2017年07月05日

【毎日新聞】市議会で記事批判され傍聴席で大興奮!議会棟内で発言市議を探し回り大暴れ。前代未聞の暴力行為〜市議連名で被害届提出

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

マスコミがやってきた!―取材・報道被害から子ども・地域を守る
マスコミがやってきた!―取材・報道被害から子ども・地域を守る

勝野記者は「国民の代表」なんだから、そういう自覚を持って仕事しないとね。
【加計学園騒動】愚民善導系ジャーナリスト清水潔先生「菅官房長官は国民の代表『東京新聞 望月衣塑子ちゃん』に謝罪せよ」

毎日新聞に福岡・春日市議13人が抗議文「記者が威圧的行為」 - 産経ニュース

 毎日新聞の60代の男性記者が、福岡県春日市議会で一般質問をした内野明浩市議(56)に威圧的行為をとったとして、同市議会(定数20)の13人が連名で、毎日新聞に抗議文を提出することが4日、分かった。文書は記者の行為について「市議会における発言の自由を脅かすもので、決して許されるものではない」としている。

 内野氏や複数の市議によると、6月21日の本会議一般質問で、内野氏が毎日新聞の記事について「読者が誤解しやすい内容での報道」と発言した。これに対し、記事を書いた記者が傍聴席で声を上げ、その後、議会棟内にいた内野氏に「誤解とは何だ」などと言い、片手で胸を押すように突いたという。

 ある市議は「議会棟内で、記者はひどく興奮した様子で内野市議を探し回っていた」と証言した。

 内野氏は同27日、春日署に被害届を提出し、受理された。

 内野氏が指摘したのは、6月13日付(毎日新聞西部本社発行)の地域面で掲載した「春日市長、反対討論『撤回を』」の記事だった。

 内野氏は産経新聞の取材に「偏った意見ではなく、真実を確認して記事を書いてほしいという思いで発言した。記者は威圧的な態度で、私の発言を封じようとしているように感じた」と話した。

 抗議文は5日にも提出する。毎日新聞西部本社代表室は「傍聴席から不適切な発言をしたことは認めており、厳重に注意した。本人に胸を突いた認識はない」とコメントした。

春日市長:反対討論「撤回を」 教育長人事で議長に要望 「意見封鎖」反発議員も /福岡 - 毎日新聞
2017年6月13日 地方版

 春日市の3月定例会で、教育長の4期目就任に同意を求める人事案件での反対討論に対し、井上澄和市長が議長宛てに議員の一部発言の撤回、修正などを求める要望書を提出した。閉会後の要請に法的根拠はなく、議員から「反対意見を封鎖しようとするもの」「議員の発言の自由が制限される」と反発があり、識者から「議会の自律権への不当な関与では」と疑問の声が出ている。

 人事案件では、コミュニティースクールを全国に先駆けて進めた山本直俊教育長(74)の4期目就任に同意を求めた。近藤幸恵(さちえ)議員が小学校長の覚醒剤事件の監督責任など4点を挙げ反対討論をした。賛成17、反対2で可決された。

 要望書は「近藤議員が説明した内容は、執行部が把握している事実と乖離(かいり)し、その認識とも大きく異なり、議案との関連が明確ではない。教育長の人格、信用を大きく傷つける」とし「説明、当該発言の撤回、修正を求める」とした。議会の対応がなければ「市議会の自浄能力を疑われかねない。議会と執行部との信頼関係をも損ねる」とし、4点について執行部の反論を書き、近藤議員に説明を求めた。

 議長は、対応を議会運営委員会(議運)に諮問し、議運は協議を重ねた。「要望を受けると、議会の活動が制限される」などの声が上がり、「会期の不継続の原則」や市議会会議規則で発言の撤回、修正は会期中にしかできないことから「発言の撤回や削除はできない」ことを確認。しかし、市長支持派の議員から近藤議員に説明を求めるべきだとの意見が出て採決の結果、近藤議員に文書回答を求めることになった。

 近藤議員は「議会での議員の発言は原則として制限を受けず、発言は十分に保障され尊重されるべきだ」として「回答は差し控えたい」とした。今後については13日の議運で協議する。【勝野昭龍】

勝野記者の過去記事参考貼付。

支局長評論:山口 自戒 /山口 - 毎日jp(毎日新聞)

最近、報道のあり方で腹の立つことが多い。

 直近では、女性とのゴルフ旅行がばれてやめてしまった官房副長官について麻生首相の答えを報じるニュースだ。

 「健康上の理由だ。健康まで任命責任なのか分かりかねる」。女性問題でやめたのは誰の目にも明らかだ。こんな姑息(こそく)なことを思いつく輩(やから)がいることが悲しい。積もり積もって、政治不信を招いていることに気づかないのだろうか。そして、筋書き通りにしゃべって、翌日訂正するはめに陥る首相なんて……。

