2018年11月16日

【映画 ボヘミアン・ラプソディ】ローリング・ストーン誌の事実検証記事が賛否両論

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



拙ブログでは星5つ評価としましたが、頭でっかちなのか映画評論家筋の評価は芳しくない模様。
論より証拠で是非映画館へどうぞ。津田大介を除く全ての往年の洋楽ファンなら100%満足間違いなし。
【映画評】ボヘミアン・ラプソディ

個人的には制作準備中と伝えられるジョン&ヨーコ映画が凄く楽しみ。日本で公開されたジャン=マルク・ヴァレ監督作品は全部観たけど、誰もが満足するいい作品に仕上げてくれると思います。
ジョン・レノンとオノ・ヨーコの伝記映画を「ダラス・バイヤーズクラブ」監督が制作 - 映画ナタリー





【映画】 クイーン自伝映画『ボヘミアン・ラプソディ』を事実検証

1: アルテミス@ ★ 2018/11/16(金) 13:22:18.32 ID:CAP_USER9

1. クイーンの結成はそれほど単純ではなかった

映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、両親とケンカしたフレディ・マーキュリーが、ブライアン・メイとロジャー・テイラーが在籍したクイーンの前身バンド、スマイルの1970年に行ったギグをたまたま見たことになっている。
ライブ後にメンバーと知り合い、その数分後にスマイルのベーシスト兼ヴォーカリストのティム・スタフェルが都合よく脱退する。
ドラマーのテイラーもギタリストのメイも、大きな前歯のこの男を怪訝に思うが、この男が彼らの曲「Doing Alright(原題)」を鳥肌モノのアカペラで歌いだした途端、彼らはこの男をバンドに迎え入れるのだ。しかし、事実は、フレディとティム・スタフェルは長年の友人で、フレディは加入するかなり前からスマイルの大ファンだった。
ブライアン・メイはフレディがメンバーにしてくれとしつこく言い続けたことを覚えていて、1970年にスタフェルが脱退して初めて、その要求を受け入れたのである。

2. ジョン・ディーコンはオリジナル・ベーシストではなかった

映画では、1970年のクイーンの初コンサートでジョン・ディーコンがベースを弾いている。しかし、実際は、ディーコンはバンドが試した4人目のベーシストで、加入したのが1971年だ。劇中、最初のコンサートで演奏している「炎のロックン・ロール/Keep Yourself Alive」は彼らのデビュー・アルバム収録の初期の楽曲だった。

3. フレディがメアリー・オースティンに出会ったのはクイーンに加入した日ではなかった

映画では、フレディが未来の恋人メアリー・オースティンに出会ったのは、初めてバンドと遭遇し、メンバーになる30秒前になっている。もちろん、事実はもっと複雑だ。オースティンは最初、短い間ブライアン・メイと付き合っていた。その後、フレディの友達の輪に登場したのは、彼がクイーンのリード・シンガーになってからのことである。

4. レイ・フォスターというレコード会社の重役は存在しない

映画の登場人物の中でもかなり興味深いのが、マイク・マイヤーズが演じるレコード会社重役レイ・フォスターだ。マイク・マイヤーズの面影がほぼ消えているこのフォスターは、クイーンに商業的な音楽を作る必要を力説する。
また、彼は最初に楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」を聞いて、この曲を毛嫌いし、シングルでのリリースを拒む。このため、バンドは不機嫌に部屋から立ち去り、窓の外から石を投げつける。
フォスターのキャラクターはEMIのロイ・フェザーストーンをモデルに作られているが、フェザーストーン自身はクイーンの大ファンだった。しかし、フェザーストーンが「ボヘミアン・ラプソディ」がシングル曲としては長すぎると思ったのは本当だ。この点以外のフォスターのキャラクター設定はフィクションである。

5. フレディの恋人ジム・ハットンは彼の使用人ではなかった

映画の中では、究極に堕落したパーティーで泥酔して、意気消沈したフレディがジム・ハットンという名前の給仕を無理やり口説こうとする。
ハットンはフレディを拒絶するが、その夜二人は何時間もよもやま話をすることになる。数年後、フレディは電話帳でハットンを探しだし、デートし始める。しかし、実際は、ハットンはサヴォイ・ホテルに勤務する美容師で、知り合ったのはナイトクラブだった。


