2018年03月25日

【恋は雨上がりのように】コミック最終話が炎上した原作者 原作意図を説明した直後全ブログ削除〜ビフォー版、アフター版、ファイナル版転載

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

恋は雨上がりのように 9 (ビッグコミックス)
恋は雨上がりのように 9 (ビッグコミックス)

こちらの続き。
【恋は雨上がりのように】最終話が炎上気味の原作者 個人ブログを引用し「我が意を得たり」

上記エントリー上梓後、僅か数時間で全ブログ削除。
ネットでの作品批判が堪えたのでしょうか?
結果論的には「大学生になったあきらがバイトの面接に来る」等、明示的な玉虫色で終わらせた方がよかったかもね。個人的にはコミック版最終話展開を支持しますが、(安直エンドは)ベタだけどあれだけ長期連載で引っ張ればファンの憤りは理解出来ます。

以下、削除された全文を転載。
ビフォー、アフター、ファイナルの順です。

プロフィール
名前: 眉月じゅん

よみかた: まゆづき じゅん

☆: 漫画を描いています。この名義以外での活動は一切しておりません。

ブログ名: レイレイタン


毎週月曜発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて『恋は雨上がりのように』隔週連載中。単行本
1〜9集発売中。よろしくお願いいたします。
恋は雨上がりのように(9)
恋は雨上がりのように(9)

ビフォー
3月: 【レイレイタン】

e974a69dbb255304cdd582004a1f653ba1d05226

21日/漫画『恋は雨上がりのように』最終回

こんばんは、眉月です。
先日週間スピリッツにて無事最終回を迎えました。
最後のページの”4年間”という文字に「そんなにやってたのか!」と私自身驚きつつ、手伝ってくれたアシさんたちや編集さん、そして最後まで読んでくださった読者の方に心より感謝いたします。本当にありがとうございました!

単行本が発売されるまで内容に触れる日記は書かないと言ったのですが、いかんせんやることがまだまだあって感情の更新が激しいので、今しか書けないことや気持ちが薄れてしまう前にやっぱりここに記録として書いておこうと思います。ネタバレ含みますので単行本派の方はお気をつけください。以下裏話とともに最終回について。











最終回への感想はツイッターなどで目にしておりますが、想像していたものもあれば「えぇ!?」というようなものもあり、伝えるのって難しいなぁと複雑な気持ちです。笑

そんな中、このような感想を見つけました。
http://suntu500.blog.jp/archives/1070194124.html


この感想・考察が、私と担当さんのここ1年くらいの打ち合わせまんま!あきらが数年後思い出すとしたらとか、本当にこう説明した!この方同席していた!?まさかブログ主は担当!?な内容で、驚きとともにものすごく嬉しくなってしまい、思わず担当さんにメール!担当さんも「鳥肌が立った、よかったぁ」と大変喜んでおりました。

最終巻に収録されるお話は、最終回と途中入るifエピソード以外店長とあきらの二人しか出てこず、それらはすべて1日のできごとです。

9巻のエピソードを描いている頃から「やっぱり10巻完結がベストだな」と終わりに向かって打ち合わせもしていたのですが、ある日のam4時くらい、『あ』と思い立ち担当さんに「最終巻は1日をずっと描くのはどうですかね」と電話で話しました。朝方にも関わらずノリノリで話を聞いてくれた担当さんには感謝しかないです。。

店長にとっては”ずっと忘れられない1日”、あきらにとっては"いずれ忘れてしまうだろうかけがえのない1日”が最終巻そのものであればいいなぁと思い、このような構成にしました。おかげでいつも以上に顔漫画になったけどな…。

そして、この漫画のタイトルは当時の担当編集が決めたのですが、実は私もひとつ案を出していたのです。

ズバリ、『八月のツバメ』!

最終回にはこっそりとあるところに描いております。探してみてネ。
他には『恋は雨やどりのように』などありましたが、ぱっと見”やどかり”に見えるとか、このタイトルはオチまんますぎるという理由でナシになり、結果編集部数人の多数決(と聞いた)で『恋は雨上がりのように』に決まったのでした。

ですが私はずーーーーーーーっと『八月のツバメ』への未練が捨てきれず、後にそれは執着となり、ツバメエピソードをぶっこんだりしたわけです。

このタイトルの件をいろんな人に話すとツバメ案は大体不評なのですが、唯一アニメの渡辺監督だけが「いいじゃないですか!」と言ってくれたのでした…。ありがとう監督!!渡辺監督は嬉しいことにツバメのエピソードも気に入ってくださって、アニメの作中急遽ツバメエピソードを入れてくれたりしてびっくりです。OPにも飛んでるよね!
ちなみに映画の永井監督には「3月のライオンとかぶってる」と言われました。…確かに!!!(でもコンセプト的には八日目の蝉のが近い←どちらにせよかぶってる)

大きな裏話はこんなところでしょうか。

あと、上のブログのような感想を持たなかった方はどうこう、ということでは全くありませんので!最後まで読んでくださったすべての方に感謝しております。

あまりにもこのブログ記事がドンピシャすぎて思わず日記を書いてしまった次第です。勝手にリンクはってしまいブログ主さんすみません。問題がありましたら消します;

”雨上がりの空”はあきらにとって陸上であり、店長にとっては文学です。どちらの恋も成就したのだというハッピーエンドとして描きました。

最終巻は4月25日発売予定です。特装版、かわいいです!
巻末に4ページおまけ漫画があって、最終回いなかったあの子も登場しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

アフター

3月: 【レイレイタン】

e974a69dbb255304cdd582004a1f653ba1d05226

22日
すみません、昨日の日記の忘れる・忘れないのくだりで言葉がたらなかったので追記しました。傷ついた人いるよね…ごめんなさい!
あとリンク貼ったブログ主さんに許可を頂きました。ありがとうございます!


