2017年06月23日

【訃報】小林麻央さん ガン闘病死 享年34

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

女性のがんの本当の話 - がん専門女医と先輩患者からの本音のアドバイス - (頼りになるお医者さんシリーズ)
女性のがんの本当の話 - がん専門女医と先輩患者からの本音のアドバイス - (頼りになるお医者さんシリーズ)

謹んでご冥福をお祈り致しますが、センチメンタルな話も大切ながら治療の経緯がなんかもしゃもしゃしますねぇ。



小林麻央さん亡くなる | NHKニュース
6月23日 11時46分

歌舞伎俳優、市川海老蔵さんの妻で、乳がんの治療を続けていることを公表していたフリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなりました。34歳でした。
小林麻央さんは東京出身で、大学生のころから芸能活動を始め、民放のバラエティー番組にレギュラー出演したり天気情報のキャスターを務めたりするなど、タレントとして活躍しました。
大学卒業後はフリーアナウンサーとしてニュース番組の司会などを務め、平成22年に歌舞伎俳優の市川海老蔵さんと結婚しました。

その後は芸能活動を控えて2人の子どもの子育てに専念していましたが、去年6月、夫の海老蔵さんが会見し、麻央さんが乳がんと診断されて2年近く治療を受けていることを明らかにしました。去年9月にはブログを開設して、闘病生活や家族とのやり取り、それに日々の心境などを詳しくつづり、大きな反響を呼びました。
11月にはイギリスの公共放送BBCが、このブログががん患者だけでなく多くの人を勇気づけたとして、麻央さんを世界の人々に影響を与えた「ことしの女性100人」に選んでいます。

ブログによりますと、麻央さんは手術や放射線治療を受けたあと、ことし1月には退院の報告をしていましたが、4月に再び入院したことを明らかにしていました。その後、先月29日に退院し、在宅医療を続ける様子をつづっていました。

(中略)

患者増える 乳がん
乳がんは女性のがんの中で最も患者数が多く、食生活の変化などの影響から患者は増え続けています。国立がん研究センターの推計によりますと、平成24年は7万4000人が新たに乳がんと診断されていて、女性のがん全体のおよそ20%を占めています。患者は若い人にも多く、30代から増え始めて40代後半から50代前半がピークとなり、仕事や出産など女性の生活に深刻な影響を及ぼします。

早い段階で見つけて適切な治療を受ければ治療成績はよく、去年、国立がん研究センターが発表した5年相対生存率は、がんが乳房にとどまっている場合は98.9%だった一方、別の臓器などに遠隔転移している場合は33.7%となっていました。症状が進行すると骨に転移することが多いがんのため、手術や放射線治療、それに薬物療法といった基本となる治療のほか、骨折を防ぐために骨の修復を促す薬が使われることもあります。

No. 2284「小林麻央さんの乳がん報道について(当院患者さんへ)」|乳がんのことなら「ベルーガクリニック」乳がん検診・検査【東京/埼玉】の乳腺外科クリニック

当院で乳がんを診断された方へ記載してます!!
 最近、患者様から小林麻央さんのブログについてのご質問をいただき、ご質問のほとんどが類似してますので、大まかにまとめます。(一部一般論と推測も含みます。)

2014年2月にP人間ドックにて、左に乳がんを認め、港区のT病院に精密検査目的で紹介され、当時、乳腺外科部長が診療し、乳瘤と判断。その理由は病変が大き過ぎたとのことです。ブログでは2名の専門医での診断と記載されてるので、K部長と女医のT先生の診断だと思います。良性にも関わらず、念の為に半年後の経過観察を指示されます。ご本人は2か月遅れ受診、エコーで腋窩リンパ節の転移が多数見られ、乳がんを乳瘤と誤診していたことにこの二名の医師が気付き、T先生が針生検をしたのでしょう。その結果、stage3の乳がんを診断したと考えます。抗がん剤治療と手術を提案したが、同意は得られず、この病院を去られました。この間に女医のK先生が最後は関わっていたと思われます。(但し、この時点での遠隔転移の検査は不十分で、この時点での転移は骨はあったかもしれません。)2014年11月から2016年春までは標準治療は受けず、おそらく非標準治療と言われる亡くなったお相撲さんや女優さんが行ったような治療をされたと思われます。

 一番患者様が気にされているM浦先生はこの件には一切関わりはありません。小林麻央さんの件自体も知らされてなかったのでご安心下さい。その証明にここの関連の医師を明確にしました。

 2016年にS病院に乳がんが皮膚から飛び出て潰瘍化した通称『花咲き乳がん』という状態で受診され、肺転移、骨転移も併発してたのでしょう。緩和ケア科の適応となり、腫瘍内科との共同の治療をされ、根治という事は不可能なので、延命を目的とした抗がん剤治療をされたのでしょう。

