このカテゴリー過去記事一覧
  1. 【友愛】 鳩山新総理 日本人拉致間接従犯「管直人・千葉景子」両容疑者に対し慈悲深い友愛を示される
  2. 【麻生金正日密約?】 韓国の民間テレビが報じたと道新・時事・日経が緊急配信
  3. 金賢姫さん 盧武鉉政権下の大韓航空機爆破事件陰謀説に対し改めて不快感を表明
  4. 「小沢党首の北朝鮮拉致被害者は商品発言」 産経新聞社の報道は全くの事実無根であり作為による虚偽の情報なので謝罪と賠償を要求すると民主党
  5. 【民主党小沢党首】 北朝鮮拉致被害者は金で買え
  6. 毎日新聞 北朝鮮拉致問題の無理解は「現代史の無知」が原因
  7. 菅直人の正体はショッカー!?‐ニコニコ動画(秋)
  8. 【拉致被害者は北朝鮮に帰れ】テロル加藤 時事通信の恣意的報道に惑わされるなとブログに釈明文掲載
  9. 拉致被害者は北へ帰れ!発言の加藤紘一に対し「救う会」が(人間として考えられない)と猛抗議
  10. 「酔夢ing Voice - 西村幸祐 -」さんが当ブログの「安田弁護士」エントリーに興味を持たれた模様
  11. 【動画】 ピーター・ポール&マリーのポールさんが「横田めぐみさんの歌」 をリリース
  12. 国民的アイドル 社民党阿部知子議員が謝罪と賠償するも、今度は北朝鮮拉致を長年放置してきた日本政府こそ「国民を守らない」国だと糾弾
  13. 北朝鮮に助けられたと感謝する金英男や、横田めぐみさんは家出だと推理するサイトや・・・・
  14. またウリ党の金元雄か!横田滋さんへ「日帝に強制連行された数十万の朝鮮人『めぐみ』さんを忘れるな」と書簡
  15. 横田滋さん訪韓により、盧武鉉反日政策崩壊の兆し
  16. 朝日新聞 政府の北朝鮮拉致啓蒙ポスターを使い、小泉政権批判パロディ
  17. 【朝鮮新報】 横田めぐみさん夫も拉致被害者発覚報道を、「何でも攻撃の材料にしようとする執拗さ。やはり尋常ではない。(彦)」
  18. 日本が在朝日本人妻(平島筆子さん)を拉致したという北朝鮮報道の複雑さ
  19. 北朝鮮の拉致は従軍慰安婦のマネ 田嶋陽子発狂
  20. 韓国紙から見た 横田めぐみさん事件と 日本の対北朝鮮世論

2009年09月17日
2009年09月01日
【麻生金正日密約?】 韓国の民間テレビが報じたと道新・時事・日経が緊急配信
<北朝鮮>はなぜ嫌われるのか?
<北朝鮮>はなぜ嫌われるのか?


とりあえずソース確保しました。
しかし不思議なのが、中央新報も朝鮮日報も聯合ニュースも現時点では未報道なんだよな。

朝鮮日報と協力体制が繋がっている朝日新聞も未報。※不正確表現です。コメ欄参照
毎日も産経も未報。
恐らく日韓各紙は裏付けに走っているのでしょうけど、現地紙より早く報道する道新・時事・日経って・・  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(7)
2009年03月12日
金賢姫さん 盧武鉉政権下の大韓航空機爆破事件陰謀説に対し改めて不快感を表明
忘れられない女―李恩恵先生との二十ヵ月 (文春文庫)


これ↑もゴーストライター作だったんですね。
とは雖も印税は金賢姫さんが受け取っているらしいし、大韓航空機爆破被害者の遺族へ印税を全額篤志したらしい。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2009年03月04日
2009年03月02日
【民主党小沢党首】 北朝鮮拉致被害者は金で買え
国売りたもうことなかれ 論戦2005

これはなにかの冗談だろ・・
いくら民主党が阿呆でも、この発言はあり得ない。



産経記事の落し処は「小沢は自民党をぶち壊すことが最優先で、首相ポストには恋々としないだろう」とあります。
  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(12)
2009年02月28日
2008年11月20日
2008年07月10日
【拉致被害者は北朝鮮に帰れ】テロル加藤 時事通信の恣意的報道に惑わされるなとブログに釈明文掲載
問題の時事通信の記事はこちら。

拉致被害者「戻すべきだった」=日朝交渉停滞の原因−自民・加藤氏(時事通信)
自民党の加藤紘一元幹事長は7日夜、日本BS放送の番組に出演し、2002年に北朝鮮から一時帰国した曽我ひとみさんら拉致被害者5人に関し、同国に戻さないとした当時の政府決定について「国家と国家の約束だから、(戻した方が)よかった。安倍(晋三前首相)さんを中心に返すべきでないとなったが、その辺が今、日朝の間で打開できない理由だと思う」と述べ、官房副長官として永住帰国への方針転換を主導した安倍氏の対応に問題があったとの認識を示した。
 加藤氏は「(戻していれば現状のようには)ならなかった。『また来てください』と何度も何度も(両国間を)交流していた。一回返すと平壌は殺してしまうんじゃないかと(言われたが)、そこが(安倍氏らとの)外交感覚の差だ。そんなことができるはずがない」と述べた。




加藤先生が書き起こしてくれたテキストと当該動画を同時に拝見〜検証し、より正確にリライトしてみましょう。



以下、当ブログ加筆。

自民党の加藤紘一元幹事長は7日夜、日本BS放送の番組に出演し、2002年に北朝鮮から一時帰国した曽我ひとみさんら拉致被害者5人に関し、同国に戻さないとした当時の政府決定について、西川のりお氏の「返したほうがよかったわけですか?」という質問に対し「当然です。国家と国家の約束ですから。」と述べ、官房副長官として永住帰国への方針転換を主導した安倍氏の対応に問題があったとの認識を示し、新右翼の鈴木邦男氏も拉致被害者を北朝鮮に帰しなさいと毎日新聞に寄稿したエピソードを語った。