6. クイーンは一度も解散していない

1985年のライヴ・エイドでのパフォーマンスに向けて盛り上げるためか、最も現実と離れたストーリーラインが用意された。フレディが密かに400万ドルのソロ・プロジェクトにサインし、バンドとしばらく距離を置きたいと暴露するシーンがある。
当然、残りの3人は激怒し、それぞれの道を進む。
しかし、事実はこうだ。ほぼ10年間ずっとツアーを続けたメンバーたちは、1983年になる頃には燃え尽きていた。全員が休暇を必要としていたのだ。劇中ではメンバーがフレディに何年も口をきかなかった雰囲気を醸しているが、彼らは1983年の後期にはアルバム『ザ・ワークス/The Works』の制作を始めており、疎遠になったことは一度もなかった。


9a01ec0e3aa4cd4bdbb804313cc9bb9d
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29421/1/1/1
>>2以降に



2: アルテミス@ ★ 2018/11/16(金) 13:23:33.31 ID:CAP_USER9

7. ライヴ・エイドは再結成ではなかった

映画では、1985年にライヴ・エイド出演のオファーが来たとき、彼らは互いに口すらきかない仲になっていて、何年もライブを行っていない設定だ。1984年初頭に彼らがアルバム『ザ・ワークス』をリリースしたことにも、その後ワールド・ツアーを行ったことにも一切触れていない。
このツアーのツアーファイナルはライヴ・エイドの8週間前だった。そのため、ライヴ・エイドに出演したクイーンの演奏は非常にこなれたものだったが、映画では彼らが互いのペースを掴んで、再びまともな演奏をするために努力する姿を描いている。確かにこの方がドラマチックではあるが、事実とは異なる。

8. フレディはライヴ・エイド前に自身のHIV感染を知らなかった

劇中のライヴ・エイドに向けたリハーサル中、フレディはメンバーにHIV感染を告げる。だが、彼は病気を隠し通し、音楽へ全精力を傾けたいと言う。
事実は、フレディがHIV感染を知った時期はいまだにはっきりとしないが、1986年から1987年の間だろうというのが大方の見方だ。つまり、ライヴ・エイドのリハーサル中のフレディは病気のことなど全く知らなかったのである。

https://youtu.be/ktYlzVYQbwY



3: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:24:20.71 ID:4mvU8GOH0

なんだほとんど創作じゃん


130: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:19:57.23 ID:BEN1jmYA0

>>3
■ブライアン・メイ コメント
完成した映画を観て、ワクワクしている。
これは伝記映画ではなく、硬い岩から掘り出されたような、純粋なアートだ。
家族や人間関係、希望に夢、悲嘆や失望、そして最後には勝利と達成感が、
誰にでも共感できるような物語として描かれている。


139: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:39:18.98 ID:vE27YjO40

>>6. クイーンは一度も解散していない

???
あの映画見て解散したと思う人いないと思う
感想でも解散したと書いてる人全くみないけどどこからこれが出て来たの?


8: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:27:47.19 ID:syVpGZZH0

すげー観たかったけど、やめとくか
映画で覚えた知識を得意げに披露して恥かく未来が目に見えている

にしても下世話な記事書くよな


13: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:36:55.16 ID:wHV+FrGs0

>>8
普通に楽しめるから見たらいい
別に間違った知識でも、それを気にする人は、その知識がこの映画から来てることを容易に理解する


14: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:37:27.18 ID:ynbYVWkZ0

>>8
ニワカが得意気に間違った知識を語るのが目に浮かぶわ
ライヴエイドは病魔と闘いながらステージに立ったとかね


22: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:44:20.88 ID:7WKP7A9M0

>>8
単純に、映画として面白いから、
見ておいた方がいいよ。


39: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:03:00.13 ID:iCsZbRuE0

>>8
下世話どころか有意義な記事だわ
クイーン知らなければあれが本当だと思ってしまうかもしれないからな


87: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:33:14.55 ID:Uy3wbeHH0

>>8
もったいないぞ
数年後には伝記系映画の傑作という評価を得てることになると思う


164: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 16:06:56.66 ID:Thr9jRf10

