このカテゴリー過去記事一覧
  1. 【新刊 真実と暴力の隠蔽】しばき隊幹部「リンダはヤリマン」無量光先生「被差別女性を誹謗中傷するな」ネット民「リンダのセックスより師岡メールのほうがやばい」
  2. 【ネットの反応】しばき隊暴露本第5弾「真実と暴力の隠蔽」
  3. 【書評】響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話
  4. 【訃報】西部邁さん 入水自殺 享年78
  5. 【書評】ヴァイオレット・エヴァーガーデン
  6. 【書評】響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編
  7. 【書評】響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編
  8. 毎日新聞はネトウヨ←new! 「強引な自国流儀で近代化を進め自尊心を傷付け、憧れの日本に反撥した朝鮮は過剰な日本非難するようになった。百田尚樹本を読み複眼的思考を身につけよう」
  9. 人権魔境の門真市教育委員会 公立中学校図書館で「エロマンガ先生」「ネトゲ嫁」閉架命令
  10. 【書評】全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする
  11. 【書評】結物語
  12. 【えるたそ】シリーズ最新刊「いまさら翼といわれても」 ハリーポッター新刊を抜き、文芸書ランキング第一位!
  13. エッセイ本「夫のちんぽが入らない」2017年1月発刊
  14. 【アマゾンレビュー】一ノ宮美成、森功、上原善広、佐野真一といった高名なジャーナリストがまともに取材もせずデタラメ記事を書き人権を侵害している実態には開いた口が塞がらない
  15. 【書評】立華高校マーチングバンドへようこそ 後編
  16. 【響け!ユーフォニアム】待望のオリジナル新刊「北宇治高校の吹奏楽部日誌」10月6日発売
  17. 【書評】撫物語
  18. 【書評】立華高校マーチングバンドへようこそ 前編
  19. 【撫物語】撫物とは陰陽師が祓や祈禱を行う際に身の穢を除くため用いる呪物
  20. 【書評】モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い

2018年05月31日
2018年05月28日
【ネットの反応】しばき隊暴露本第5弾「真実と暴力の隠蔽」
真実と暴力の隠蔽 2018年 06 月号 [雑誌]: 月刊紙の爆弾 増刊
真実と暴力の隠蔽 2018年 06 月号 [雑誌]: 月刊紙の爆弾 増刊

新刊はまだ手元に届いていません。
ググったら関係者からの反応が興味深かったので参考貼付。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)
2018年04月18日
【書評】響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話
響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話 (宝島社文庫)
響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話 (宝島社文庫)

最初のページから完全没頭。あっという間に読了。
短編集との触れ込みでしたがそれは罠。中身は「【書評】響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編」の完全続編なので原作ファンは騙されないように!  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2018年01月21日
【訃報】西部邁さん 入水自殺 享年78
保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱 (講談社現代新書)
保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱 (講談社現代新書)

未読ですが、最新著書が遺書だったそうです。確かに「最期の書」と記されていますね。
ご冥福をお祈りします。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(12)
2017年12月30日
【書評】ヴァイオレット・エヴァーガーデン
KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下巻
KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下巻

通勤のお供で上下巻読了しました。先行上映で冒頭3話まで観たのでその辺と活字の対比感想です。
冒頭3話はほぼアニオリです。原作読んだ人向けのサービスでしょこれ。
そして腑に落ちなかった石川由依ですが、本を読んでやっと登用した意味が分かりました。まんまミカサだわ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2017年10月08日
【書評】響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編
響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編 (宝島社文庫)
響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編 (宝島社文庫)

こちらの続き。
【書評】響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編

結論から申し上げますと超群像劇。メチャメチャ面白かった。前編比数倍。既刊と較べても負けず劣らず非常に面白い。但し原作読了の対価として、新劇場版とかアニメ3期観ても新鮮味を欠き視線が評論家的答え合わせになるジレンマ。

大吉山、水管橋に続くオリジナル神曲は登場するのか?デカリボン率いる新生北宇治、関西大会・全国大会の行方は?
以下、ネタバレなし。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2017年09月02日
【書評】響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編
響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編 (宝島社文庫)
響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編 (宝島社文庫)

黄前所長何やってはるんですか?そして釜屋つばめとは一体?
読了後バレスレ見たらボロクソ書かれているけど、当ブログ的にはメチャ面白かったです。麗奈は「優子先輩凄い人だから!バカにしたら許さないから!」デカリボン株全力で買っているし。
とはいえ「立華編」とキャラ設定や展開が色々被って既視感。そしてポニテ先輩が辛くて辛くて。
  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2017年07月23日
毎日新聞はネトウヨ←new! 「強引な自国流儀で近代化を進め自尊心を傷付け、憧れの日本に反撥した朝鮮は過剰な日本非難するようになった。百田尚樹本を読み複眼的思考を身につけよう」
今こそ、韓国に謝ろう
今こそ、韓国に謝ろう

