このカテゴリー過去記事一覧
  1. 【映画評】女王陛下のお気に入り
  2. 【映画評】ヴィクトリア女王 最期の秘密
  3. 【2019冬アニメ】3話終了時点 10作品短評
  4. 【映画評】迫り来る嵐
  5. 【キネマ旬報ベストテン 2018】「日本映画部門」を順位並び替え&短評添えてみた
  6. 【映画評】ファースト・マン
  7. 【ラ・ラ・ランド】本日夜、地上波初オンエア
  8. 【映画評】七つの会議
  9. 昨年アングラ誌で報道された有名俳優の「強姦魔Z氏」正体は新井浩文
  10. 【映画評】デイアンドナイト
  11. 【アジアカップ 2019】韓国紙「目が浄化される」「やはりアジアトップは日本だね」ネット「照れるな。ありがとう韓国兄さん」
  12. 【映画評】サスペリア(2018)
  13. 【映画評】共犯者たち
  14. 【NGT48 婦女暴行事件】新潟日報「被害者の向かいの部屋を偶然借りていた暴行犯がバスを追いかけ自宅を特定し路上で帰宅時間を聞いて待ち伏せしたので、今後は防犯ベルを持たせます」
  15. 【ティラミスヒーロー騒動】2012年にシンガポールで誕生したオリジナルブランドロゴが日本企業にコピーされ営業できなくなりました
  16. 【映画評】シークレット・ヴォイス
  17. 【映画評】バジュランギおじさんと、小さな迷子
  18. 【三上博史】面倒なやつだと思われているので出演作が5年に1本とかになっちゃう
  19. 【NGT48 婦女暴行事件】犯人グループとの不適切な関係も噂される情報工作機関「文春砲」をスポニチが一刀両断
  20. 【映画評】ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー

2019年02月18日
【映画評】女王陛下のお気に入り


舌技ひとつで下女からイギリス宮廷権力者まで登り詰めたアビゲイル・メイシャム自伝映画。よほど気持ちよかったんでしょう。  続きを読む

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2019年02月14日
【映画評】ヴィクトリア女王 最期の秘密


最近発見された歴史秘話をベースに創造も交え組み立てたノンフィクション映画。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年02月13日
【2019冬アニメ】3話終了時点 10作品短評


こちらの続き。
【2018春アニメ】4週終了時点 20作品短評
【2018夏アニメ】だいたい3週終了時点 22作品短評
【2018秋アニメ】3話終了時点 17作品短評

結論として正直不作なクールの印象。テレビドラマの方が断然面白いよ。去年の冬アニメは神懸かり的だったのに。3話終了時点で継続視聴は以下の10作品。Sランクは今のところなし。

満足度S:なし
満足度A:盾の勇者の成り上がり、ブギーポップは笑わない
満足度B:ドメスティックな彼女
満足度C:約束のネバーランド、どろろ、賭ケグルイ
満足度D:かぐや様は告らせたい、魔法少女特殊戦あすか、五等分の花嫁、荒野のコトブキ飛行隊  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(4)
【映画評】迫り来る嵐


中国産ノワール映画。
前評判がいいので観に行きましたが、党の検閲を経たガス抜きノワールってお子様ランチみたいなものですね。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年02月12日
【キネマ旬報ベストテン 2018】「日本映画部門」を順位並び替え&短評添えてみた


映画ファン不在〜意味不明な日本アカデミー賞よりマシとはいえ、色々な意味で鼻に付いたので、勝手に再評点。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
【映画評】ファースト・マン


ありそうでなかったアポロ11号をきちんと描いたドキュメンタリータッチの映画。
小沢一郎大好きな反核リベラル脳が唱える「天安門事件はなかった」「アポロ11号は月面に行ってなかった」は一切ありませんのでご安心ください。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(4)
2019年02月08日
2019年02月05日
【映画評】七つの会議