 K大学病院に転院され、最近になり、抗がん剤の効果があまりなくなりってきたと思われます。花咲き乳癌は、組織の壊死を伴うため、組織が腐っている状態の為、腐敗臭が酷く、これに悩まされていたのでしょう。そのため、抗がん剤投与を一時中止して、腫瘍の切除できるだけ切除したのでしょう。実際の局所のコントロールとは花咲き乳がんでも抗がん剤治療で非常に小さくなり、完全切除できる状態になり、stage4でも乳がんと共存できる方に行うもので、少し局所のコントロールとは違うと思います。尚、逆に考えると今回の手術は余命を短くした可能性の方が大きいと思います。抗がん剤の効果が低くても継続した方が間違いなく生存期間は伸びたと考えます。この判断は、手術をした先生がしたのか、腐敗臭に耐えられなくなった患者さんの希望かは解りません。娘さんの12月の誕生日を迎えるのはこの手術のために厳しくなったかもしれません。

 また、彼女のようにルミナルBタイプの乳癌で、遺伝子検査で遺伝性ではなくとも、生活様式が子供のころから同じだと家族内発生が上がります。これは母親とは無関係とは一概にいえません。つまり、以前に記載したように遺伝子検査をしても、家族内に乳癌がおられる方は安心にはならないのです。

 僕には『がんの陰に隠れないで』という事を言う医師には非常に違和感も感じます。当院の乳がんの患者様はこのようなブログや情報を真剣に受け止めないようになさって下さい。真面目に治療しても、このような結果になると勘違いを生じます!

掲示板 | 乳がん検診・検査のベルーガクリニック

 ご投稿ありがとうございます。

 私個人的な意見としては、あのブログは真面目にエビデンスに従い治療しておられる他の乳がん患者さんにとって迷惑だと思います。また、多くの患者さんに勘違いをもたらしてます。不安を煽るようなブログは私は辞めて頂きたいと思います。また、授乳中や検診不要な年代にまで、その影響で検診を受ける結果も生じてます。一般の方は検査のメリットしか見てません。検査には不利益も一杯あります。そこまで理解して、ブログを読まれてる方が何人居られるか心配です。このブログは癌発覚から始めたものならまだ仕方ないと思いますが、本当のend stageから始めるものではないと思います。しかも、内容もご自身の都合の悪い事は一切でないので、多くの健康な方や乳がん患者さんに不安を煽るだけだと思います。 実際2014年2月〜2016年までどこでどんな治療何をしていたが一切書かれません。どう考えても多くの方が行う標準治療はされてないように思います。真面目にエビデンスに基づく治療を頑張ってる方に勘違いを生じることを危惧します。本当に最初から真面目に治療した方しか奇跡は起こらないと僕は思います。僕はブログをするんだったら、経時的に正直に記載して欲しいです。ブログに公表されているようにルミナルBタイプで最初に腋窩リンパ節転移しかないなら、一般的には2年そこそこでこのような状況にはなりません。北斗さんの時はどちらかというと同情的な気持ちになりましたが、今回はそういう気持ちにはなれません。

 尚、貴女が考えてるような一流の医師団の元や最先端の治療は行われてないと思います。平均的なレベルの医師が他の方と同じ程度の治療がされていると思います。また、この状況では大した治療は出来ません。現状はヒスロンとステロイド投与程度の治療でしょう。最初から素晴らしい医師に出会えたら、こんな状態には絶対ならなかったと思います。当院で乳がんと診断され治療されている方の方がずっとレベルの高い標準治療をお受けになっていると自身を持って言えます。当院から乳がん治療で紹介させて頂いた患者様の治療内容は全て確認してます。

 一番覚えて頂きたいことは、標準治療をすれば『乳がんは恐ろしい病気ではありません!』殆どの方が治療できる病気となってきました。

 また、この回答を見て、色々な意見を言われる方も居られるでしょうが、それはそれぞれのお考えのでご自由にされれば良いと思います。

とりあえず海老蔵さんのブログも、麻央さんのブログもアクセス障害で落ちていますので、当ブログの数時間前RTで代替。

https://ameblo.jp/maokobayashi0721
http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa



女性のがんの本当の話 - がん専門女医と先輩患者からの本音のアドバイス - (頼りになるお医者さんシリーズ)女性のがんの本当の話 - がん専門女医と先輩患者からの本音のアドバイス - (頼りになるお医者さんシリーズ)
仲田 洋美

ワニブックス 2016-10-26
売り上げランキング : 244762

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
乳がんと診断されたらすぐに読みたい本  ~私たち100人の乳がん体験記乳がんと診断されたらすぐに読みたい本 ~私たち100人の乳がん体験記
豊増さくらと乳がん患者会bambi*組 高尾信太郎(兵庫県立がんセンター乳腺科部長、神戸大学医学部教授)

