このカテゴリー過去記事一覧
  1. 【映画評】嘘を愛する女
  2. 【#MeToo 騒動】ブリジット・バルドー先生(83)「一般女性と違う女優は枕営業も当然。偽善者がセクハラいうな」
  3. 【スター・ウォーズ秘話】マーク・ハミルがキャリー・フィッシャーと一線を越えなかった理由
  4. 【映画評】否定と肯定
  5. 【映画評】ヒトラーに屈しなかった国王
  6. 【映画評】キングスマン:ゴールデン・サークル
  7. 【映画評】立ち去った女
  8. 【映画評】中二病でも恋がしたい! −Take On Me−
  9. 【2017年映画】「2chベストランキング」と「Twitter映画ベスト10」集計結果を比較してみた
  10. 【2017年映画】当ブログベスト10発表〜1位は「女神の見えざる手」
  11. 【映画評】イノセント15
  12. 【映画評】gifted/ギフテッド
  13. 【映画評】グッド・タイム
  14. 【映画評】狂覗
  15. 【映画評】ウーナ 13歳の欲動
  16. 【映画評】希望のかなた
  17. 【映画評】勝手にふるえてろ
  18. 【映画評】パーティーで女の子に話しかけるには
  19. 【映画評】ビジランテ
  20. 【映画評】彼女が目覚めるその日まで

2018年01月23日
【映画評】嘘を愛する女
嘘を愛する女 (徳間文庫)
嘘を愛する女 (徳間文庫)

長澤まさみ×高橋一生のサスペンス映画。
「私が愛した男は何者?」掴みは満点。  続きを読む

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2018年01月18日
【#MeToo 騒動】ブリジット・バルドー先生(83)「一般女性と違う女優は枕営業も当然。偽善者がセクハラいうな」
ブリジット・バルドー 女を極める60の言葉 (PHP文庫)
ブリジット・バルドー 女を極める60の言葉 (PHP文庫)

どっちもどっちというか要は自営業者の「営業」なので、個別具体的に吟味しないとね。
勿論、喰うだけ喰って仕事回さないヤツ、権限もないのに立場を騙り甘い汁吸うヤツは論外。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(7)
2018年01月17日
2018年01月16日
【映画評】否定と肯定
否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる闘い (ハーパーBOOKS)
否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる闘い (ハーパーBOOKS)

しばき隊、町山智浩など質が悪い特殊人権筋が絶賛していたので一抹の不安を抱いて臨みましたが杞憂でした。ウィットとユーモアに溢れた平易明瞭な法廷劇。奇しくも同じ著書真贋論争に巻き込まれているパク・ユンファ教授とレイチェル・ワイズが被って見えて仕方なく、「ホロコースト否定論」→「日帝性奴隷20万人論」へ自然と脳内で置き換えたので更に楽しく鑑賞出来ました。

「ホロコースト否定論」と「朝鮮人ジェノサイド」という二律背反する歴史の歪曲を同列で騙る町山智浩先生はホロコースト否定派より更に気持ち悪いのですが、映画評論界のウーマン村本なので仕方ないの?
町山智浩 映画『否定と肯定』を語る  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2018年01月15日
【映画評】ヒトラーに屈しなかった国王
ヒトラーの忘れもの [Blu-ray]
ヒトラーの忘れもの [Blu-ray]

「連合国の毒牙から貴国をナチスが保護してやろう」と嘯くヒトラーから電撃侵攻され市街地は空爆され婦女子が強姦され老人や赤ん坊が虐殺され主権侵害され傀儡政権樹立されようが、敵兵を殺す位なら殺された方がマシ。ナチズムと徹底抗戦する諸国はチンパンジー。おれはチンパンジーだって認めたくないから非武装中立を叫ぶけど。という中二病でも政治を語りたい非武装無防備論で良心的サヨクが絶賛したウーマン村本に喧嘩を売るノルウェイ映画。

ウーマン村本がノルウェー国王だったらコメディ調になって面白かったのにね。差し詰めタイトルは「ヒトラーに土下座した国王」まさに李氏朝鮮物語。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2018年01月11日
2018年01月10日
【映画評】立ち去った女
外務省の愚―フィリピン・無実の死刑囚 中島忠弘の慟哭
外務省の愚―フィリピン・無実の死刑囚 中島忠弘の慟哭

トルストイ短編にインスパイアされたと称されるクライム・サスペンス。2016年ベネチア金獅子賞受賞作。フィリピン映画。意識高い系というよりも映画マニア向け。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2018年01月09日
【映画評】中二病でも恋がしたい! −Take On Me−
『映画 中二病でも恋がしたい!-Take On Me-』オリジナルサウンドトラック
『映画 中二病でも恋がしたい!-Take On Me-』オリジナルサウンドトラック

前々から気になっていたんだけど、京アニの販促の人は最低限のウェブマーケティングスキル身に付けないとダメだよ。例えば以前よりユーフォ公式URLを媒体で表記する際、必ずお尻に「/」付ける癖もアレですし(例:http://anime-eupho.com/)、本作の場合は実務的な致命ミス。正式タイトルは「中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」なのですが、文字列Take On Meを挟む装飾記号「-」が検索エンジンへの除外キーワード指示なので正式タイトルで検索すると「特定キーワード『Take On Me』を含まない、文字列『中二病でも恋がしたい!』のみ検索」という指示になり公式サイト(http://www.anime-chu-2.com)が検索結果より除外される。大きなお世話ですがウェブサイトに記載するなら全角の「−」とか、長音「ー」を使用しないとダメ。

