2020年07月15日

【映画評】はちどり

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



どういう大人の事情があったのか存じませんが、よくあるB級サスペンス作品に過ぎない「パラサイト」の忖度絶賛マーケティングが典型例。そういうドリフのコント的ドタバタ劇が興行収益に繋がるのか誇張に次ぐ誇張〜ネタ偏重〜奇を衒う方向に転がり続けどうにも食傷気味の韓国映画ですが、これは普通の映画。普通に面白かった。

映画『はちどり』公式サイト

イントロダクション
世界各国の映画祭で50冠を超える受賞!キム・ボラ監督 鮮烈の長編デビュー作
誰しも経験したことのあるだろう思春期特有の揺れ動く思い、 家族や友人との関わりを繊細に描いた映画『はちどり』。 2018年釜山国際映画祭での初上映を皮切りに、 ベルリン国際映画祭をはじめ国内外の映画祭で50を超える賞を受賞。 韓国では2019年8月に公開され、単館公開規模ながら観客動員15万に迫る異例の大ヒットとなった。 ウニは、2016年に韓国で発売されるやベストセラーとなった小説 「82年生まれ、キム・ジヨン」の主人公の少女時代とも重なる。 男性が優遇されることが当たり前だった時代、女性であるという理由で我慢しなくてはいけなかったこと、

それがおかしいということに気がつかなかったこと———。 2つの作品に共通するのは、そんな時代に生きた女性の物語であり、 声をあげようとする姿である。そして、それは韓国の同年代の女性の共感を呼んだ。 世界で最も小さい鳥のひとつでありながら、その羽を1 秒に80 回も羽ばたかせ、 蜜を求めて長く飛び続けるというはちどりは、希望、愛、生命力の象徴とされる。 その姿が主人公のウニと似ていると思った、と監督は語る。映画の中で、ウニは様々な感情を抱えながら、 成長し、この世界に羽ばたいていこうとする。その姿は、決してウニだけのものではないはずだ。

ストーリー
1994 年、韓国・ソウル。急速な経済発展を続け、88 年にオリンピック開催を果たし、国際化と民主化を加速、空前の経済成長を迎えていた。
1994 年、ソウル。家族と集合団地で暮らす14歳のウニは、学校に馴染めず、 別の学校に通う親友と遊んだり、男子学生や後輩女子とデートをしたりして過ごしていた。 両親は小さな店を必死に切り盛りし、 子供達の心の動きと向き合う余裕がない。ウニは、自分に無関心な大人に囲まれ、孤独な思いを抱えていた。

ある日、通っていた漢文塾に女性教師のヨンジがやってくる。ウニは、 自分の話に耳を傾けてくれるヨンジに次第に心を開いていく。ヨンジは、 ウニにとって初めて自分の人生を気にかけてくれる大人だった。 ある朝、ソンス大橋崩落の知らせが入る。それは、いつも姉が乗るバスが橋を通過する時間帯だった。 ほどなくして、ウニのもとにヨンジから一通の手紙と小包が届く。




反共軍事政権の韓国が民主反日国家に舵を切った金泳三政権真っ只中の1994年は日本では平成6年。野党のジャンヌ・ダルクこと小池百合子が頭角を現し、国家を率いたのは細川護熙、羽田孜、村山富市という、翌年の阪神淡路大震災での大失態など知る由もないリベラルがこの世の春を謳歌した時代。街角では広瀬香美「ロマンスの神様」スチャダラパー「今夜はブギー・バック」斉藤和義「歩いて帰ろう」今井美樹「Miss You」SMAP「がんばりましょう」シャ乱Q「シングルベッド」Mr.Children「Tomorrow never knows」が流れ、アイルトン・セナが死んでキンニッセイが死んで松本サリン事件、ドーハの悲劇が遭った年。ラモス瑠偉率いる日本代表チームがすんなりアメリカに行っていたら戦績はどうなっていたんだろう?

尺は結構長いですが話が面白いので没頭して鑑賞出来ました。京アニアニメの実写版みたいな感じ。
度重なる防空訓練など当時の描写が面白い。日本文化は完全鎖国だったんだよな。その影響で劇中に流れる当時の流行歌が日本の昭和40年代グループサウンズみたいで隔世感。安室奈美恵訪韓以前と以降で彼の国の音楽産業は劇的に変わった。

そういう文化後進国で儒教感溢れる中流家庭の中学生女子の普通の日常を切り取った作品だからこそ、現代の我々が惹かれるモノがあるのでしょうね。

とはいえ聖水大橋崩落事故描写は広島の事故を思い出しゾッとした。改めてご冥福をお祈りします。
失敗事例 > 韓国ソウル聖水大橋の崩落事故

韓国の首都ソウル市内の漢江に架かる聖水大橋の中央部分が、長さ48mにわたって供用中に突然崩壊した。早朝の通勤時間帯であったため、橋を通過中のバスや乗用車が、約20m下の漢江に落下し、32人が死亡、17人が負傷した。事故後の調査によって、数々の「手抜き」の実態が明かとなった。1994年10月21日(金)午前7時40分頃、韓国の首都ソウル市中心部の漢江に架かる聖水大橋が、中央部分の48mが突然崩落し、同橋を通行中の市内バスや乗用車が6数台、次々と約20m下の川に落ちた。漢江は渇水期であったため、落下した橋桁上部の舗装部分は水中に没しておらず、その上に落下した市内バスや乗用車が大破して転がるという大惨事となった。犠牲者は、通学途中の女子中高生らバスの乗客が17人、残りの多くはマイカ−通勤の会社員であった。聖水大橋の崩壊落下事故を契機に、韓国国民は大いに怒り、国内にはびこる手抜き工事への対策を求め始めた。

満足度(5点満点)
☆☆☆☆

本作の前日譚がインディーズ短編映画「リコーダーのテスト」だそうで、確かに家の間取りが似ている。設定から字幕→日本語を選んで鑑賞出来ます。





Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)映画 
Edit







コメント
橋と言えば筑後川やね(昇降橋‥
エントリーを見る限りフツーに観れそうな内容だったのでGOTOしてくるのだ。
>翌年の阪神淡路大震災での大失態など知る由もないリベラルがこの世の春を謳歌した時代
この言葉の中の「リベラル」が「維新」に変わって大阪都(仮)になりまたしても大失態がやってくるんだろうなあ‥
Posted by 投了した at 2020年07月15日 20:14
>広島の事故
モノレール橋脚工事でしたっけね
あれも信号待ちしてた車に、、、
請負業者の名前がなんだったかな、昔調べた記憶があります
Posted by 名も無き友愛伝道師 at 2020年07月18日 10:48
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。