健康ジャーナル社 2014-03-06
売り上げランキング : 19196

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Posted by kingcurtis 固定リンクComments(29)訃報 
Edit








コメント
がん肝細胞説をとる。
発見される何年も前から、がん肝細胞が初発した際にその性質は決まっている。転移するものはしている。

治療によって苦しみ悲惨な最期だった。
放置すれば苦しまずにあと数年生きたと考える。
かわいい子だったのに残念です。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月23日 13:42
芸能界界隈では標準医療を拒否する人が多いのでしょうか。どれだけ医者が信用されていないのか。

ともあれ若くして、幼いお子さんを置いての死去、ご冥福をお祈りいたします。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月23日 16:54
ガンはあと数年で、劇的なほどの変化が検査、治療関係においてあるだろうと言われています。

ですが、日本に近藤誠という救い難いクズがいます。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月23日 20:58
凄い美人ですな。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月23日 21:53
不愉快だ>ベルーガクリニック
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月23日 22:11
最初に受診した病院で誤診されたことがボタンの掛け違いになったのかもしれんね。不信感から標準治療を退けてしまったのかもしれない。

まぁ、本当のところはわからんけど、若くして亡くなられたのはただただお気の毒。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月23日 22:28
>最初に受診した病院で誤診されたことがボタンの掛け違いになったのかもしれんね。
これ、つい最近整形外科の誤診で腰椎の椎間板ヘルニアを見過ごされようとしていた自分にとっては痛いほどよく分かります。
一度そういうことがあると、キチンとしたエビデンスを提示した上でのキチンとした説明聞いても
「あーはいはい、誤診誤診。どうせまた最もらしい理由つけて診断翻すんだろ」
と思ってしまい、素直に話が聞けなくなるんですよね…。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月24日 00:27
> がん肝細胞説をとる。

 ニュアンスは違うかも知れんが、癌(新生物)と言う一つの括りじゃあ無いと思う。ザックリ分けると「偽癌」と「本当癌」みたく。そもそもがん細胞なんつうのは、常に発生して、正常なら、免疫作用で次々と消える。しかも、抗がん剤が効く。これが「偽癌」。本当癌は、転移もあるが、同時多発的に発生して体力を奪うし、抗がん剤も効かない(もしくは効きにくい)。
癌患者は大体「自分が癌だと認めたくない」から、「何かしこりがある」場合でも、仕事が忙しかったりしたら再検査を遅らせたりする。これが大体アウトの主原因。川島なお美さんなんかの胆道癌なんかは、発生から3か月で膵臓、肝臓、肺、乳房に転移して半年で死ぬ。十二指腸閉塞で食事が満足に取れず、闘病生活唯一の楽しみの「食事」が取れず、精神的にもやられる。闘病の意志すら奪う。症状は出にくく出た時には余命3か月とか。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月24日 05:35
>日本に近藤誠という救い難いクズがいます。
あちこちのレスで見ますな
治療しなかったら穏やかにあと数年は生きられた筈と
なんの根拠もなく書き込んでいらっしゃる
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月24日 10:17
初診時の対応に対する不信感が、その後の医療不信・標準治療拒否につながっていたとしたら、本当に残念です。

標準治療については、現在最良の治療であると科学的に証明されているものです。(批判があるのは承知いたしますが事実です。)
ブログを開始された時点では、標準治療を施せる状態になかったようですので、本当に悔やまれます。

同じ病気の方、治療に携わる者の多くが気にかけていた存在でした。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月24日 10:46

何を大騒ぎしているのか、

ようわからん。

銭も名声もあったのだから、

ガンの名医トップスリーに

かかれば良かっただけでしょ。

貧乏な私なんかでも、一応有名な医師に診て貰い、

友人の仲間で医者の二人に意見聞くのに。

よう、わからん。


それに自分の親や子供、妻でもないのに、

皆さん、大事件のように考えて居るのも

よう、わからん。


あ、私の祖父は胃ガン、そして胃ガンの家系かも

なんて言われていましたが、全然違っていました。

祖父は原爆投下後の当日か翌日に

現地に入り、祖父の弟を探して一週間

毎日市内を歩き続けた為に、10数年後

内臓、特に胃腸がやられ、開腹してすぐに

あ、こりゃ、アカン、と閉じたと。

それから、翌日か数日後かに亡くなったのかな。

好きな酒が飲めないと、師走に次男に言ってから

僅か二ヶ月で亡くなりました。

お腹の中はドロドロだったそうな。

亡くなってから、半世紀以上後に知りました。

胃ガンの家系ちゃうやん、被爆者やんけー。

Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月24日 12:37
馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない

