2020年05月15日

【映画評】タイラー・レイク −命の奪還−

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



Netflix配信映画。インドが舞台の脳筋アクション映画。

タイラー・レイク_−命の奪還−

2020 1時間 57分 サスペンス系アクション
誘拐された麻薬王の息子を救うため、バングラデシュに向かった傭(よう)兵。だが、金のために請けた任務が、いつしか過去と向き合う自分との戦いへと変わっていく。
出演:クリス・ヘムズワース、ルドラクシュ・ジャイスワル、ランディープ・フッダー



Netflixあるある系の中身空っぽアクション映画。インドが舞台というのが新機軸。配信ビジネスのエリア戦略なのでしょうか?展開はグダグダですがアクションのレベルは十分及第点なので、自宅で酒飲みながら仲間でワイワイ映画の粗を突っ込む暇つぶしにはもってこいです。

満足度(5点満点)
☆☆


Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)映画 
Edit








  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。