2018年02月02日

【映画評】スリー・ビルボード

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

善人はなかなかいない―フラナリー・オコナー作品集
善人はなかなかいない―フラナリー・オコナー作品集

愛娘をレイプされた挙句、焼き殺されたシンママの「憎しみのバケツリレー」映画。安心の「フォックス・サーチライト印」作品。
サンダンス史上最高額で落札された「バース・オブ・ネイション」日本対応策は結局どうするの?

映画『スリー・ビルボード』大ヒット上映中!

イントロダクション
アメリカの片田舎の大通りに並ぶ3枚の看板に、ある日突然、現れた真っ赤な広告。それは、地元で尊敬されている警察署長への抗議のメッセージだった──。

アカデミー賞Rの作品賞への最短距離として近年特に注目されている、トロント国際映画祭観客賞受賞。先に開催されたベネチア国際映画祭でも脚本賞に輝き、早くも本年度賞レースの大本命との呼び声も高い話題作がいよいよ日本にも登場する。

舞台は、アメリカのミズーリ州。田舎町を貫く道路に並ぶ3枚の広告看板に、地元警察を批判するメッセージを出したのは、7カ月前に何者かに娘を殺されたミルドレッド・ヘイズ。何の進展もない捜査状況に腹を立てたミルドレッドがケンカを売ったのだ。町の人々から嫌がらせや抗議を受けても、一歩も引かないミルドレッド。その日を境に次々と不穏な事件が起こり始め、町に激震が走るなか、思いがけない展開が待ち受ける──。

アカデミー賞R受賞の実力派スタッフ&キャストの会心のコラボレーションで放つ、世界が待ち望んだ、これぞ重量級の本物の映画ミルドレッドに扮するのは、アカデミー賞Rに4度ノミネートされ、『ファーゴ』で主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンド。ジャンプスーツとバンダナという“戦闘服”に身を包み、全身で怒りのエネルギーを放射し続けるミルドレッドを決然と演じきった。爽快なほどの毒舌でブラックなユーモアを散りばめる一方で、娘を守れなかった悲しみと後悔を繊細に表現するなど、様々な感情の芯を捉えた演技で観る者を圧倒する。

共演は、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のウディ・ハレルソン。愛妻家で良き父で人望厚いが、人生の終止符の打ち方に悩む署長を魅力的に演じた。さらに、トラブルメイカーのディクソン巡査役には、『コンフェッション』でベルリン国際映画祭男優賞を受賞したサム・ロックウェル。人種差別主義者でマザコン、バイオレンスでしか自分を表現できない教養に欠けた男が、ある事件をきっかけに変わっていく姿を味わい深く演じた。

その他、ミルドレッドの元夫に『ウィンターズ・ボーン』のジョン・ホークス、息子に『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズ。
監督・脚本は、劇作家としてその才能を遺憾無く発揮し、映画界でもアカデミー賞R短編賞を獲得。その後も同賞脚本賞にノミネートされるなど早くから卓越した才能を認められ、本作で未来の映画界を担う一人となることを決定づけた、イギリス出身のマーティン・マクドナー。心をかき乱す音楽は、『キャロル』でアカデミー賞Rにノミネートされたカーター・バーウェル。

各々の大切なものを守るために、予想もしない道へと外れていく大人たちをダークなユーモアを潜ませて熱く切なく描き、観る者を途方もない結末へと連れ去るクライム・サスペンス。

ストーリー
アメリカはミズーリ州の田舎町エビング。さびれた道路に立ち並ぶ、忘れ去られた3枚の広告看板に、ある日突然メッセージが現れる。──それは、7カ月前に娘を殺されたミルドレッド・ヘイズ(フランシス・マクドーマンド)が、一向に進展しない捜査に腹を立て、エビング広告社のレッド・ウェルビー(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)と1年間の契約を交わして出した広告だった。
自宅で妻と二人の幼い娘と、夕食を囲んでいたウィロビー(ウディ・ハレルソン)は、看板を見つけたディクソン巡査(サム・ロックウェル)から報せを受ける。

