2017年12月27日

【映画評】希望のかなた

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

3日でまわる北欧inヘルシンキ改訂版 (Hokuo Book)
3日でまわる北欧inヘルシンキ改訂版 (Hokuo Book)

フィンランドヘルシンキでのシリア人難民の日常を描くシリアス系コメディ。
社会派色は消しているので気楽に観られました。
経営難レストランの一発逆転を狙った「帝国寿司」が愁眉。

映画『希望のかなた』公式サイト

イントロダクション

誰かを受け入れるとき、そこには希望が生まれる。
内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手をさしのべ、自身のレストランへカーリドを雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた、行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始めるが…。

社会への深い洞察に満ちた、アキ・カウリスマキの新境地。
無償のやさしさと辛辣なユーモアが、世界を覆う不寛容を打ち砕く。
2017年のベルリン国際映画祭で観る者すべての胸に深い余韻を残し、批評家のみならず観客からも圧倒的支持を受けたアキ・カウリスマキ監督『希望のかなた』。同映画祭で見事、監督賞を受賞したカウリスマキは、前作『ル・アーヴルの靴みがき』で“港町3部作”と名付けたシリーズ名を自ら“難民3部作”に変えて、今や全世界で火急の課題となった難民問題に再び向かいあいました。
シリア難民の主人公カーリドは、“いい人々のいい国”だと聞いていたフィンランドで、無情にも難民申請を却下され、ネオナチからのいわれのない暴力にさらされます。これは、やむなく故郷を離れた難民たちが、希望を求めた土地で実際に直面する現実です。そんな酷薄な現実にさらされるカーリドに、ヴィクストロムをはじめとする市井の人々が救いの手をさしのべます。カウリスマキ映画ではおなじみの、社会の片隅でつつましやかに生きる、少しばかり孤独をかかえた人々のちいさな善意が、カーリドの願いを叶え、魂を救うのです。『希望のかなた』は今、世界が忘れかけている“当たり前”の人間性を、辛辣なユーモアと無償のやさしさをもって描いたヒューマンドラマ。カウリスマキからのメッセージは、不寛容がはびこる世界に生きる私たちの、心のより所となることでしょう。

主人公カーリドを演じるのはシリア人俳優シェルワン・ハジ。ヴィクストロム役のサカリ・クオスマネンをはじめとする個性的なカウリスマキ組の常連たち、そしてカウリスマキの愛犬ヴァルプとのアンサンブルを見事にこなし、映画初主演ながらダブリン国際映画祭で最優秀男優賞を受賞しました。また、物語に絶妙にシンクロするフィンランドのベテランミュージシャンによる演奏シーンの数々や、痛烈な“わさびネタ”も必見です。

アキ・カウリスマキ監督からのメッセージ
私がこの映画で目指したのは、難民のことを哀れな犠牲者か、さもなければ社会に侵入しては仕事や妻や家や車をかすめ取る、ずうずうしい経済移民だと決めつけるヨーロッパの風潮を打ち砕くことです。

ヨーロッパでは歴史的に、ステレオタイプな偏見が広まると、そこには不穏な共鳴が生まれます。臆せずに言えば『希望のかなた』はある意味で、観客の感情を操り、彼らの意見や見解を疑いもなく感化しようとするいわゆる傾向映画(※)です。

そんな企みはたいてい失敗に終わるので、その後に残るものがユーモアに彩られた、正直で少しばかりメランコリックな物語であることを願います。一方でこの映画は、今この世界のどこかで生きている人々の現実を描いているのです。

※傾向映画とは1920年代にドイツおよび日本でおこった、商業映画の中で階級社会、および資本主義社会の矛盾を暴露、批判した左翼的思想内容をもつプロレタリア映画。




「moi」とか母音混じりのフィンランド語ってローマ字読みライクな日本人的には発音が容易な気がしますが実際どうなの?本作では主要キャストがハッピを着て「イラッシャイマセ!」と上手な日本語を披露しています。フィンランド人・日本人、お互い発音だけなら簡単なような気が。

_V1_

アキ・カウリスマキ監督作品を鑑賞したのは前作「【映画評】ル・アーヴルの靴みがき」以来、5年振り。相変わらずの「お伽噺」基調でして実際のフィンランドはどうなんだろう?「寿司」ネタにマジレスしますと、作り方調べるなら普通ネットでしょ?ググればなんぼでもありました。
Make Sushi at Home - The Easy Way - With pictures



あのシーンに出演していたキャストはネイティブ日本語話していたようですし、ヘルシンキ中から日本人エキストラかき集めたんだろうか?

最後に流れた日本語の歌「Hoshi o Mitsumete 」って初めて聴いたけどフィンランドの民謡なの?奥さんの店でも流れていたよね。ギターがマーク・ノップラーっぽい。



「フィンランド自衛団」は報道にもありました。フェイクニューズウィーク十八番の民族対立煽り偽記事かと思いましたが、ソースはロイターだったので大丈夫みたい。
移民急増のフィンランド、黒服自警団の台頭を懸念 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

こちらはスプートニク。ほんまか?
「ここへ来ないでください」フィンランド ソーシャルネットで難民反対キャンペーン開始 - Sputnik 日本

大量破壊兵器を伴う朝鮮戦争が避けられない情勢下、我が国も直面せざるを得ない難民問題。大なり小なり本作の様な事例が散発しそうですね。事実上の大使館である朝鮮総連が策定する難民対策って具体的にどうなっているんだろう?本当に困っている政治難民な朝鮮の人なら助けてあげたいけど、仮に在日同胞人身売買ブローカーに手引きされた大量の経済難民が殺到した際、我々はどう対処したらいいんだろう?

満足度(5点満点)
☆☆☆

ル・アーヴルの靴みがき [Blu-ray]ル・アーヴルの靴みがき [Blu-ray]
アキ・カウリスマキ

キングレコード 2017-08-02
売り上げランキング : 21389

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キートス!! カウリスマキ Blu-ray BOX 【Part 1】 【初回限定版】キートス!! カウリスマキ Blu-ray BOX 【Part 1】 【初回限定版】

キングレコード 2014-03-26
売り上げランキング : 47968

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キートス!! カウリスマキ Blu-ray BOX 【Part 2】 【初回限定版】キートス!! カウリスマキ Blu-ray BOX 【Part 2】 【初回限定版】

キングレコード 2014-03-26
売り上げランキング : 49631

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(1)映画 
Edit








コメント
フィンランド式野球の存在を知った時から
スオミはすごい国だと認識しております。
僕も「帝国寿司」に行ってみたいです。
Posted by 名無しのぱよぱよちーん at 2017年12月27日 17:49
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。