2020年01月15日

【映画評】ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



主人公にすげーイライラしてまんまと作品の術中に嵌るラブコメディ。

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』公式サイト

イントロダクション
女性の活躍が目覚ましい現代において、シンデレラストーリーを夢見るのはもはや女性だけではない。大統領候補のスーパーウーマンと失職中のダメ男。誰が見てもありえない男女が繰り広げるシニカルラブコメディは、全米でも大ヒット!国務長官として働くシャーロットを演じるのは、オスカー女優のシャーリーズ・セロン。一方、シャーロットに憧れを抱くうだつが上がらないジャーナリストのフレッド役には、人気コメディ俳優のセス・ローゲン。そして、メガホンを取ったのは、『50/50 フィフティ・フィフティ』で高い評価を受けたジョナサン・レヴィン監督。現代社会を背景に、アメリカンジョーク満載のラブコメディへと完成させた。年明け早々、笑って、恋して、大興奮!

ストーリー
アメリカの国務長官として活躍する才色兼備なシャーロット・フィールドは、大統領選への出馬を目前としていた。そんなある日、シャーロットが出会ったのは、ジャーナリストのフレッド・フラスキー。才能はあるものの、頑固な性格があだとなり、職を失ってしまう。一見、接点もなく正反対な2人だったが、シャーロットはフレッドにとって、初恋の人だったのだ。予想外の再会を果たした2人は、思い出話に花を咲かせる。その後、シャーロットは若き日の自分をよく知るフレッドに、大統領選挙のスピーチ原稿作りを依頼。原稿を書き進めるうちに、いつしか惹かれ合っていく2人。しかし、越えなければならない高いハードルがいくつも待ち受けることに……




つかグレタみたいな正義マンの映画作ったらより面白くない?

せんずりセルフ顔射って10代じゃないと無理だろ?主人公がしばき隊新潟日報の坂本報道部長の生き写しでクソ笑った。マジでこのユダヤ人ムカつくわ。起承転結の「転」シーンなんか、「セキュリティ会社の総力を上げてネトウヨを潰す」と豪語していたしばき隊の久保田隊員と千葉麗子の「ぱよぱよちーん」発掘事件そのもの。というか妖女フーマのポコチン旦那が未成年者とのポコチン流出を描いた「【映画評】ウィーナー 懲りない男の 選挙ウォーズ」まんまなんだけどね。

みんな大好きシャーリーズ・セロンですが相変わらず色気むんむん。バックから挿入するときは尻を叩いて軽く首を締めて欲しいそうで、ステディな関係になったらあまりの酷使に一ヶ月でちんこ立たんようになりそうな予感。今年のオスカーメイク賞にノミネートされたクリソツメイクで話題のシャーリーズ・セロン最新作「スキャンダル」は来月公開です。超楽しみ。

そうそう。クライマックスシーン劇伴のアレサよかったよ。



満足度(5点満点)
☆☆☆





Posted by kingcurtis 固定リンクComments(3)映画 
Edit








コメント
「スキャンダル」は元ネタがわかんない俺たちには楽しめそうもないわ。
そもそも元ネタの金髪美人達もみんな似た顔してて、誰が誰やらw
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2020年01月17日 00:55
sayonara-tv.jp/

今回のブログの内容とは関係ないのですが以前このブログで取り上げられていた東海テレビ制作のドキュメンタリー さよならてれび が映画化されましたのでお知らせします。もしご存じでしたら失礼。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2020年01月17日 21:03
> 今回のブログの内容とは関係ないのですが以前このブログで取り上げられていた東海テレビ制作のドキュメンタリー さよならてれび が映画化されましたのでお知らせします。もしご存じでしたら失礼。

承知しています。連絡ありがとうございます!
Posted by bob at 2020年01月20日 10:21
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。