 加藤氏は「拉致被害者にまた来てくださいといったら、何度も何度も交流したと思いますよ。でも、多分ね、一回返すと、平壌は殺しちゃうんじゃないかとアベシンゾー筋からガセネタが流れましたが、そこが、当時官房長官だった福田さんとの外交感覚の差ですね。そんなことができるわけがない。だからもしその当時、福田さんの言うとおりやってたら、六者会談は日本で行われ、日本がアジアの一番困難な問題を解決し、世界の中のひとつの大問題の北朝鮮の核という問題も非核化し、おー、日本もやるじゃないかと、世界に思ってもらえたと思います。」と述べた。


余計酷いやん。。

また変な方面が便乗パフォーマンスしそうですね。


テロルの真犯人テロルの真犯人
加藤 紘一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2008年07月09日
拉致被害者は北へ帰れ!発言の加藤紘一に対し「救う会」が(人間として考えられない)と猛抗議
陳さんから怒られたのでタイトル替えました。
謝罪と賠償しますので告発しないで下さい。 ><


救う会も、加藤の乱アゲインも、日本BS放送ってビックカメラもアレなんですが、日刊サイゾーはJ−CASTの座を狙っているのですか?


「人間として考えられない」──『救う会』、加藤発言に厳重抗議へ 日刊サイゾー



 7日夜の加藤紘一議員による発言に対する波紋が広がっている。

 問題の加藤発言は、2002年に北朝鮮から一時帰国した拉致被害者・曽我ひとみさんら5人を「北朝鮮に戻すべきだった」としたもの(Yahoo!ニュース記事参照)。加藤議員は、当時の日本政府が北朝鮮との約束を反故にし、同国に被害者を差し戻さなかったことに対して批判。現在北朝鮮との対話が進まない原因として、当時の政府決定を問題視した。


 この発言に対し、ネット上は紛糾。

「加藤は人命を外交のカードとして切り捨てるつもりか」「法治国家の立法府に身を置く人間の発言とは思えない」などと、批判的な書き込みが相次いでいる。

 また、『北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会』(以下『救う会』)は8日、日刊サイゾーの取材に応じ、「一両日中にも議員に対して厳重な抗議を申し入れる予定だ」と語っている。

■『救う会』平田隆太郎事務局長のコメント

拉致された被害者を犯人の元に返すべきとは、まったく言語道断。もし本人や家族がその立場でも同じことが言えるのか。議員として、と言うより、人間として考えられない発言だと捉えている。


拉致被害者「戻すべきだった」=日朝交渉停滞の原因−自民・加藤氏 Yahooニュース
7月7日22時58分配信 時事通信



自民党の加藤紘一元幹事長は7日夜、日本BS放送の番組に出演し、2002年に北朝鮮から一時帰国した曽我ひとみさんら拉致被害者5人に関し、同国に戻さないとした当時の政府決定について「国家と国家の約束だから、(戻した方が)よかった。安倍(晋三前首相)さんを中心に返すべきでないとなったが、その辺が今、日朝の間で打開できない理由だと思う」と述べ、官房副長官として永住帰国への方針転換を主導した安倍氏の対応に問題があったとの認識を示した。
 加藤氏は「(戻していれば現状のようには)ならなかった。『また来てください』と何度も何度も(両国間を)交流していた。一回返すと平壌は殺してしまうんじゃないかと(言われたが)、そこが(安倍氏らとの)外交感覚の差だ。そんなことができるはずがない」と述べた。 


加藤ちゃんが言いたい事も分からんではないが、我が国では公序良俗に反する契約は無効です。
「拉致被害者を戻していれば、何度も両国間を往復出来た」を喩えるなら、ロコロンドン取引で元本割れした絵描かれて追証要求されて骨までしゃぶられる、いたいけな高齢者。
そんな難しい話以前に、テロルを容認する発言というか、その政治家としての透明感は大人気ないと、エビちゃんも申しております。

【参考になりそうな過去ログ】
日本が在朝日本人妻(平島筆子さん)を拉致したという北朝鮮報道の複雑さ
# 日本反動勢力の懐柔や欺まん策動を粉砕し、社会主義祖国の懐に再び抱かれたいという希望を実現した大きな感激にあふれていた。

テロルの真犯人テロルの真犯人
加藤 紘一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【憂国のテロル続報】
【拉致被害者は北朝鮮に帰れ】テロル加藤 時事通信の恣意的報道に惑わされるなとブログに釈明文掲載  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2007年06月19日
「酔夢ing Voice - 西村幸祐 -」さんが当ブログの「安田弁護士」エントリーに興味を持たれた模様
西村幸祐御大が拙ブログの過去記事に興味を持たれたみたいです。

日弁連という裸の王様 2007年06月18日 酔夢ing Voice - 西村幸祐 - 
TB↓来襲
光市母子殺害事件 最高裁上告審欠席の安田弁護士が韓国紙に激白 「死刑制度の日本は低能児」「人権と刑事訴訟の分野でも韓流が必要」 2006年03月25日 Birth of Blues

