2018年08月21日

【熟女vs少年】「#metoo 運動」中心人物であられるアーシア・アルジェント 未成年男子への強制フェラ及び騎乗位罪で和解金4000万円を支払う

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

サラ、いつわりの祈り [レンタル落ち] [DVD]

しかもお相手はアーシアが主演兼監督作品(後に映画界の朝日新聞問題と化した例のJ.T.リロイ)共演者且つ、虐待される息子さん役。性欲はmetooよりも強い。もはや#youtoo

サラ、いつわりの祈り | 映画-Movie Walker

里親のもとで暮らしていた7歳の少年ジェレマイア(ジミー・ベネット)は、ある日突然、実母サラ(アーシア・アルジェント)のもとへと連れ戻される。サラはドラッグ中毒で、トラックの運転手相手の娼婦として働き、恋人も住む場所も次々と変わった。ジェレマイアは大抵、彼女の弟か妹のふりをさせられ、ある時、サラの恋人であるエマーソン(ジェレミー・レナー)にレイプされてしまう。施設に入れられたジェレマイアは、迎えにきた祖母(オルネラ・ムーティ)に連れられ、厳しい祖父(ピーター・フォンダ)の家で暮らすことになった。3年後。11歳になったジェレマイア(ディラン&コール・スプラウス)の前に、再びサラが現われる。また2人の日々が始まるが、ある時、女装したジェレマイアが、サラの新しい恋人ジャクソン(マリリン・マンソン)を誘惑して寝取ってしまい、それを知ったサラは怒り狂う。やがてサラは徐々に精神を狂わせていき、ついには全裸で町を駆け回っていたところを逮捕され、ドラッグのせいで入院していたジェレマイアと同じ病院に入れられた。そして深夜、サラはそっとジェレマイアの病室にやってきて、点滴のチューブを外し、2人で病院を抜け出すのだった。




#MeTooのリーダー アーシア・アルジェントは彼女自身による性的虐待告発者と取引- ニューヨークタイムズ ※機械訳

イタリアの女優、アーシア・アルジェント監督は映画制作会社の最初の女性で、プロデューサーのハービー・ワインシュタインに性的暴力を公然と非難した。彼女は#MeTooムーブメントのリーダーとなりました。彼女のボーイフレンド、料理のテレビスターのアンソニー・ブルダンは熱烈に戦いに加わった。

しかし、昨年10月のワインシュタインについての彼女の暴露に続く数ヶ月間、アルジェント氏は静かに彼女の告発者に38万ドルを支払うよう配慮した。ジミー・ベネットは若い俳優でロックミュージシャンでカリフォルニアのホテルの部屋で性的暴行を経験した彼が17歳の誕生日を過ぎてわずか2ヶ月だったときに、早く、彼女は37歳でした。カリフォルニアの同意年齢は18歳です。

その申し立てとそれに続く支払いの手配は、アルジェントさんと映画の中で息子を演じた元俳優のベネットさんの弁護士の間の書類に記載されています。

身元不明の当事者によって暗号化された電子メールでニューヨークタイムズに送られた文書には、ベッドに横たわっている2人のうち、2013年5月9日付けのセルフメンバーが含まれています。今回の合意の一環として、現在22歳のベネット氏は、アーシア・アルジェントに写真と著作権を与えました。現在42名です。

タイムズ紙は木曜日以来、アルジェント氏とその代理人からこの問題への対応を繰り返してきた。彼女は彼女の電話に残っているメッセージには返信せず、メールで送信し、彼女に転送することに同意した2人のエージェントに送った。この事件に慣れた彼女の弁護士であるキャリー・ゴールドバーグは、この事件に詳しい2人の話によると、ザ・タイムズ紙からの電子メールを読んだが、彼女は答えなかった。ゴールドバーグさんの事務所で電話に答えた女性は、この記事を議論することができないと述べた。

ロサンゼルスに住むベネット氏は、インタビューを受けることに同意しない、と彼の弁護士、ゴードン・K・サットロは述べた。Sattro氏は電子メールに次のように書いています。「ジミーは過去数カ月間、彼の音楽に焦点を当て、何度もやってきたことを続けます。