 こんなときこそ一工夫すべきだ。映像をそのまま流すのではなく、ちょっと解説や風刺を混ぜる。著名なキャスターには、パンチの効いた一言があってしかるべきだ。

 副長官問題をスクープしたのは週刊新潮だった。この週刊誌にも別件で腹が立った。「実名告白手記・私は朝日新聞阪神支局を襲撃した!」という連載だ。当事者でもある朝日新聞が、先に筆者と接触し信用できないとしていたにもかかわらず、連載を続けた。揚げ句の果てに「こうして『ニセ実行犯』に騙(だま)された」という一文で決着を図ったのである。

 実に不愉快だ。記事は、一つの情報で書くことはない。ある人から重要な情報がもたらされれば、必ず他の人にも当たって確認をする。これは報道に携わる者の常識だ。それをおろそかにしておいて、ひとのせいにするとは。自殺行為だ。

 もう一つは、民主党の小沢前代表の問題だ。郷原信郎・元長崎地検次席はこう指摘する。「メディアの責任も大きい。検察捜査と政治の関係という事件の本質を問わず、政局の問題に単純化し、小沢辞任論に走ってしまった」(14日朝日新聞オピニオン欄)

 その通りだと思う。本質を問わずして「小沢代表は辞めるべきか」と一般に問えば「やめるべきだ」と答える人が多いのは目に見えている。<山口・勝野昭龍>

〔山口版〕

毎日新聞 2009年5月18日 地方版

マスコミがやってきた!―取材・報道被害から子ども・地域を守るマスコミがやってきた!―取材・報道被害から子ども・地域を守る
人権と報道関西の会

現代人文社 2000-01
売り上げランキング : 561926

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









コメント
全身が憤怒で構成されている感じ。

・俺様=世界正義の代弁者??
・”紙面”は偉い
・そもそも毎日
この辺、当人はどう思ってるんでしょうね?
Posted by んんー at 2017年07月05日 15:02
記者様はまず自分の書いたもの見直して鏡見ろ
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年07月05日 15:09
会派とか細かい事までわかりませんが、当事者から見れば恣意的な物の書き方だったって感じなのかな?
が、その後の行動(火病)がいただけないですね まあでも、好き放題書いて書き逃げが許されるって思ってるのであれば、思い上がりも甚だしいし、それをつつかれて火病は大人の態度ではないwまして市民を「善導」する身なのだからw

小さな突破口かもしれないですけど、これで全国的に色々問題提起されていけばいいですね それ以前に、利害関係とかあれば完全にOUTですが(思想的背景まではさすがに洗えないでしょうけど
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年07月05日 15:22
毎日新聞西部本社代表室は、認めた事実に基づく謝罪ぐらいできないのか。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年07月05日 17:31
「記事は、一つの情報で書くことはない。ある人から重要な情報がもたらされれば、必ず他の人にも当たって確認をする。これは報道に携わる者の常識だ。それをおろそかにしておいて、ひとのせいにするとは。自殺行為だ。」

お前らにそんな常識があったとは知らなかったわwwww
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年07月05日 18:13
>毎日新聞西部本社代表室は、認めた事実に基づく謝罪ぐらいできないのか。

謝罪したら負けのコリアン文化により絶対に謝罪しませんw
日本人じゃないからw
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年07月05日 19:26
認識がなければ犯罪でない。by毎日新聞。

×記者を萎縮させてしまう可能性がある。
◯記者を増長させてしまう。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年07月05日 20:11
日本中で一致協力した

「マスコミへのネガティブキャンペーン」が必要
徹底的に叩かなきゃいかん
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年07月05日 20:44
典型的なパヨク記者じゃんw
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年07月05日 21:33
地方議会なんて、国会よりも更に人気取りの「ショー」でしか無い。議会内でののしり合いのようなやり取りしていたかと思うと、野党議員と与党議員が「さっきのは良かったな。ワハハ」とか笑いながら、議場から出てくるからね。クリーニング店や酒屋の片手間に「市民の代表(議員)」しているのに過ぎないよ。役人が作った案に「賛成するだけ」で問題提起出来るような政治家はいない。良くも悪くも一般人。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年07月06日 03:55
 件の記者は取材拒否された腹いせに民家のドアを蹴った他の記者みたいに議場のドアを蹴っ飛ばさなかったの?
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年07月06日 11:22
マスコミが国民の代表を名乗るのならば、選挙を実施しなければ・・・

報道機関として認められるかどうか、都道府県別で投票を実施する
(最高裁判所の投票みたいな感じになるのかな?)

そこで、一定以上の票を集められないと、国民の代表としてではなく、資本主義下における事業と位置づけられて、現状の法律をきちんと守っているか?をより厳しく査察する様にすればいいのかも
(外国人資本比率とかをより厳密に)
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年07月08日 13:03
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。