2020年05月19日

【映画評】ハーフオブイット 面白いのはこれから

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



今月のNetflix配信ラブコメ映画。

ハーフ・オブ・イット_面白いのはこれから

2020 1時間45分 ラブコメディ
アメフト男子に頼まれて、ラブレターを代筆することになった成績優秀なエリー。お陰で彼との友情は芽生えたけれど、彼と同じ女の子が好きな心の内はかなり複雑...。
出演:リーア・ルイス、ダニエル・ディーマー、アレクシス・レミール




お父さんが見ている古い映画はカサブランカ、ベルリン天使、フィラデルフィア物語、街の灯は分かった。中国系米国人少女が主人公という設定に「ポリコレ対策?」と思ったらLGBTとか案の定の展開でした。

「ヤクルト」が彼の地で崇められている事を知り衝撃。10cc「not in love」と並ぶ70年代名曲、シカゴの「if you leave me now」が流れるシーンは曲に負けず映像も凄くよかったです。



満足度(5点満点)
☆☆



Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)映画 
Edit








コメント
LGBTだらけでウンザリさせられるのよね。>昨今の若者向け欧米ドラマ

どんだけLGBT推ししてんのかと。マイナスでもプラスでもなく、ニュートラルに
扱えばいいと思うんだが、やたらポジティブに扱ってんだよね。
言ってみれば、アナルセックスを一生懸命推奨してるようなそんな気持ち悪さ。

なんか不健全な気がしてならんよ。



Posted by 久保田直己さんの名誉を毀損しません! at 2020年05月19日 12:35
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。