2019年10月28日

【映画評】冴えない彼女の育てかた Fine

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



劇場版「青ブタ」の時は場内凄い悪臭でしたが本作は異臭なし。
季節が涼しくなったから?それとも客層が違うんだろうか?

劇場版「冴えない彼女の育てかた Fine」  10 26 土 公開!


イントロダクション
新生blessing software始動! ある春の日、少年が抱いた想いはどこまでも駆け上っていく。
『冴えない彼女の育てかた』は丸戸史明が執筆し、深崎暮人がイラストを担当する人気ライトノベルシリーズ。富士見ファンタジア文庫(KADOKAWA)より2012年から本編全13巻+短編集・ファンブック6巻で刊行された。2015年にアニメ第一期『冴えない彼女の育てかた』が放送され、2017年にはアニメ第二期『冴えない彼女の育てかた♭』をオンエア。制作をA-1 Pictures高円寺スタジオ(現 CloverWorks)が担当。ドキドキするほどかわいらしいヒロインたちの描写とキャスト陣の弾けた演技、そして原作者・丸戸史明自らが書き下ろしたシナリオにより、作品は話題となり、劇場版の制作が決定した。劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』はTVシリーズのスタッフ、キャストが集結し、新たに送りだす完全新作。安芸倫也は、理想のメインヒロインを描いた同人ゲームを作ることができるのか。恋のフラグのラプソディー最終楽章が始まる。

ストーリー
ある春の日、安芸倫也は桜舞う坂道で運命的に出会った少女・加藤恵をメインヒロインにした同人ゲームを制作することを思いつく。美術部に所属していながら、同人イラストレーターとして活動する澤村・スペンサー・英梨々と、学年一位の優等生でありながら、ライトノベル作家として活躍している霞ヶ丘詩羽を誘い、blessing softwareを結成。やっとのことで一作目を発表した──。

英梨々と詩羽は大作ゲーム『フィールズ・クロニクル』を開発するために、人気クリエイターの紅坂朱音のもとへ。blessing software代表の倫也はサークル活動を継続し、副代表の恵とともに新作の開発を開始した。イラストレーターに後輩・波島出海を起用、プロデューサーを出海の兄・伊織へ依頼し、氷堂美智留と彼女のバンドicy tailとともに新作の開発を進めるが……。 

英梨々と詩羽の大作はどうなるのか? 倫也と恵の関係に異変が? はたしてblessing softwareの新作の行方は?
冴えないヒロインをめぐる青春グラフィティ、グランドフィナーレ。




尺的に6話相当分だとしたら納得いきますが、最近の流れとはいえ内容的に劇場の大画面と大音響で愉しむ作品ではないわなぁ。赤崎さんのいびきはよく響いたけど。テレビシリーズからだけどなんで楽器のデザインが雑なんだろう??みなウクレレみたい。

話は完全完結ですが、かといってストーリー展開はあるようなないような。所謂ファンムービーですね。勿論「冴えカノ」ファンとして完全満喫しましたし、エンドロールで「ラブ・ストーリーは突然に」ってあれ?流れたかなぁ?とぼんやり考えていたけど→エンドロールで退席したバカチンは心の底からざまあみろと申し上げたい。あれ何分あった?とはいえ完膚なきまでに完全終了エンドなので寂しいよな。詩羽先輩の出番も少なかったのでその辺は心残り。焼肉屋シーンでのメタセリフがテレビ版の予告編彷彿したわ。あれ全部繋げてBS11で流さないかな。

満足度(5点満点)
☆☆☆



Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)映画 | アニメ
Edit








  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。