2018年09月04日

【映画評】寝ても覚めても

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

寝ても覚めても: 増補新版 (河出文庫)
寝ても覚めても: 増補新版 (河出文庫)

良くも悪くも「万引き家族」一色だったカンヌで埋もれた感を否めぬ本作でして、引っ張りに引っ張ってようやく9月上映と相成りました。期待値を上げて臨んだ結果は下記の通り。

Home   映画『寝ても覚めても』公式サイト

イントロダクション
同じ顔をした二人の男と、一人の女・・・。人は人の何に惹かれるのか? 心をかき乱し、恋愛観を揺さぶる「大人の恋愛映画」の傑作が誕生!
東京。サラリーマンの亮平は、会社にコーヒーを届けに来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながらも惹かれていく朝子。ふたりは仲を深めていくが、朝子には亮平に告げられない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。

同じ顔をした二人の男と、その間で揺れ動く女の8年間を丁寧に、そしてスリリングに描く本作は問いかける。人はなぜ人を愛するのか?その人の何に惹かれ、なぜその人でなくてはならないのかー?傷つけ、傷つきながらも、誰かを愛さずにはいられない。まっすぐな想いが引き起こす衝撃の展開に、観る者は共感、時に反感さえ覚えるだろう。心をかき乱され、恋愛観を揺さぶられる、ただならぬ「大人の恋愛映画」の傑作が誕生した。

主演:東出昌大×監督:濱口竜介×原作:柴崎友香×音楽:tofubeats
世界が感嘆!新しい才能によって生み出された「日本映画の新しい波!」
突如姿を消し、朝子が心のどこかで思い続ける運命の人・麦を、掴みどころのない不思議な佇まいで具現化し、一途に朝子を想う・亮平を、やさしさと包容力で体現したのは東出昌大。初の一人二役で新境地を見せた本作は、東出の新たな「代表作」になるだろう。麦と亮平の間で揺れ動くヒロイン朝子には、”新星”唐田えりか。本作が本格演技デビューの唐田は、スクリーンの中で朝子と共に成長し、その瑞々しさで観客を魅了する。瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子の豪華キャストが脇を固め、物語に深みを与えているのも見逃せない。

監督は、前作『ハッピーアワー』(15)でロカルノ、ナントをはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞しその名を世界に轟かせた気鋭・濱口竜介。芥川賞作家・柴崎友香による原作「寝ても覚めても」に惚れ込み、その映画化で満を持して商業映画デビューを果たす。また、日本のエレクトロミュージックを若くして牽引するtofubeatsが映画音楽に初挑戦。物語の情感に寄り添う劇伴、本作のために書き下ろした主題歌「River」が、切なくも爽やかな余韻を残す。新しい才能が集結し生まれた本作は、カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出され、「日本映画の新しい波!」と海外メディアが絶賛した。

ストーリー
東京。
丸子亮平は勤務先の会議室へコーヒーを届けに来た泉谷朝子と出会う。ぎこちない態度をとる朝子に惹かれていく亮平。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながら朝子も惹かれていく。しかし、朝子には亮平に告げられない秘密があった。亮平は、2年前に朝子が大阪に住んでいた時、運命的な恋に落ちた恋人・鳥居麦に顔がそっくりだったのだ――。

5年後。
亮平と朝子は共に暮らし、亮平の会社の同僚・串橋や、朝子とルームシェアをしていたマヤと時々食事を4人で摂るなど、平穏だけど満たされた日々を過ごしていた。ある日、亮平と朝子は出掛けた先で大阪時代の朝子の友人・春代と出会う。7年ぶりの再会。2年前に別れも告げずに麦の行方が分からなくなって以来、大阪で親しかった春代も、麦の遠縁だった岡崎とも疎遠になっていた。その麦が、現在はモデルとなって注目されていることを朝子は知る。亮平との穏やかな生活を過ごしていた朝子に、麦の行方を知ることは小さなショックを与えた。

一緒にいるといつも不安で、でも好きにならずにいられなかった麦との時間。
ささやかだけれど、いつも温かく包み、安心を与えてくれる亮平との時間。
朝子の中で気持ちの整理はついていたはずだった……。




脇役の山下リオはあまちゃん以来の印象。痩せて美人さんになりましたね。「はねバド」実写化企画があればぜひ主役で。狂っている感じが活かせそう。

偶然なのか繋がりがあるのか、マニアックなキャスティングは「恋のツキ」パラレルワールド。テーマ自体はなかなかのヒューマンドラマなんでしょうけど、東出昌大の一人二役がなんちゃって世にも奇妙な物語というか、シリアスさを欠いている感じ。有り体に言うとギャグ。例えば瀬戸康史と千葉雄大とか、竹野内豊と大谷亮平とか、安藤サクラと江口のりことかそういう攻め方もあったのでは?百歩譲って東出昌大と福士蒼汰とか、東出昌大と鈴木亮平とかさ。上でも書いたけどキャスティングが絶賛オンエア中の「恋のツキ」と丸かぶりな上、展開もダダ被りと申し上げても遜色なくなんか色々座り心地が悪い感じでした。

とはいえ女を寝取られて発狂する東出昌大は面白かった。
(だからこそ彼が麦役演じたら興醒めするんだって)
あとエンドロールで気付いたけど仲本工事は全然分かりませんでした。

満足度(5点満点)
☆☆

寝ても覚めても: 増補新版 (河出文庫)寝ても覚めても: 増補新版 (河出文庫)
柴崎友香

河出書房新社 2018-06-05
売り上げランキング : 1966

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(4)映画 
Edit








コメント

この寝取る、ちゃう寝とる奴、

ちょー鮮明な天恵耳でんなー。

なんで、害人ばっか使うの?

Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年09月04日 11:57
>韓国でも人気のカンヌ女優・唐田えりか
>韓国での活動の際はそのBHエンターテインメントに所属して活動

笛木優子みたいなもんか
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年09月04日 13:04
あらすじだけ読んでも一人二役にする必然性が全然感じられないんだけど、
ストーリー展開の中でなにか重要な意味を持つのかな?

雰囲気似てるってだけで十分なのでは?
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年09月04日 18:14
原作は「普通の人から見たら似ても似つかない」そうです
Posted by bob at 2018年09月04日 19:31
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。