2019年06月18日

【映画評】ガールズ&パンツァー最終章 第2話

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



こちらの続き。
【映画評】ガールズ&パンツァー最終章 第1話

前回は2017年だったのか。

ガールズ&パンツァー最終章 公式サイト

ストーリー
平和だった大洗女子学園に突如降って沸いた河嶋桃の留年騒動。AO入試で大学に入学できるよう、桃を隊長に据えて冬の大会「無限軌道杯」に挑む大洗女子チームだったが、初戦の相手・BC自由学園に思わぬ大苦戦!みほ達の、桃の未来は早くも閉ざされてしまうのか? 果たして、勝利の行方は……!?




先に「青ブタ」観に行く予定でしたが各回満席で座席取れず。
青ブタに負けず劣らずガルパンも大人気でして、場内はガルパンおじさんで超満員。
前回の内容は忘却の彼方でしたが、そんなの関係なしに開始早々引き込まれ。相変わらず掛け値なしで面白い。レギュラーシーズンではお目にかかれないレアな高校が続々ダイジェストで流れていきましたが勿体無いね。トーナメント上位はお約束全員集合なんでしょうか。

ひとつ苦言を呈すならば、知波単のヘンな歌流す尺があるならその分本編に回せよ。
前回の流れを踏襲すると次回第3話は2022年辺り?ま、頓挫している「エヴァンゲリオン」より良心的だけどね。

満足度(5点満点)
☆☆☆☆



Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)映画 | アニメ
Edit








  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。