このカテゴリー過去記事一覧
  1. 芥川賞作家・柳美里 激白「なぜ私はここまで貧乏なのか」「電車乗るたびに絶望的な気分。昔はたくさんの人が文庫や週刊誌を読んでいたのに今はスマホ」
  2. 【在日朝鮮人ヘイトの原点】「黒い迷宮 ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実」著者・リチャード・ロイド・パリーさんインタビュー
  3. 【クローズアップ現代 広がる読書ゼロ】国谷「ネットの普及で若者は読書をしなくなった。バカになった。日本は終わりだ」立花隆「は?お前本気でそれ言ってんの?」(追記あり)
  4. 渋谷系とは「マック以降、インターネット以前」
  5. 「今度の敵は民主党!」「素人たちがやりたい放題やってるだけ」「なに勘違いしてんだ気でも狂ったのか」民主党をボロクソに嗤う半沢直樹最新刊「銀翼のイカロス」がベストセラー
  6. 【書評】2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い ネットで人々をとりこにする40の手口
  7. 「惡の華 最終話」ネットの反応をご覧ください
  8. 第11回本屋大賞「村上海賊の娘」受賞
  9. 【書評】カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生
  10. 【書評】聲の形
  11. 【第一章 哀しみのスペルマ】ビアンカ・オーバースタディ 筒井康隆先生
  12. 【マジキチ】筒井康隆先生×いとうのいぢ挿画最新作ラノベ「ビアンカ・オーバースタディ」8月発刊
  13. 【訃報】アメリカ人作家レイ・ブラッドベリさん孤独死 享年91
  14. 【炎上フェイスブックマーケティング】怒れる高広さんが新野さんを召喚し公開糾弾
  15. バカ発見器を具現化したような「大学動物園」作者矢吹樹さん(自称)が放送大学学長に喧嘩を売り、身バレでアマゾンレビュー炎上
  16. 純情ババァになりました。加賀まりこ
  17. 【動画】芥川賞作家田中慎弥さん会見フル動画
  18. 【訃報】小松左京さん肺炎で死去 享年80
  19. さくらももこ「焼きそばうえだ」アマゾンレビューが盛り上がっている件
  20. 【書評】夕凪の街 桜の国

2015年05月27日
2015年04月25日
【在日朝鮮人ヘイトの原点】「黒い迷宮 ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実」著者・リチャード・ロイド・パリーさんインタビュー
黒い迷宮: ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実 (ハヤカワ・ノンフィクション)
黒い迷宮: ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実 (ハヤカワ・ノンフィクション)

バブル期以降の被差別界隈を振り返りますに、ステレオタイプ的「差別者」のターゲットは一貫して「被差別部落出身者」でした。怒りの背景にあったのが「同和行政」「同和特権」「えせ同和行為」。それが「奈良のポルシェさん」付近よりピークアウトし、代わってスケープゴートとされたのが「在日朝鮮人」。怒りの背景は同じく「在日行政」「在日特権」「えせ在日行為」。俯瞰すると彼我の構図は全く同じであることにお気づき頂けますでしょうか?いい悪いは別にして。

その差別のパラダイム・シフトを招いた切っ掛けのひとつが「ルーシー・ブラックマン事件(2000年)」でした。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(9)
2014年12月10日
【クローズアップ現代 広がる読書ゼロ】国谷「ネットの普及で若者は読書をしなくなった。バカになった。日本は終わりだ」立花隆「は?お前本気でそれ言ってんの?」(追記あり)
ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊
ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊

※追記 映画泥棒発見。最下段貼付。
御大の結論から申し上げると、ネット時代に突入しイン/アウトでないスループットが云々。咀嚼力を指すのでしょうか最後は「書く力」云々。

平成版「エレキギターを弾くと不良になる」という結果ありきの茶番がまさかの大どんでん返し。
この番組のプロデューサーは団塊?  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(25)
2014年09月22日
渋谷系とは「マック以降、インターネット以前」
渋谷系
渋谷系

ご町内のみなさま、桑原茂一でございます。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2014年08月19日
「今度の敵は民主党!」「素人たちがやりたい放題やってるだけ」「なに勘違いしてんだ気でも狂ったのか」民主党をボロクソに嗤う半沢直樹最新刊「銀翼のイカロス」がベストセラー
銀翼のイカロス
銀翼のイカロス

