2020年01月21日

【映画評】劇場版「メイドインアビス」深き魂の黎明

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



皆さんお待たせ致しましたのアビス最新作を公開初日に観に行きました。もちろん最前席まで満席。併せてTVシリーズ続編制作ニュースも流れて参りましたので本作はアニメファンマストアイテムとなっております。

劇場版「メイドインアビス」-深き魂の黎明- 公式サイト

イントロダクション
隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。「アビス」の不可思議に満ちた姿は人々を魅了し、冒険へと駆り立てた。そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』と呼ばれるようになっていった。アビスの縁に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。ある日、母・ライザの白笛が発見されたことをきっかけに、アビスの奥深くへ潜ることを決意するリコ。リコに拾われた記憶喪失のロボット・レグも自分の記憶を探しに一緒に行くことを決意する。深界四層でタマウガチの毒に苦しむリコ。リコを救ったのは成れ果てのナナチだった。ナナチを仲間に加え、ボンドルドの待つ深界五層へと三人は冒険を進める。そこで、プルシュカと名乗る女の子に出会い…




突然のR12からR15への変更というおどろおどろしい報道からこれまたとんでもグロ作品かと思いきや、スプラッターマニア的にはやや肩透かし。グロ度合いで申し上げるとTVシリーズとあんまり変わらんような気が。昆虫退治の人がケレン味あってよかったのですが、結局最後に見送っていたその他大勢のモブだったの?

原作読むタイミングを逸したので先が分からんぬ状態で鑑賞している本作でして、なるほど白笛の成因ってそうなっているのかと。水瀬いのりのポニョがこの先の必須アイテムなのかと。とはいえネットで色々ネタバレも目にするし、いい加減かったるいので原作買って読んでしまおうかとも画策中。映画公式サイトでコミックスのサマリー読んだら全然進んでいないやん。
原作紹介 | TVアニメ「メイドインアビス」公式サイト

あと本作と関係ないけど本編前の劇場予告編で「鬼滅」とか「SHIROBAKO」も流れていまして、人気TVアニメ→劇場版→TVアニメの流れは完全に根付きましたね。制作実務がご懸念のヴァイオレットちゃんも気になるし今年も色々映画館で鑑賞せないかん。

満足度(5点満点)
☆☆☆☆




Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)映画 | アニメ
Edit








コメント
スタッフ的には総集編後編と同じPG-12のつもりだったんでしょうけど
「尖ったモノを腹に刺してグリグリする表現」がアウトでR15になったようです
どうせR15になるのなら 糞尿垂れ流して単純作業だけさせられてる祈手になれなかった異形(顔が崩れてるだけだけど)の人達の描写もカットしないで欲しかったですね
プルシュカちゃんがどういう廃人でも分け隔てなく優しく接してるシーンでもあったので
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2020年01月21日 11:37
アビスの原作本って、海外では児ポ的にどうぢう扱いになてるんだろ?
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2020年01月21日 14:52
早速原作買って読み始めたけど1話の最初の方は完全児童ポルノだよな。裸で縄とか
作風の方向性悩んでいたんだろうか?
Posted by bob at 2020年01月22日 09:26
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。