このカテゴリー過去記事一覧
  1. 【LGBTQ禍】気鋭のリベラル映画評論家猿渡由紀「トランスジェンダー役をそうでない俳優が演じてはダメな理由」
  2. 【映画評】泣きたい私は猫をかぶる
  3. 【映画評】SKIN/スキン
  4. 【映画評】レイニーデイ・イン・ニューヨーク
  5. 【映画評】MOTHER マザー
  6. 【ミソジニー】ウェブメディア THE RIVER「今どき海外の俳優をイケメンってキャッキャしているのはオバサンだけ」ツイートが誤解を招いたので削除しました
  7. 【映画評】ザ・ファイブ・ブラッズ
  8. 【映画評】ライト・オブ・マイ・ライフ
  9. 【映画評】グッド・ボーイズ
  10. 【映画評】ペイン・アンド・グローリー
  11. 【映画評】ハニーランド 永遠の谷
  12. 【映画評】ANNA/アナ
  13. 【映画評】ビッグ・リトル・ファーム
  14. 【映画評】ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
  15. 【映画評】ルース・エドガー
  16. 【映画評】デッド・ドント・ダイ
  17. 【映画評】ハーフオブイット 面白いのはこれから
  18. 【映画評】プリズン・サークル
  19. 【映画評】白い暴動
  20. 【映画評】タイラー・レイク −命の奪還−

2020年07月10日
【LGBTQ禍】気鋭のリベラル映画評論家猿渡由紀「トランスジェンダー役をそうでない俳優が演じてはダメな理由」


そういや我が家のリビングには「わたしはロランス」B2ポスターパネル飾っています。猿渡由紀師は腸が煮えくり返っている事でしょう。

ということで町山臭が凄まじい猿渡師が叫んでいる内容を分かり易く補強すると、ストレートなのにトランスジェンダー役を演じた生田斗真は絶対許さない。シスはシス役だけ、トランスジェンダーはトランスジェンダーの仕事だけやっていろ。同様にゲイの男優がストレートの役を演じる事など言語道断で、ストレートの女優がレズビアンを演じるのもLGBT的に許されない。あとアニメ映画「君の名は」主役の声を当てた神木きゅんと上白石萌音は身体が入れ替わったタイミングで声も入れ替えるべきなのに新海誠はふざけてんのか?という先鋭的リベラル的には非常に正論なご意見。

とりあえず猿渡なリベラル諸氏は国会前に集合しトランスジェンダーの仕事の機会を奪う宝塚歌劇団を血祭りにあげようぜ!  続きを読む

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(19)
2020年07月08日
【映画評】SKIN/スキン


アメリカ版しばき隊みたいなカルト組織の主人公が真人間に更生するストーリーですが、例のエセ人権屋映画評論家がこの映画観て「彼らは働いていてもご飯が食べられなくて、わずかな食べ物が欲しくてイスラム教徒を焼き殺したのですよ」とか仮に言ったらすげーなと思った。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2020年07月07日
【映画評】レイニーデイ・イン・ニューヨーク


正義フェミ、正義リベラルによる魔女狩り=ウディ・アレン養女レイプパージの流れで上映禁止となっていた問題作。「アマゾンステュディオス」のロゴはありませんでした。日頃はジンケンジンケン威勢がいいのに本件に口を閉ざしているエセ人権屋映画評論家筋とかアマゾンは芸術を破壊する糞。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2020年07月06日
【映画評】MOTHER マザー


話題の長澤まさみ主演ネグレクト映画。
本年度賞レースを席巻しそうですが、個人的には今一歩。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2020年07月03日
【ミソジニー】ウェブメディア THE RIVER「今どき海外の俳優をイケメンってキャッキャしているのはオバサンだけ」ツイートが誤解を招いたので削除しました


BLMで大炎上中の町山評論家、セクハラパワハラ地獄で飛ぶ鳥を落とす勢いのアップリンク社長に続き映画産業期待の新人がまたデビュー!映画業界は人権教育の宝庫だね。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2020年06月25日
2020年06月24日
【映画評】ライト・オブ・マイ・ライフ


2020年冬アニメ「ソマリと森の神様」風味のケイシー・アフレック監督兼主演作品。
日本の公式サイトないの?  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2020年06月23日
【映画評】グッド・ボーイズ


昔流行った「グローイングアップ」系。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2020年06月22日
【映画評】ペイン・アンド・グローリー


ペドロ・アルモドバル監督最新作。
出来不出来が激しい作風だけど本作は海外レビューがよかったので鑑賞。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2020年06月19日
【映画評】ハニーランド 永遠の谷


北マケドニア居住養蜂家ドキュメンタリー映画。切り取り演出が「テラスハウス」入っているので色々試される。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2020年06月18日
【映画評】ANNA/アナ


最近グダグダなリュック・ベッソンですが、これはまあ面白かったよ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2020年06月17日
【映画評】ビッグ・リトル・ファーム


ズブの素人が軍資金集め広大な荒れ地を買い大規模農場/農園を作る経過を描いたドキュメンタリー映画。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2020年06月16日
2020年06月15日
【映画評】ルース・エドガー


数日前にオープンした「キノシネマ天神(ミニシアター3スクリーン)」で鑑賞しました。地下鉄赤坂駅から歩いていきましたが中洲川端駅からユナイテッド・シネマ・キャナルまでより若干近い感じ(帰りは自宅まで歩いて帰りました)。場所は警固のユニック本社跡地。あの辺歩くの久し振りですがヴィレヴァン無くなっていたんだ。横のパチンコ屋も無くなっている。警固の天ぷらだるまはそのままで安心。

商業施設(カイタックスクエア)自体は間口が狭く青山付近の裏路地にあるような感じの作り。敷地内にチャリも原付きも大型バイクも停められます。キノシネマ館内はオシャレモード。配給会社直営だけに恐らく映写設備も凄くいいんだろうね。座席はリクライニング仕様です。傘立てがないのが難点。

思い起こせば福岡のミニシアターは東京テアトル系列のシネリーブル博多駅、親不孝にあったテアトル天神、そういや百道にもありましたねTNCパヴェリア。みんな潰れた。構造的産業斜陽化を背景に無くなる一方だったミニシアターですが新規出店というのも珍しい。しかも配給会社直営なので潰れる心配も少ないし、東名阪での上映開始から数ヶ月〜半年遅れが常態化しているミニシアター系作品も同時公開というのが嬉しい。長い付き合いになりそうです。よろしくね。
  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2020年06月08日
【映画評】デッド・ドント・ダイ


コロナ緊急事態宣言解除後、初の劇場鑑賞となりました。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2020年05月19日
2020年05月18日
2020年05月15日
【映画評】タイラー・レイク −命の奪還−


Netflix配信映画。インドが舞台の脳筋アクション映画。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)