2019年11月22日

【映画評】ブライトバーン/恐怖の拡散者

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



愛すべきB級ホラー映画。中高生のラブラブデートムービーに最適と思われます。
楽天配給って初めて見た気がしますがこういう木下グループのおこぼれみたいな微妙なの拾っていく予定なの?大丈夫?

映画「ブライトバーン 恐怖の拡散者」公式サイト 大ヒット上映中

イントロダクション
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ジェームズ・ガンがおくるジャンルミックス まったく新しい“恐怖の拡散“
マーベル・スタジオの大ヒットシリーズ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の監督として知られるジェームズ・ガンがプロデューサーとして世に送り出した最新作『ブライトバーン/恐怖の拡散者』。今やハリウッドを牽引するスター監督となったガンのエッセンスを凝縮した全く新しい“ジャンルミックス・ムービー”だ。

田舎町の農場に“墜ちてきた贈り物”である男の子は超人的なパワーを持っていた……。アメコミ界のスーパーヒーロー、スーパーマンを彷彿とさせる物語の起点だが、もし、その男の子が英雄ではなく、邪悪な存在だったら?という本作の設定は、悪魔を闇から引きずり出すような恐怖を呼び起こす。まさに、コミック原作のスーパーヒーロー映画が席巻している今日のハリウッドへのユニークな挑戦状であり、キャリアの初期に傑作ホラーで頭角を現し、スーパーヒーロー映画で大ブレイクしたガンならではのアンチ・スーパーヒーロー映画ともいえる。

主題歌には、全世界で今最も注目されているアーティスト、ビリー・アイリッシュの『bad guy』が決定!(『bad guy』視聴リンク)彼女がエンディングを飾り、ミステリアスな歌声が本作の余韻をさらに煽る!
『アス』や『クワイエット・プレイス』、『IT/イット』シリーズなど、これまでB級ムービーの領域を出なかったホラー、スリラーといったジャンル映画が第一級のエンターテイメントとして席巻している映画界で、“ジャンル・ミックス”という新機軸を打ち出した本作。今後展開されるであろう“ブライトバーン・ユニバース”の序章として必見だ。
なお本作は、日本での映画事業に参入した楽天の配給作品第一弾となる。

ストーリー
人類の脅威それは、ある少年の反抗期からはじまった。
子供ができず、ずっと苦しんできたトーリ(エリザベス・バンクス)は、母になる日を夢見ていた。ある日、謎めいた男の赤ちゃんの到来でその夢が実現する。聡明で、才能にあふれ、好奇心旺盛な子供ブランドンは、トーリと夫のカイル(デヴィッド・デンマン)にとってかけがえのない存在となった。しかし、12歳になったブランドン(ジャクソン・A・ダン)中に強烈な闇が現れ、トーリは息子に恐ろしい疑いを抱き始める。やがてブランドンは、普通の人が持つ事のない異常な力を発揮し始める。そしてブランドンは、カンザス州・ブライトバーンをとてつもない恐怖に陥れていった───




低予算なりに頑張っている感は伝わり、掴みもいいけど後半がどうにもザル。
ヒロイン見た記憶あるなと思ったけれどエリザベス・バンクス先生じゃないですか。

見た人のほぼ100%が同じこと考えると思いますが、「邪悪なスーパーマン」以上でも以下でもなし。あとあれだ。「いぬやしき」とか「GANTZ」と丸かぶり。私が映画プロデューサーだったら平安の世をパニック状態に陥らせる「かぐや姫/恐怖の拡散者」を制作したい。

同時期に公開中の同じくB級SF映画「【映画評】アップグレード」とどっちが好き?論争やったら盛り上がりそう。

満足度(5点満点)
☆☆☆


Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)映画 
Edit








  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。