2005年03月26日

ライブドアPJについて ホリエモン熱く語る!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

江川紹子ジャーナルからの転載です

ホリエモンって、いい意味で云えば、竹を割ったような性格
          はっきり云えば、竹で割ったような性格
活字嫌いが如実に窺えますね。デジタル過信教祖ですか。

拙ブログ既出エントリー
ライブドアPJ vs ブログ時評 喧嘩してます これの補足資料です。
要点だけ引用します。未読の人がいたらどうぞ。


――市民記者<註 ライブドアPJの事>の位置づけは?
 まあ、普通に記事集めて書くだけですね

――せっかく新しいメディアを作るのだから、今までにないものをと思わない?
 思わないですね

――今までにないものを作るからこそ意味があるのでは?
 ベルに意味なんてかくても<ママ>いいんですよ(笑)。意味なんてどうでもいいんですよ。我々の目的は、意味あることじゃないんですよ。新しいものを作ること、意味のあることが重要なんじゃない、我々にとっては。

――市民記者を募集するのは、新しいやり方では?
 それも単なるコスト削減策なんですけどね(笑)

――でも信頼度を上げようというのなら、それなりの質の人を集めないと。
 紙(=新聞)を出してりゃ、みんな信用しますよ。そんなもんですよ。
 (既存メディアの)記者のことなんて、誰も知らないでしょう?読売新聞も、みんなナベツネくらいしか知らないでしょう?
 紙を出して、それが今の紙とそっくりで、例えばうちなんか「東京経済新聞」とかっていう名前にしようかと思ってるんですけど、日経と同じようなロゴで「東京経済新聞」って書いてあって、全く同じような体裁で出ていたら、分かんないじゃないですか。ああなんか格がありそうだな、とか思うでしょ?
(以上引用終わり 続きは江川紹子ジャーナルで)

PJ馬鹿にされ杉。怒れよ。





この記事へトラバ
「ネット優位」堀江氏のメディア論どうみる 3月25日産經新聞朝刊4面の記事である。 「インタビューに応じた有識者からは、さまざまな表現で堀江氏への反論が出された。」 この三人は、法政大教授の稲増龍夫氏、ノンフィクション作家の山根一眞氏、ジャーナリストの
堀江氏のメディア論どうみる【のら猫アフィリエイト】at 2005年03月26日 21:31




  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。