2021年09月24日

【映画評】空白

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



劇場で予告編見て面白そうだったので公開初日に鑑賞。冒頭の配給会社クレジット見るまでスターサンズ作品とは露知らず、また青臭い説教が始まるのかと軽くガッツポーズ。スターサンズとの癒着が酷い日本アカデミー最優秀男優賞は古田新太で決まりでしょうね。

映画『空白』公式サイト

イントロダクション
はじまりは、娘の万引き未遂だった―。
ある日突然、まだ中学生の少女が死んでしまった。スーパーで万引きしようとしたところを店長に見つかり、追いかけられた末に車に轢かれたというのだ。娘のことなど無関心だった少女の父親は、せめて彼女の無実を証明しようと、店長を激しく追及するうちに、その姿も言動も恐るべきモンスターと化し、関係する人々全員を追い詰めていく。

『新聞記者』『MOTHER マザー』のスターサンズが、『ヒメアノ〜ル』『愛しのアイリーン』などで、衝撃と才能を見せつけた監督・𠮷田恵輔とタッグを組み、現代の「罪」と「偽り」そして「赦し」を映し出す、𠮷田恵輔監督オリジナル脚本で挑むヒューマンサスペンス。

観る者の心臓をあわだてる悪夢のような父親・添田充を、7年ぶりの主演映画となる古田新太が演じる。土下座しても泣いても決して許されず、人生を握りつぶされていくスーパーの店長・青柳に、古田新太と実写映画初共演となる松坂桃李。その他 出演者には、田畑智子、藤原季節、趣里、伊東蒼、 片岡礼子、そして寺島しのぶなど実力派俳優から、眩しいまでの才能を放つ若手までが揃った。この現代に生きるすべての人々の、誰の身にも起こりえる出来事に鋭く視線を向けた監督・𠮷田恵輔の「脚本」に俳優陣がケレン味なく体当たりした。




素晴らしい前半の勢いからの後半尻すぼみ感がつらい。万事、古田新太キレ芸におんぶに抱っこの構成で寺島しのぶや趣里など周りの癖のある演者が活かせていない印象。この制作会社の癖なのか相変わらず終盤に締まりがなくぼんやりした終わり方。例えばこの手の映画ならすぐ思い浮かぶメキシコ映画「父の秘密」がありますが、もう映画見て10年近く経つので細かいディテールは忘れているも、最後のボートのシーンはしっかり覚えているでしょ?翻り本作は脚本が緩いからああいう「ガツン」と来るものがないのよ。10年後の本作印象は「古田新太がワーワー怒鳴っていたなぁ」しか覚えていないと思う。

以下、個人的願望です。(軽くネタバレ)結果、ネタが投げ捨てになった中盤の学校関係者の「ここだけの話だが生徒の姉が店長から..」を拡張、そういう過去もあった(事にして)桃李がダブルでマスコミから袋叩きに遭い、怒り倍増の古田新太から桃李が殺された後で娘のぬいぐるみから云々でスーパー倒産〜マスコミのクルクル掌返しで古田憎し報道からの古田絶望の何とかで衝撃のラスト3分。みたいな二の手、三の手の重層展開ならもっと面白かったのに、みんな改心しました。みんないい子でした。じゃずっこけるわ。河村光庸先生のアジア的優しさに導かれるリベラル映画の宿痾なの?「ヒメアノ〜ル」や「愛しのアイリーン」はキレキレだったのになんで?

あと、寺島しのぶは傷心の桃李の上に跨って腰振る程度の演出は必要だったと思うよ。マスコミの「切り取り報道」も手ぬるい演出でしたし、こういうテーマの作品なら観客に嫌な後味残すようもっと刺々しさが必要だと思います。ま、「我々は日本のA24だ」と浮かれている製作者自身が「俺達の興行成績が悪いのはエヴァンゲリオンや鬼滅の刃が悪い」とかほざいているみっともない有様なのであまり高いレベルを追求してはダメか。

とはいえ、この辺のホモソーシャルな着地点が邦画の限界点だったら映画ファン的にちょっと悲しいなぁ。

満足度(5点満点)
☆☆

【関連エントリー】
【映画 新聞記者 プロデューサー】「鬼滅やエヴァは映画館を危機に陥れた」「アニメが実写映画と単館系作品を排除」
全国紙記者垢「半沢直樹設定がガバガバで金融クラスタがざわついてるが、我らが新聞業界なんて反安倍というだけで新聞労連全面協力の下で日本アカデミー賞取ってるんだぞ」



Posted by kingcurtis 固定リンクComments(7)映画 
Edit







コメント
ワイ、新聞記者の藤井道人監督が攻殻機動隊SAC2045の監督なのが不安で不安でオナヌーも出来ません。
Posted by シン新聞記者はよ! at 2021年09月24日 15:20
素子「アベ政治に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら耳と目を閉じ口をつぐんでパヨパヨ」
Posted by bob at 2021年09月24日 15:58
イソコ、死んじゃったよね。享年43歳だったとか。ご冥福をお祈りします。
Posted by アカゲザル評論家 at 2021年09月24日 19:27
この作品の元ネタは例の本屋の万引きネタかな‥
>刺々しさ
最低でもミストぐらいの胸糞さが欲しい。
Posted by 投了した at 2021年09月24日 19:48
後味の悪さなら由宇子の天秤がおススメ。
福岡は10月8日からみたいですが。
Posted by ななし at 2021年09月25日 12:09
もちろん見に行きますよー
Posted by bob at 2021年09月25日 16:37
 >新聞記者の藤井道人監督が攻殻機動隊SAC2045の監督

 知らなきゃよかったw。
Posted by エネルギー名無し at 2021年09月27日 10:20
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。