そういうのは自宅でやれ。「悪書より愚民を護り善導したい」と意気込むのは勝手ですが、雇われの店員風情が自分の嫌いな本を本棚より抜き差しするのは思想警察。社会悪のステマ書房です。

我々市井の読書家は自分が知らない様々な事象や過去、未来、知識、感情、周智が遍く知りたいので次々書籍を買って読んでいる訳でして、ご丁寧に先回りしたしばき隊(あるいは在特会や日教組、PTA、MLM、カルト宗教家、人権団体でもいいけど)がオススメ厳選セレクトした本しか置いていない本屋など気持ち悪くて絶対無理です。憲兵ごっこじゃないんだから。普通の品揃えの本屋と、しばき隊警察による検閲・発禁本屋の違いが分からないので、是非、店内の全てのPOPに「ヘイト本を置かない書店員の会」と一筆記してくださいね。

とはいえ後家殺しも毎日新聞もしばき隊もどちらも嫌いなので、存分に斬り合ってください ><  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(7)
2017年06月17日
人権魔境の門真市教育委員会 公立中学校図書館で「エロマンガ先生」「ネトゲ嫁」閉架命令
女の一生 (新潮文庫)
女の一生 (新潮文庫)

対象が「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」とか「クジラックス先生」なら分かりますが、これは自称活字中毒から言わせると愚の骨頂。共にタイトルは想起させる内容と乖離した「釣り」である以前に、ラノベは読書癖の入門書として最適じゃないですか。こなれたラノベと一般書籍の垣根なんか無いに等しいし。定期報道では中高生読了率上位に「SAO」「化物語」が長年鎮座しているので一概にラノベをパージしているのではないでしょうけど、ジンケンシティ門真なら仕方ないのかなぁ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)
2017年02月17日
【書評】全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする
ザ・フライ [Blu-ray]
ザ・フライ [Blu-ray]

どうみてもデビッド・クローネンバーグです。本当にありがとうございました。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2017年01月20日
【書評】結物語
結物語 (講談社BOX)
結物語 (講談社BOX)

表紙は手にホッチキスを携えた白無垢の戦場ヶ原さん。作品中での阿良々木くん独白から推察すると北白蛇神社。
最初に三木谷浩史風の特設サイトご紹介。
  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2016年12月19日
【えるたそ】シリーズ最新刊「いまさら翼といわれても」 ハリーポッター新刊を抜き、文芸書ランキング第一位!
いまさら翼といわれても
いまさら翼といわれても

こちらの続き。終了後4年以上が経過してますが根強い人気のえるたそ。
【京アニ作品ランキング】1位「えるたそ」 けいおん一期、ハルヒ一期共に圏外
【氷菓】千反田えるさん母校の斐太高校 高校野球岐阜県大会決勝敗退!千反田さん殺害予告犯も同時に逮捕

「結物語」は予約していますが古典部は読んでいません。二期やるにはストック足らないの?別に劇場版でもいいのですが。ブレパンも復活したので、えるたそも復活すればいいのにね。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2016年10月18日
エッセイ本「夫のちんぽが入らない」2017年1月発刊
夫のちんぽが入らない
夫のちんぽが入らない

勃たなかったことは数あれど、入らなかった経験はありません。
よくよく考えるとかなり切実ですね。しかも20年。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(14)
2016年10月07日
【アマゾンレビュー】一ノ宮美成、森功、上原善広、佐野真一といった高名なジャーナリストがまともに取材もせずデタラメ記事を書き人権を侵害している実態には開いた口が塞がらない
ふしぎな部落問題 (ちくま新書)
ふしぎな部落問題 (ちくま新書)

こちらの続き。
【部落差別解消推進法案】ほなみ嬢「同和利権復活か」信恵姐「在日特権を肯定するな」ほなみ嬢「在日特権と同和利権を一緒に批判する李信恵がいるから本質が見えてこない」

表題の「デタラメ記事」がデタラメかどうかはさて置き、本書読了した市井の民の目にはそういう風に映るそうです。
「ヘイト寿司」や「キム・チョン阪急バス切符」で鬼の首を獲ったように差別だ差別だと吠えまくる朝日新聞に失笑を禁じ得ず。
朝日新聞社から2ちゃんねるに人権侵害書き込み?「失語症躁鬱ニート部落民はとっとと首つって氏ねよ。」

