このカテゴリー過去記事一覧
  1. 【立憲民主党】不謹慎議員有田芳生 今度はサザンオールスターズ名古屋公演のセトリ晒し&禁止行為の場内撮影をアップロードする傍若無人振り
  2. 【映画評】ビル・エヴァンス タイム・リメンバード
  3. 【ライブ評】サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019(福岡ヤフオクドーム)
  4. 【ライブ評】〈物語〉フェス 〜10th Anniversary Story〜
  5. 【レッド・ツェッペリン】バンド結成50周年記念ドキュメンタリー作品制作発表
  6. 【映画ボヘミアン・ラプソディ公式アカウント】「REOスピードワゴンの大物扱いは明らかにギャグ」「クイーンと違い今も聴いている人は少ない」
  7. 【ジョン・レノン警察】佐々木俊尚「イマジンは前世紀のノスタルジー、21世紀に適合した新しい理想と哲学が必要」町山智浩「あんたはネトウヨ以下」佐々木俊尚「変なの湧いてきた」
  8. 【訃報】内田裕也さん 肺炎で死去(享年79)
  9. 【ライブ評】森高千里「この街」TOUR 2019 北九州公演
  10. 【映画評】ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー
  11. 【映画評】私は、マリア・カラス
  12. 【映画評】エリック・クラプトン〜12小節の人生〜
  13. 【映画 ボヘミアン・ラプソディ】ローリング・ストーン誌の事実検証記事が賛否両論
  14. 【戦犯旗】毛沢東文革を知らないリベラル韓国人「旭日昇天旗招き猫ポスターを使ったスペイン映画祭は謝罪せよ!」デザイン強制変更を勝ち取る
  15. 【BTS原爆バンザイ騒動】ITmedia「全米1位の秘密は常軌を逸したファンによる組織的工作と韓国政府からの直接支援」
  16. バーミンガムに「ブラック・サバス橋」誕生へ
  17. 【2018日本シリーズ】サヨナラHR柳田「久々にももクロの怪盗少女が流れたのでめちゃくちゃテンション上がりました」
  18. 【日本国特許庁】1970年に英国でデビューしたヘビーメタルバンド「ブラックサバス」は我が国の世間一般に広く知られた存在を認めるに足りる証拠はない
  19. 【映画評】ボヘミアン・ラプソディ
  20. カーリー・サイモン&ミック・ジャガー 幻のデュエット曲が46年目に発掘

2019年06月03日
2019年05月30日
【映画評】ビル・エヴァンス タイム・リメンバード


ビル・エヴァンスはワルツ・フォー・デビーやポートレート・イン・ジャズ、ヴィレッジ・ヴァンガード、それとマイルスアルバム程度しか知らないニワカですが、結構面白かった。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年05月20日
【ライブ評】サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019(福岡ヤフオクドーム)


復活サザンのデビュー40周年記念公演です。福岡ドームでのライブ観戦は昨年の安室ちゃんファイナル以来。あの時は寒くて凍えそうでしたが今回は適温でした。
以下、ネタバレは控えめに。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(9)
2019年05月13日
【ライブ評】〈物語〉フェス 〜10th Anniversary Story〜


金払ってアニソン聴きに行ったのは多分初めて。
幕張までは流石に行けないのでLV鑑賞。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年05月10日
【レッド・ツェッペリン】バンド結成50周年記念ドキュメンタリー作品制作発表


当時繰り返し聴いた「アキレスラストスタンド」の印象は凄かったけど「プレゼンス」のアルバムセールス最低なんだな。「熱狂のライブ」もポンコツだったし、「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」も以下同。ハニードリッパーズ再結成話題が唯一の楽しみ。スレがなんか大喜利大会。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(9)
2019年04月23日
2019年04月17日
【ジョン・レノン警察】佐々木俊尚「イマジンは前世紀のノスタルジー、21世紀に適合した新しい理想と哲学が必要」町山智浩「あんたはネトウヨ以下」佐々木俊尚「変なの湧いてきた」


町山先生は万引き家族専門と思っていたけどジョン・レノンも語れるのか!凄いな!物知りだな〜
「イマジンさま〜イマジンさま〜」って言って婆さんと爺さんと数珠を握って空を拝んでいるんだろうな。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(11)
2019年03月18日
【訃報】内田裕也さん 肺炎で死去(享年79)


希林さん逝去と関係があるのか無いのか存じませんが、ご冥福をお祈りします。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(4)
2019年02月28日
【ライブ評】森高千里「この街」TOUR 2019 北九州公演


全盛期の頃は多忙だったので結局ライブに行けず終い。テレビでは帝国重工財前部長のCMソングが流れているし、映画館ではシティハンターがゲット・ワイルド付きで上映され、テレビアニメでどろろも流れているので、20年振りの全国ツアーに初鑑賞して参りました。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2019年01月10日
【映画評】ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー


ホイットニーはデビュー当時よりファン。ファーストもセカンドアルバムもよく聴きまして、ライブも観に行ったクチですが、この映画はあまり響かなかったです。とはいえ天安門事件の「タンクマン」挿入したら中国や韓国で上映できんだろう。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年01月03日
【映画評】私は、マリア・カラス


伝説のディーヴァ、ドキュメンタリー映画。ほぼ総天然色。2018年度鑑賞映画はこれが最後になります。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2018年11月29日
【映画評】エリック・クラプトン〜12小節の人生〜