なるほど。グーグル八割減以前のエントリーだったんですね。
改めて読み直すと、団長方面で今から旬を迎えそうな宮崎学さんの影もちらちら見えますw

折角の過去記事を腐らせるのも勿体無いですので、敵の息の根が止まるまで、リデュース、リユース、リサイクルの精神で資源の再活用を何卒宜しくお願いします^^
(誰にじゃw)  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2007年02月11日
【動画】 ピーター・ポール&マリーのポールさんが「横田めぐみさんの歌」 をリリース
小学生でも知っている「パフ」の人です。

P.P.Mは北朝鮮を含め嘗ての反米帝勢力の広告塔でしたが、時代は変わると。
否、時代が変わろうとも普遍的な「倫理」「憤り」という世界共通の感情に突き動かされたのでしょうか。
こういう行動が問題解決に直接影響を与えるとは思えませんが、素直にありがたい話です。
可能なら、横田めぐみさんと同世代のミュージシャンやめぐみさんの父母と同世代のミュージシャン(マッカートニーの方のポールとか)でアルバムを作ってくれると嬉しい。

それと毎度のお約束ですが、北朝鮮拉致問題解決の阻止に暗躍している社民党や土井たか子・辻元清美など将軍様の従朝慰安婦はポールさんのチンポのカスでも煎じて飲んで芯で欲しいと切に思います。
ピーター・ポール&マリーのポールさんが「めぐみさんの歌」 産経新聞


21日発売予定のポール・ストーキーさんのCD「SONG FOR MEGUMI」
 「花はどこへ行った」などのヒット曲で知られる米国の著名フォークグループ「ピーター・ポール&マリー」のメンバー、ポール・ストーキーさん(69)が、北朝鮮に拉致された横田めぐみさん=失跡当時(13)=にささげる「SONG FOR MEGUMI」を作詞・作曲、CDが日本で21日に発売される。

 17日にPRのため来日。滞在中にめぐみさんの父滋さん(74)と母早紀江さん(71)をライブに招待し、曲を披露する。CDの収益は横田夫妻の活動のために寄付するという。

 ストーキーさんは昨夏、めぐみさん拉致をテーマにしたドキュメンタリー映画「アブダクション(拉致)」を見て横田夫妻の活動に感動。「めぐみさんのために」と曲作りに取り組んだ。

 歌うのはストーキーさん自身。歌詞には、中学生だっためぐみさんを奪われた夫妻の悲しみや、救出への強い願いが込められ、日本語で「あなたはどこに」「風の中に あなたの声が 聞こえます」とめぐみさんに語りかける部分もある。

 「この曲で横田夫妻が少しでも気持ちを強く持ち、救出を求める世論が広がることを願っている」とストーキーさん。滋さんは「とてもうれしい。全世界に『拉致問題の解決が必要』とのメッセージが発せられることになる」と話している。

 ストーキーさんは5月に東京でめぐみさん支援コンサートも開く予定。

 CDやコンサートの詳細は、インターネットのホームページで。http://www.paul-sanjapan.com/

(2007/02/11 15:25)

Noel Paul Stookeyは今年の5月に「文京シビックホール」でハイファイセットの山本さんやオフコースの鈴木さんらと一緒にコンサートやるそうです。
会場は丸の内線後楽園駅の斜め前ですので分かりやすい。
近郊の団塊の世代はご観覧下さい。(若いヤツは流石に辛いだろう)
http://www.paul-sanjapan.com/FolkL.htm


オカルト番組で「エイリアン・アブダクション」がよく取り上げられますが、その直後にこれを流してくれると嬉しい。
事実は小説より怖いのです。
ABDUCTION The Megumi Yokota Story   
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2007年01月24日
国民的アイドル 社民党阿部知子議員が謝罪と賠償するも、今度は北朝鮮拉致を長年放置してきた日本政府こそ「国民を守らない」国だと糾弾
当ブログが憧憬する社民党の阿部知子代議士ですが、突如、謝罪と賠償を宣言しました・・・
何かやましい事でもあったんでしょうか?
★☆ たくさんのご意見をちょうだいして ☆★ 衆議院議員 阿部知子のホームページ
衆議院議員 阿部知子のホームページ  
 先回のメルマガには、たくさんのご意見を頂戴致しました。私自身の表現の足らぬ部分、また事実認識のあいまいさに起因する部分もあったと思います。そこで私の伝えたかったことと合わせ、皆さんからご指摘のあったことも含めて今回のメルマガとします。
 1995年1月17日未明の阪神淡路大震災は、6000人以上の尊い生命を奪い、家屋も街も瞬時に崩壊せしめました。
 この日、私自身は千葉県内の病院で小児科の仕事に追われながら、時折テレビに映る惨状を見て何か自分の予期し得ぬ重大なことが起こったことを感じてはおりましたが、日勤に引き続く夜勤でもあり夜中まで切れ間なく訪れる患者さんの対応に追われていました。
 やっと当直があけた翌18日の9時過ぎに突然、徳洲会グループの理事長である徳田虎雄氏から電話がありました。「何をしている。一刻も早く現地に行け!」というその声に押されるかのように徳洲会グループの医師達と大阪八尾徳洲会総合病院に集合、その後は病院から神戸の垂水病院に移動しましたが、到着したのは19日のことです。途中、大きくひしゃげた高速道路の橋げた、幅広くひび割れた道路など、テレビで送られる画像をはるかに上回る被害状況にそれこそ息を飲みました。
 以降、神戸の垂水病院を拠点に、見渡す限り焼け野原となった長田町や倒壊した家屋を目のあたりにしながら救急車に同乗していました。私自身の専門は小児科であるため、約一週間小学校内に臨時に設置された救援のテントで次々と避難してこられた方々の診療にもあたりましたが、命からがらの思いで逃げて来られた方々の中には、入れ歯すら持ち出すことができず食事も取れないご高齢者や子犬を必死に抱きしめてぼう然としている子供の姿など本当に胸がつまるものでした。
 そんな中でも、小学校の校庭の池にいる亀のまわりには子供達が集まり話を交わす光景もあり、どんな時にもやっぱり学校は地域の希望の場となっていることも実感しました。

