2018年11月02日

【BBC】日本映画上位独占「史上最高の外国語映画100本」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 



こちらにも書きましたが、【映画評】七人の侍(デジタル・リマスター 4K版)
デジタルリマスター作品は映像がシャープであるのは当然として、セリフ(左卜全を除く)が明瞭に聞き取りやすいのが凄い。先月だっけ、小津作品のリマスター版がBSでバンバンオンエアされていたので片っ端から録画済ですが、七人の侍並にクリア音声なのかな?まだ観ていない。年末年始にゆっくり観る予定。

その「七人の侍」ですが、今風に喩えるなら「異世界転生」の全てが詰まっているRPGモノのテンプレみたいな作品なので、古典映画食わず嫌いの人もリマスター版を是非どうぞ。

BBC   Culture   Why is Seven Samurai so good

BBC   Culture   The 100 greatest foreign language films

【映画】英BBC「史上最高の外国語映画100本」、第1位は黒澤明の「七人の侍」第3位は「東京物語」第4位は「羅生門」

1: 豆次郎 ★ 2018/11/01(木) 16:15:52.71 ID:CAP_USER9

2018年10月30日、英BBCが「史上最高の外国語映画100本(The 100 Greatest Foreign-language Films)」を発表。中華圏から12作品が選ばれた。中央社が伝えた。

2015年に「史上最高のアメリカ映画100本」を発表している英BBCが30日、優れた非英語作品を選ぶ「史上最高の外国語映画100本」ランキングを発表した。これは世界43カ国・地域の映画評論家209人へのアンケートを実施し、その結果をまとめたもの。67人の映画監督が手掛けた、24カ国・地域からの19言語の作品が登場している。

1位に選ばれたのは日本映画で、黒澤明監督の「七人の侍」だった。日本映画はトップ10に3作品が登場し、同じ黒澤監督の「羅生門」が4位、小津安二郎監督の「東京物語」が3位となった。

中華圏からは、9位に登場したウォン・カーウァイ(王家衛)の「花様年華」が最高位につけた。ウォン監督作品は「恋する惑星」が56位、「ブエノスアイレス」が71位と計3作品が選ばれている。

中国からはチェン・カイコー(陳凱歌)監督の「さらば、わが愛/覇王別姫」が12位に登場。チャン・イーモウ(張芸謀)監督の「活きる」が41位、「紅夢」が93位に選ばれている。

このほか、台湾からホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督の「悲情城市」が18位、エドワード・ヤン(楊徳昌)監督の「ヤンヤン 夏の想い出」が25位、「クー嶺街少年殺人事件」38位に。アン・リー(李安)監督の「恋人たちの食卓」が54位、「グリーン・デスティニー」が78位に選ばれている。(翻訳・編集/Mathilda)

https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=657780&ph=0



3: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:17:46.43 ID:3FhYxJyG0

東京物語はマジで糞映画
若者が見ると脳死するような退屈な話の上に
主役の爺さんが真木よう子並みの棒読み大根の糞映画


112: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:48:19.53 ID:mUqE1nr10

>>3
真木よう子 とばっちりやんかw


205: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 17:02:38.17 ID:D4eysnYW0

>>3
大漁で良かったなw


111: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:48:09.75 ID:qjYiR64D0

>>3
自分的には「秋刀魚の味」のほうがいい作品だと思うんだけど、
小津といえばこれなんだよなぁ・・・・

黒澤作品も自分的には「蜘蛛の巣城」「羅生門」「乱」>>>「七人の侍」なんだけどなぁ


510: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 17:46:25.63 ID:THEhGR6P0

>>111
秋刀魚の味もいいけど、
秋日和の岡田茉莉子はサイコーだった


11: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:21:39.49 ID:3FhYxJyG0

羅生門も糞映画だったな
結局どの説が本当でも大差無いだろって話


12: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:21:53.67 ID:v/BWSyn+0

ウリの映画は何位ニカ?


