2019年02月18日

【映画評】女王陛下のお気に入り

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



舌技ひとつで下女からイギリス宮廷権力者まで登り詰めたアビゲイル・メイシャム自伝映画。よほど気持ちよかったんでしょう。

www.foxmovies-jp.com

イントロダクション
第75回ベネチア国際映画祭 銀獅子賞(審査員大賞) 女優賞〈オリヴィア・コールマン〉 受賞!
17人の子供に先立たれた孤独な女王と、その寵愛を取り合う二人の女 息もつかせぬ、稀代の宮廷絵巻
2018年のベネチア国際映画祭で、審査員大賞と女優賞のダブル受賞を果たし、本年度の賞レースの主役は間違いなしとメディアからも大絶賛の超話題作が、遂に日本にもお目見えする。
18世紀初頭、宿敵ルイ14世のフランスと交戦中のイングランド。揺れる国家と女王のアンを、彼女の幼馴染で女官長を務めるレディ・サラが操っていた。そこに、サラの従妹で上流階級から没落したアビゲイルが召使として働くことになる。サラに気に入られ、侍女に昇格したアビゲイルだったが、彼女の中に生き残りをかけた野望が芽生え始める。夫が総指揮をとる戦争の継続をめぐる争いにサラが没頭しているうちに、アビゲイルは少しずつ女王の心をつかんでいくのだが─。

豪華絢爛な王室を舞台に巻き起こる 三大女優の競演による究極の宮廷ドラマ
気まぐれで病弱、それでも頑固に国を守るアン女王を演じるのは、ベネチアで女優賞の栄冠を手にした、オリヴィア・コールマン。ゴールデン・グローブ賞に輝く英国の名女優だ。本作での万人が賞賛する圧巻の演技によって、さらなる栄誉が期待されている。
一度は没落したが、上流階級への返り咲きを狙う侍女アビゲイルには、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞R主演女優賞を獲得したエマ・ストーン。従順で愛らしい侍女が生き残りをかけてのし上がっていく姿を演じ、新境地を開いた。
女王の心を支配し、絶大なる権力を振るうレディ・サラには、『ナイロビの蜂』でアカデミー賞Rを受賞したレイチェル・ワイズ。英国首相ウィンストン・チャーチルやダイアナ妃の先祖である、聡明で気性が激しい実在の女性像をクールかつソリッドに演じた。
3人の女たちが、頭脳と肉体と精神力を駆使して互いに仕掛け合う罠が、時におかしくも爽快で、さらに切なくもいじらしい、稀代の宮廷ドラマの誕生だ。

ギリシャの奇才が、その才能をさらに大きく開花 エレガントでスリリングな一大エンターテインメント
監督は、常に全世界から最も熱い注目を集めているギリシャの奇才、ヨルゴス・ランティモス。
『ロブスター』でアカデミー賞R脚本賞にノミネートされ、カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞、続く『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』でもカンヌの脚本賞を受賞。待望の最新作では、初めての英国歴史ドラマに挑戦、誰もまねできない独自の世界観を保ちながら、今を生きるさらに多くの人々の共感を呼ぶに違いないヒューマンドラマを完成させた。
3人の女性たちのため息が出るほど美しいドレスを手掛けたのは、3度のアカデミー賞Rに輝くサンディ・パウエル。伝説の衣裳デザイナーが、本作の製作の噂を聞いて自ら名乗りをあげ、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のニコラス・ホルトや、『ベロニカとの記憶』のジョー・アルウィンら英国美青年が扮する若き貴族たちの華麗なる“お召し物”も手掛けた。
王国を揺るがし歴史すら変えた、3人の女たちのプライドと命までをかけた駆け引きを、豪華絢爛かつ斬新な映像世界で贈る、ドラマティックとエレガントを極めた一大エンターテインメント。

ストーリー
時は18世紀初頭、アン女王(オリヴィア・コールマン)が統治するイングランドはフランスと戦争中。アン女王の幼馴染で、イングランド軍を率いるモールバラ公爵の妻サラ(レイチェル・ワイズ)が女王を意のままに操っていた。
そこに、サラの従妹だと名乗るアビゲイル(エマ・ストーン)が現れる。上流階級から没落した彼女はサラに頼み込み、召使として雇ってもらうことになったのだ。
ある日、アビゲイルは、痛風に苦しむアン女王の足に、自分で摘んだ薬草を塗る。サラは勝手に女王の寝室に入ったアビゲイルをムチ打たせるが、女王の痛みが和らいだと知り、彼女を侍女に昇格させる。

イングランド議会は、戦争推進派のホイッグ党と、終結派のトーリー党の争いで揺れていた。戦費のために税金を上げることに反対するトーリー党のハーリー(ニコラス・ホルト)は、アン女王に訴えるが、ホイッグ党支持のサラに、女王の決断は「戦争は継続」だと、ことごとく跳ね返される。
舞踏会の夜、図書室に忍び込んで、蝋燭の灯りで本を読んでいたアビゲイルは、ダンスホールを抜け出して突然駆け込んできたアン女王とサラが、友情以上の親密さを露わにする様子を目撃してしまう。
国を動かす二人と最も近い位置にいるアビゲイルに目を付けたハーリーが、アン女王とサラの情報を流すようにと迫るが、アビゲイルはキッパリと断る。アビゲイルはそのことをサラに報告するが、褒められるどころか「双方と手を組む気かも」と探られ、空砲で脅されるのだった。

アビゲイルはサラが議会へ出ている間のアン女王の遊び相手を命じられるが、女王は「サラは国家の仕事より私を優先させるべき」と駄々をこねる。アビゲイルは、女王の亡くなった17人の子供の代わりだという17匹のウサギを一緒に可愛がり、上手く女王をなだめるのだった。
アビゲイルはサラの信頼を徐々に勝ち取り、女王のお守役を務める機会が増えていく。いつもストレートに物を言うサラに対し、甘い言葉で褒め称える従順なアビゲイルに女王は心を許していく。
議会では、トーリー党が激しく抵抗して増税を食い止める。女官長に就任して以来、初めてその権力に翳りが見えたサラに、今度は女王との関係を揺るがす大きな危機が訪れる。それは、いつの間にか野心を目覚めさせていたアビゲイルの思いがけない行動だった──。









ヒール役のエマ・ストーンはいうに及ばず、登場人物全てがゲスで痛快。腐れレズヴァーサス腐れまんこみたいな。ハムナプトラ以降、大好きな女優さんレイチェル・ワイズですが、否定と肯定もロブスターも良かったけど本作が決定的代表作になった気がします。眼帯姿はアラン・ドロンよりかっこいい。

日本で公開されたランティモス作品は全て鑑賞していますが、いい意味で化けたというかずいぶん分かりやすくなった印象。とはいえ広角レンズ多用は相変わらず頭おかしい。劇伴も超面白い。ファーストマンもこんな感じだったら良かったのにね。

エマのなんだかな〜なパイオツも拝めますので、不愉快映画好き、ゲテモノ映画好きな方は是非!

満足度(5点満点)
☆☆☆☆



Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)映画 
Edit








コメント
オリヴィア・コールマンは英国TVドラマでよく見る顔ですね。
「Night Manager」での妊婦姿(実際妊娠してた)での怪演はなかなか印象的でした。女王というよりそこらのオバちゃんって感じですが、監督もそういう狙いかもw




Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2019年02月18日 11:51
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。