2017年12月20日

【映画評】パーティーで女の子に話しかけるには

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

HOW TO TALK TO GIRLS AT PARTIES
HOW TO TALK TO GIRLS AT PARTIES

エル・ファニング主演のオシャレな70年代青春映画かと思い込んで臨みましたが、なんじゃこりゃ。
アン・ルイス姐さんかと思ったらニコール・キッドマンだったでござる。

映画『パーティで女の子に話しかけるには』公式サイト

イントロダクション
今もなお「生涯のベスト1」の声多き名作『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』。原作・監督・脚本・主演を務めて、数々の賞で讃えられたJ.C.ミッチェルの『ヘドウィグ〜』のスピリットを継いだ最新作が遂に完成した!出演には、主演作が相次ぐ人気女優エル・ファニング、史上最年少でトニー賞主演男優賞を受賞のアレックス・シャープ、オスカー女優ニコール・キッドマンら最旬キャストが揃った。全ての人が、一番輝いていた甘くて切ない恋と再会できる、音楽とファッションに彩られたラブ・ストーリーの傑作が誕生した!

ストーリー
パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。ふたりでライブハウス「ロキシー」へと繰り出すことになるのだが、ザンに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──




顧客が本当に必要だった物
【映画評】あの頃エッフェル塔の下で」「【映画評】シング・ストリート 未来へのうた
提供された物
【映画評】ギャラクシー街道」「【映画評】インヒアレント・ヴァイス」みたいな。
宇宙人それぞれの設定には深い意味があるそうですが、そんなのどうでもいいよ。

楽しみを削がれたくないので、基本的に事前情報を最低限に抑えた上で映画鑑賞しておりまして、先入観なき新鮮な感情を抱いて映画館で楽しんでいるのですが、抱えていたイメージ通りだったのは冒頭の10分、20分程度。あとは悪い意味で期待を裏切られました。

「モッズをパンクが駆逐した」って台詞が記憶に残ります。日本に置き換えるとフュージョン系からめんたいロック系を経てテクノとパンクに分岐する。HMやR&Bが脚光を浴びたのはまだまだそのずっと後だったのかな。

尚、主題歌「Between the Breaths」は日系シンガーのミツキ・ミヤワキさんが歌っているそうですよ。



満足度(5点満点)
☆☆

シング・ストリート 未来へのうた [Blu-ray]シング・ストリート 未来へのうた [Blu-ray]

ギャガ 2017-12-22
売り上げランキング : 2199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(0)映画 
Edit








  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。