2018年01月31日

【添田町主婦 バラバラ白骨化事件】生活困窮、独居、死後数ヶ月、幼子は無事、夫にアリバイ、捜索願なし

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

なぜ、バラバラ殺人事件は起きるのか?【殺人+死体損壊を生む心の闇を解き明かす】
なぜ、バラバラ殺人事件は起きるのか?【殺人+死体損壊を生む心の闇を解き明かす】

インタビュー受けているマスク姿の女性が可愛い。

肢体切断→遺体移動のため?快楽殺人?
腹部の骨に達する傷痕→尋常性を欠いた殺害方法
貧困→金銭授受で犯人と接触?
働いているような姿ではない→発達障害?
別居中の夫から捜索願なし→自堕落生活を家族が黙認?
職業不詳→警察発表が「無職」ではない謎
それと座間事件系の可能性

「性」が惹起した事件であることに間違いないと推察されますが、邪推するにしてもジグソーパズルのピースが欠け過ぎ。私が小説家ならこれを素材に一冊書けそう。











北九州市の白骨遺体は29歳女性と判明 “両腕と両足切断”殺人事件か (RKB毎日放送) - Yahoo!ニュース

去年9月、北九州市の川で、白骨化した遺体が見つかった事件で、遺体の身元が、福岡県添田町の29歳の女性だったことがわかりました。警察は、女性が何者かに殺害された疑いがあるとみて捜査しています。

この事件は、去年9月、小倉南区上吉田の川の周辺で、女性の白骨化した遺体が見つかったものです。
DNA鑑定の結果などから、遺体の身元が、添田町庄の職業不詳・外池晴美さんだったことがわかりました。外池さんは1人暮らしで、捜索願いは出されておらず、消息を絶った詳しい時期などはわかっていません。また、遺体は死後数か月から数年が経過していて、両腕と両足が切断された状態だったほか、腹部にも刃物によるものとみられる傷があったということです。警察は、外池さんが何者かに殺害された疑いがあるとみて捜査しています。

(11) 切断白骨遺体の29歳女性 去年夏前まで生存か 以前は家族3人暮らし 殺人の疑いも 福岡県 (18/01/30 18:40) - YouTube

北九州市内の川で切断された白骨遺体が見つかっていた事件。捜査本部は、この遺体の身元が福岡県添田町に住む20代の女性であることを発表しました。この女性は、少なくとも去年の夏前までは目撃されていたことも、周辺取材で新たに分かりました。

去年9月、北九州市小倉南区上吉田の吉田川で白骨化した女性の遺体が見つかった死体遺棄事件。捜査本部は30日、この遺体が添田町庄の職業不詳、外池晴美さん(当時29)であることを発表しました。

【記者リポート】
「幼少期から公営住宅で家族と暮らしていたそうです。事件発覚の1年ほど前から1人で暮らしていたということです」

外池さんを知る人によると、外池さんは以前は夫と子供と3人で生活していましたが、行方が分からなくなった時はこの部屋に1人で暮らしていたということです。

【近所の人】
(Q.最後に外池さんを見たのは?)
「去年の梅雨くらい、夏前かな、たぶん。普通に向こうから歩いてきてたので、1人で」

【近所の人】
(Q.警察からどんな話をきかれましたか?)
「事件性があるかもしれないので、この辺で行方不明になった人いないですか、と先週くらいに」

捜査関係者によると、外池さんの遺体は両腕両足など複数カ所、骨に切断された痕があり、死後数カ月以上が経過しているとみられます。遺体の周辺では衣服や所持品は見つかっていないということです。捜査本部は、外池さんが何者かに殺害された疑いもあるとみて、親族などに話を聞くなどして、外池さんの足取りやトラブルの有無を詳しく調べています。

「なぜ北九州なのか」 小倉切断遺体 添田町 住民らに驚きと悲しみ - 西日本新聞

「添田の女性がなぜ北九州で」「もっと話を聞いていればよかった」−。北九州市小倉南区の吉田川周辺で見つかった白骨化した女性の切断遺体が、添田町の外池晴美さん=当時(29)=と判明した30日、同級生や地域住民に驚き、悲しみが広がった。

