2018年02月08日

【米Guitar World誌】「最もクールなギター・インストゥルメンタル・トラック TOP10」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

ジェフ・ベック / スティル・オン・ザ・ラン ~ ジェフ・ベック・ストーリー “テレギブ" FENDER公認フィギュア付【初回限定生産】(Blu-ray Disc)(日本語字幕付)
ジェフ・ベック / スティル・オン・ザ・ラン ~ ジェフ・ベック・ストーリー “テレギブ

自他ともに認めるおっさんですが、それでもトップ3はハイジのお爺さん世代やろ。
皆さん不満ブーブーの模様ですがSRV、オールマンがないのは絶対許さない。選者はサンタナから親を殺されたんか?

The 10 Coolest Guitar Instrumentals of All Time - Guitar World

Guitar World presents the 10 coolest guitar instrumentals ever. In terms of the videos we selected, we tried to stick with the studio versions -- unless we found a particularly compelling live version that got the point across nicely.

10. “The Attitude Song” by Steve Vai (Flex-Able)

This signature track from shred’s mystical master strikes the perfect balance of astounding technique and compositional integrity.



9. “Eruption” by Van Halen (Van Halen)

It’s the track that got a million mooks tapping out arpeggios till their fingers fell off. Not one of them ever caught up with Eddie.



8. “Black Napkins” by Frank Zappa (Zoot Allures)

One of Zappa’s most technically daunting guitar instrumentals also contains moments of sheer six-string poetry.



7. “Led Boots” by Jeff Beck (Wired)

The Seventies were in a slump until Jeff Beck put the rock back into jazz-rock fusion with this leadoff track from what may well be his greatest album.



6. “3rd Stone From the Sun” by Jimi Hendrix Experience (Are You Experienced)

Soul music gets psychedelicized in this spacey and highly influential early Hendrix instrumental classic.



5. “Steppin' Out” by John Mayall & The Bluesbreakers(Blues Breakers with Eric Clapton)

An essential 12-bar Clapton workout from the legendary “Beano” album from 1966.



4. “The Stumble” by Freddie King

This scorching six-string shuffle has been assayed by greats like Peter Green and countless bar bands, but nothing beats Freddie King’s original.



3. “Miserlou” by Dick Dale

The King of Surf Guitar brought his Middle Eastern family background to the sunny beaches of Southern California to create this reverb-drenched maelstrom of monstrous tone and minor-scale mystery.



2. “Rumble” by Link Wray

One of the original badass guitar instrumentals, “Rumble” has it all: throbbing tremolo, dynamics, drama and the anguished cry of slashed speaker cones.



1. “Rebel Rouser” by Duane Eddy

You can’t have a bar fight in a redneck saloon without this archetypal twang masterpiece rocking along on the jukebox.




当ブログで「おまえも追加

The Allman Brothers Band - In Memory of Elizabeth Reed



Stevie Ray Vaughan - Scuttle Buttin'



ということで存命限定ならジェフ・ベックですね。
ランクインしているフレディ・キング「スタンブル」カバーをどうぞ。



スリープウォーク



今の時代の三大キングって、焼肉きんぐ、キングレコード、ライオン・キングでしょうか。

ジェフ・ベック / スティル・オン・ザ・ラン ~ ジェフ・ベック・ストーリー “テレギブジェフ・ベック / スティル・オン・ザ・ラン ~ ジェフ・ベック・ストーリー “テレギブ" FENDER公認フィギュア付【初回限定生産】(Blu-ray Disc)(日本語字幕付)

ヤマハミュージックアンドビジュアルズ 2018-03-07
売り上げランキング : 465

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)音楽 
Edit








コメント
確かに1.〜3.は謎です。かなり偏った好みかと。個人的にはローエル・ジョージ、ジェリー・ガルシア辺りがないのは残念です。オールマンは、名曲いろいろあれど自分ではステーツボロ・ブルーズです。
Posted by Liberty Hills at 2018年02月08日 14:34
キングレコード・キングジム・キングカズじゃないっすか?
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年02月08日 15:17
ジャズフュージョン界ガン無視ですねw
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年02月08日 17:53
COOLESTなのに湿っぽいブルースが多いのは選者の趣味だろうね。ベックとクラプトン以外アメリカ人だし。
言い出したらきりないけど個人的にはプログレ方面とかフュージョン方面からも全然選ばれてないのが残念。
ロバート・フリップはもっと評価されるべきだと思います
Posted by LICCA at 2018年02月08日 18:14
>ステーツボロ・ブルーズです。

インストゥルメンタルって縛りだと、やっぱ in memory of... でしょ。

ブルースギターなら、マイク・ブルームフィールド(スーパーセッション))の"アルバートのシャッフル"は入れて欲しいわ。

1位-3位は意味不明。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年02月08日 18:35
私が子供のころの3大キングと云えば、ザ・キング・トーンズ、殿様キングス、クリスタルキングでした。
Posted by The Waterboys のぱよぱよちーん at 2018年02月08日 19:02
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。