>>8
事実と違うから見るなというアホとそれを真に受けてみるのをやめるアホ
おまえにとってもしかしたら人生を変える一本かもしれないし勿体ないよ


75: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:26:02.52 ID:7dNVDAUZ0

>>8
ブライアン・メイとロジャー・テイラーが
こうした方が映画的に面白いと脚本を変えていった
84年のツアーに関しては省略した方が
その後の展開は盛り上がるからね

事実と違う箇所もあると指摘されたけど
雑誌に書かれてる事は全部嘘で
間違ったエピソードが事実として載っていると怒っていたな

事実、劇中でもマスコミの事はボロクソに描いている


116: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:01:45.83 ID:vN8LQo2q0

>>75
んーでも実際のマスコミはもっと酷かった
ひどすぎて笑えるレベル


17: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:39:35.98 ID:QSa7aHSq0

フジテレビで放送されたLIVE AIDは
日本のテレビ放送史上 最低の衛星中継だったな
CMだらけで中継はぶつ切りしてライブもズタズタに切られ
QUEENのライブも途中でぶった切られて最悪の中継だったの覚えてる


68: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:21:20.08 ID:ynbYVWkZ0

>>17
当時の日本ではクイーンは人気低迷してたし仕方ない
当時人気あったデュランデュランとかマドンナとかデヴィッドボウイはフジテレビも推してたので扱いが全然違った
まだ録画したビデオ持ってるわ


137: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:33:32.73 ID:kYBwBwyW0

>>17
あれ悔しかったな。
ウィ・アー・ザ・チャンピオンズの直前でCMいれやがって。
ラジオでも放送してたから、すぐに、そっちに切り替えたわ。


148: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:48:51.20 ID:LA9F/lgM0

>>17
後年DVD買って嫌な記憶を浄化したわ
酷い中継だったもんな


20: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:41:46.30 ID:HWZ7+6Zz0

フォーシーズンズのジャージーボーイズも創作だらけだから映画はこんなもんだろ


24: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:45:51.77 ID:QjTfTNTE0

大河ドラマ見て歴史を語るようなもんや
映画だとアマデウスみたいなもんよ
創作だと思って楽しめば良い


44: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:04:37.16 ID:8EdxQT2N0

>>24
NHK大河ドラマもアマデウスも自伝じゃないじゃん
遥か昔の出来事だから当時の人間は誰も生きてないし

今回の映画はフレディこそ亡くなってるけど他のメンバーや関係者の多くは生きているし


47: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:05:35.42 ID:QjTfTNTE0

>>44
そのメンバーが監修してこうなったんやで


25: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:47:27.70 ID:ln2MKjTX0

5.ジムハットンと知り合ったのはライブエイド直前では無い 後、エイズ感染を知った後でもない←エイズ感染した後に付き合い始めたんならフレディは相当酷い人になってしまう
他の創作は別にいいが、この点だけは残念だ


27: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:47:50.33 ID:CmGMwiiW0

正直この映画は20分のライブエイド再現シーンがメインであり
それ以外はただの前振りに過ぎない


31: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:51:44.55 ID:QjTfTNTE0

>>27
原田知世版時をかける少女なんて
最後のクレジットのために残り全部があるんだぞ


32: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:55:04.20 ID:SAxx7EEK0

シンプルに面白かったから別になんでもいいよ

どうせイッテQ!だってやらせなんだから

多少のフィクションがあるほうが面白いよ
最後の21分は本当に良いしね


33: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:57:21.75 ID:4QkMrc8AO

玄人ファンとやらがドヤ顔
ニワカがしったか


これらがわくんだろうが
映画として出来がいいならそれでええやん


42: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:04:13.36 ID:1zLJymDi0

事実検証してなんだと言いたいんだろ?くだらん。
オープニングで嗚咽漏らしてエンディングで号泣した俺にはどうでもいい。


46: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:05:32.82 ID:iCsZbRuE0

>>42
ライブエイドを死にかけのフレディの最後の輝きみたいな描き方したのは本当に残念だったけどな
あれじゃエイズ知っててばらまくクソ野郎だし、


45: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:04:40.06 ID:9YCVV52n0

ええっ?映画館でみんな泣いてたのに・・・。


50: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:07:40.96 ID:+V6Tihi60

初期でオペラ座の1曲目のデスオントゥーレッグスの歌詞にある悪徳マネージャーに触れて欲しかったんだが無かったな
てっきり中盤で首になるマネが出てきた時そいつだと思って期待したんだが