 頂戴しましたご意見の中に、自衛隊が必死にがんばっていたことへの感謝が述べられたものも多々ありました。その通りだと思います。
 初動の遅れは、当時被災状況を迅速に把握し自衛隊の出動を要請する自治体側の被害がひどく、知事も含めて身動きがとれなかったこともあると思います。また、それを受ける内閣側の体制も情報収集など不十分でした。後にこの震災に学んで96年5月に内閣情報集約センターが設立されて今日に至っております。
 当時の内閣の最高責任者は村山首相であることから、村山首相の対応の遅れを指摘されるご意見もありますが、1月17日午前10時、国土庁長官を本部長とする非常災害対策本部を設置、午後4時に村山首相は、官邸で緊急記者会見を行い、万全の対策を講じることを表明しました。私を含めてだれもが未曾有の災害に対して、十分な判断や迅速な行動がなしえなかったことについて、多くの教訓が残されたと思います。
 その重い課題を受け止め、今なお癒えぬ被災者の抱える問題を解決するために今後も政治活動に努めます。
                                              阿部知子

誰しも間違いはあります。
だって人間だもの。
ネチズンの皆さんも、あまり追及しないで下さいね。
阿部先生、頑張って^^


閑話休題。
阿部先生の公式サイトを掘っていたら、興味深いエントリーを見つけました。
参考までに、皆さんにも紹介してみますね。
平和は古い国家の殻を破って ともこ通信
平和は古い国家の殻を破って 
阿部知子
歴史を変えた一日 
9月17日の小泉首相の訪朝によって、少なくとも13名(5名生存、8名死亡か?)の拉致被害者の消息が伝えられるとともに、日本の侵略の過去への謝罪と日朝国交回復を含む平壌宣言が調印された。

昨年の9月11日米国でのツインタワービルへの旅客機突入以降、世界中が武力衝突への危機感を強める中で、多くの心ある人達が外交努力による事態の解決を望んでいた。

それ故、極東でのテロ国家と名指しされた北朝鮮と日本が新たに友好関係を結ぶということは、日本と朝鮮半島の和睦や「世界平和」という観点からは率直に評価したいと思う反面、日朝の不幸な歴史の犠牲者と片付けるにはあまりにも残酷な拉致事件の存在が喉元に突き刺さり、この一週間余り、重い沈黙に置かれざるを得なかった。



安寿と厨子王でもないのに 

愛する娘や息子の安否を確認したいと必死の訴えを繰り返してきた御家族に対して、いとも機械的に告げられた生存・死亡の「事実」は何ら確証のないものであり、「一人一人の人間の生命」の重さなど眼中にない政治的対処でしかない。
それは日本と北朝鮮双方の指導者に共通しており、そうした感性の上に日朝共同宣言が発表されても誰も心の底から納得出来まい。
人間の生命はそこまで軽いのか。
と同時に、「国は果して一人の人間の生命を守りうるのか」という問いが私の中から消えない。

とりわけ、北朝鮮側からよせられた情報ではじめて5人目の生存者と判明した、佐渡の曽我ひとみさんとそのお母さんの行先不明事件は、24年前どのように日本の警察も含めて対処されたのだろうか?
幼い頃、絵本で読んだ安寿と厨子王という物語を私は咄嗟に思い出してしまった。
人さらいによって売り飛ばされた母親と姉弟二人は、十数年後に成人した弟が、盲目となってスズメを追う老いた母親と再会するが、姉は亡くなってしまっているという話は、子ども心に「悲しい」話として強く残っている(舞台は佐渡であったように思うが)。

すっかりお年を召されたひとみさんの父上のひっそりと耐えて過ごしてこられた年月に、日本と北朝鮮の政治はどう答を出すのだろう。

まして人さらいが横行する戦乱の世でもあるまいに、

忽然と「消えた」とされる人達の存在を、

こんなにも長年放置してきた日本政府こそ

「国民を守らない」国ではないか?


柏崎の海 
(略)

日朝のこれから 
歴史の教科書をひもとけば、日本と朝鮮の関係を百済や新羅の時代にまで遡れるほど、仏教をはじめ陶器類まで私達の暮らしに密着した様々なものが朝鮮半島から伝わってきた。

私達の両国に横たわる溝は、むしろ1910年の日韓併合以降のものであり、それは第二次大戦に至る日本の軍事的覇権によって決定的になる(日本国内の朝鮮人への差別的な扱いや戦時下の強制連行の事実もいまだに大きなわだかまりを残す)。
そして1950年の朝鮮戦争以降南北は分断され、北朝鮮は孤立化と軍事秘密国家への道をひたすら歩み、拉致がおこった。

そんな歴史を引きずって行なわれた今回の日朝会談の中で、金正日総書記の北朝鮮側通訳として黄虎男氏の姿を新聞で見た時に、私はこの交渉の成功の可能性を信じたいと思った。
彼こそは朝鮮対外交化連絡協会局長として、国交のない日本と北朝鮮の窓口となり、ピースボートの受け入れや従軍慰安婦問題、歴史教科書問題での日朝の民間交流に率先して取り組んできた人である。
また1999年には拉致疑惑問題で日朝赤十字の協力を提案した人でもある。

民と民の交流の大切さと合わせ、人の生命の重さをきちんと自覚した者のみが、新しい21世紀の平和を作っていけると確信し、それは国家の枠組を超えて人と人とが手をつなぐことから始まると思う。
(初出:『ともこ通信(「あべともこと共に歩む会」ニュース)』No.26 2002年10月発行)

「日本政府こそ」って何ですか?
何かと比較しているんですよね。
ひょっとして、
「拉致実行犯の北朝鮮より、長年拉致問題を放置してきた日本政府こそ「国民を守らない」国ではないか?」
という意味ですか?