アルゲノ氏は、4月の手紙で、取引の最終的な詳細を確認し、支払スケジュールを設定すると、その金を「ベネット氏の手助け」と特徴付けました。

ゴールドバーグさんは、「このようなことはあなたにもう一度起こらないことを願っています。"あなたは強力でインスパイアなクリエイターであり、あなたの強みと弱点の両方を犠牲にした、恥じらい個人の中に住むことは、人生の悲惨な条件です。"

しかし、子供の俳優のハリソン・フォードとブルース・ウィリスを魅了し、ジミー・トゥ・テイクスという名前の俳優を務めたベネット氏にとって、2013年のホテルルームの出会いは、感情的な問題のスパイラルを引き起こした裏切りだった文書に。

(中略)ベネット氏の意向通知は、感情的苦痛、賃金の喪失、暴行、およびバッテリーの意図的な犠牲に対する350万ドルの損害賠償を求めた。ベネット氏は、アーシア・アルジェントとの2013年会合の5年前に270万ドル以上を手にしましたが、彼の所得はその後平均して60,000ドルに低下しました。彼はアーシア・アルジェントとの性的遭遇後のトラウマ彼の弁護士は書きました。

(中略)ベネット氏にとって、アルジェント氏が性的暴行の被害者であることを知ることは、あまりにも耐え難いものだったと弁護士は書いて、ホテルの同窓会の思い出を呼んだ。「アルジェント氏がハーベイ・ワインスタインの多くの犠牲者の一人として注目を集めたとき、その日の彼の気持ちは最近最前線に浮かんだ」とサットロ氏は告訴意思通知書に記している。

00argento-1-jumbo
2004年の映画「サラ、いつわりの祈り」からのこのイメージで、ジミー・ベネットは、アーシア・アルジェントの息子を演じている。ベネット氏は、彼が17歳の2013年に彼を暴行したと主張している。

離婚して2人の子供がいたアルジェントさんは、ベネット氏の指導者と母親の両方だったと、書類によると、彼は育ちながら断続的に接触していたという。「ジミー氏のこのような状況の印象は、母と息子の関係が彼らの経験から集まったことだった」とサットロ氏は書いている。

ベネット氏はドッジ・キャラバンのコマーシャルでキャストされた6歳で演技を始めました。彼は数十の他のコマーシャルに出演し、いくつかのテレビ番組で担保を確保しました。彼の多彩な映画のキャリアは、2003年にエディーマーフィーに出演した「Daddy Day Care」から始まりました。

ベネット氏は7歳の時、2004年の映画「アルジェント」監督の「サラ、いつわりの祈り」に出演した。

偽名の作家JT LeRoyの本をもとにしたこのスクリプトは、ベネット氏と他の2人の若い俳優たちが演じるアルゼンソとその息子が演じる薬物中毒の売春婦との悲惨な関係を描いている。アルジェントのキャラクターは、息子を男の子を誘惑する女の子として服用し、その男の子は最終的にレイプされます。

2年間のインタビューやその後のソーシャルメディアの記事では、お互いを母親と息子と呼んでいました。

彼の運転を妨げる目の状態になっているベネット氏は、同日午前、同氏の意向表明に基づいて、家族のメンバーと一緒にアルジェント氏のホテルの部屋に到着した。

ベネット氏の説明を書いた文書:アーシア・アルジェントは、家族を去らせて俳優と一人でいられるように頼んだ。彼女は飲酒にアルコールを与え、ホテルの文房具に書いた一連のメモを彼に示した。彼女は彼にキスをし、彼をベッドの上に押し戻し、ズボンをはずし、オーラルセックスを行った。彼女は彼の上に登り、両者は性交を持っていた、と書類には述べている。彼女はその後、彼に多くの写真を撮るように頼んだ。

