2017年12月30日

【書評】ヴァイオレット・エヴァーガーデン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下巻
KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下巻

通勤のお供で上下巻読了しました。先行上映で冒頭3話まで観たのでその辺と活字の対比感想です。
冒頭3話はほぼアニオリです。原作読んだ人向けのサービスでしょこれ。
そして腑に落ちなかった石川由依ですが、本を読んでやっと登用した意味が分かりました。まんまミカサだわ。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト

結論として一番情報量が多かったのがユーフォ2オンエア中に流れた最初のCMでした。というかこれ最後まで本読んだ人じゃないと分からんけど原作最終話の完全ネタバレやん。だから京アニ、この動画公式サイトにも貼付していないんだ。



最新PVにも物語中盤のエピソード描写が内包されています。



基本的に短編集。一つ一つの話は凄くいい。本作での京アニの表現力は未知数なれど、京アニいつもの仕事振りなら2018年覇権間違いなし。とはいえ下巻最終話はどうなんでしょう?冒頭数ページ読んだだけで結論分かりますし、頁めくっても捻りもなにもなくそのままでした。実に安直。それまでの短編で魅せた本作の独特のノリがなにもない。まるで別人が書いたような。とはいえ最終話以外は非常に面白かったです。SF抜きでの草薙素子。だから少佐なのか。本人は無役だけど。

当ブログが読んでも物足らなさを感じたこの最終話を、冒頭よりアニオリぶっ込んできた京アニがどう料理するのか?元よりKAエスマ文庫なので、原作者の頭上を飛び越えた粗筋改変の手荒い扱いは仕方ないと思われます。あとは郵便局前日譚の延々続くグロ描写どうするんだろう?可能な限りそのまま表現して欲しいけど。エヴァーガーデン家での扱いは原作とアニメでは全然違っていましたね。

書籍は上下巻合わせ全部で12章ありました。(前後編分は合算)
冒頭3話がアニオリなので、全13話だと仮定すると(合綴可能なエピソード話は纏めた上で)原作エピソード全収録はギリギリの模様。

尚、原作書は既にネット通販で購入することは困難(送料掛かったりプレミアム価格になったり)になっています。こちら記載のショップに行けば購入できますよ。時節柄、定番在庫化しているはず。
販売店舗情報:KAエスマ文庫 | 京都アニメーションホームページ

KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上巻
KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上巻暁 佳奈 高瀬亜貴子

京都アニメーション 2015
売り上げランキング : 5430


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下巻KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下巻

京都アニメーション
売り上げランキング : 1184

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
今年も大変お世話になりました ありがとうございました
来年もよろしくお願いいましたします
Posted by とおりすがりん at 2017年12月31日 18:18
年末の挨拶?ねーよそんなもん。
自分のモヤモヤした感情をなんとか言葉にして伝えたい。
今年も一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
Posted by 名無しさんたちによいお年を at 2017年12月31日 20:55
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。