このカテゴリー過去記事一覧
  1. 【映画評】アメリカン・アニマルズ
  2. 【映画評】プロメア
  3. 【映画評】居眠り磐音
  4. 【空母いぶき炎上騒動】原作首相「確実に死ぬ。自衛隊員だけではない。中国兵も。私の命令で死ぬのだ。嘔吐が」映画首相「正体不明の敵が現れた!ぼくお腹がいたーい」
  5. 【空母いぶき炎上騒動】福井晴敏「原作は日本と中国が戦争するとんでもない代物なので架空の国と戦わせた」映画板住民「進撃の巨人脚本で町山のバカがやらかした時のような感じ」
  6. 【映画評】甲鉄城のカバネリ 海門決戦
  7. 【映画評】キングダム
  8. 【映画評】名探偵ピカチュウ
  9. 【映画ボヘミアン・ラプソディ公式アカウント】「REOスピードワゴンの大物扱いは明らかにギャグ」「クイーンと違い今も聴いている人は少ない」
  10. 【映画評】劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜
  11. 【映画評】ビューティフル・ボーイ
  12. 【映画評】バイス
  13. 【映画評】たちあがる女
  14. 【映画評】マイ・ブックショップ
  15. 【映画評】ブラック・クランズマン
  16. 【TOHOシネマズ】ファーストデイ1,200円、通常1,900円に鑑賞料金を爆上げ 
  17. 【映画評】シンプル・フェイバー
  18. 【映画評】ウトヤ島、7月22日
  19. 【映画評】運び屋
  20. 【映画評】翔んで埼玉

2019年05月23日
【映画評】アメリカン・アニマルズ


メタ・セミドキュメンタリー映画と表現したらいいのか、なかなか面白い手法の映画でした。エンドロールで実在登場ってパターンはよくあるけどね。  続きを読む

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2019年05月22日
【映画評】プロメア


今年見た映画では「ウトヤ島、7月22日」と並ぶ年間クソ映画決定。
スーパーフライの主題歌はよかったよ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)
2019年05月20日
【映画評】居眠り磐音


原作未読。例のピエール瀧騒動映画。面白かったです。来場者特典で脚本も頂きました。
高良くんのチャンバラ映画も観に行けばよかった。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2019年05月16日
2019年05月15日
【空母いぶき炎上騒動】福井晴敏「原作は日本と中国が戦争するとんでもない代物なので架空の国と戦わせた」映画板住民「進撃の巨人脚本で町山のバカがやらかした時のような感じ」


反権力の俺カコイイ佐藤浩市発言は映画ファン立場的にどうでもいいのですが、尖閣諸島に国連安保理常任理事国=人民解放軍が攻めてきた〜中国と揉めたくないアメリカ・国連加盟国一斉静観〜憲法9条で自縄自縛な日本は孤立無援、どうする?という骨太テーマの原作が、沖ノ鳥島沖数百キロ海上に国籍不明の勢力が現れた!〜国連軍が助けてくれた!〜僕たち24時間で解決してよかったね!というゆとりですがなにか映画を観に行くほど暇でなし。映画より現実的な原作に沿って制作し、反日でも反中でもなくどちらの国にも与しない客観的な脚本で映画作れば中国でも人気が出たのでは?ポリコレ脳、リベラル脳の限界。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(24)
【映画評】甲鉄城のカバネリ 海門決戦


2016年春アニメを象徴するツートップの糞アニメ(カバネリ・クロムクロ)という認識しかなかった本作ですが、えらい評判いいのとアマプラで期間限定公開ということなので鑑賞しました。なんだやれば出来るやん。
因みにブログ内検索したところ、同クールはくまみこ・リゼロ・ネトゲ嫁・三者三葉・ふらいんぐうぃっちを当ブログは推していた模様。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2019年05月10日
【映画評】キングダム


原作未読。よくある先入観でジャニタレとAKBとEXILE軍団が臭い演技をするクソ映画と思い込み0話切りしていましたが、知人から「違う違うそうじゃない」「天陽くんと長澤まさみ」と釘を刺され観に行きましたが面白かった。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2019年05月08日
【映画評】名探偵ピカチュウ


結局、このGWに観た映画は本作と「キングダム」だけです。しかもGW直前の「大人限定試写会」。10連休中はいきなりテン泊縦走したり地元低山を隔日でトレッキングしていたので映画観に行く暇が全然ありませんでした。とはいえ自宅で冬彦さんや最後から二番目の恋、ヴィヴィアン・リー、ヘップバーン、アメリカン・グラフィティ、スタンド・バイ・ミー等古い映画/ドラマは色々観たよ。ホームシアターも揃えているけど事前セッティングが面倒くさいので結局テレビで観ています。意味がない。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2019年04月23日
2019年04月22日
2019年04月15日
【映画評】ビューティフル・ボーイ


ティモシー・シャラメ&予告編の印象から情緒的な映画かと思いきや、平成最後のレクイエム・フォー・ドリームだったでござる。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年04月08日
【映画評】バイス


その昔、「ライスとヒラリー、ティモシェンコとライス、どっちがやれる?」で盛り上がった牧歌的時代を懐かしく思い出す政治ムービー
参考:【変態大佐カダフィ】ビザールな「ライス元国務長官専用ズリネタ帳」押収される  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)
2019年04月03日
【映画評】たちあがる女


マキタ電動工具の充電切れで人生が激変する女テロリストを描いたアイスランド映画。氷河見てほぉ〜となった。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2019年04月01日
【映画評】マイ・ブックショップ


イギリス映画らしい、割と夢も希望もないお話でした。(撮影はアイルランドの由)  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年03月26日
【映画評】ブラック・クランズマン


どこまでが史実か存じませんが、獣一種のちんぽを巡る熱い男の戦い映画。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2019年03月18日
【TOHOシネマズ】ファーストデイ1,200円、通常1,900円に鑑賞料金を爆上げ 


「映画の日」換算で9%の値上げが高いか妥当かという事ですが、映画館は視聴環境の変化を望まぬ年寄りに引き続き寄生し続け、映画好き中年はアマプラやWOWOWオンデマンド引いて自宅に格安ホームシアター構築、スマホやタブレットで映画鑑賞に支障なき若年層は益々、映画館離れ〜オンデマンド視聴に流れていくんだろうな。と思われまして。

※追記:TOHOは毎月1日の「映画の日」をファーストデイ、12月1日のみ「映画の日」と呼称しているそうなので、タイトルもそれに倣って変更しました。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(8)
2019年03月13日
【映画評】シンプル・フェイバー


劇伴が「ひそねとまそたん」とダダ被りなフレンチ・ポップス・ミステリー  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年03月12日
【映画評】ウトヤ島、7月22日


拙ブログで申し上げるとこちらの続きになります。
【写真速報】ノルウェー爆弾&乱射テロ

結論から申し上げると、劣化版「カメラを止めるな」  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年03月11日
【映画評】運び屋


ここ10数年来、クリント・イーストウッド監督作品は公開初日に鑑賞していまして今回も無事皆勤賞。褒美になんかくれ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2019年03月06日
【映画評】翔んで埼玉


沖縄県民コンビがお届けする関東エリアご当地マウンティング映画。
評判通り確かに面白かったけど、WOWOWで充分じゃね?  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(8)