2018年11月30日

【映画評】鈴木家の嘘

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



長男の自死で右往左往する、いい意味で笑えないホームコメディ。

映画『鈴木家の嘘』公式サイト

イントロダクション
鈴木家の長男・浩一がある日突然この世を去った。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。「引きこもりだった浩一は家を出て、アルゼンチンで働いている」と。父は原宿でチェ・ゲバラのTシャツを探し、娘は兄に成りかわって手紙をしたため、親戚たちも巻き込んでのアリバイ作りにいそしむ。すべては母の笑顔のためにーー!母への嘘がばれないよう奮闘する父と娘の姿をユーモアたっぷりに描きつつ、悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に優しく紡ぐ感動作。家族の死と、そこからの再生という重厚なテーマを心に沁みいるハートウォーミングな喜劇に仕立てた、まったく新しい家族映画の傑作が誕生した。

鈴木家の家長・幸男役に岸部一徳、母・悠子役に原日出子、引きこもりの長男・浩一役に加瀬亮が扮し、いずれも見事な演技を披露するほか、瀬々敬久監督作『菊とギロチン』で主演の女力士を演じ注目された新星・木竜麻生が長女・富美を演じ、瑞々しい輝きを放つ。そのほか岸本加世子や大森南朋ら演技派が個性的なキャラクターの親族を魅力的に演じ、画面を明るく彩る。 『滝を見にいく』(沖田修一)、『恋人たち』(橋口亮輔)などを生み出した松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第6弾となる本作は、橋口亮輔(『恋人たち』)、石井裕也(『舟を編む』)、大森立嗣(『セトウツミ』)ら名匠たちの助監督を務めてきた野尻克己の監督デビュー作。脚本も、監督が自身の経験を基に手がけたオリジナルで、家族の再生をあたたかなユーモアで包みこんだ物語は岸部一徳ら名優たちをもうならせ、出演を快諾させた。

ストーリー
鈴木家の長男・浩一(加瀬亮)がある日突然この世を去った。母・悠子(原日出子)はショックのあまり意識を失ってしまう。
浩一の四十九日。父・幸男(岸部一徳)と娘の富美(木竜麻生)は、名古屋で冠婚葬祭会社を経営する幸男の妹・君子(岸本加世子)、アルゼンチンで事業を始めたばかりの悠子の弟・博(大森南朋)とともに、意識を失ったままの悠子の今後について話し合っていた。そんな中、悠子が病室で意識を取り戻す。慌てて幸男、富美、君子、博が病院に駆けつけると、彼らの姿をみて驚きながら、悠子が尋ねる。

「浩一は?」

思わず目を見合わせる4人。そこで富美はとっさに「お兄ちゃんは引きこもりをやめてアルゼンチンに行ったの。おじさんの仕事を手伝うために」と嘘をつく。「お父さん、本当?」と感極まった様子の悠子に、幸男は「ああ」と返すしかなかった。
母の笑顔を守るべく、父と娘の奮闘が始まった。父は原宿でチェ・ゲバラのTシャツを探し、娘は兄になりかわって手紙をしたためるなど、親戚たちも巻き込んでのアリバイ作りにいそしむ。
そんななか、博がアルゼンチンの事業から撤退することが決まった。母への嘘の終わりが近づいていたーー。




和製A24を是非目指していただきたい松竹ブロードキャスティングでして、個人的には滝を見にいく、恋人たち、変態だ、東京ウィンドオーケストラに次ぎ5作目の鑑賞となります。非常に前評判がよかったので最近の西川美和や深田晃司作品的なものを期待して臨みましたが、なんか小ぢんまりと纏まって普通って感じでした。いい年こいた初老男性がトルコ風呂的なモノを知らんって、小野田さんや横井さんじゃあるまいし。アイデアはいいのですがシナリオ全般もっと練り込む余地はあったのでは?あと尺が長いのは中身と釣り合わない。

滝を見にいく、恋人たちまではよかったのですが、出落ち感否めぬ松竹ブロードキャスティングさん頑張ってと申し上げたい。

満足度(5点満点)
☆☆




Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)映画 
Edit








コメント

ちゃんと事実を告げたら、それで良かろうに。

生きていると嘘を吐く意味が分からん。

どうじゃ、人間の心理に深く迫る文芸作品じゃーー。

てな独りよがりのジシならぬジイ行為。

アホなシナリオ。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月30日 13:33
> 生きていると嘘を吐く意味が分からん。

あり得ないことが起こるのが、小説や映画なので、「それを言っちゃあ、おしまいよ」。。。
ただ、「もう既に死んだのが判明」していても「危篤」て伝えるのは日本風・・・癌患者に「告知するかどうか」とかさ。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年12月01日 04:43
昭和の石立ドラマにありがちな展開。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年12月01日 11:05

正気に戻った母親が、

アンタラ何で嘘ついたんや

と、余計に怒るでしょ。


最近の医者は、大多数が言うのよね、

アンタ、癌で余命半年やで、と。

ほんま、アッケラカンと言うのよ。

Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年12月01日 15:30
グッバイ、レーニン! から。。。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年12月01日 20:59
サラザールの晩年ですね。
Posted by んんー at 2018年12月02日 17:53
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。