29: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:26:55.22 ID:n/pjMHMk0

>>12 マジレスすると
29. Oldboy (Park Chan-wook, 2003)


20: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:23:45.49 ID:o33XLqpH0

1.七人の侍(黒澤明) 1954年
2.自転車泥棒(ヴィットリオ・デ・シーカ) 1948年
3.東京物語(小津安二郎) 1953年
4.羅生門(黒澤明) 1950年
5.ゲームの規則(ジャン・ルノワール) 1939年
6.仮面/ペルソナ(イングマール・ベルイマン) 1966年
7. 8 1/2(フェデリコ・フェリーニ) 1963年
8.大人は判ってくれない(フランソワ・トリュフォー) 1959年
9.花様年華(ウォン・カーウァイ) 2000年
10.甘い生活(フェデリコ・フェリーニ) 1960年


249: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 17:09:51.27 ID:rZnRjBbu0

>>20
自転車泥棒は泣ける
戦後イタリアの名作だわ


303: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 17:17:07.01 ID:PG3laz5c0

>>249
自転車泥棒はその昔テレビで淀川さんが「ハイみなさん、こんばんは、
今夜はヴィットリオ・デ・シーカ監督のあの名作をお送りしますよ」
みたいな感じで始まるほとんどネタばれの解説をしていた記憶が・・・(笑)


320: 浜村 淳 2018/11/01(木) 17:19:53.98 ID:fp1M4uK70

>>303
ほんと、あれはひどい映画解説でしたね、


24: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:24:40.50 ID:U69EoLV00

「東京物語」は日本国の結婚や家族のありかたに一石を投じた佳作ですね。
相方が戦争で亡くなって独り身ある紀子がもっともいきいきしているのが印象的です。
リューと言いましたか、あの父親役の俳優の棒読みセリフは聴き取りやすく、われわれには日本語の勉強の良い教材でもあります。
小津の映画に出て来るこの俳優で日本語を勉強している人もいますよ。


27: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:24:52.01 ID:aTXw3T2C0

これ見て黒澤明ってやっぱすごいんだなって思ったわ
字幕ボタンで字幕表示できる
Akira Kurosawa - Composing Movement
https://www.youtube.com/watch?v=doaQC-S8de8



30: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:26:57.61 ID:Nq/iYBPa0

東京物語は若い奴がみてもわからんよ
自分の親がいつ死んでもおかしくないような年にならないと


33: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:27:43.38 ID:rAXIC+UI0

黒澤映画で唯一残念なのが台詞が聞きとり辛いことかな
リマスターで大分マシになったらしいが


413: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 17:32:11.47 ID:jnI/kWmG0

>>33
BSで映像と音声を修復したデジタル完全版で流してるよ
そっち見れば


39: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:29:42.71 ID:clYdGVY40

クーリンチェ少年殺人事件がけっこう上の方に入ってて嬉しい


49: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:31:56.38 ID:Hf/hIAMK0

溝口健二の雨月物語や西鶴一代女は?


52: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:32:50.03 ID:fp1M4uK70

椿三十郎のおもしろさは外人にはわからんとです、(´;ω;`)


59: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:33:53.45 ID:c/9U3J/E0

花様年華見たけどつまらん
西洋人からすれば奥ゆかしく感じるんだろうが
日本人から見ればテレビドラマで散々擦られた題材
ペドロ・アルモドバルやラース・フォン・トリアーが居ない時点でクソなトップ10だな


63: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:35:09.07 ID:yn/7ASB30

昔は日本も映画大国だったんだよ
今やアニメだらけの幼稚な国になってしまったけど


65: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:35:28.58 ID:Bsbp66uW0

今の邦画の殆どはこの三作と角川映画の焼き直し


71: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:37:45.13 ID:Mlprk+og0

甘い生活や自転車泥棒を抑えての一位か・・・。 それも、10位以内に黒沢作品が2本も・・・。

いやあ〜、すげえもんだな・・・。  選ぶ人も、なかなかのセンス&見識やね・・・


89: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:42:41.21 ID:fp1M4uK70

>>71
だれもが納得する選択でおもろない。
俺なら、椿三十郎と隠し砦の三悪人、小津安なら、晩春だな、


72: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:37:46.13 ID:RgpG5oX60

フランスやロシアに凄そうな映画がありそうなものだがな
日本が1位とは凄い話


78: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:39:24.00 ID:AJpJ71vB0

七人の侍は上映時間の長さで敬遠してて、それでも何となく気が向いた時に借りて見てみたけど、見始めたら最後まで
長さを全く感じなかったな。古典だから見ておけとかじゃなくて、本当に面白かった


