このカテゴリー過去記事一覧
  1. 【映画評】ディザスター・アーティスト
  2. 【映画評】へレディタリー/継承
  3. 【映画評】イット・カムズ・アット・ナイト
  4. 【映画評】鈴木家の嘘
  5. 【映画評】エリック・クラプトン〜12小節の人生〜
  6. 【映画評】ギャングース
  7. 【映画評】若おかみは小学生!
  8. 【ツイッター】#生涯ベストワン映画
  9. 【映画評】生きてるだけで、愛。
  10. 【映画 ボヘミアン・ラプソディ】ローリング・ストーン誌の事実検証記事が賛否両論
  11. 【映画評】教誨師
  12. 【映画評】人魚の眠る家
  13. 【BBC】日本映画上位独占「史上最高の外国語映画100本」
  14. 【映画評】ボヘミアン・ラプソディ
  15. 【映画評】運命は踊る
  16. 【映画評】search/サーチ
  17. 【映画評】『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
  18. 【映画評】アンダー・ザ・シルバーレイク
  19. 【映画評】食べる女
  20. 【映画評】母という名の女

2018年12月05日
【映画評】ディザスター・アーティスト


昨日はコレ。
【映画評】へレディタリー/継承

A24作品3連発映画評シリーズ第三弾の最後。

朝日新聞記者によるクライムドラマ「幸色のワンルーム」放送ボイコット運動に触発されたのか主演男優の「#metoo」騒動が日本の良心的映画産業界のポリコレ・フィルタリングより弾かれ、本邦劇場公開が中止となった作品がポリコレ治外法権のアマゾンプライムで配信されましたので速攻視聴。アマプラはネトウヨ。  続きを読む

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2018年12月04日
【映画評】へレディタリー/継承


昨日はコレ。
【映画評】イット・カムズ・アット・ナイト

A24作品3連発映画評シリーズ第二弾。
禍々しいキャッチコピーが並んでいますが、ホラー映画だと思い込み鑑賞すると肩透かし食らうパターン。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2018年12月03日
【映画評】イット・カムズ・アット・ナイト


本日からA24作品映画評三連発の予定。第一弾は「92分間、あなたは精神を保てるか?」というキャッチコピーのイット・カムズ・アット・ナイト。正直つまらん。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2018年11月30日
【映画評】鈴木家の嘘


長男の自死で右往左往する、いい意味で笑えないホームコメディ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)
2018年11月29日
【映画評】エリック・クラプトン〜12小節の人生〜


今でこそ有田芳生と徒党を組み反アベお笑い芸人に甘んじている桑田佳祐さんがまだ普通に人気者だった頃、「エリック・クラプトソ」というアルバムまでリリースした元ネタの人の物語。2018年映画界で最大のヒット作品となった「【映画評】ボヘミアン・ラプソディ」に続く音楽映画ですが、こちらはドキュメンタリー。客層もクイーンと比べたら相当高かったよ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(9)
2018年11月28日
【映画評】ギャングース


原作は1巻〜2巻程度は読んだ記憶あるけどキャラデが馴染めず途中で止めていました。こういう話なのね。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2018年11月26日
【映画評】若おかみは小学生!


駆け出しのアニメファンながら流石に本作は子供向けだと高を括りスルーするも、劇場上映終了後のあまりの評判の高さに観ておけばよかったと地団駄踏んでいましたが、数日前にオープンしたユナイテッド・シネマ福岡ももち(旧ホークスタウンモール→マークイズ福岡)がセカンドラン上映開始しましたのでなんとかサルベージ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2018年11月21日
【ツイッター】#生涯ベストワン映画


食い物と一緒でひとつには絞られないですよね。ラーメンもうどんも焼きそばも焼き肉も刺し身も天ぷらも中華もイタリアンも食べたい。

古めの映画でざっと思いつくまま並べますと、ガープの世界、フルメタル・ジャケット、ビッグ・ウェンズデー、マルホランド・ドライブ、ブルーベルベット、サスペリア2、LAコンフィデンシャル、アンタッチャブルなんかがお気に入り。最下段にアマプラのリンク貼付していますので、お暇な時にどうぞ。(マルホとブルーベルベットはなかった)  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(10)
2018年11月19日
【映画評】生きてるだけで、愛。