それと阿部先生が尊敬している黄虎男って人物は日本政府より入国禁止処分を受けている高名なスパイで、朝鮮総連とNHKの合作による人民裁判ゴッコの「女性国際戦犯法廷」検察役で有名ですよね。
Birth of Blues:安倍晋三 報道ステーション加藤を生放送中に朝鮮スパイの走狗扱い


阿部先生。お戯れが過ぎますよ。
マッチポンプの総合商社ですか?

國民新聞(平成15年3月)旧社会党 北朝鮮による邦人拉致に深く関与か
北朝鮮による邦人拉致は旧社会党の共和国連邦部と同党国会議員が
深く関与しているという文書が出ている。
(「正論」3月号参照)



北朝鮮利権の真相北朝鮮利権の真相
野村 旗守
四半世紀にわたり拉致問題の解決を阻んできた元凶とは何か?「拉致など存在しない」と言い続けてきた日本社会党、北朝鮮に対する無節操なコメ支援を推進してきた自民党他の有力議院、「証拠がない」からと報道を放棄してきたマスメディア、被害者家族の陳情に終始一貫、冷淡であり続けた外務省。北朝鮮がバラ撒いた「利権」に群がり、歪んだ日朝関係の立役者となった人々の罪深き裏面史!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

社民党”崩壊記念”社会党に騙された!―”平和””人権”を貪った面々の裏面史社民党”崩壊記念”社会党に騙された!―”平和””人権”を貪った面々の裏面史
野村 旗守
拉致関与疑惑、チュチェ研コネクション、自民党へのタカリ、売国平和外交のカラクリ、総評・日教組・解同との癒着、そして55年体制のミステリー…。社会党の戦後を振り返り、その「崩壊」の源を探る。


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本を貶(おとし)める人々日本を貶(おとし)める人々
渡部 昇一 新田 均 八木 秀次
小泉訪朝後、日本における北朝鮮シンパの政治家、官僚、文化人、マスコミの言動がいかに虚偽に満ちており、少なからぬ日本国民を不幸にしてきたかが明らかになった。しかし、これは“氷山の一角”に過ぎない。日本よりも他国の「国益」を重んじ、日本社会に無秩序と混乱をもたらさんとする「反日日本人」は、政界、行政組織、教育現場、宗教界、メディアの中にいまだ生息している。彼らは、己の地位保全、既得権墨守のためならば、歴史をねじ曲げ、国を売ることすらはばからない。
“保守”の仮面を被った売国政治家は誰か。テロ国家・北朝鮮の“走狗”は誰か。「強制連行」を捏造したのは誰か。無知と嘘で靖国神社を貶めるのは誰か。宗教界に巣食う“政治運動家”は誰か。日本の伝統、歴史を歪めるのは誰か。性差解消、家族破壊を目論むのは誰か。わが国を“骨抜き”にしているのは誰か――。日本および日本国民を貶める言論の主を明らかにし、その誤謬を糺す。


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(4)
2006年06月29日
北朝鮮に助けられたと感謝する金英男や、横田めぐみさんは家出だと推理するサイトや・・・・
取りあえず、ビールでも飲みたくなった。。
【速報】金英男さん、北朝鮮の拉致を否定 朝鮮日報
金英男さんは当時、一緒に海に行った友人(女性)に貸したテープレコーダーを持ってくるようにと言われ、暴力団のような先輩から暴行を受けた後、「一時的に身を隠そうと思い、海辺にあった小さな木の船に乗った」「船が沖合まで流され困惑しているところを北朝鮮船舶に救助され、北朝鮮まで行くことになった」と事件の発端について語った。
今回の北朝鮮のカードは、どちらにとって吉と出るんだろう?


蛇足ながら、こういう論調は初めて見た。
とりあえず我が国ではあらゆる言論の自由は保障される訳だ。
2521.自衛隊のイラク派遣(810)について(2006/06/28) GOW's journal page
横田めぐみさんがいなくなって、母親は娘の友人に片っ端から連絡しました。その時「勉強と部活の両立で悩んでいた様子は無かったか?」と尋ねていたらしい。つまりそれこそが横田めぐみさんの「家出する動機」ではなかったのでしょうか?娘がいなくなっていろんなことを考えた時、母親はある可能性を想像した。それが「勉強と部活の両立で悩んだ末に娘は家出したのではないか?」ということ。
※ログが流れたらこちら

ある種、究極的に逆方向の記事だな。
どっちも伝えたい方向が一緒なのがシュール。  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2006年05月19日
またウリ党の金元雄か!横田滋さんへ「日帝に強制連行された数十万の朝鮮人『めぐみ』さんを忘れるな」と書簡
これは酷い金元雄ですね。

【日韓・拉致問題】ウリ党の金元雄議員が横田滋氏に書簡:「日帝が強制連行した数十万の朝鮮人『めぐみ』を忘れるな」★5 [05/16]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1147979564/
1 名前:ニライカナイ φ ★ New! 投稿日:2006/05/19(金) 04:12:44 ID:???
★数十万の『朝鮮人めぐみ』をご存知ですか?