「徹ちゃん出自騒動」は当時、拙ブログもかなりの数のエントリーを投下しました。
人権派と自称するジャーナリストや幼稚な正義を振りかざす朝日新聞の化けの皮が剥がれ、差別のマッチポンプで飯を食っている「部落差別フリークス」に辟易した記憶。
橋下徹 site:http://birthofblues.livedoor.biz/ - Google 検索

「俺は部落地区出身だよ」「私は朝日新聞記者です」は差別の免罪符ではないのにね。007「殺しのライセンス」ならぬ「差別のライセンス」  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2016年09月15日
【書評】立華高校マーチングバンドへようこそ 後編
響け! ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 後編 (宝島社文庫)
響け! ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 後編 (宝島社文庫)

こちらの続き。
【書評】立華高校マーチングバンドへようこそ 前編

全国トップ高校吹奏楽部へ入部した代理ミュンヒハウゼン症候群っぽいあずにゃんが乗り越える試練記。
モデル校となった京都橘高校田中先生から直撃弾喰らった元エントリーはこちら。
【響け!ユーフォニアム】新シリーズ舞台は宇治より伏見へ!京都橘高校をモデルとした新書「立華高校マーチングバンドへようこそ!」8月4日発刊

円盤は売れないが本はよく売れるユーフォシリーズ。
後編ジャケットは左から梓(1年 tb)、未来(3年 tb)、桃花(3年 cg)、南(3年 dm)だそうです(下段:芹菜)。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2016年09月05日
2016年08月29日
【書評】撫物語
撫物語 (講談社BOX)
撫物語 (講談社BOX)

こちらの続き。
【撫物語】撫物とは陰陽師が祓や祈禱を行う際に身の穢を除くため用いる呪物

傷物語2の劇場CM(動画は今現在までネットで非公開のようですね)で流れていた新刊「撫物語」です。面白いのでさくっと読了。
類まれなる問題解決能力を評されチーム臥煙の主要参謀となる撫子ちゃんの前日譚。多分ね。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2016年08月12日
【書評】立華高校マーチングバンドへようこそ 前編
響け! ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 前編 (宝島社文庫)
響け! ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 前編 (宝島社文庫)

カバー絵は糞ラノベですが、中身は隣のサイコさんでした。超面白い。
以下、もろネタバレなので未読の人は読まないでね。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2016年06月16日
【撫物語】撫物とは陰陽師が祓や祈禱を行う際に身の穢を除くため用いる呪物
[物語]シリーズ セカンドシーズン千石撫子 メドゥーサVer. 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
[物語]シリーズ セカンドシーズン千石撫子 メドゥーサVer. 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

傷物語2公開情報がTOHOサイトより突然消失するなど、またお前か!騒動勃発の物語シリーズ。
上映情報 - 映画・映像|東宝WEB SITE

終わりそうで終わらない原作本は撫子三度となりました。後付なのか最初から設定折り込みなのか分かりませんが「撫物」って、こんな禍々しい言葉知っている人は全国に70人しかおらんやろ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2016年02月25日
【書評】モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い
モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い
モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い

「息子は校長に殺された!」 たった一人のモンスターが学校を崩壊させた。

不登校の高一男子が、久々の登校を目前に自殺した。かねてから学校の責任を追及していた母親は、校長を殺人罪で刑事告訴する。人権派弁護士、県会議員、マスコミも加勢しての執拗な追及に崩壊寸前まで追い込まれる高校。だが教師たちは真実を求め、ついに反撃に転じた――。どの学校にも起こり得る悪夢を描ききった戦慄のノンフィクション。

子供の遺書が「お母さんがやだので死にます」だった!そこにフェミニスト県議が現れた。ジンケン派弁護士も加わった。週刊金曜日も加わった。毎日新聞も加わった。この素晴らしい最強パーティーを従えたボーダー母は学友や教師、県教委職員、警察官、田中康夫らを続々訴え、遂にラスボス学校長を殺人罪で訴える。

こちらの続き。確認したら前回は2007年2月なので、ちょうど8年前ですね。
【書評】でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相
前作同様、筆感軽やかで一気読み。書いている方も読んでいる方もこういうアタマがぶっ飛んだネタが好きな証左。
児相の守秘義務死守には議論が分かれるのではと思われますが、それは別のテーブルにて。
以下、便宜「書評」と書いていますが、論評なしの事件アーカイブエントリーです。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(9)