2019年06月20日

日本軍が中国馬賊を掃討した「青山里戦闘」をモチーフに朝鮮独立軍が皇軍将兵3300人を誅殺した新しい史実映画「鳳梧洞の戦い」2019年8月爆誕!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



そのうちサイパン戦、硫黄島戦、沖縄戦は共に米海兵隊を従えた朝鮮独立軍が日帝を玉砕させたとか韓国の歴史教科書に書かれそう。

青山里戦闘 - Wikipedia

日本軍の損害
韓国系の文献は、青山里戦闘を「青山里大捷」と呼び、独立軍の大勝利であったとしている。「青山里大捷」は韓国が言うところの「韓民族の独立運動」の中で重要な部分を占めており、大韓民国の「建国神話」の中核をなす。韓国とは対照的に、北朝鮮版の「独立運動史」は青山里戦闘に言及していない。

韓国側の日本軍の損害についての見解は、朴殷植の『朝鮮独立運動之血史』(1920)は「加納連隊長以下900余〜1,600余人」、韓国中央選挙管理委員会編刊『大韓民国政党史』(1964)は「千余人」、韓国国防部戦史編纂委員会『韓国戦争史』(1967)は「死傷3,300人」、趙芝薫『韓国民族運動史』(1975)は「加納連隊長以下3,300人」としている。年を経るごとに日本軍の損害は誇張されていっている。同時に、日本軍の兵力、独立軍の兵力も膨れ上がり、戦闘の主役が金佐鎮から李範奭に移っている。

日本側の史料によれば、青山里戦闘で受けた日本軍の損害は、戦死11、負傷24のみで将校の死傷は見当たらない。この報告は靖国神社の合祀名簿によって裏付けられている。また、間島出兵後の第19師団の備蓄兵器調査においても、日本軍の戦闘損耗はきわめて軽微だったことが確認されている。

韓国側の文献に唯一実名が挙げられているのが「加納連隊長」である。『朝鮮独立運動之血史』は、日本領事の秘密報告書が加納連隊長の戦死を報告していると主張している。

しかし、そのような領事報告は確認されていない。「加納連隊長」に該当する人物として考えられるのは、騎兵第27連隊長の加納信暉大佐であるが、加納信暉の名前が戦死者名簿にないだけでなく、間島出兵後の1922年(大正11年)まで連隊長を務めていたことが判明している。
















Posted by kingcurtis 固定リンクComments(5)大東亜戦争 | 映画
Edit








コメント
台湾映画のセデック・バレも日本兵死傷者数は、現実よりかなり盛ってたという話も
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2019年06月20日 21:02
ああ、以前のこちらの記事にもありました
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2019年06月20日 21:05
併合時に日本人によって
祭り上げられた李舜臣みたいになりそう。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2019年06月20日 21:34
誇らしい独立軍や光復軍が、「慰安婦少女」を救出しないのはなぜ。親たちが声を挙げないのはなぜ。ああ、不思議。()
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2019年06月21日 21:06
正しい歴史認識=「ドラマでやっていた、映画でやっていた」
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2019年06月23日 07:19
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。