2018年09月26日

【映画評】きみの鳥はうたえる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

【初回生産限定版】佐藤泰志 函館三部作 Blu-ray BOX
【初回生産限定版】佐藤泰志 函館三部作 Blu-ray BOX

佐藤泰志原作モノとしては二年前の「【映画評】オーバー・フェンス」に続く作品に位置付けられますが、当然牽連性はなし。

映画『きみの鳥はうたえる』オフィシャルサイト

イントロダクション
函館郊外の書店で働く「僕」と⼀緒に暮らす失業中の静雄。「僕」と同じ書店で働く佐知子が加わり、3人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう。だが微妙なバランスのなかで成り立つ彼らの幸福な日々は、いつも終わりの予感と共にあった。『海炭市叙景』(2010)、『そこのみにて光輝く』(2014)、『オーバー・フェンス』(2016)に続く、佐藤泰志の小説の映画化4 作目。監督を務めたのは、『Playback』(2012)、『THE COCKPIT』(2015)など意欲的な作品を制作してきた新鋭・三宅唱。原作の骨格はそのままに、舞台を東京から函館へ移し、現代の物語として大胆に翻案した。語り手である「僕」を演じるのは、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(2018)の柄本佑。友人・静雄役は、若手随⼀の実力派俳優、『空海−KU-KAI−美しき王妃の謎』(2018)の染谷将太。『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(2017)で数多くの賞を獲得した石橋静河が、ふたりの男たちの間を行き来する佐知子役を透明感あふれる演技で魅せる。3人が過ごす何気ない日常を、かけがえのないきらめきと共に描いた本作。期待の若手俳優たちの瑞々しい演技は、見たことのない輝きで私たちを驚かせる。函館の街の匂い、夏の光をそのままに映し出し、若手実力派俳優と新鋭監督がつくりだした、今を生きる私たちのための青春映画。

ストーリー
函館郊外の書店で働く「僕」(柄本佑)は、失業中の静雄(染谷将太)と小さなアパートで共同生活を送っていた。ある日、「僕」は同じ書店で働く佐知子(石橋静河)とふとしたきっかけで関係をもつ。彼女は店長の島田(萩原聖人)とも抜き差しならない関係にあるようだが、その日から、毎晩のようにアパートへ遊びに来るようになる。こうして、「僕」、佐知子、静雄の気ままな生活が始まった。夏の間、3 人は、毎晩のように酒を飲み、クラブへ出かけ、ビリヤードをする。佐知子と恋人同士のようにふるまいながら、お互いを束縛せず、静雄とふたりで出かけることを勧める「僕」。
そんなひと夏が終わろうとしている頃、みんなでキャンプに行くことを提案する静雄。しかし「僕」は、その誘いを断り、キャンプには静雄と佐知子のふたりで行くことになる。次第に気持ちが近づく静雄と佐知子。函館でじっと暑さに耐える「僕」。3 人の幸福な日々も終わりの気配を見せていた……。

コメント
三宅唱監督にこの映画の話をいただいたのが2015年の11月。撮影をしたのが2017年の6月。出来上がったのが今年の2月です。本当に出来上がるのかな、と思うくらいの時間をかけて出来上がりました。「キミトリ」の「僕」という役が決まってから監督と過ごした濃密な時間が映っています……。やーしかし公開するのは本当に嬉しいことですが、僕の中の「僕」が終わってしまうようで少し寂しくもありますな。よろしくお願いします。
柄本佑

自分の大好きな作品が公開されることになり、本当に嬉しく思います。函館での撮影はとても濃厚で、贅沢な時間でした。三宅監督が大きな器になり、その中で自由に泳がせてもらったような感覚です。柄本さんと染谷さんが“僕”と“静雄”として強く存在されていたお陰で私は佐知子としてそこに生きる事が出来ました。登場人物が皆、函館の柔らかい光の中で輝いています。ぜひ劇場でご覧ください。
石橋静河

今でもあの函館のニオイを思い出します。潮と夕日が混じったようなニオイと、酒のニオイと、朝方のニオイ。静雄が嗅いだであろうニオイを嗅ぎながら毎日現場に通っていました。三宅さんが作る現場は台本の空気そのものでした、佑さんと石橋さんとプラプラしながら、酒を交わし、カメラが回っていました。僕と佐知子と静雄が、日々の時間を忘れるような時間が流れたり、ヒリヒリとした時間が流れたり、何かから逃れようとする時間が流れたり、我々が肌で感じた心地の良いある種のエモい青春を、三宅監督は1番いい形で映画にして閉じ込めてくれました。皆様本当にスクリーンで味わって欲しいです。日々に一息つくつもりで、ヒヤヒヤして帰って欲しいです。よろしくお願いいたします。
染谷将太

佐藤泰志が小説で描いた「生の輝き」を映画で表現しようというのがこの映画の挑戦でした。
素晴らしい環境を用意してくださった函館の皆さん、心から尊敬する役者・スタッフらとともに、いま振り返ると自分がちょっと恥ずかしくなってしまうくらい、とにかく無我夢中でつくることができました。
映画館の暗闇で、美しい夏の光や音を感じながら、この映画のなかで生きるかれらとともに、かけがえのない時間を過ごしてほしいと思っています。そして、誰かにとって、この映画がまるで親しい友人のような存在になることができればと願っています。
三宅唱




久し振りに柄本佑の演技観ましたが、かなり芸風が変わったんだね。奥さんの影響?
石橋静河は最高密度、シナロケ以来ですが、演技は悪くないのに相変わらず印象が薄いんだよねぇ。なんでだろう?
三宅唱監督作品は初めて鑑賞しましたが、これも石橋静河さん同様、手癖みたいなのがよく分かりません。短い函館の夏感はよく感じ取れました。とりあえず名刺代わりの作品みたいな感じ?ザラザラしている感じは嫌いじゃないので、次もいい脚本と巡り会えたらいいですね。個人的には「そこのみにて光輝く」を映画館で鑑賞して以降観ていないので、久し振りに撮り溜めしているWOWOW録画でも観てみようかなと。比較するのはゲスながら、呉美保は頭一つ抜けているね。

満足度(5点満点)
☆☆☆

海炭市叙景 Blu-ray (通常版)海炭市叙景 Blu-ray (通常版)

ブロードウェイ 2011-11-02
売り上げランキング : 113794

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
そこのみにて光輝く 豪華版Blu-rayそこのみにて光輝く 豪華版Blu-ray

TCエンタテインメント 2014-11-14
売り上げランキング : 36866

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
オーバー・フェンス 豪華版 [Blu-ray]オーバー・フェンス 豪華版 [Blu-ray]

TCエンタテインメント 2017-03-10
売り上げランキング : 53350

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(2)映画 
Edit








コメント
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だのような青春群像劇ですか?
Posted by worldwalker's weblog(・∀・)! at 2018年09月26日 12:06
その通りです
Posted by bob at 2018年09月26日 13:13
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。