一方、ミルドレッドは追い打ちをかけるように、TVのニュース番組の取材に犯罪を放置している責任は署長にあると答える。努力はしていると自負するウィロビーは一人でミルドレッドを訪ね、捜査状況を丁寧に説明するが、ミルドレッドはにべもなくはねつける。
町の人々の多くは、人情味あふれるウィロビーを敬愛していた。広告に憤慨した彼らはミルドレッドを翻意させようとするが、かえって彼女から手ひどい逆襲を受けるのだった。

今や町中がミルドレッドを敵視するなか、彼女は一人息子のロビー(ルーカス・ヘッジズ)からも激しい反発を受ける。一瞬でも姉の死を忘れたいのに、学校からの帰り道に並ぶ看板で、毎日その事実を突き付けられるのだ。さらに、離婚した元夫のチャーリー(ジョン・ホークス)も、「連中は捜査よりお前をつぶそうと必死だ」と忠告にやって来る。争いの果てに別れたチャーリーから、事件の1週間前に娘が父親と暮らしたいと泣きついて来たと聞いて動揺するミルドレッド。彼女は反抗期真っ盛りの娘に、最後にぶつけた言葉を深く後悔していた。

警察を追い詰めて捜査を進展させるはずが、孤立無援となっていくミルドレッド。ところが、ミルドレッドはもちろん、この広告騒ぎに関わったすべての人々の人生さえも変えてしまう衝撃の事件が起きてしまう──。




酒場のお兄さんエピソードは、デ・パルマ作品「リダクテッド」(反米ネトウヨ映画だと町山智浩先生が激怒)叩き台となった「マフムーディーヤ虐殺事件」が元ネタのような。綿密な強姦計画を練った米兵より集団レイプされた挙句、証拠隠滅のため頭部を粉砕され、両親、妹と共に焼き殺された少女はこちら。韓国軍による組織的女児強姦大量虐殺事件をトレースした陰惨な事案でした。本作でも「炭化した」遺体写真が瞬間描写されます。

abeer0

リダクテッド 真実の価値 [DVD]リダクテッド 真実の価値 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント 2009-03-06
売り上げランキング : 133212

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この監督さん、よく知らないのでググったら5年前のエントリー「【映画評】セブン・サイコパス」の監督さんだったのね。なんだこっちもウッディ・ハレルソン&サム・ロックウェルだ。
セブン・サイコパス Blu-rayセブン・サイコパス Blu-ray

TCエンタテインメント 2014-05-02
売り上げランキング : 23003

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さて本作ですが、ゲスな喩えをしますに「【映画評】マンチェスター・バイ・ザ・シー」と似たような空気感。前評判と違う内容に序盤から中盤の馬小屋シーン迄はどうなることかとその退屈さにハラハラしましたが、そこからドラマは急転直下、ようやく動き出します。しかし映画とはいえちょっとやり過ぎでは?もうちょっと抑制したほうが現実味が増したような。

「チキチータ」の音が綺麗に分離しよく鳴っていました。
凶暴なホモは所長とステディな関係だったの?



満足度(5点満点)
☆☆☆

善人はなかなかいない―フラナリー・オコナー作品集善人はなかなかいない―フラナリー・オコナー作品集
フラナリー オコナー Flannery O'Connor

筑摩書房 1998-05
売り上げランキング : 76436

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ファーゴ [Blu-ray]ファーゴ [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2014-02-05
売り上げランキング : 1745

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ウィンターズ・ボーン スペシャル・プライス [Blu-ray]ウィンターズ・ボーン スペシャル・プライス [Blu-ray]

Happinet(SB)(D) 2014-04-02
売り上げランキング : 34887

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(4)映画 
Edit








コメント
今日観ました。
観客は我々夫婦を含めて5人。
興行的には苦しい映画のようです。
余韻のあるラストシーンでした。
Posted by worldwalker's weblog(・∀・)! at 2018年02月02日 19:42
知っている役者はウッディ・ハレルソンだけ。
個人的にはウッディ・ハレルソン出演作ではベストムービーかもしれないと思いました。
Posted by worldwalker's weblog(・∀・)! at 2018年02月03日 20:56
ファーゴ面白いですよ。主演のおばさんがほぼ同じ
Posted by bob at 2018年02月03日 23:58
ファーゴ、今度見てみますね。
Posted by worldwalker's weblog(・∀・)! at 2018年02月04日 18:38
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。