2017年08月30日

【映画評】ワンダーウーマン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

ワンダーウーマン 75周年記念エディション [Blu-ray]
ワンダーウーマン 75周年記念エディション [Blu-ray]

マーベルに大きく水を開けられた駄作連発DCが背水の陣でお届けする、ジューイッシュ姫と共にポリコレ棒でドイツ帝国をぶちのめせ!アベ政治を許さない系超大作映画。
“正義のヒロイン”似合わぬ『ワンダーウーマン』主演女優のコワモテ素顔、日本の映画ライター達の平和ボケ(志葉玲)
『ワンダーウーマン』、日本の映画ライターが書かない暗黒面―イスラエル最強のソフトパワー(志葉玲)
ガル・ガドット──イスラエルから来たワンダーウーマン | editeur エディトゥール

映画『ワンダーウーマン』オフィシャルサイト

イントロダクション
史上最強の女性スーパーヒーロー、登場!

バットマンが「地球上で最強」と認めたアメコミ界ぶっちぎりの美女戦士、その名は「ワンダーウーマン」!いよいよ2017年、史上最強の女性スーパーヒーローが誕生する!1941年、DCに初登場した、ひとりの女性ヒーロー、ワンダーウーマン。アメコミ史上初となる女性キャラクターであり、その後75年以上も不動の人気を誇る彼女のストーリーが今回、超・待望の実写化に成功した。全世界初登場ぶっちぎり癸院空前の大ヒットを超えて、社会現象へと。「スパイダーマン」「パイレーツ・オブ・カリビアン」を超え[2017年、夏の大作で一番気になる作品ランキング*]でNo.1となった。さらに、「美女と野獣」「ラ・ラ・ランド」を超えて、全米では2017年Tweetされた映画癸院全米女性監督歴代興行収入癸院アメコミ映画に最高傑作に並ぶ!Rotten Tomatoes 批評家92%、観客92%(2017年6月19日時点)。

ストーリー
美しく、ぶっ飛ばす!!
ワンダーウーマンが生まれたのは、女性だけが暮らすパラダイス島。ダイアナ(ワンダーウーマン)はその島のプリンセスだった。ある日、不時着したアメリカ人パイロットを助けたことから、外の世界で戦争が起きていることを知る。彼女は自身の力で「世界を救いたい」と強く願い、二度と戻れないと知りながら故郷をあとにする……。そんな彼女は、初めての世界で何を見て、何のために戦い、そして、なぜ美女戦士へとなったのか!?




当ブログの輝かしい「DCエクステンデッドユニバース作品」鑑賞歴を紐解きますに
【映画評】マン・オブ・スティール 2013.08
満足度(5点満点)


【映画評】スーサイド・スクワッド 2016.09
満足度(5点満点)


結論から申し上げますと本作も
満足度(5点満点)


なんかね。もう話が壊滅的に面白くない。テンポ悪い。単調なのに無駄に長い。説明過剰。設定ガバガバ。終盤のシリアスシーンも睡魔を誘うレベル。続編ありきか何か知らんけど悪い意味で手抜き感満載。

脇のキャラクターも全然描かれていないので深みもなくペラペラ。師匠、秘書、仲間。ラスボス。
アクション導線があまりに直線的。動きに「タメ」がないので昭和の手塚アニメみたい。

つかなんで「ナチス」を叩くの?「インディアナ・ジョーンズ」みたいに、脚本がある程度史実に依拠しているなら必然性として仕方ないけど、架空の世界観でなんでわざわざ「ナチス」なの??しかも主演嬢が元イスラエル軍の兵士って、作っている奴の脳内がポリコレ過ぎて気持ち悪い、アメリカ版しばき隊映画。

しかも公開前に監督馘首、主演のガル・ガドッド嬢のギャラは「三作まとめて90万ドル」というAV女優並のお得契約〜薄給だそうで、全然期待していなかった本作の予想外の大ヒットにDCもびっくりしているそうです。変な会社。
大ヒット映画『ワンダーウーマン』、主役ガル・ガドットのギャラは激安 | BUSINESS INSIDER JAPAN
予想外の超大ヒット映画『ワンダーウーマン』、配給会社の失策にブーイング | BUSINESS INSIDER JAPAN

追記:ナチスでなくドイツ帝国でした。余計ダメやん ><






毒ガス博士顔面損壊の件は確かに気になったけど経緯の説明も作中でないし、続編に何か繋がるのかなぁ?とか思ってスルーしていました。ちなみに原作未読。

ワンダーウーマン 75周年記念エディション [Blu-ray]ワンダーウーマン 75周年記念エディション [Blu-ray]

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2017-07-05
売り上げランキング : 1254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(6)映画 
Edit








コメント
>アメコミ史上初となる女性キャラクターであり、その後75年以上も不動の人気を誇る彼女のストーリーが今回、超・待望の実写化に成功した。


大昔にテレビドラマで実写化しとるやろ。
日本でも放送してたし。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年08月30日 17:00
ガル・ギャドットの出演作品はけっこう見ています。
「ワイルド・スピード」シリーズと、
「トリプル9 裏切りのコード」、
「クリミナル 2人の記憶を持つ男」、
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
「ワンダーウーマン 」。
「クリミナル 2人の記憶を持つ男」はおもしろかったです。
Posted by worldwalker's weblog(・∀・)! at 2017年08月30日 18:11
なんか日本アニメのなんでもかんでも女体化とかぶって見える
どこの民族もやる事も行き着く所も大して変わらないんだね・・・
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年08月30日 20:41
なんで観に行ったんすかねぇ・・・
Posted by 名無し at 2017年08月31日 03:30
大昔のドラマも敵は、ナチスドイツだったろ?
原作よめや!
Posted by やま at 2017年08月31日 09:12
この綺麗なねーちゃん、クリミナルに出てたなんて今知ったw
Posted by 名も無き友愛伝道師 at 2017年09月05日 01:07
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。