このカテゴリー過去記事一覧
  1. 【映画評】サスペリア(2018)
  2. 【映画評】共犯者たち
  3. 【映画評】シークレット・ヴォイス
  4. 【映画評】バジュランギおじさんと、小さな迷子
  5. 【三上博史】面倒なやつだと思われているので出演作が5年に1本とかになっちゃう
  6. 【映画評】ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー
  7. 【2018映画】5ちゃんねる映画ベスト100
  8. 【2018年映画】当ブログベスト5「リズと青い鳥、ビューティフルデイ、ROMA/ローマ、ボヘミアン・ラプソディ、ラブレス」
  9. 【映画評】私は、マリア・カラス
  10. 【映画評】ROMA/ローマ
  11. 【映画評】いろとりどりの親子
  12. 【映画評】暁に祈れ
  13. 【映画評】アリー/ スター誕生
  14. 【映画評】ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
  15. 【映画評】パッドマン 5億人の女性を救った男
  16. 【映画評】若い女
  17. 【映画評】A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー
  18. 【映画評】テルマ
  19. 【映画評】恐怖の報酬 オリジナル完全版
  20. 【映画評】ハード・コア

2019年01月28日
【映画評】サスペリア(2018)


前提としてこちらの続き。
不朽の名作ホラー「サスペリア」ハリウッドリメイク化?
※文尾にネタバレ(個人的考察)を簡単に書いていますので未読の方は要注意

リメイクというより「カバー」でした。
アルジェント版「サスペリア」はリアルタイムでロードショー観たご縁もありますので(朧気な記憶では中洲大洋映画劇場)、賛否両論織り込んだ上で楽しみに観賞しました。オリジナル版はホラー映画全盛当時にあっても、映画の楽しみ方を教えてくれたマイ・フェイバリット作品でもあります。とはいえホラー作品としては「サスペリアPART2」の方が圧倒的に面白いけどね。  続きを読む

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2019年01月25日
【映画評】共犯者たち


盧武鉉を神と崇め、朴槿恵・李明博を蛇蝎のごとく嫌い、仕事もせずストを繰り返し、社屋内で「社長やめろ」シュプレヒコールを延々叫びSNS配信する困った韓国のマスコミ労組専従活動家に密着する地獄絵図のような3流プロパガンダ・ドキュメンタリー映画。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2019年01月22日
【映画評】シークレット・ヴォイス


「マジカル・ガール」カルロス・ベルムト監督の最新作。
前作のインモラル路線を楽しみに鑑賞しましたが、中身はアルモドバル系。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年01月21日
【映画評】バジュランギおじさんと、小さな迷子


今年の初鑑賞インド映画はこれ。
尺は160分ですが、ダンスシーンとスローモーション演出カットしたら90分で収まると思われ、ライトなインド映画ファン的には寧ろそっちの方で楽しみたい。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年01月18日
【三上博史】面倒なやつだと思われているので出演作が5年に1本とかになっちゃう


スレがまさかの本城裕二ネタ。あのドラマ「続く」で終わったので個人的には続編ずっと待っているのです。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2019年01月10日
【映画評】ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー


ホイットニーはデビュー当時よりファン。ファーストもセカンドアルバムもよく聴きまして、ライブも観に行ったクチですが、この映画はあまり響かなかったです。とはいえ天安門事件の「タンクマン」挿入したら中国や韓国で上映できんだろう。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年01月07日
【2018映画】5ちゃんねる映画ベスト100


毎年同じですが、数百タイトルあれどアニメランキングは一定の作品群に収斂されていきますが、映画ランキングはてんでバラバラなのが面白い。個人的には当地で当初一週間限定公開のインディーズ映画だった「カメラを止めるな」を前提知識一切無しで観た時は本当面白かったんだけどね。今じゃハードル上がりすぎ。

因みにベスト作品で当ブログ観賞済作品は
1位 ボヘミアン・ラプソディ (☆☆☆☆☆)
2位 カメラを止めるな! (☆☆☆☆)
3位 スリー・ビルボード (☆☆☆)
6位 万引き家族 (☆☆☆)
8位 ミッション:インポッシブル/フォールアウト (☆☆)
9位 シェイプ・オブ・ウォーター (☆☆☆)