数十万の『朝鮮人めぐみ』をご存知ですか? 「韓国には、日帝によって強制的に連行された数十万の『めぐみ』がいます。韓国国民がめぐみさんに関心を持つことをあなたが願っているように、『朝鮮人めぐみ』の家族たちも日本国民に対して同じ心情なのです。」

 ヨルリン・ウリ党の金元雄(キム・ウォンウン)議員(国会倫理特別委員長)は16日、駐韓日本大使を通じて、日本人拉致被害者として知られる横田めぐみの父親の横田滋(73)に書簡を送った。横田滋は、弟の横田哲也(37)とともに15日に金浦空港を通じて訪韓した。

 金議員は手紙の中で、「娘さんの不運な生に対する限りない父情が私の胸も打ちます」と慰めた。金議員は更に、「前世紀、南北は互いに数千名ずつの工作員を送り込んで幾多の拉致をほしいままにした」「拉致被害者たちとめぐみさんは、戦後冷戦体制の犠牲者だ」 と述べた。

 しかし金議員は、「めぐみさんの冤魂を慰めるのは、この冷戦体制の解体から出発しなければならない」「不道徳な冷戦体制の残滓を引きずって自分たちの利益を追い求めつつめぐみさんの人権を取り上げるのは、良心を欺くものだ」と主張した。
 金議員は、「韓国には、いまだに数十万の『めぐみ』がいる」「日帝によって強制動員された数百万の朝鮮人のうち相当数がまだ戻ることができず、死後も靖国神社に奉安(?)されており、死んだ魂さえ日帝の強制連行から釈放されることができないでいる」と表明した。

 金議員は、「韓国国民がめぐみさんに関心を持つことを願うように、日帝によって強制連行された数十万の朝鮮人『めぐみ』の家族たちも、日本国民が彼に関心を持つことを願っている」と強調した。

 金議員は横田滋に、「今度の訪韓の折に、日帝時代に強制動員された朝鮮人徴用者や軍慰安婦とその遺族たちにも一度会ってみてはどうか」と勧めて、「彼らとお会いになれるよう私が斡旋させて頂いても結構です」と付け加えた。

 一方、金議員が駐韓日本大使を通じて書簡伝達を要請した同じ時間、横田滋など日本人拉致被害者家族と韓国の拉北者家族協議会会長らは、ソウル市内の拉北者家族協議会事務室で記者会見を行なった。 <後略>


朝日新聞によると、在日朝鮮人の徴用者は245人説が最新のトレンドらしいですよ。
在日朝鮮人の徴用者は245人在日朝鮮人の徴用者は245人 大  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2006年05月17日
横田滋さん訪韓により、盧武鉉反日政策崩壊の兆し
別にそういう報道があった訳ではなく、おいらが勝手にそう思っているだけですが。

下朝鮮の将軍様傀儡政権の政策ってのが、太陽政策。
素晴らしい北と仲違いに至った原因は列島だよと。
下の愚民を北へ善導する一番の餌は、反米と反日な訳で。
所謂、スケープゴート。

だから、「北による拉致」なんてのは、官民挙げて邪魔な訳です。
よって、その実態はかなり歪曲されて報道されていた模様。
曰く、日刊ゲンダイの言葉を借りると

>実は北から南に拉致された人もいて“お互いさま”という認識
>日本に対しては戦時中に何万という朝鮮人が連行されたいう思いも根強い

「北にいるんだから会いに行けばいいやん」って考え方もあるらしい。

横田めぐみさんの夫といわれる金英南さん一家は、北との融和を邪魔する非国民扱いだったとか。

横田滋さんが訪韓して、ようやくこの拉致問題を韓国のマスコミが取り上げ始めたらしい。

過去から現在まで首尾一貫し事実に即した報道の元、韓国民の総意が「金英南さん一家は非国民」であれば混乱はないだろうけど、事実と違う報道管制下のデタラメ報道流布で自国民より「非国民」扱いされていたのであれば、盧武鉉は最悪死刑になるかもしんないね。

韓国の歴代大統領は死刑判決って歴史が再び繰り返される訳ですな。
そこら辺から日韓の民衆レベルの融和が始まるかもしれない。

これから韓国の野党はここを突破口にするだろうし、盧武鉉は決死の覚悟で最期の反日火病を炸裂させるだろうね。
韓国・統一地方選告示…与党、苦戦の予想 読売新聞  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)
2006年04月30日
朝日新聞 政府の北朝鮮拉致啓蒙ポスターを使い、小泉政権批判パロディ
言いたい事があるならはっきり言って下さいよ。朝日新聞さん。
↓これが4月29日付朝日新聞キャプチャです。
(ネットで拾いました)
2006年4月29日朝日新聞
5年間の小泉政権への揶揄マンガですが、元となった題材があります。

【参考記事】

「日本は見すてない」――拉致問題でポスター20万枚 読売新聞キャッシュ
日本は見すてない「【拉致】日本は見すてない」――。北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決、真相解明への強い思いを表した政府のポスターが17日、完成した。
 拉致問題で政府がポスターを作製したのは初めて。4月下旬から、約20万枚を全国の地方自治体や交通機関、学校、空港などに張り出す。

 ポスターは、海岸に続く道路に子どもの運動靴が片方だけ落ちている構図。約30年前の拉致現場の雰囲気を再現した。全体がセピア色の中、靴のみをカラーとし、今も問題が継続していることを訴えている。

 事前にポスターを見た小泉首相は「非常に端的な言葉で日本政府の決意を見せている。いいじゃないか」と語った。ポスターの評判が良ければ第2弾の作製も検討するという。

(2006年4月17日20時8分 読売新聞)

