2019年03月04日

【映画評】スパイダーマン:スパイダーバース(IMAX 3D)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



マーベル作品は殆ど観ないのですがこれは凄かった。21世紀の映画って感じ。
2D版観てないけど3Dと雲泥の差というのは分かる。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』

イントロダクション
ニューヨーク・ブルックリン。マイルス・モラレスは、頭脳明晰で名門私立校に通う中学生。彼はスパイダーマンだ。しかし、その力を未だ上手くコントロール出来ずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により、歪められた時空から集められたのは全く異なる次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマンたちだったー。

ストーリー
スパイダーマン、死す――
スパイダーマンことピーター・パーカーの突然の訃報により、ニューヨーク市民は悲しみに包まれる。13 歳のマイルス・モラレスもその一人――そう、彼こそがピーターの後を継ぐ“新生スパイダーマン”だ。ピーターの死は、闇社会に君臨するキングピンが時空を歪めたことでもたらされた。しかし若きマイルスには彼の更なる野望を阻止するパワーはない。

彼に替わって、“守る”と誓ったものの、不安だらけのマイルス。そんな彼の前に突如現れたのは――死んだはずのピーターだった!ただ、彼の様子が少しおかしい。無精ひげ、少し出た下腹、そしてなんとも適当な性格。全く別の次元=ユニバースからマイルスの住む世界に来たピーター
このやつれた中年ピーターは、キングピンが歪めた時空に吸い込まれ、全く別の次元=ユニバースからマイルスの住む世界に来たのだ。マイルスは真のスパイダーマンになるため、ピーターを師とし、共に戦う決意をする。

別世界のスパイダーマンも参戦!
二人のもとに、別のユニバースから導かれて来たスパイダーマン達が集結する。
スパイダー・グウェン、スパイダーマン・ノワール、スパイダー・ハム、そしてペニー・パーカーと彼女が操るパワードスーツ SP//dr。キングピンの計画を阻止し、全てのユニバースを元に戻す戦いに、スパイダーマン達が挑む――。

スパイダーバース――それは、マーベル・コミックの世界観を元に、様々なスパイダーマンたちが次元を超えて集結するマルチバースの世界。主人公が身にまとうのは、スプレーでペイントされたスパイダーのマーク赤と黒のスーツ、そしてストリート感あふれる足元のエア・ジョーダン。全く新しい世代の物語が、スパイダーマン映画史の新たな扉を開く!






3Dアニメを劇場で鑑賞したのは「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D」以来。当時は単にスクリーンから飛び出れば良かった程度でしたがかなり技術が進歩していますね。レイヤーを効かせているんだ。これは映画の要素として「アリ」ですし、実際、ギミック的な違和感は感じませんでした。自然に凄いって感じ。平たく言えばコミックを読んでいる時の脳内を具現化した状態。

ストーリー自体は大した事ないですが、それを以てもビジュアルの圧倒的構成力が余りある内容。苦言を呈すならば、従来からの課題ですが(立体字幕埋め込みのテクニカル面が進歩したとはいえ)3D作品で字幕を目で追うのは無駄。折角の画面から目を逸らすのは勿体ない。これは吹替版じゃないとダメだろ。悠木碧は「こんにちは!」の萌キャラ役かと思っていたけど、観終わったあと公式サイト観たらあっちの方なんだね。手塚治虫の「ヒョウタンツギ」モドキも面白い。

ということで、怪しげな選考経て大恥掻いた三流作品ながら政治銘柄の「未来のミライ」が本作とオスカー競うなど笑止千万。リズ、さよならの朝、若女将押しのけて未来のミライって、どんだけ闇社会なんだよ。日本の映画業界。
【未来のミライ】試写会レビュー最悪 興行成績は低調だった細田守前作より更に40%減
【日本アカデミー賞】「未来のミライ」が最優秀アニメーション作品賞に - 映画ナタリー
【第91回アカデミー賞】細田守監督作『未来のミライ』、惜しくも受賞逃す | cinemacafe.net

満足度(5点満点)
☆☆☆☆☆



Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)映画 
Edit








コメント
なんだかんだ言いながら娯楽に徹した時のあの方面の外国の強さは侮れない。
よし観てやろう(謎上目線
>怪しげな選考経て大恥掻いた三流作品ながら政治銘柄の「未来のミライ」
何もないと見せかけるそんな邦画にも「翔んで埼玉」がある(震え
一部ネタバレすると崎陽軒の謎が解けるのでbob同志の必殺仕事人レビュー求ム。
>どんだけ闇社会なんだよ。日本の映画業界
「新聞記者」が見えない聞こえない知らない所だね(ニチャア
Posted by 投了 at 2019年03月04日 20:27
昨日はキャプテン・マーベルを見てきました。
ニック・ヒューリーが最初に出会ったスーパーヒーロー・ヒロインがこのキャプテン・マーベルらしいですね。
来月公開のアベンジャーズ続編も楽しみです。
Posted by worldwalker's weblog(・∀・)! at 2019年03月16日 08:10
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。