その日の後、彼女はInstagramに「@jimmymbennett xoxとの私の人生の再会の幸せな日」という表情のクローズアップを掲載し、「ジミーは私の次の映画に登場するだろう、そのポストと他の人たちは、Bennett氏が描いた3枚の写真と、彼が描いた3枚の写真と、アルジェント氏をベッドで寝そべって、裸のトーソースを露出させて、意図の通知に含めた。(ベッドで撮られた写真のうち1枚だけが両方の顔を示しています)

My son my love until I will live @jimmymbennett marina del rey 05.2013

asiaargentoさん(@asiaargento)がシェアした投稿 -


2人は昼食をとり、ベネット氏はオレンジ郡に帰り、両親と一緒に住んでいた。彼の主張によれば、彼は家に追いやられたので、「非常に混乱し、気分が悪く、嫌になる」と感じ始めた。

しかし、6月8日、彼は6月8日、映画を記念して彫刻された刻まれたブレスレットの写真を含むTwitterメッセージ「Miss you momma !!!!」を6月8日に送りました。(彼のTwitterアカウントは最近シャットダウンされています。)

同月、彼は母と義父が2014年10月にオレンジ郡上級裁判所に提出した訴訟で、俳優としての収入の一部が入金されたという信頼の状態に立ち向かった。

ベネット氏は、両親が彼を家族の家から引き離し、所有していると主張し、何百年もの間、少なくとも150万ドルの収入から彼を欺いていたと主張した。彼は彼が壊れていて、彼の家賃で2ヶ月遅れていると言いました。この判決は2014年12月に解決されたが、その内容は明らかにされていない。

アルジェント氏とベネット氏の間の合意で、彼女は4月に行われた200,000ドルの初回支払いから、1年半かけて38万ドルを支払うことに同意したと、彼女の弁護士、ゴールドバーグ氏は契約の条件について説明しました。

この協定は、いずれの当事者もそれを議論することを妨げるものではない。ゴールドバーグ氏は、手紙の中で、ベネット氏の主張に関連した民事契約における非公開契約は、カリフォルニア州法で許可されていないと説明しています。(以下略)

サラ、いつわりの祈り [DVD]サラ、いつわりの祈り [DVD]

ジェネオン エンタテインメント 2006-01-27
売り上げランキング : 127365

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(9)セクシャル 
Edit








コメント
未成年との契約は無効だからな。合意(セロクス)があってもアウト
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年08月21日 11:44
日本のアニメを児ポと叩いてた国連のやつも管理幼女売春してたし、声高に誰かを糾弾し始めるやつは大概は自分が同じことやってるからなんやろね
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年08月21日 11:51
レイシズム反対と言いながら同人種への差別はOKってやつみたいなもんか
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年08月21日 19:46
 >7歳の少年ジェレマイア

 「全力で」運命に抗う少年なのか。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年08月21日 22:38
完全に年齢の問題だけ。
女が男を強姦するのは不可能だからな。
やってしまえるという事は立ってしまってるからな。
Posted by aikobros at 2018年08月22日 00:09
女性の権利を謳う、社会党、共産党こそ、超強権男尊女卑、男ヒエラルヒーシステムの雄。で、年中「レイプされた」と「話を聞いて欲しい」てネジの緩い女が来る。大体ほとんどが、欲求不満なだけのキチガイ女だから、話を聞いてやってホテルでセックスしてやると大抵解決する・・・てのはマニュアル化されていたと思う。たまにこの関係で、みずぽとか土井たか子の秘書が「レイプで訴えられる」て事件もいくつかあったはず
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年08月22日 07:25
>女が男を強姦するのは不可能だからな。

ペニバンでは…?
こいつ、頭おかしいなw
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年08月22日 09:58
> 女が男を強姦するのは不可能だからな。

 「嫌だ、嫌だと言いながら、濡れているだろ」て、おやじみたいな発言だな
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年08月24日 03:50
ほほー、アルジェントってもしかして、と思ったら、
やっぱりサスペリアの監督の娘なんだね。
洋の東西を問わず、芸能界は七光満開だな。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年08月26日 01:14
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。