このポスターについて、おいらは非常に立腹しています。

何が「日本は見すてない」だ。
散々見捨てておいて、白々しい。

で、このポスターってのは「横田めぐみさん」他、北朝鮮に誘拐された若者達の比喩なんですよね。
だからスニーカーが転がっている。

その横田めぐみさんらを、朝日新聞というキチガイ会社は馬鹿にしているわけですよ。
こういうのを「ジャーナリスト宣言」っていうらしい。
愚民には理解不能ですな。

北朝鮮による拉致被害⇔共和国の敵=朝日の敵

(確か朝日だけ、数年前から拉致被害者家族宅の出入り禁止処分受けていたよな)  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2006年04月12日
【朝鮮新報】 横田めぐみさん夫も拉致被害者発覚報道を、「何でも攻撃の材料にしようとする執拗さ。やはり尋常ではない。(彦)」
げ!朝鮮日報は遂に発狂したか?
と思ったら、朝鮮新報でした。

おいらが一瞬でも朝鮮日報を疑った事に対し、心より謝罪申し上げます^^

春・夏・秋・冬 [朝鮮新報 2006.4.11]
何でも攻撃の材料にしようとする執拗さ。やはり尋常ではない。(彦)先週、「横田めぐみさんの夫は韓国人」と一部のマスコミが報道した。中央日報がスクープする形で先行し、それを時事通信が転電、さらに共同も「独自ネタ」として報じた

▼日本政府が2月中旬からこの問題についてDNA鑑定作業を進めてきた事実は、秘密でもなんでもなく公にされてきた。そして3月に入ってから、マスコミ関係者の間では「すでに鑑定は終わっている。発表のタイミングを日本政府は探っているようだ」という話がささやかれてきた。それが中央日報のスクープである

▼奇妙なことだと思う。なぜ日本のマスコミではなく南のマスコミがスクープしたのか、できたのかということだ。そして、その出所がどこなのかをたぐっていくと、これまたおかしなことに中央日報のそれと共同通信のそれは別筋だという。この件の担当部署は警察庁と内閣官房・外務省だけに、彼らがリークしたのか

▼では、どういう効果を狙ったのか。中央日報は「(鑑定結果によって)南北関係に波紋が広がる」と指摘した。構図的には「第2の6.15時代」を迎えてさらに緊密になる交流、協力関係に冷水を浴びせようとした、という説明がわかりやすい。実際、ハンナラ党など守旧勢力は盧政権攻撃の格好の材料だと飛びつくだろう

▼しかし、それだけではない。7日は、金桂寛・外務次官ら朝鮮軍縮平和研究所代表団一行が訪日した日。それと重ねて、拉致問題がいまだに「最大の懸案」であることをアピールしようとしたとも取れる。何でも攻撃の材料にしようとする執拗さ。やはり尋常ではない。(彦)

お約束ですが・・・・
お前が言うな。

しかし日本と違い、韓国の拉致被害者は大変です。
拉致じゃなく自由意志だろ?って突っ込まれても、明白な証拠はない。
そして折角の南北融和に水を差す事をするなとのプレッシャー。
その内、南北が統合すれば拉致の概念がなくなるからいいじゃん。なるパラノイアロジック。

北の将軍様は南の酋長より100倍頭がいいことが、混乱に拍車をかけていますね。
裏で大中華様も牽制してるし。

とまれ、韓国の拉致被害者も含め、全ての拉致された(特に拉致当時の子供達)が一日も早く親の元へ帰れます様に。  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2005年04月20日
日本が在朝日本人妻(平島筆子さん)を拉致したという北朝鮮報道の複雑さ
また福岡で地震があったみたいです。
出張中ですので、家族が心配です・・

で、平島筆子さん。
「日本には騙されて行った」
「生活が豊かなだけが幸せではないと悟った」
「共和国のことを忘れることはなかった。将軍様マンセー」

平壌放送は
「日本に誘拐されていた在朝日本人女性」
「日本反動勢力の懐柔や欺まん策動を粉砕し、社会主義祖国の懐に再び抱かれたいという希望を実現した大きな感激にあふれていた」

平島さんが一旦、子供を捨てて亡命した鬼畜だというのは置いといて、
(報復で長男が殺されたの?)
誰を指して騙されたといってるのか?

諸悪の根源は
北朝鮮難民NGOの「北朝鮮難民救援基金」
更に言うなら事務局長の加藤博
外務省アジア大洋州局
更に言うなら平松賢司・北東アジア課長

俺は知らないっすよ。加藤。
で、どういう報道されているかというと
>彼の周りは勇ましい発言とは裏腹に”犠牲者”続出、死屍累々なのだ。
>就職先が無くて確か当時は共産党系だった日本電波ニュースと云う会社に入って
>子供の時に朝鮮人を苛めた。贖罪の気持ちからこの問題に立ち上がった
>一体どんな仕事をすればこんな豪邸が建てられるのかしら?と羨ましがられている。
>その羽振りの良さは、今や北朝鮮問題関係者の羨望の的になっている。
以上、週刊新潮より

俺は知らないっすよ。平松。
ですが、こういう噂があります。
外務省アジア大洋州局の平松賢司・北東アジア課長が傘下のソウル日本大使館員を教唆し、「日本人妻を救出したヤツに金払うぞ」
で、その話を聞きつけた平島さんの北朝鮮での隣人脱北者Aさん(アイスホッケーナショナルチーム元監督)がAさんの在朝家族と共に平島さんを救出。
ところが約定の金を日本大使館は支払わない。
Aさん粘る。
で、逆に加藤(平松と結託して?)がAさんを「誘拐犯」と騒ぎたて中国公安へ売る。(その後強制送還〜殺害された模様)平島さんは自責の念に駆られ慟哭。
Aさんの命と引換えに平島さん日本へ。
加藤はAさんを利用して脱北ブローカーをやっていた。
そのAさんが抜け駆けしたので背中から切ったと。

