2020年02月12日

【映画評】ロマンスドール

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



こちらの続き。
石原さとみ似ラブドール60万円!オリエント工業予約制ショールームは東京・大阪・福岡で営業中!
ラブドールは胎児の夢を見るか?
【動画】ラブドールと生活する長野県出身男性(61)が英国で話題
【ノルウェー】幼児型ラブドール所持は小児性愛者犯罪助長か?抑制か?

しかしキービジュアル、どこからどう見ても蒼井優には見えんなぁ。長澤さんかと空目しそう。

映画『ロマンスドール』公式サイト |大ヒット上映中

イントロダクション
主演:高橋一生 × ヒロイン:蒼井優 × 原作・脚本・監督:タナダユキ ラブドール職人と、一目で恋に落ち結婚した妻との10年間。
型破りな設定とセンセーショナルな展開に多くの話題と共感を呼んだ、タナダユキの小説『ロマンスドール』。発表から10年、タナダ自らの手によって遂に映画化。高橋一生と蒼井優の映画共演は『リリイ・シュシュのすべて』(01)以来19年ぶり。タナダと蒼井の映画作品におけるタッグは『百万円と苦虫女』(08)以来となる。恋焦がれ、愛し合って結婚したはずなのに、気づくと何かが変わっていた…。平穏な日常の中で、変化していく愛、仕事と家庭、――「恋愛・結婚」における永遠の問いをテーマに、現代夫婦のかたちを圧倒的共感度で描く。夫の嘘と、妻の秘密。それぞれの思いを抱えながら、ふたりはどんな答えを見つけるのか? 変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しく儚い、大人のラブストーリー。

ストーリー
一目惚れをして結婚した園子(蒼井優)と幸せな日常を送りながら、ラブドール職人であることを隠し続けている哲雄(高橋一生)。仕事にのめり込むうちに家庭を顧みなくなった哲雄は、恋焦がれて夫婦になったはずの園子と次第にセックスレスになっていく。いよいよ夫婦の危機が訪れそうになった時、園子は胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける……




冒頭より唐突且つ自然にピエール瀧が出現したのでびっくりした。やっぱいい役者だわ。
フテキセツなテーマの割には普通にマジメ映画。是枝裕和「空気人形」みたいな系かと思いきや、お仕事系ドラマだったでござる。

後半は延々セックスシーンが続く展開ですが、蒼井優は毎回恒例の乳首隠すマン。あそこまで淫らな演技してなんで乳首隠すんだろう?乳首に真珠でも埋まってんのか?門脇麦の乳首の垢でも煎じて飲んで欲しいわ。

あと特段の説明はありませんでしたが、画面にちらりと石原さとみ風ラブドールのフライヤーとか実機が映っていたのがご愛嬌。エンドロールでも「オリエント工業」クレジットあり。男子たるもの興味がないといえば嘘になりますが、実際目の前にしてもちんこ勃たんやろうなぁ。よく分からんけど。ということで眼福映画でした。

満足度(5点満点)
☆☆☆



Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)映画 
Edit








コメント
乳首が異様に長いとか黒いとか?
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2020年02月12日 19:10
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。