54: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:10:28.15 ID:hoNZizXl0

イーストウッドが作ったジャージーボーイズ見ろや


62: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:16:40.44 ID:x/2+H5R+0

>>54
あれもこの映画と同じくらい時代考証とかは適当だけど楽しめたよ


58: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:13:57.21 ID:dx1FhaaO0

しょうもねえ記事書きやがって
見る気失せたわ


70: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:22:19.29 ID:9YCVV52n0

世間的にはこれが事実になってしまうんだろうね。これだけヒットしたら
専門誌とかが検証記事書いても太刀打ちできない。


71: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:22:41.28 ID:4uZxH4TB0

ドキュメンタリー映画では無いので全く問題ない、この映画の見どころは
厳格な父親を前にして自分は恥ずべき存在なのか、またマイノリティが受け入れられないと
いう時代的な背景からのフレディの心の葛藤と
クィーンのサクセスストーリーやメンバーとの絆が主題なのだから。
ファンでなくとも楽しめるよ、とにかく楽曲は素晴らしいから。


93: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:37:02.06 ID:naWvR9zC0

事実から比較すると、伝記映画の王道として綺麗にまとめてあるよ
前半は光で後半は影、で最後に救いがあるっていうスタンダード


97: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:38:06.62 ID:QJiTDkvr0

今日発売のフライデーによると
・武道館でのクイーンのライブシーンも撮影していた
・日本人の女性ファンたちに4人がキスされたり触られたりもみくちゃにされるシーンも撮影していた
・しかし全部カットされた


103: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:43:45.31 ID:BGtlyeVQ0

>>97
予告でそれらしいのあったのに本編出でこないからおかしいと思ってたけど全カットか


120: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:05:33.11 ID:7oSyqOHq0

クイーンの日本での人気に火がついたのは確か1976年頃だったな
キッスと人気を二分してて、女子はベイシティーローラーズに夢中になっていた
一方でピンクレディーなんかもデビュー、洋楽も邦楽も元気だった


127: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:16:41.05 ID:k7ZSPlYl0

>>120
1975 年の初来日の時にはすでに日本で人気だったんじゃない?
羽田空港に3000人のファンが集まったし


133: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:23:20.65 ID:7oSyqOHq0

クイーンが出てくる前の洋楽好きは
ビートルズ、ストーンズ以外では
ディープパープル、エアロスミス、レッドツェッペリンなどが代表だった


138: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:34:33.79 ID:j22Vsfdw0

フレディはガチホモだったと言われているけど

掘る方かそれとも掘られる方か
どちらだったんだろう?


142: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:41:46.49 ID:tZUO4U2/0

>>138
ジムハットンが「彼は進んで受け身にもなった」と記していたからどっちもじゃね


147: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:48:50.42 ID:9G+MlU020

映画まだ見てない人に助言しとく
この映画の脚本・ストーリーは全て、
最後の20分間、ライブエイドのステージを盛り上げる為のスパイス
その為だけに脚色も省略も歪曲すらもされてるから
そこんとこちゃんと理解しといてね

元々Queenが好きで色々知識持ってる人は、
映画は映画、って割り切って見ればOK
ファンなら純粋に楽しめると思う

Queenあんまし知らないって人は、
映画の筋書きを事実だなんて鵜呑みにしない事
「ソロ活動に失敗したフレディは頭を下げて復帰させてもらった」
なんて映画の中の作り話を周囲にひけらかしたりしない様にな


153: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:53:05.66 ID:WmJFs/vTO

オープニングのブライアン・メイ演奏バージョンの20世紀FOXファンファーレからニヤニヤできて楽しかったよこれ


155: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:55:38.13 ID:4NPsvr8J0

脚本やキャラクター造りは本人としては
「え?」って感じはありますが、監督さんや俳優の皆さん、
スタッフなど、現場は超優秀な人達ばかりです。
ボクやファンの皆さんは別次元の『新クイーン』
として鑑賞するのが正解かもしれません。
もしかしたら現場のパワーで大傑作になっているかもしれません。
おおいに期待しています!!