 外池さんの自宅は、役場に近い町営住宅。小中学校の同級生の女性によると、外池さんは「中学校のころはおとなしい印象だった」。この女性が数年前に町営住宅に引っ越してきた際、外池さんは既に暮らしていたが、付き合いはなかったという。

 外池さんには子どもがいたといい、女性は「なぜ北九州で見つかったのか。顔見知りの同級生が事件に巻き込まれ、驚いている。私にも小さな子どもがいるので、外池さんの子どものことが心配だ」と話した。

 昨春ごろ、「生活環境が気になる」と情報提供があり、地元の区長(65)と民生委員の大田原靖さん(74)が自宅を訪ねた際、外池さんはドア越しに対応。区長によると、母親は約10年前に亡くなっており、父親は見かけないことから、2人は「経済的に苦しく、子育てで悩んでいる場合は、相談してほしい」と伝えたが、元気がない感じで、うなずくだけだったという。

 2人はその後、数回、自宅を訪ねたが、チャイムを鳴らしても反応がなかったという。区長は「こんな事件に巻き込まれるとは思わなかった。同じ町営住宅の人が悲しい目に遭って言葉がない。気軽に相談してほしかった」と肩を落とし、大田原さんは「最近、民生委員の会議で外池さんの話を聞かなかったので、暮らしが落ち着いたと思っていたのに。未然に防げれば良かったが…。気の毒でならない」と話した。

■「のどかな場所なのに」 小倉南区の住民

 北九州市小倉南区上吉田4丁目の吉田川周辺で、女性の切断遺体が見つかってから約4カ月たった30日、身元が添田町の外池晴美さん=当時(29)=と判明した。外池さんの自宅から遺体発見現場は約30キロ離れており、住民から驚きとともに不安の声が聞かれた。

 「ホタルが舞うのどかな場所。どうして添田の女性が…」。吉田川近くの会社員男性(68)は言葉を失った。現場は九州自動車道の高架下近く。車は日中でも時折通るほどで、出歩く人もほとんど見かけない。

 地元の女性(80)によると、県警の捜査員が数回、集落を訪れ、行方不明者がいないか尋ねたという。「近所中で心配していたので、身元が分かってひとまず安心した」と語った。

 一方、近くのパート女性(50)は「(被害者は)29歳で将来があったろうに、心苦しい」と顔を曇らせた。現場から700メートルほどの小学校に息子が通う主婦(36)は「怖いので子どもに1人で外に出ないよう注意していた」と語り、事件の一刻も早い解決を求めた。

=2018/01/31付 西日本新聞朝刊=

なぜ、バラバラ殺人事件は起きるのか?【殺人+死体損壊を生む心の闇を解き明かす】なぜ、バラバラ殺人事件は起きるのか?【殺人+死体損壊を生む心の闇を解き明かす】
作田 明

辰巳出版 2007-04-25
売り上げランキング : 866800

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
バラバラ殺人の系譜バラバラ殺人の系譜
龍田恵子

青弓社 2015-11-17
売り上げランキング : 1998336

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
薬丸岳さんが良いな
夏目シリーズの長編で
Posted by あ at 2018年01月31日 10:26
>幼少期から公営住宅で家族と暮らしていた

その時の親はいつからどこに行ったのか亡くなったのか
いつから結婚生活して夫と子供は今一緒にいるのかどうか
さっぱり分かりませんね
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年01月31日 18:34
民生委員がタゲっていて、
わざわざ議題に上げる対象。

いろいろ隠されてますね。
Posted by んんー at 2018年01月31日 18:59
彼女の親はどんな願いで「晴美」という名前を命名したのか、と思ってしまった。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年01月31日 20:07
何でもする凶悪犯でも、「殺しと麻薬はしない」て言うくらいで・・・殺しは「死体」て言う足が付きやすいからねぇ・・・結局死体の処理に、埋めるにしても「バラバラ」にして運ぶしかないけれど、バラバラにしても結局ばれちゃう。つか、バラバラにしてあると「殺人が疑われ」ちゃうし・・・。ちな、隠すには埋めた方が良さげだが「埋めた方が死体は腐りにくい」らしく、野ざらしが一番とか・・・なんでもいいけれど、麻薬と殺人はやめとけ
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2018年02月01日 04:35
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。