以上、単なる噂の紹介とあっしの妄想です。
ライブドアPJ風に言うなら「妄論」ですな(w

因みに河北新報によると
>平島さんは誰にだまされたのか明言しなかったが、
>脱出を支援した団体や仲介者らを念頭に置いているとみられる。

もう二度と、平島さんが口を開く事はないでしょう。

国内のマスコミは、「偏差値学歴@外務省」と「人道金儲け@豪奢なNGO」を糾弾して下さい。  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2005年03月05日
北朝鮮の拉致は従軍慰安婦のマネ 田嶋陽子発狂
NHK似非裁判極左破壊工作番組の影の主宰者である事が
周知の事実となった田嶋陽子センセ。
先週の新潮にこんな記事があったんですね。全然知らんかった。
(「たかじんのそこまで言って委員会」での出来事)

横田めぐみさんの人権など鼻くそ。
つか、自業自得。
朝鮮の元売春婦老婆の人権の方が大事とのご高説です。
流石、朝鮮・支那専属フェミニストの第一人者。

悪魔に魂を売った人間は、最早ケダモノ以下という典型です。
まだこの人は教鞭取ってるんですか?
鬼畜売国奴養成学校ですね。教室には金親子と毛沢東の肖像画があるのかな。
恐ろしい。


以下、記事の要旨のコピペです。
動画もネット上に出回っていますので、興味があれば探すと吉。

「田嶋陽子」の拉致発言に激怒した「三宅久之」 (週刊新潮3月3日号)

 “北朝鮮の(日本人)拉致は、日本の従軍慰安婦をマネしてやったんだよ!”
北朝鮮の放言ではない。発言者は日本人、あろうことか元大学教授で元国会議員、あの田嶋陽子先生。
 よみうりテレビの『たかじんのそこまで言って委員会』という番組でのこと。関西ローカルだから知らない方も多いだろう。
やしきたかじんの司会で、評論家の三宅久之氏や宮崎哲弥氏などをパネラーに迎え、討論を交わす人気番組。
テレ朝系の『TVタックル』をイメージするとわかり易い。
 冒頭発言は2月20日の放送。“NHK VS 朝日新聞”をテーマに、従軍慰安婦問題に話が及んだ時だった。
三宅 ……非常に不幸なことだけれど、当時は売春というのは公な職業でした。
田嶋 違うって、拉致だったの、あの人達はっ!
三宅 拉致なんかしなくても、(募集の)新聞広告を出せば集まってきたんだ。
田嶋 (冒頭のセリフ)
三宅 馬鹿なことを言うな。北朝鮮の犯罪と一緒にする馬鹿がどこにいる。君はどこの国の人間だ!




「三宅さんでなくとも、怒り出すのは当然です。慰安婦問題は90年代に朝日新聞が捏造したものですから」
 とは、拓殖大学教授の藤岡信勝教授。
「慰安婦集めの奴隷狩りをしたという吉田清治の記述を、朝日新聞は何の検証もせずに垂れ流し続けたのです。
吉田本人は嘘を認めましたが、朝日は今日に至るまで謝罪も訂正もしていません。
だからこそ、朝日しか読んでいない視野狭窄の人には、捏造だったことが伝わらない。
さらに、そうした日本人のいることが北朝鮮の付け目なのです。
そして、娯楽とはいえ、根も葉もないことを放送するのは健全とはいえません」(同)
 ちなみに番組では、“だから朝日新聞は必要だ”との意見が出るまで進んだが、
“朝日新聞も、もう従軍慰安婦を正面からは認めていない”という宮崎哲弥氏の発言であっけなく鎮火。
「田嶋さんだからね(笑)。あの番組は、好調の『TVタックル』を意識して作ったものだから、出演者も似てるけど、政治的テーマも多い。
中和剤のつもりで彼女を使うんでしょう。でも今回は度が過ぎた。嘘も百遍言えば真実になるとも言うから、今後も注意はしていきますよ」(三宅氏)
 国会議員を辞職してくれたことに感謝すべきか……  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2005年02月02日
韓国紙から見た 横田めぐみさん事件と 日本の対北朝鮮世論
色々な意味で、最近は韓国発のメッセージに変化が見られます。
多角的というか、言論統制の足枷がなくなった感じ。

で、朝鮮日報で、素晴らしいコラム見つけました。
お隣から見たらヒステリックに写るかも知れない、
老若男女〜社民党以外の全政党〜朝日とTBS以外のメディア〜官民挙げた対北朝鮮憎悪。

朝日が水かけても、バウネットが消火器撒いても、燃え盛る怒りの炎は消えません。
思えば、この反日新聞や自虐テレビ、売国政党がタッグを組み、
国民を欺き続けた拉致捏造疑惑の崩壊が、
ノンポリ日和見で受動的な普通の日本人達を目覚めさせたのです。

冷静な日本人には珍しい、暴徒寸前の北朝鮮憎しのシュプレヒコールを
一方の被害者である韓国の記者が、冷静沈着な姿勢でコラムを書いています。
朝日伝聞の売国社員は、この韓国紙の爪のアカでも煎じて飲んで下さい。

詳細は下記リンクをご覧下さいね。

要約しますと
日本人にとって拉致問題は、雄大な人権問題や
冷戦時代の遺物としてだけ存在するのではなく、
娘を失った親の心で存在する現実の問題だからだ。
お隣である韓国も、(中略)数十年ぶりに娘の遺骨を受け取った、
それも、「にせ遺骨」を受け取った親の心情で、
相手(日本)の立場でものを考えるべき問題ではないか。

【特派員コラム】横田めぐみと朝日関係  東京=鄭権鉉(チョン・グォンヒョン)特派員
  
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)