2021年09月22日

【映画評】社会から虐げられた女たち

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



アマゾンストゥディオズ作品が複数アマプラ先行公開となりまして(今までは劇場公開→アマプラ配信という姑息な手段が大勢)、CMで結構露出している「シンデレラ」はウンコちゃん映画らしいのでこちらを選択。公開日=鑑賞時のIMDBは7.8だったのに今確認したら6.8まで暴落しているやん。
(同じ時期にアマプラ配信開始された他作品はジェイミー6.3、観察者5.8、シンデレラ4.2とウンコちゃんばっかり)

Prime-Video:社会から虐げられた女たち

ウジェニーには、死者の声を聞いたり姿を見たりできる特別な力があった。19世紀末、家族にその秘密を知られてしまった彼女は、父と弟によって運命から逃れることのできないサルペトリエール病院に入院させられてしまう。彼女の運命は病院の看護師であるジュヌヴィエーヴの運命と複雑に絡み合っていく。シャルコー医師が主催する毎年恒例の「舞踏会」の準備をとおして出会った2人。この出会いが2人の未来を変えていくことになる。
監督 メラニー・ロラン
出演 ルー・ドゥ・ラージュ, メラニー・ロラン, エマニュエル・ベルコ




アマゾン・スタジオ配信作品をアマプラで観た経験は数えるほどしかないのですが、とりあえず日本語予告編が用意されていないのは最低(上には便宜アマゾンUK予告編を貼付)。邦題が最低最悪(原題はThe Mad Woman's Ball=狂女の舞踏)。それと下腹部のぼかしに興醒め。性的好奇心を惹起するセックスシーン以外のぼかしは配給映画でも最近は使わないのに。

内容についてはまぁ可も不可もなくネトフリ配信作品と同レベル。描写される精神病院の諸々は実話に基づいているんだろうな。酷いな。メラニー・ロラン老けたなぁ。程度の印象です。映画見終わった後、久々に「ヒステリア」とか「カッコーの巣の上で」とか観たいと思いました。

満足度(5点満点)
☆☆☆

【関連エントリー】
【映画評】ヒステリア




Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)映画 
Edit







コメント
良くも悪くも「観客」を無視していたのはbob氏のレビューで理解した。
>邦題が最低最悪
いつもの事やろ‥とはいえ原題に沿って「フラメンコ」とか少しは気を効かせたタイトルが欲しいな(溜息
Posted by 投了した at 2021年09月22日 19:32
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。