21日/漫画『恋は雨上がりのように』最終回

こんばんは、眉月です。
先日週間スピリッツにて無事最終回を迎えました。
最後のページの”4年間”という文字に「そんなにやってたのか!」と私自身驚きつつ、手伝ってくれたアシさんたちや編集さん、そして最後まで読んでくださった読者の方に心より感謝いたします。本当にありがとうございました!

単行本が発売されるまで内容に触れる日記は書かないと言ったのですが、いかんせんやることがまだまだあって感情の更新が激しいので、今しか書けないことや気持ちが薄れてしまう前にやっぱりここに記録として書いておこうと思います。ネタバレ含みますので単行本派の方はお気をつけください。以下裏話とともに最終回について。











最終回への感想はツイッターなどで目にしておりますが、想像していたものもあれば「えぇ!?」というようなものもあり、伝えるのって難しいなぁと複雑な気持ちです。笑

そんな中、このような感想を見つけました。
http://suntu500.blog.jp/archives/1070194124.html


この感想・考察が、私と担当さんのここ1年くらいの打ち合わせまんま!あきらが数年後思い出すとしたらとか、本当にこう説明した!この方同席していた!?まさかブログ主は担当!?な内容で、驚きとともにものすごく嬉しくなってしまい、思わず担当さんにメール!担当さんも「鳥肌が立った、よかったぁ」と大変喜んでおりました。

最終巻に収録されるお話は、最終回と途中入るifエピソード以外店長とあきらの二人しか出てこず、それらはすべて1日のできごとです。

9巻のエピソードを描いている頃から「やっぱり10巻完結がベストだな」と終わりに向かって打ち合わせもしていたのですが、ある日のam4時くらい、『あ』と思い立ち担当さんに「最終巻は1日をずっと描くのはどうですかね」と電話で話しました。朝方にも関わらずノリノリで話を聞いてくれた担当さんには感謝しかないです。。

店長にとっては”ずっと忘れられない1日”、あきらにとっては"いずれ忘れてしまうだろうかけがえのない1日”が最終巻そのものであればいいなぁと思い、このような構成にしました。おかげでいつも以上に顔漫画になったけどな…。(追記:すみません、語弊がありました。ここで言いたいのはあきらが実際に店長のことを完全に忘れるという話では無くて、店長視点の『橘さんにとっては忘れてしまうだろう1日』です。たとえ忘れたとしても思い出す瞬間は必ずあると思います。だから美しいと個人的には思うけど、もちろん一瞬でも忘れないあきらを持っている人もいるだろうし。ここは漫画で描いていないことなのでご想像にお任せします…。わかりづらい文章ですみません。)

そして、この漫画のタイトルは当時の担当編集が決めたのですが、実は私もひとつ案を出していたのです。

ズバリ、『八月のツバメ』!

最終回にはこっそりとあるところに描いております。探してみてネ。
他には『恋は雨やどりのように』などありましたが、ぱっと見”やどかり”に見えるとか、このタイトルはオチまんますぎるという理由でナシになり、結果編集部数人の多数決(と聞いた)で『恋は雨上がりのように』に決まったのでした。

ですが私はずーーーーーーーっと『八月のツバメ』への未練が捨てきれず、後にそれは執着となり、ツバメエピソードをぶっこんだりしたわけです。

このタイトルの件をいろんな人に話すとツバメ案は大体不評なのですが、唯一アニメの渡辺監督だけが「いいじゃないですか!」と言ってくれたのでした…。ありがとう監督!!渡辺監督は嬉しいことにツバメのエピソードも気に入ってくださって、アニメの作中急遽ツバメエピソードを入れてくれたりしてびっくりです。OPにも飛んでるよね!
ちなみに映画の永井監督には「3月のライオンとかぶってる」と言われました。…確かに!!!(でもコンセプト的には八日目の蝉のが近い←どちらにせよかぶってる)

大きな裏話はこんなところでしょうか。

あと、上のブログのような感想を持たなかった方はどうこう、ということでは全くありませんので!最後まで読んでくださったすべての方に感謝しております。

あまりにもこのブログ記事がドンピシャすぎて思わず日記を書いてしまった次第です。勝手にリンクはってしまいブログ主さんすみません。問題がありましたら消します;(追記でブログ主さんに許可いただきました。ありがとうございます!)

”雨上がりの空”はあきらにとって陸上であり、店長にとっては文学です。どちらの恋も成就したのだというハッピーエンドとして描きました。

最終巻は4月25日発売予定です。特装版、かわいいです!
巻末に4ページおまけ漫画があって、最終回いなかったあの子も登場しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ファイナル

この度連載完結をひとつの区切りとして本ブログを閉鎖することにしました。 またどこかの折に別の形で情報を発信できたらと思っております。

今まで訪問して下さっていた皆様、本当にありがとうございました!

2018.3.23 眉月じゅん

恋は雨上がりのように 9 (ビッグコミックス)
恋は雨上がりのように 9 (ビッグコミックス)眉月 じゅん

小学館 2017-11-10
売り上げランキング : 3255


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
恋は雨上がりのように 8 (ビッグコミックス)恋は雨上がりのように 8 (ビッグコミックス)
眉月 じゅん

小学館 2017-07-12
売り上げランキング : 3430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
恋は雨上がりのように 10 特製クリアカバー付き特装版 (特品)恋は雨上がりのように 10 特製クリアカバー付き特装版 (特品)
眉月 じゅん

小学館 2018-04-27
売り上げランキング : 624

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)マンガ | アニメ
Edit








  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。