映画評論家ウケが非常に悪いので多少身構えて臨みましたが、ガッチガチのメンヘル女物語にびっくり。思わぬ掘り出し物でした。今年観た邦画では上位に位置付けたい隠れた良作。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2018年11月16日
【映画 ボヘミアン・ラプソディ】ローリング・ストーン誌の事実検証記事が賛否両論


拙ブログでは星5つ評価としましたが、頭でっかちなのか映画評論家筋の評価は芳しくない模様。
論より証拠で是非映画館へどうぞ。津田大介を除く全ての往年の洋楽ファンなら100%満足間違いなし。
【映画評】ボヘミアン・ラプソディ

個人的には制作準備中と伝えられるジョン&ヨーコ映画が凄く楽しみ。日本で公開されたジャン=マルク・ヴァレ監督作品は全部観たけど、誰もが満足するいい作品に仕上げてくれると思います。
ジョン・レノンとオノ・ヨーコの伝記映画を「ダラス・バイヤーズクラブ」監督が制作 - 映画ナタリー  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(10)
2018年11月12日
【映画評】教誨師


大杉漣遺作。当地でもようやく公開始まりましたのでさっそく鑑賞しました。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2018年11月07日
【映画評】人魚の眠る家


重いテーマの割に妙に軽い作風の変な映画でした。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2018年11月02日
【BBC】日本映画上位独占「史上最高の外国語映画100本」


こちらにも書きましたが、【映画評】七人の侍(デジタル・リマスター 4K版)
デジタルリマスター作品は映像がシャープであるのは当然として、セリフ(左卜全を除く)が明瞭に聞き取りやすいのが凄い。先月だっけ、小津作品のリマスター版がBSでバンバンオンエアされていたので片っ端から録画済ですが、七人の侍並にクリア音声なのかな?まだ観ていない。年末年始にゆっくり観る予定。

その「七人の侍」ですが、今風に喩えるなら「異世界転生」の全てが詰まっているRPGモノのテンプレみたいな作品なので、古典映画食わず嫌いの人もリマスター版を是非どうぞ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(10)
2018年10月31日
【映画評】ボヘミアン・ラプソディ


冒頭の「20世紀フォックス・タイトルクレジット」がブライアン・メイなので遅刻厳禁。
エンドロールで「悲しきサルタン(ダイアー・ストレイツ)」表示されていたけど劇中で流れたの?  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(18)
2018年10月30日
【映画評】運命は踊る


広義でいう戦争モノですね。本邦では珍しいエンドロールにヘブライ語満載のイスラエル映画。
なんでこんな凡庸な邦題にしたのだろう?二重、三重に本作を表す原題「フォックス・トロット」から印象薄い「運命は踊る」に替える必然性が分からない。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2018年10月29日
【映画評】search/サーチ


下半期映画で最高に面白いという触れ込みでしたが、最高というより普通に面白かったです。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)
2018年10月22日
【映画評】『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!


WOWOWが懸命に番宣していたのできっと面白い映画なんだなと根拠もなく思い込み、公開初日に観に行きましたがあまりにも詰まらないので、この後に同じ音楽系ネタ映画の「アンダーザシルバーレイク」観てきれいサッパリ浄化されたので映画評アップするのを10日余り忘れていました。

後半より韓流映画に化けるヘンテコ演出を横に置いたとしても、フランク・ザッパとか昭和のくそ臭いギャグ並べてなにが面白いのか全然わかんねぇんだよタコ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(7)
2018年10月19日
【映画評】アンダー・ザ・シルバーレイク


【映画評】イット・フォローズ」デヴィッド・ロバート・ミッチェル監督、話題の最新作。政治評論家の町山智浩先生がしたり顔でダークサイド版「ラ・ラ・ランド」云々と評されている模様ですが、個人的にこれは陽気な「マルホランド・ドライブ」で腑に落ちる。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2018年10月11日
【映画評】食べる女


あまり前評判宜しくない模様でしたが、存外悪くなかったです。
いきなりシャーロット・ケイト・フォックスがセックス始めたのにはびっくりしたけど。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2018年10月10日
【映画評】母という名の女


遅参に遅参を重ねたミシェル・フランコ最新作がようやく当地公開です。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)