未鑑賞
4位 レディ・プレイヤー1
5位 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
7位 バーフバリ 王の凱旋(WOWOW録画済)
10位  リメンバー・ミー (WOWOW録画セット済)

ワースト作品観賞済は
6位 グレイテスト・ショーマン (☆☆☆)
8位 カメラを止めるな! (☆☆☆☆)
8位 キングスマン:ゴールデン・サークル (☆☆☆)

未鑑賞は
1位 未来のミライ
2位 パシフィック・リム:アップライジング
3位 来る
4位 GODZILLA 星を喰う者
5位 ジュラシック・ワールド/炎の王国
7位 パンク侍、斬られて候
10位  ダークタワー  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
【2018年映画】当ブログベスト5「リズと青い鳥、ビューティフルデイ、ROMA/ローマ、ボヘミアン・ラプソディ、ラブレス」


昨年はこちら。
【2017年映画】当ブログベスト「女神の見えざる手」

数えていませんが映画館で新作を100本以上観ている筈。タイトルのベスト5は順不同です。全般的に邦画とフランス映画が軟調でした。

可能な限りアマゾンプライムビデオのリンクを貼付していますので興味があればどうぞ。いずれも当ブログが推奨する世界からよりすぐりの変態映画です。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年01月03日
【映画評】私は、マリア・カラス


伝説のディーヴァ、ドキュメンタリー映画。ほぼ総天然色。2018年度鑑賞映画はこれが最後になります。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2018年12月28日
【映画評】ROMA/ローマ


本年度各映画賞総なめの大本命且つアルフォンソ・キュアロン最新作。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(7)
2018年12月27日
【映画評】いろとりどりの親子


様々な類型の「障害」子女を描いたドキュメンタリー映画。
翻訳版原作本も映画公開と同時リリースすればよかったのにね。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2018年12月26日
【映画評】暁に祈れ


ざっくりいうと、負けたらエイズ血液注射のお仕置きよ!系ロッキー。竿ありエイドリアン有り。
稼ぎ先のタイで窃盗でパクられたイギリス人ボクサー崩れが味わう地獄の刑務所実話。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)
2018年12月25日
【映画評】アリー/ スター誕生


元はクリント・イーストウッドがビヨンセを軸に企画した「スター誕生」三度目のリメイクが二転三転、思わぬお鉢が回ってきたブラッドリー・クーパーがレディ・ガガを担ぎどう仕上げたのか?という作品。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2018年12月21日
【映画評】ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ


こちらの続き。
【映画評】ボーダーライン

基本的に映画の続編は駄作に決っているだろうという勝手な思い込みで知ったかぶりしているバカチン映画ファンなので本作も完全になめていました。「フレンチ・コネクション2」並の前作に勝るとも劣らないクオリティに脱帽。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2018年12月17日
【映画評】パッドマン 5億人の女性を救った男


地域住民のみならず家族からも変態扱いされ絶縁状態でも尚、生理用ナプキン自作に拘り続けたインド人実業家のお話。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2018年12月13日
【映画評】若い女


クソ女が七転八倒する様を淡々と描く典型的なフランス映画。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2018年12月12日
【映画評】A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー


映画界を席巻するA24最新劇場公開作品。
「ザ」じゃなくて「ア」ってのがそういうことか。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2018年12月10日
【映画評】テルマ


ノルウェイのホラー映画。
監督はラース・フォン・トリアーの甥っ子、ヨアキム・トリアー  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2018年12月08日
【映画評】恐怖の報酬 オリジナル完全版


思わず手を握りしめ心の中で「パンツァーフォー」と叫びたくなるこの感じがお分かりでしょうか?
しかしフリードキン版「恐怖の報酬」って日本国内で円盤リリースされていないんだ。びっくりした。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2018年12月07日
【映画評】ハード・コア


クライムコメディ系。原作未読。
山下敦弘監督作ですが、山田孝之コラボの割には普通の作品に仕上がりほっとしました。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)