79: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:39:25.94 ID:sTzq0ALS0

1位 黒澤明 七人の侍
3位 小津安二郎 東京物語
4位 黒澤明 羅生門
37位 宮崎駿 千と千尋
53位 小津安二郎 晩春
61位 溝口健二 山椒大夫
68位 溝口健二 雨月物語
72位 黒澤明 生きる
79位 黒澤明 乱
88位 溝口健二 残菊物語
95位 成瀬巳喜男 浮雲


82: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:40:19.50 ID:NOK7wD7x0

東京物語ってみたことないけどスレ見る限り良さそうな映画だな(´・ω・`)


101: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:46:01.49 ID:fp1M4uK70

>>82
小津安入門したいなら、東京物語や晩春はやめとけ。
晩期三部作:「彼岸花、秋日和、秋刀魚の味」から見れ、
もしくは、浮草(59年作) 妖艶な京マチ子と可愛い若尾文子が最高によい。


92: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:43:17.23 ID:tCWCXMnP0

クーリンチェ少年殺人事件は4時間もあるくせに俺に2回も見させたすごい映画


102: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:46:05.96 ID:R10QYvoD0

中学生の俺でも
あの長丁場を面白く見れたから
七人の侍は偉い


104: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:46:37.02 ID:SfzqqNSG0

クーリンチェ少年殺人事件は20数年前に観たけど強烈な印象だったな。
あまり語られることはないけど大名作。


126: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:51:00.47 ID:E5JcmTwW0

BBC 史上最高の外国語映画100本
http://www.bbc.com/culture/story/20181029-the-100-greatest-foreign-language-films


49. Stalker (Andrei Tarkovsky, 1979)
48. Viridiana (Luis Bunuel, 1961)
47. 4 Months, 3 Weeks and 2 Days (Cristian Mungiu, 2007)
46. Children of Paradise (Marcel Carne, 1945)
45. L’Avventura (Michelangelo Antonioni, 1960)
44. Cleo from 5 to 7 (Agnes Varda, 1962)
43. Beau Travail (Claire Denis, 1999)
42. City of God (Fernando Meirelles, Katia Lund, 2002)
41. To Live (Zhang Yimou, 1994)
40. Andrei Rublev (Andrei Tarkovsky, 1966)
39. Close-Up (Abbas Kiarostami, 1990)
38. A Brighter Summer Day (Edward Yang, 1991)
37. Spirited Away (Hayao Miyazaki, 2001)
36. La Grande Illusion (Jean Renoir, 1937)
35. The Leopard (Luchino Visconti, 1963)
34. Wings of Desire (Wim Wenders, 1987)
33. Playtime (Jacques Tati, 1967)
32. All About My Mother (Pedro Almodovar, 1999)
31. The Lives of Others (Florian Henckel von Donnersmarck, 2006)
30. The Seventh Seal (Ingmar Bergman, 1957)
29. Oldboy (Park Chan-wook, 2003)
28. Fanny and Alexander (Ingmar Bergman, 1982)
27. The Spirit of the Beehive (Victor Erice, 1973)
26. Cinema Paradiso (Giuseppe Tornatore, 1988)
25. Yi Yi (Edward Yang, 2000)
24. Battleship Potemkin (Sergei M Eisenstein, 1925)
23. The Passion of Joan of Arc (Carl Theodor Dreyer, 1928)
22. Pan’s Labyrinth (Guillermo del Toro, 2006)
21. A Separation (Asghar Farhadi, 2011)
20. The Mirror (Andrei Tarkovsky, 1974)
19. The Battle of Algiers (Gillo Pontecorvo, 1966)
18. A City of Sadness (Hou Hsiao-hsien, 1989)
17. Aguirre, the Wrath of God (Werner Herzog, 1972)
16. Metropolis (Fritz Lang, 1927)
15. Pather Panchali (Satyajit Ray, 1955)
14. Jeanne Dielman, 23 Commerce Quay, 1080 Brussels (Chantal Akerman, 1975)
13. M (Fritz Lang, 1931)
12. Farewell My Concubine (Chen Kaige, 1993)
11. Breathless (Jean-Luc Godard, 1960)
10. La Dolce Vita (Federico Fellini, 1960)
9. In the Mood for Love (Wong Kar-wai, 2000)
8. The 400 Blows (Francois Truffaut, 1959)
7. 8 1/2 (Federico Fellini, 1963)
6. Persona (Ingmar Bergman, 1966)
5. The Rules of the Game (Jean Renoir, 1939)
4. Rashomon (Akira Kurosawa, 1950)
3. Tokyo Story (Yasujiro Ozu, 1953)
2. Bicycle Thieves (Vittorio de Sica, 1948)
1. Seven Samurai (Akira Kurosawa, 1954)