散々、池井戸先生と堺雅人さんをバカにし続けた傲慢TBSがようやく半沢直樹続編を諦めたそうでして、ここまで痛烈な民主党叩き描写はTBSに対する意趣返しなんでしょうか。日テレにトレードしたら、「ロスジェネの逆襲」も本作もいい作品に仕上がりそう。
「半沢直樹」続編あきらめたTBS 「第2の半沢」探しに動く - ライブドアニュース

わたしはiPhoneにぶち込んで移動中に読んでいますが、異常性欲公設秘書蓮舫とか利権の伏魔殿小沢一郎とか、マンガみたいで面白いです。小説も事実も奇なり。
【東日本大震災】「コンビニ行ってモノがないの確認してどうすんだ。襟立てたりしてさ、宝塚かよこの野郎」と、北野武さんが蓮舫停電大臣の人権を侵害  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(4)
2014年05月10日
2014年05月09日
「惡の華 最終話」ネットの反応をご覧ください
惡の華(10) (少年マガジンコミックス)
惡の華(10) (少年マガジンコミックス)

最後に卓袱台返しかと思いきや、時系列としては結局、ラス前が事実上の「エンド」だった訳でして。
ズブズブど変態やろう押見先生過去作は押し並べてハッピー・エンディングなので、ラス前の春日くんの夢が「リアルな現実」と考えれば宜しいかというのが当ブログ的考察。
悶々とした少年(少女)期を終え、春日くんも常盤さんも佐伯さんも、もちろん仲村さんにも輝く明日が提示される。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)
2014年04月08日
第11回本屋大賞「村上海賊の娘」受賞
村上海賊の娘 上巻
村上海賊の娘 上巻

買っただけで読んでいません。すみませんすみません。
(厚さに圧倒されとる)  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2013年08月11日
【書評】カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生
カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生
カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生

天野春子の裏設定あるいはパラレルワールドではないか?との考察を呼んでいる品切れ続出の例の本、ようやく読みました。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)
2013年02月22日
【書評】聲の形
週刊少年マガジン 2013年3月6日号 No.12
週刊少年マガジン 2013年3月6日号 No.12

少年漫画誌の読み切りなのでタイトルの「書評」は大袈裟。
当該編集部が「立ち読みしてでも読め!」と煽りたてる空前の話題作「聲の形」読みました。
大騒ぎするほどの内容ではなかったけど、及第点以上に面白かったよ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2012年08月10日
【第一章 哀しみのスペルマ】ビアンカ・オーバースタディ 筒井康隆先生
ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)
ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)

御大、齢77にして続編の創作意欲なく、続編の後継者を公募されています。
曰く、本作はフロントエンド商品だそうで。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2012年07月11日
2012年06月06日
【訃報】アメリカ人作家レイ・ブラッドベリさん孤独死 享年91
華氏451度 (ハヤカワ文庫SF)
華氏451度 (ハヤカワ文庫SF)

日本国内は未報道。
孤独死かどうか分かりませんが、複数の外電によると「翌日、娘さんが発見した、死因は分からん」とありましたので、娘さんと同居か別居か知りませんが、こういうタイトルにしました。
ご冥福をお祈りしますが、まだ生きていたんだ。ってのが実感。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2012年04月26日
2012年02月22日
バカ発見器を具現化したような「大学動物園」作者矢吹樹さん(自称)が放送大学学長に喧嘩を売り、身バレでアマゾンレビュー炎上
大学動物園
大学動物園

この程度の勘違いや調子に乗って自分の非に気付き「あわわ」は誰しもあるわけで、件の放送大学学長にツイッターで「ごめんね」すればここまで大騒ぎする必要もなかったかもね。
(逆に男を上げるチャンスだったかも)
自分で部屋に鍵かけて野次馬にガソリン撒かれて大炎上という流れ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2012年02月15日
2012年01月21日
【動画】芥川賞作家田中慎弥さん会見フル動画
共喰い
共喰い

芥川賞といえば本日公開の駄菓子屋の茶川さんでして、前作で「慎太郎や健三郎は云々」というセリフがありましたね。
来週でも劇場で六ちゃんの白無垢見て号泣しようかと思っています。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(18)
2011年07月28日
【訃報】小松左京さん肺炎で死去 享年80
復活の日 (ハルキ文庫)
復活の日 (ハルキ文庫)


まさに巨星墜つですが、まだ生きていたんですね!ってのが正直な実感。
謹んでご冥福をお祈りします。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2010年10月31日
2010年09月01日
【書評】夕凪の街 桜の国
夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国


唐突にftkstが上げていたので、久し振りに読み返した。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(12)