今でこそ有田芳生と徒党を組み反アベお笑い芸人に甘んじている桑田佳祐さんがまだ普通に人気者だった頃、「エリック・クラプトソ」というアルバムまでリリースした元ネタの人の物語。2018年映画界で最大のヒット作品となった「【映画評】ボヘミアン・ラプソディ」に続く音楽映画ですが、こちらはドキュメンタリー。客層もクイーンと比べたら相当高かったよ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(9)
2018年11月16日
【映画 ボヘミアン・ラプソディ】ローリング・ストーン誌の事実検証記事が賛否両論


拙ブログでは星5つ評価としましたが、頭でっかちなのか映画評論家筋の評価は芳しくない模様。
論より証拠で是非映画館へどうぞ。津田大介を除く全ての往年の洋楽ファンなら100%満足間違いなし。
【映画評】ボヘミアン・ラプソディ

個人的には制作準備中と伝えられるジョン&ヨーコ映画が凄く楽しみ。日本で公開されたジャン=マルク・ヴァレ監督作品は全部観たけど、誰もが満足するいい作品に仕上げてくれると思います。
ジョン・レノンとオノ・ヨーコの伝記映画を「ダラス・バイヤーズクラブ」監督が制作 - 映画ナタリー  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(10)
【戦犯旗】毛沢東文革を知らないリベラル韓国人「旭日昇天旗招き猫ポスターを使ったスペイン映画祭は謝罪せよ!」デザイン強制変更を勝ち取る


毛沢東といえば「毛沢東がどうしたこうした」とジョン・レノンが歌ったレボリューションでお馴染み「ホワイトアルバム」の50周年記念リミックス版ようやく聴きました。音圧高め且つ丁重に分解され定位も安定し実にクリア。ポールのベースがはっきりくっきり強調されていい感じですね。

由緒正しくビートルズを経てハードロック、パンク、フュージョン、R&B、アシッドジャズ、オルタナの果てにある米津玄師アニソンというのも奥深いですが、音楽的バックグランドは一切ないままいきなりXTCから洋楽を聞き始めたとネットで話題の金髪豚とか、チョー・ヨンピルから消防車を経ていきなりBoAに進化したK-POPとか、リベラルさんの音楽変遷ってのは南米のオーパーツみたいで実に感慨深いですね。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2018年11月15日
【BTS原爆バンザイ騒動】ITmedia「全米1位の秘密は常軌を逸したファンによる組織的工作と韓国政府からの直接支援」


趣味嗜好の世界とはいえ、BTSの曲幾つか聴いたけど何が世界を魅了しているのかさっぱり分かりません。そこにあるのは緻密なマーケティング戦略でも金をばら撒くステルスマーケティングでもなく、IT技術を悪用した不正アクセスマーケティング。
BTSファンは“フェイクプレイ”でBillboardチャートを操作してる 【海外の反応】 - BABYMETALIZE

そもそもさ、全米人気ランキングがジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデを遥かに凌ぐ一位で、韓国語の曲がビルボード初登場一位で、満を持してリリースした英語の歌はなぜかビルボード初登場80位台、ニューヨーク公演のチケットは即日完売なのに会場ガラガラってだけで、VPN駆使した例の「江南スタイル」大作戦バレバレ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(11)
2018年11月14日
バーミンガムに「ブラック・サバス橋」誕生へ


こちらの続き。
【日本国特許庁】1970年に英国でデビューしたヘビーメタルバンド「ブラックサバス」は我が国の世間一般に広く知られた存在を認めるに足りる証拠はない

確かに映画「ボヘミアンラプソディ」の超盛り上がりに比べ、このスレの閑散さを鑑みるに特許庁がいうとおり「我が国の世間一般に広く知られた存在」とは言い難い。ちょっとかわいいアイアンメイデンはヘビメタじゃないし、ユーライア・ヒープはミドリムシ健康食品じゃないんだよ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)
2018年11月02日
2018年11月01日
【日本国特許庁】1970年に英国でデビューしたヘビーメタルバンド「ブラックサバス」は我が国の世間一般に広く知られた存在を認めるに足りる証拠はない


確証は取れませんが、メディコスエンタテインメントという日本のアニメグッズ会社が2013年に「ブラックサバス」を商標登録(指定はフィギュア)。それに気付いたトニー・アイオミとオジー・オズボーンが「BLACK SABBATH」商標登録したところ....という前提ではあるまいか。
(関係なければすみません。基本、一般固有名詞だしね)

しかしなんでAnthony Frank IommiがトニーさんでJohn Michael Osbourneがオジーさんなんだよ。教えてお爺さんなんだよ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(10)
2018年10月31日
【映画評】ボヘミアン・ラプソディ


冒頭の「20世紀フォックス・タイトルクレジット」がブライアン・メイなので遅刻厳禁。
エンドロールで「悲しきサルタン(ダイアー・ストレイツ)」表示されていたけど劇中で流れたの?  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(18)
2018年08月24日
カーリー・サイモン&ミック・ジャガー 幻のデュエット曲が46年目に発掘
Sophia
Sophia

それよりも久美ちゃんの名盤「ソフィア」は当時、穴が空くほど聴きまくりましたが、「気持ちいいじゃないTonight」ってカーリー・サイモンとビリー・ジョエルがノーギャラ参加していたのかよ!
(カーリー・サイモンはラヴァーステッカーも)  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)