127: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:51:12.55 ID:E5JcmTwW0

100. Landscape in the Mist (Theo Angelopoulos, 1988)
99. Ashes and Diamonds (Andrzej Wajda, 1958)
98. In the Heat of the Sun (Jiang Wen, 1994)
97. Taste of Cherry (Abbas Kiarostami, 1997)
96. Shoah (Claude Lanzmann, 1985)
95. Floating Clouds (Mikio Naruse, 1955)
94. Where Is the Friend's Home? (Abbas Kiarostami, 1987)
93. Raise the Red Lantern (Zhang Yimou, 1991)
92. Scenes from a Marriage (Ingmar Bergman, 1973)
91. Rififi (Jules Dassin, 1955)
90. Hiroshima Mon Amour (Alain Resnais, 1959)
89. Wild Strawberries (Ingmar Bergman, 1957)
88. The Story of the Last Chrysanthemum (Kenji Mizoguchi, 1939)
87. The Nights of Cabiria (Federico Fellini, 1957)
86. La Jetee (Chris Marker, 1962)
85. Umberto D (Vittorio de Sica, 1952)
84. The Discreet Charm of the Bourgeoisie (Luis Bunuel, 1972)
83. La Strada (Federico Fellini, 1954)
82. Amelie (Jean-Pierre Jeunet, 2001)
81. Celine and Julie go Boating (Jacques Rivette, 1974)
80. The Young and the Damned (Luis Bunuel, 1950)
79. Ran (Akira Kurosawa, 1985)
78. Crouching Tiger, Hidden Dragon (Ang Lee, 2000)
77. The Conformist (Bernardo Bertolucci, 1970)
76. Y Tu Mama Tambien (Alfonso Cuaron, 2001)
75. Belle de Jour (Luis Bunuel, 1967)
74. Pierrot Le Fou (Jean-Luc Godard, 1965)
73. Man with a Movie Camera (Dziga Vertov, 1929)
72. Ikiru (Akira Kurosawa, 1952)
71. Happy Together (Wong Kar-wai, 1997)
70. L’Eclisse (Michelangelo Antonioni, 1962)
69. Amour (Michael Haneke, 2012)
68. Ugetsu (Kenji Mizoguchi, 1953)
67. The Exterminating Angel (Luis Bunuel, 1962)
66. Ali: Fear Eats the Soul (Rainer Werner Fassbinder, 1973)
65. Ordet (Carl Theodor Dreyer, 1955)
64. Three Colours: Blue (Krzysztof Kie?lowski, 1993)
63. Spring in a Small Town (Fei Mu, 1948)
62. Touki Bouki (Djibril Diop Mambety, 1973)
61. Sansho the Bailiff (Kenji Mizoguchi, 1954)
60. Contempt (Jean-Luc Godard, 1963)
59. Come and See (Elem Klimov, 1985)
58. The Earrings of Madame de… (Max Ophuls, 1953)
57. Solaris (Andrei Tarkovsky, 1972)
56. Chungking Express (Wong Kar-wai, 1994)
55. Jules and Jim (Francois Truffaut, 1962)
54. Eat Drink Man Woman (Ang Lee, 1994)
53. Late Spring (Yasujiro Ozu, 1949)
52. Au Hasard Balthazar (Robert Bresson, 1966)
51. The Umbrellas of Cherbourg (Jacques Demy, 1964)
50. L’Atalante (Jean Vigo, 1934)


128: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:51:17.46 ID:5j29dkJI0

用心棒ってなんで評価が低いの?