池井戸潤原作、TBS制作。よっていつものお約束パターン。
新井浩文さんは出演されていませんので、私は正義なリベラルさんもポリコレ棒を振り回すことなく心穏やかに鑑賞できます。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2019年02月01日
昨年アングラ誌で報道された有名俳優の「強姦魔Z氏」正体は新井浩文


さっきもツイッターに書いたけど、新井浩文さんのちんぽと出演作品は別物なので、逮捕=過去作お蔵入りは本当止めて欲しい。名作を愛でる一般の映画ファンにとって新井さんのちんぽは興味も関心もない。新作出演辞退は当然ながら、事件と関係ない過去作への発売禁止処分等懲罰は悪しき習慣過ぎる。
俳優新井浩文氏が女性乱暴容疑=自宅を家宅捜索−警視庁:時事ドットコム  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(12)
2019年01月30日
【映画評】デイアンドナイト


【映画評】ハード・コア」に続き、プロデューサー山田孝之が何を撮りたいのかに興味があるので観賞しました。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)
2019年01月29日
2019年01月28日
【映画評】サスペリア(2018)


前提としてこちらの続き。
不朽の名作ホラー「サスペリア」ハリウッドリメイク化?
※文尾にネタバレ(個人的考察)を簡単に書いていますので未読の方は要注意

リメイクというより「カバー」でした。
アルジェント版「サスペリア」はリアルタイムでロードショー観たご縁もありますので(朧気な記憶では中洲大洋映画劇場)、賛否両論織り込んだ上で楽しみに観賞しました。オリジナル版はホラー映画全盛当時にあっても、映画の楽しみ方を教えてくれたマイ・フェイバリット作品でもあります。とはいえホラー作品としては「サスペリアPART2」の方が圧倒的に面白いけどね。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2019年01月25日
【映画評】共犯者たち


盧武鉉を神と崇め、朴槿恵・李明博を蛇蝎のごとく嫌い、仕事もせずストを繰り返し、社屋内で「社長やめろ」シュプレヒコールを延々叫びSNS配信する困った韓国のマスコミ労組専従活動家に密着する地獄絵図のような3流プロパガンダ・ドキュメンタリー映画。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
2019年01月23日
2019年01月22日
【ティラミスヒーロー騒動】2012年にシンガポールで誕生したオリジナルブランドロゴが日本企業にコピーされ営業できなくなりました


古来「権利の上にあぐらをかく者は保護に値せず」みたいな法理がありますので我ら法治国家的には微妙といえば微妙ではありますが、下町ロケットってるな。下町HERO'Sには財前部長がおらぬのか!  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)
【映画評】シークレット・ヴォイス


「マジカル・ガール」カルロス・ベルムト監督の最新作。
前作のインモラル路線を楽しみに鑑賞しましたが、中身はアルモドバル系。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年01月21日
【映画評】バジュランギおじさんと、小さな迷子


今年の初鑑賞インド映画はこれ。
尺は160分ですが、ダンスシーンとスローモーション演出カットしたら90分で収まると思われ、ライトなインド映画ファン的には寧ろそっちの方で楽しみたい。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)
2019年01月18日
【三上博史】面倒なやつだと思われているので出演作が5年に1本とかになっちゃう


スレがまさかの本城裕二ネタ。あのドラマ「続く」で終わったので個人的には続編ずっと待っているのです。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)
2019年01月16日
【NGT48 婦女暴行事件】犯人グループとの不適切な関係も噂される情報工作機関「文春砲」をスポニチが一刀両断


自誌のネタ元が芸能人の個人情報を不正売買する当該犯人一味だった説まで飛び出した文春砲さんが真っ赤に燃え上がっているのを筑紫哲也先生が見たら「まるで温泉街のようです」とか言うんやろうか。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)
2019年01月10日
【映画評】ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー


ホイットニーはデビュー当時よりファン。ファーストもセカンドアルバムもよく聴きまして、ライブも観に行ったクチですが、この映画はあまり響かなかったです。とはいえ天安門事件の「タンクマン」挿入したら中国や韓国で上映できんだろう。  続きを読む
Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)