嘘だと思うならググってみて。
中二病でも恋がしたい! -Take On Me- - Google 検索

ユーフォ公式サイトも古典的なレスポンシブデザインに改悪しているし、ちょっと小一時間説教したい感じ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2018年01月06日
【2017年映画】「2chベストランキング」と「Twitter映画ベスト10」集計結果を比較してみた
ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]
ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]

こちらの続き。
【2017年映画】当ブログベスト10発表〜1位は「女神の見えざる手」

匿名の2ch、仮想顕名のツイッターですが、マーケティングセンスが痛々しいエイベックス岸博幸先生が商業作品として全否定する「ラ・ラ・ランド」が皮肉なことにどちらも首位君臨するなど上位結果は両者ほぼ均衡。よってランキングとして真面目に投票されている、組織票が混在していない、統計的に信頼に値するパネルである。という結果が導かれるのかな。
しかしそれだけじゃ面白くないので、作品評価比較を通してパネルの差異を探してみました。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2018年01月05日
【2017年映画】当ブログベスト10発表〜1位は「女神の見えざる手」
Miss Sloane/ [Blu-ray] [Import]
Miss Sloane/ [Blu-ray] [Import]

去年はこちら。
当ブログが選ぶ「2016年度 映画ベスト10、ワースト5」

上半期まとめはこちら。
【映画評】2017年上半期 ベスト10(光をくれた人、無垢の祈り、真白の恋、バンコクナイツ、ラ・ラ・ランド、エヴォリューション、14の夜ほか)

2017年度の当ブログ映画評対象は145作品。(定義:当地劇場またはオンデマンドで当年度公開新作)
評点5点満点で4点以上の作品=39作品より更にベスト10へ絞り込みました。
国別では邦画12、米国13、仏4、伊3作品。
5点満点は2作品(ラ・ラ・ランド、女神の見えざる手)のみ。
2016年は豊作だったアニメ映画は「傷物語」「ユーフォ2」以外ライトユーザー向けは観るものなし。5〜6本観たけどね。(6分割新劇場版ガルパンは評価除外)

全作品の映画評はこちら参照。
http://birthofblues.livedoor.biz/archives/cat_238904.html  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2018年01月02日
【映画評】イノセント15
イノセント15 [Blu-ray]
イノセント15 [Blu-ray]

中3女子の性的DV被害を描いた意欲作。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
【映画評】gifted/ギフテッド
Gifted [Blu-ray] [Import]
Gifted [Blu-ray] [Import]

大学教授からフリーランスの整備工へドロップ・アウトした叔父と、天才姪っ子の家族愛を描いたヒューマンドラマ。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
【映画評】グッド・タイム
グッド・タイム [Blu-ray]
グッド・タイム [Blu-ray]

全然グッド・タイムじゃないクライム・サスペンス。要は最後のセリフなんだけどね。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
【映画評】狂覗
狂覗 KYO-SHI [DVD]
狂覗 KYO-SHI [DVD]

1998年出版「14歳の国」をモチーフに映画化。
中学教師と教え子の援助交際〜イジメ等を描いたインディーズ作品。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
【映画評】ウーナ 13歳の欲動
ウーナ 13歳の欲動 [DVD]
ウーナ 13歳の欲動 [DVD]

友人の愛娘相手にセックスに耽る中年男性が逮捕〜収監され15年後に...というメンヘラ愛憎映画。

カリコレ2017枠。今年のカリコレは福岡でなかったのでオンデマンドで拝見しましたが、なんで配給流さないんだろう?ドゥニ・ヴィルヌーヴの「静かなる叫び」も。一連の作品はWOWOWで放映され始めたので、本作もそのうち流れそう。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2017年12月27日
【映画評】希望のかなた
3日でまわる北欧inヘルシンキ改訂版 (Hokuo Book)
3日でまわる北欧inヘルシンキ改訂版 (Hokuo Book)

フィンランドヘルシンキでのシリア人難民の日常を描くシリアス系コメディ。
社会派色は消しているので気楽に観られました。
経営難レストランの一発逆転を狙った「帝国寿司」が愁眉。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2017年12月25日
【映画評】勝手にふるえてろ
勝手にふるえてろ (文春文庫)
勝手にふるえてろ (文春文庫)

松岡茉優(22)主演ラブコメ。
タイミング的には偶然ながら、童貞処女をあざ笑う「はあちゅう」的な邪気に対するアンチテーゼに溢れた自虐系作品。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2017年12月20日
【映画評】パーティーで女の子に話しかけるには
HOW TO TALK TO GIRLS AT PARTIES
HOW TO TALK TO GIRLS AT PARTIES

エル・ファニング主演のオシャレな70年代青春映画かと思い込んで臨みましたが、なんじゃこりゃ。
アン・ルイス姐さんかと思ったらニコール・キッドマンだったでござる。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2017年12月19日
【映画評】ビジランテ
SRサイタマノラッパー (角川文庫)
SRサイタマノラッパー (角川文庫)

サイタマノラッパー監督によるオリジナル作品。バイオレンス映画。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2017年12月18日
【映画評】彼女が目覚めるその日まで
脳に棲む魔物
脳に棲む魔物

難病(抗NMDA受容体脳炎)に罹患したニューヨーク・ポスト紙女性記者の体験手記をシャーリーズ・セロンがプロデュースしたアメリカ映画。

邦題は原作本邦題通り「脳に棲む魔物」または、オリジナルタイトル「ブレイン・オン・ファイヤー」でいいんでないの?  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)