フレディ


162: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 16:05:03.97 ID:9nxetC3n0

映画のあれは事実だったの?と尋ねるニワカとそれに感じよく答えるファン
ニワカで「騙された!」って怒る人もさほどおらず、ファンは蓄えた知識を披露しニワカは黙って読む
なかなかの平和な関係の世界ができてるというのに

この記事は野暮すぎる。感情的すぎる


163: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 16:06:32.22 ID:0PWrpAO90

1975日本公演を覚えてるおっさんだが、普通に楽しめた。
映画なんて久しぶりだが、すごく音が良くなってるんだね。


186: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 16:34:34.90 ID:gKLiL7ny0

制作側はもっとフレディのドロドロした私生活(いわゆる同性愛系ふんだんに)メインで撮りたかったが
ブライアンとロジャーがクイーンの音楽活動中心で撮影してほしいというのが
対立してメンバー側が頑張った結果出来た作品がこれと聞いたが


197: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 16:46:22.34 ID:5TKWT0qL0

>>186
良いバランスだよね、これを20年前に作ったらもっとゲイの描写はぼやかされていただろうから
もやもやしたモノが残る結果、音楽映画としてもはじけきれなかったかもしれない

今の時代だからここまで描けたし、お爺ちゃんになったロックが何故あれほど若者を熱狂させたかという
今の時代の若者の素朴な疑問に対する答えにもなっている


191: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 16:39:09.58 ID:F9tILQVTO

フレディはジム・ハットンと一緒にお忍びで日本旅行もしてるんだよな
あれだけ観客を熱狂させるフレディがプライベートでは日本の焼き物の収集家だというのも感慨深い


196: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 16:45:33.52 ID:aNSzD9xq0

>>1
フレディの歌唱を見て聞いたロリーギャラガーが
「リトルリチャードみたいだ絶対にとれ」と
ブライアンに言ったというような逸話は嘘かいな。


引用先: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542342138/




Posted by kingcurtis 固定リンクComments(10)映画 | 音楽
Edit








コメント
>制作側はもっとフレディのドロドロした私生活(いわゆる同性愛系ふんだんに)
>メインで撮りたかったが ブライアンとロジャーがクイーンの音楽活動中心で撮影
>してほしいというのが 対立してメンバー側が頑張った結果出来た作品がこれと聞いたが

それで良かった。
ドロドロしたフレディの同性愛遍歴中心になったらファンはドン引きだよ。月並みなホモ映画に堕してしまう。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月16日 20:28
NHKFMのクイーン丸ごと一日特集は良かったですね。
まさかのBIG O!
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月16日 21:31
物語として良くなるように改変したのは理解できるし
それでいいと思うけど、フレディのソロの件がね

ロジャーとブライアンもソロやってた筈なのに
そこを無かった事にしてなんでフレディが
裏切ったって流れになってんの?と思った

Posted by at 2018年11月16日 22:47
アポロ13みたいなノリなんかな
Posted by 名無し at 2018年11月17日 08:34
マークイズももちがオープンしてからスクリーンXで観るかどうするか迷い中… 人が多いやろうし…
どう思います?
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月17日 11:06
そーそー、ライブエイド中継切れまくりだったなあ
勘違いして志穂美悦子に喧嘩売って半殺しに遭うだいぶ前の長渕が南こうせつとかとコメンテーターとして出てたのは覚えてるわ
え?フレディガチホモの話?
彼の最後の映像とされる動画で十分堪能して下さいw
ボーカリストとして優秀だから別にいいじゃん
Posted by 名も無き友愛伝道師 at 2018年11月17日 18:28
公開初日、続けて二回観ました。
続けて二回見たのはゴーストバスターズとブッシュマンだけです。
Posted by ターボ奪取 at 2018年11月17日 20:27
最初のマッドマックスは二回続けてみたな
Posted by bob at 2018年11月17日 22:09
配給会社が仕掛けすぎてて、ドン引きですわ。
Posted by んんー at 2018年11月20日 09:48
> スマイルの1970年に行ったギグをたまたま見たことになっている。

これは記者が誤認している。
フレディの台詞で「自分は以前からのスマイルのファンだ」と言っている。
劇中では描かれていないだけで、以前から何度も見ていたことを踏まえた台詞。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月26日 14:19
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。