2017年09月29日

【映画評】あさひなぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

あさひなぐ(23) (ビッグコミックス)
あさひなぐ(23) (ビッグコミックス)

乃木坂48をキャストに据えた薙刀スポ根漫画「あさひなぐ」の映画化。原作未読。
酷評耳にしますが普通に面白かったです。しかし、スポ根マンガ業界でひらがな5文字が流行ってんの?

映画『あさひなぐ』 公式サイト

映画『あさひなぐ』 公式サイト I キャスト・スタッフ

イントロダクション
第60回小学館漫画賞を受賞した人気コミック「あさひなぐ」がついに映画化!主人公の東島旭役には映画初主演の西野七瀬、旭が憧れる先輩・宮路真春役に白石麻衣、二人の最強のライバル・一堂寧々役には生田絵梨花を迎え、桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華ら乃木坂 46メンバーが"美の武道"なぎなたに初挑戦!さらに、『チアダン』の富田望生をはじめ、中村倫也、森永悠希、角替和枝、江口のりこら実力派俳優陣が個性的なキャラクターを演じる。監督は『ヒロイン失格』など数々の大ヒット作を手掛けてきた英勉が務め、"なぎなた"に全てをかける女子高生の青春をみずみずしく描いた感動作!!

ストーリー
春、元美術部で運動音痴の主人公・東島旭は、二ツ坂高校へ入学する。旭は1つ先輩の宮路真春と出会い、その強さに憧れ"なぎなた部"入部を決意!同級生の八十村将子、紺野さくら、2年生の野上えり、大倉文乃と共に部活動をスタートしたが、"練習は楽で運動神経がなくても大丈夫"―そんな誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの!やがて3 年生にとって最後となるインターハイ予選を迎える。順調に勝ち進んだ二ツ坂だったが、決勝でダークホースの國陵高校に敗れてしまう。なかでも國陵の1年生エース・一堂寧々の強さは圧倒的だった。野上新部長のもと再スタートを切った二ツ坂は、山奥の尼寺で僧侶・寿慶(江口のりこ)の厳しいしごきによる、地獄の夏合宿を経て一回り大きく成長し、挑んだ秋の大会。再び二ツ坂の前に宿敵國陵高校と一堂寧々が立ちふさがる。そこで、二ツ坂にとってまさかの出来事が―。真春は部活動に姿を見せなくなり、精神的支柱を失った二ツ坂はバラバラになってしまう。そのとき、旭は ……。物語はクライマックスへ向けて大きく動き出す―。




乃木坂さんは盗撮被害の橋本奈々未さん以外全く知らないので、江口のりこを除く出演者の誰が乃木坂で誰が非乃木坂なのかさっぱり分からず、それが幸いし先入観なしで楽しめました。公式サイトのキャスト欄見ても誰が乃木坂か書いていないので未だに分からないのですが、高校生役は全員乃木坂でOK?でも流石にあの太いのは乃木坂じゃないよね?メガネは置いといて、凛とした茶髪パイセンはさっさとアイドル止めて本格女優を目指すべき内容。

その若いキャストさん達ですが、大根云々以前に話が面白いので全然気にならないし、川栄並に商用作品レベルに達した演技力あります。惜しむらくは薙刀シーンはデジタルエフェクトを駆使するなど、もうちょっと工夫が欲しかった所存。あまりに平面過ぎ。卓球娘やオールアウトと同じく最後は練習試合で終わりまして、可能性があれば続編に含みという塩梅なのでしょう。

ということで、アイドル色を排し好評判だった「【映画評】ちはやふる<上の句> 【映画評】ちはやふる -下の句-」と比べても内容に遜色なく、「ちはやふる」に満足した映画ファンには胸を張ってお勧めしますが、興行的には同作よりツーランク程度下回っている模様でして、やはり「乃木坂」フィーチャーは一般の映画ファンからイロモノ・アイドル映画的に扱われるのでしょうね。そもそも何を狙ってこの映画作ったんだろう?「【映画評】桐島、部活やめるってよ」みたいに普通に実力派若手女優集めて、乃木坂の茶髪先輩だけ混ぜて、群像劇スタイルにすれば大ヒットしていたのでは?

総評としては結果オーライ的に非常にいい作品です。続編があれば是非観に行きたい。

満足度(5点満点)
☆☆☆

あさひなぐ(24) (ビッグコミックス)あさひなぐ(24) (ビッグコミックス)
こざき亜衣

小学館 2017-09-12
売り上げランキング : 61

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あさひなぐ(23) (ビッグコミックス)あさひなぐ(23) (ビッグコミックス)
こざき亜衣

小学館 2017-05-31
売り上げランキング : 487

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あさひなぐ(22) (ビッグコミックス)あさひなぐ(22) (ビッグコミックス)
こざき亜衣

小学館 2017-02-28
売り上げランキング : 466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)映画 
Edit








コメント

この漫画面白いよ。

当初はテンポが今ひとつでしたが、次第にハマりました。

スーパーおねーちゃんをもう少し人間離れさせても、と個人的意見。

男のバンカラとはだいぶ違うけど、学生時代を思い出させてくれました。


なんせ、長い長い学生時代に知り合った、某女子大のお姫様ってな子が

薙刀の遣い手で、もう少し仲良くして居たら…、と残念で、ウルウル。

Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年09月29日 15:59
茶髪先輩って誰ですか?
茶髪いっぱいいてわかんなっす。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年09月29日 21:16
あの太い人は
あさひなぐ
ポエトリーエンジェルポエトリーエンジェル
チア☆ダン
モヒカン故郷に帰る
ソロモンの偽証 後篇
ソロモンの偽証 前篇
などにも出演している売れっ子の富田望生さんですよ。
Posted by worldwalker's weblog(・∀・)! at 2017年09月30日 00:20
モヒカンは観たけど全然覚えてない
Posted by bob at 2017年09月30日 10:54
昨日は「ギフト 僕がきみに残せるもの」を見ました。
映画レビューを見ると、感動した、素晴らしいなどのことばがたくさん並んでいますが、自分はとても素晴らしい、感動したなどとは言えないし、思えませんでした。

本日は「ドリーム」を観ようと思いましたが、日曜日で映画サービスデーということもあって、各劇場のチケットがソールドアウトしており、見るのは無理と思い、木曜日に見ることにしました。
Posted by worldwalker's weblog(・∀・)! at 2017年10月01日 09:53
ギフトダメだったんですか?前評判はいいのに
ドリームは私も観に行きます
Posted by bob at 2017年10月01日 10:25
  ※ コメント認証制です。URL記述不可。久保田直己さんの名誉を毀損したり誹謗中傷する書き込みは固くお断りします。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。