145: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:53:01.73 ID:eIAYompZ0

>>128
プロットがまんまダシール・ハメットの「赤い収穫(or血の収穫)」だからかな


133: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:51:43.44 ID:ZKT+SNQ+0

七人の侍って3時間半もあるんだろ
昔の古臭い映画を3時間半視聴なんてとても耐えられない


192: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 17:00:39.97 ID:zF7jCB/40

>>133
そういうお客様気分で難くせ付ける気持ちで観るといいよ
嫌味じゃ無くて、本当に
相手は一枚上手だという事にすぐ気が付く


136: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 16:52:09.02 ID:RICUH1OLO

七人の侍見たら弟子のスピルバーグルーカスが雑魚に見えるわな
コッポラのゴッドファーザーだけ黒澤の粋に達してる


218: 名無しさん@恐縮です 2018/11/01(木) 17:05:15.76 ID:qjYiR64D0

>>136
ポランスキーのマクベスも蜘蛛の巣城超えてると思うが


引用先: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541056552/





Posted by kingcurtis 固定リンクComments(10)映画 
Edit








コメント

七人の侍、

途中休憩があるんだよな。

長いから、おしっこタイム。

それと、観ている者の

集中し過ぎの息抜きの時間。。。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月02日 11:36
>小津安入門したいなら、東京物語や晩春はやめとけ。
>晩期三部作:「彼岸花、秋日和、秋刀魚の味」から見れ、
>もしくは、浮草(59年作) 妖艶な京マチ子と可愛い若尾文子が最高によい。

いいですねえ
これに「お早よう」を加えたい
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月02日 12:49
選考した209人の映画評論家の中には日本の批評家も6人含まれてたらしいんだが、誰も黒澤作品は選ばなかったらしい。どういうこと?w

Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月02日 20:28
>192
上手いこと言うなあw
Posted by 名も無き友愛伝道師 at 2018年11月02日 22:16
黒澤の「どん底」は評価低いんだな。大島渚の「太陽の墓場」も良いのになぁ、大島作品がランキングに入りもしない。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月03日 09:43
マクベスなら、ポランスキーよりオーソン・ウェルズだな。
蜘蛛の巣城は、ラストから言ってもマクベスとは別物で、原案マクベスといったところ。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月03日 16:14
自分の小津ベストは、「浮草」。
「浮草物語」と見比べるのが楽しい。
特に、三井弘次が両作品に別役で出てるのが面白いよ。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月03日 16:19
> 七人の侍、
途中休憩があるんだよな。

 ハリウッド映画は、時代考証っていう「しばり」があるから、当時の服装だとか、文化的背景で「嘘はつかない」けれど、日本映画の場合は、そのタブーが無いから、全てファンタジーに出来る・・・あの当時、農民は有事には動員されるから「戦えない農民なんか居ない」て嘘がある。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月04日 08:49
興味をそそられて観ましたが三船敏郎演じるキャラが破天荒すぎるのと野武士の行動がアホすぎてモヤモヤした印象しか残らんかった。色々凄いらしいけどリアルタイム世代とか映画玄人でない現代の一般人にはあまりひびかないような気がしますた。
Posted by 七人の侍 at 2018年11月06日 10:20
>選考した209人の映画評論家の中には日本の批評家・・・
ニポンでは、「知性とはニポン蔑視」の事。


小津は「嵐の中の風見鶏(だったっけ)」を見てほしい。小津の印象変わるから。

「七人の侍」は必見。頭下げます。見てください。(上記の感想者、本当に見たの?三船なんてキャラの一人。ただの脇役。)
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年11月09日 06:22
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。