2018年05月21日

【映画評】孤狼の血

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

孤狼の血 (角川文庫)
孤狼の血 (角川文庫)

呉市を舞台としたポスト仁義なき戦い&広島県警版日本で一番悪い奴ら作品。

映画『孤狼の血』公式サイト

イントロダクション

“血湧き肉躍る、男たち渇望の映画“が誕生した。
 昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事、やくざ、そして女が、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う生き様を描いた映画『孤狼の血』。決して地上波では許されない暴力描写とエロス、耳にこびりつく怒号と銃声。観る者は生々しいまでの欲望にあぶられ、心は必ず火傷する。『警察小説×仁義なき戦い』と評される同名原作を映画化した本作は、昨今コンプライアンスを過度に重視する日本の映像業界と現代社会に対する新たなる挑戦であり、数々の【衝撃作】を世に送り出してきた東映が放つ【超衝撃作】である。

 規格外の作品へのチャレンジ精神に豪華キャストが賛同し、集結した。『警察じゃけ、何をしてもええんじゃ』。手段を選ばない捜査方法から、やくざとの癒着など黒い噂が絶えない刑事・大上章吾役を演じるのは、日本映画界を代表するスターであり且つ名優の役所広司。荒々しく強烈な存在感で、観る者を強く惹きつける。大上のやり方に疑問を持ちながらも徐々に影響を受けていくエリート新人刑事・日岡秀一には松坂桃李。もがき、葛藤しながら成長していく姿を情熱的に演じ切り、俳優としての新たな境地を見せている。五十子会、加古村組から抗争を仕掛けられる老舗・尾谷組の若頭・一之瀬守孝役には江口洋介。極道に生きる昔気質の男を演じ、他を寄せ付けない鋭さで極限の世界へと観客を誘う。そして、大上とは旧知の仲で、捜査に協力するクラブ「梨子」のママ・高木里佳子には真木よう子。裏社会に関わる強い女性を妖艶に演じ魅せている。大上の過去を探る新聞記者役には中村獅童。時に大上へ情報を提供する全日本祖国救済同盟代表・瀧井銀次にはピエール瀧。強い凶暴性を帯びる加古村組の若頭には自身初の極道役挑戦となる竹野内豊。加古村組を裏で操る五十子会・会長には唯一無二の貫録で圧倒的な存在感を誇示するベテラン俳優の石橋蓮司。さらに、滝藤賢一、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、矢島健一、田口トモロヲら、日本屈指の俳優陣による演技合戦がスクリーンに炸裂する。

 原作は第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子著「孤狼の血」(角川文庫刊)。ミステリー要素を含みながら複雑に絡み合う緻密なストーリー展開と濃密な人間ドラマで各方面から絶賛を受けた警察小説である。柚月自身が「『仁義なき戦い』があったからこそ生まれた小説」と語る原作を、そのDNAを受け継ぐ東映が激情の映画化。呉原のモデルとなった呉を中心にオール広島ロケを敢行し、渇いた昭和の世界を映像に収めた。監督は『凶悪』、『彼女がその名を知らない鳥たち』など、人間を鋭く、生生しく描写する手腕で世界的にも評価の高い白石和彌。飢えた狼たちの物語を、極上のハードボイルドエンターテイメントへと昇華させた。喰うか、喰われるか―極限の中で選択を強いられ、自らの信じる道を突き進む男たち。何が正義なのか? 誰の為の正義なのか? 生き残るのは誰か? 魂に焼きつく、暴力描写とカタルシス。そして待ち受ける想像を超える結末。最後に「孤狼の血」の意味を知った時、驚くべき感動が観客の全身を駆け抜ける―。

ストーリー
昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原―。そこは、未だ暴力団組織が割拠し、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と地場の暴力団「尾谷組」との抗争の火種が燻り始めていた。そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪する。失踪を殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件解決の為に奔走するが、やくざの抗争が正義も愛も金も、すべてを呑み込んでいく……。警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望をもむき出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が起ころうとしていた……。




「アウトレイジ」に対する東映からの回答みたいなキャッチに乗せられ鑑賞しました。ちなみに「アウトレイジ」各作は劇場鑑賞しましたがいい加減飽きたので最終話は観に行きませんでした。話の筋が面白くないと流石に飽きる。

その本作でしてポスト仁義なき戦いはその通りですがバディモノの印象。松坂桃李は「【映画評】娼年」と妙にオーバーラップするところがありました。桃李はいい役者になったね。役所広司は安定の顔芸。江口洋介、ピエール瀧は期待通り。竹野内豊は意外性。真木よう子はテレビドラマ同様いまいちでした。もうすぐ公開「焼肉ドラゴン」に期待。

主人公の愛車「マーク供廾焚次⊂赦陀期の小道具・大道具が懐かしかったです。ホテルのガサ入れシーンでノートPC写っていなかった?予算が潤沢にあればスコセッシ作品みたいになるのでしょうけど、バジェット面は創意工夫しないと仕方ないか。というか東映みたいな枠の中でなく、netflixの潤沢な資金を背景にエログロ自由奔放な白石作品が観たい。
Netflixは年内にオリジナル作品を1,000本用意するつもりらしい | ギズモード・ジャパン

白石和彌監督作品は毎作品鑑賞していますが安定して面白い。タイミング合わず今年上映された「サニー/32」のみ未鑑賞。オンデマンドでやってくれないかな。

満足度(5点満点)
☆☆☆

孤狼の血 (角川文庫)孤狼の血 (角川文庫)
柚月裕子

KADOKAWA 2017-08-25
売り上げランキング : 120

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日本で一番悪い奴ら Blu-rayスタンダード・エディション日本で一番悪い奴ら Blu-rayスタンダード・エディション

ポニーキャニオン 2017-01-11
売り上げランキング : 12696

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(4)映画 
Edit








コメント
真木さん美人&エロい。それだけで満足でしたw
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年05月21日 12:37
エロシーンあったっけ?尺八?
Posted by bob at 2018年05月21日 13:08
江口洋介の役名が「いちのせ・もりたか」というのはシャレのつもりだろうかと思いました。
よく出来た映画だがヤクザの映画は後味が悪い。
それはしかたがないことかもしれないです。
Posted by worldwalker's weblog(・∀・)! at 2018年05月25日 08:49
阿賀もんの話かのう?
Posted by 名も無き友愛伝道師 at 2018年05月26日 14:40
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。