にアメリカで大ベストセラーを記録し、その後、世界20か国で刊行された。
どうしても、この手記を映画化したいと切望したのが、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』でアカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされ、名実ともに英国俳優の頂点に躍り出たベネディクト・カンバーバッチ。自身の製作会社でプロデューサーに専念するはずが、出来上がった脚本に感銘を受けて出演も望み、遂に歴史と国家の闇を暴く問題作を完成させた。
ナンシーには、『羊たちの沈黙』でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞を受賞してハリウッドのトップ俳優を極めた後、監督・プロデュース業でも目覚ましい活躍を見せているジョディ・フォスター。情に流されず常にクールだが、心の芯は人間味にあふれたナンシーを堂々たる存在感で体現し、本作でゴールデングローブ賞を受賞した。モハメドゥには、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した『預言者』の主演で、セザール賞に輝いたタハール・ラヒム。どんな辛苦の中でも他者を許すモハメドゥの人間としての威厳を全身で表現し、ゴールデングローブ賞にノミネートされた。カンバーバッチが扮したのが、スチュアート中佐。パイロットの親友がハイジャックされた機に搭乗していたという怒りと悲しみを抱えながら、法律家としての正義を貫く中佐を清廉に演じた。ナンシーのサポートをする未熟だが真っすぐな弁護士テリー・ダンカンには、『ファミリー・ツリー』でゴールデングローブ賞にノミネートされたシャイリーン・ウッドリー。
監督は、ドキュメンタリーに定評があり『ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実』でアカデミー賞ドキュメンタリー長編賞を受賞し、『ラストキング・オブ・スコットランド』でも高く評価されたケヴィン・マクドナルド。

ストーリー
2005年、弁護士のナンシー・ホランダー(ジョディ・フォスター)はアフリカのモーリタニア出身、モハメドゥ・スラヒ(タハール・ラヒム)の弁護を引き受ける。9.11の首謀者の1人として拘束されたが、裁判は一度も開かれていない。キューバのグアンタナモ収容所で地獄のような投獄生活を何年も送っていた。ナンシーは「不当な拘禁」だとしてアメリカ合衆国を訴える。時を同じくして、テロへの“正義の鉄槌”を望む政府から米軍に、モハメドゥを死刑判決に処せとの命が下り、スチュアート中佐(ベネディクト・カンバーバッチ)が起訴を担当する。真相を明らかにして闘うべく、両サイドから綿密な調査が始まる。モハメドゥから届く手紙による“証言”の予測不能な展開に引き込まれていくナンシー。ところが、再三の開示請求でようやく政府から届いた機密書類には、百戦錬磨のナンシーさえ愕然とする供述が記されていた──。

グアンタナモ収容所とは
キューバのグアンタナモ湾にあるグアンタナモ米軍基地内に設置。同時多発テロ以降、米国がアルカイダ幹部やテロリストを収容するために設けられた。少なくとも15人の子どもを含む約780人がアフガニスタンなど南西アジア、中東やアフリカから連行され、司法手続きなしに厳しい尋問や拷問、長期拘禁を強いられている。この実態が明らかとなり、国際社会や人権団体からの非難が相次ぎ、2009年オバマ政権が閉鎖を表明したが難航、現在も実現には至っていない。



時代に取り残されたいい意味で鬼っ子、悪い意味で無法地帯な「グァンタナモ米軍基地」存在自体が面白い。
カンバーバッチ観るのは先月上映された「クーリエ」と立て続け。ジョディ・フォスター久し振りにスクリーンで拝見しましたが、なんか年齢より老けてない?

モーリタニアという国が何処にあるかもどんな宗教が普及しているのかも存じませんし映画の内容自体我が国と関係ない事案でありますが、先々朝鮮半島有事や中国大陸有事が生じた際は同様のケースが大量発生しそう。

虐待描写は目を覆いたくなりますが、セックス虐待って実際しているの?ムキムキマッチョからケツ掘られる方がより効果的だと思われますが。

映画のフィナーレである勝訴後、更に10年近く収監されたとは本当に酷い。とはいえ繰り返しになりますが我が国とは一ミリも関係ない事案でして、それよりも先々生じる虞れがある北朝鮮動乱/台湾事変に派生するボート難民/スパイによる工作活動/在日朝鮮人・中国人・台湾人の方々を取り巻く大混乱に我が国がどう対処するのか?そちらの方に興味津々であります。日本沈没以上にリアリティあるよ。

満足度(5点満点)
☆☆☆


Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)映画 
Edit







コメント
極東の「有事」は(西洋的な)想像とは違って、グダグダになりそうな
Posted by n at 2021年11月23日 23:34
チョッパリは、やる方じゃなくてやられる方。
「グァンタナモ米軍基地」?こんなもんじゃないから。
自衛隊員だけの問題と思ってるチョッパリ、馬鹿丸出しだなw
Posted by 必須フィールド at 2021年11月25日 21:23
政治犯を扱う特殊な施設、という視点からするとこういう仕打ちもしょうがないのかなあ、なんせ国益がかかってますからね。おそロシアとか宗主国様とかにもあるでしょうね、あとお馴染みの金ブタ王国とかも是非ぶっ込んで欲しいとこですw
黒塗りということで最近わろたのは例の都民ファの、公文書の黒塗りやめさせました→白塗りに変えました、はい公約実績一丁!
なんですかアレ(^^)
Posted by 名も無き友愛伝道師 at 2021年12月01日 21:26
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。