近藤誠先生は乳がんで乳房切除が標準治療だった時代に、乳房温存療法を確立させた医者なんだよね。
上記のコメントのように、一部の人からは蛇蝎のように嫌われているけど説得力がある。
少なくとも私は積極的放置派。
がん放置療法のすすめ―患者150人の証言 (文春新書)
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月24日 12:59
歌舞伎エッタ海老蔵の飯の種に殺されたマオってオチ。所詮、エッタは、エッタ。何十人も長男、長女居るんだから、マオなんてチンコのカスの一つ
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月24日 13:43
昨夜のニュースゼロ、気持ち悪かった。
桜井が泣いて声を詰まらせたり、過去の映像を流したり。
更には、小林麻央特集を来週するらしい・・・。
「ゼロファミリー」って。
何がしかの事情で、家族も友人も居らず、孤軍奮闘されてるガン患者には拷問の様な内容だと思った。
治療経過も疑問だし、「絆」みたいなのが強調されると、それだけで気分が悪くなる。
24時間テレビしかり、日テレって他局よりはマシって思うけど、こればっかりはホント気持ち悪いから
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月24日 13:51
これ、そんなに大騒ぎする話か?とは思うよ。
かわいそうだとは思うけどさ。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月24日 14:30
光浦だったら反応が違ったと思う。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月24日 18:55

15年以上も前から腐れ縁のネーチャン。

ほんの一年前に、乳ガンの手術を受けた。

で、付き添いに、と乞われて一週間。

何故か術後に優秀な執刀医師から、説明を

したいと言われ、切除したガン組織を見せられ

これで100%転移はありません、と。

でも、ネーチャンは今も放射線治療等々、

その医者や東西の名医の医者にかかっています。

死なへん、と言われたのに、恐怖だよね〜

おまけに、本人は中退したけど、国内最高峰の

大学の医学部2校に合格していたんだよね。

私は、本人の衣食住、ペットに原因があるのでは

ないか、と思っています。


昔は、モデルをアルバイトでしていた170cm超の

スタイル抜群の、おネーチャンなんだよね。

まだ、生きてるけど、転移しているやろな、、、。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月24日 21:23
無駄空白改行も不可にならんのだろうか
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月25日 12:13
なぜ、近藤誠がクズなのか。
それは現代の治療が「確率の治療」だから。
治癒確率の高い治療を優先的に行うことが「正しい」という観点で。
温存療法で、結果的に助かった人もいるかもしれない。
でも、マスの中で、それはどういう位置付けになるのか。
治癒確率の高い治療を優先的に行うことが、結果、より多くの命を救うことになる。
治癒確率の高い治療をより多くの人が行うことで、治療ノウハウが蓄積し
さらに多くの命を救うことになる。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月25日 21:44
日テレ=親北朝鮮

他局よりマシ? 他局同様に歪んでるでしょ
気持ち悪いと思って当然
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月25日 23:15
>当院で乳がんと診断され治療されている方の方がずっとレベルの高い標準治療をお受けになっていると自身を持って言えます。


そっか、自身か・・・誤字で台無し感
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月25日 23:16
>なぜ、近藤誠がクズなのか。
それは現代の治療が「確率の治療」だから

業界の方でしょうか。

傷の治療でさえ、最近まで、乾かすというばかげた治療を疑わずに続けて治癒を遅らせてきた業界ですからねぇ。
効果のない治療で、治癒を遅らせて利益を得ていた。
がん治療もそんなもんだと考えるのですよ。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月26日 12:50
>効果のない治療で、治癒を遅らせて利益を得ていた。
がん治療もそんなもんだと考えるのですよ。

あのね、ガン患者が死んじまったら、もう一銭ももらえないんだよ
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月26日 20:21
>あのね、ガン患者が死んじまったら、もう一銭ももらえないんだよ

だからぁ、致死性の患者はどう治療しようと死ぬよねぇ。
死なない性質を持つ腫瘍患者を、がんだと脅かして、不必要な治療を行って利益を得てるでしょ。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月26日 23:01
>だからぁ、致死性の患者はどう治療しようと死ぬよねぇ。
死なない性質を持つ腫瘍患者を、がんだと脅かして、不必要な治療を行って利益を得てるでしょ。

これどっから突っ込みゃいいんだ?致死性の患者?そりゃいつか人は死ぬが、初期癌の治癒や末期癌の延命治療は進歩してるよね。

>がんだと脅かして、不必要な治療を行って利益を得てるでしょ。

だから「確率の治療」なんだって。本当に不要か必要かは、「確率の問題」。医者は何でもお見通しの万能の神じゃないんだよ
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月27日 00:34
>初期癌の治癒や末期癌の延命治療は進歩してるよね。

後退していると思う。
寿命にたいして関係ない腫瘍を、がんとして治療して治癒したとしている。
一昔前までは、内視鏡で見つけたポリープをがんの前駆だとして切除していたよね。
末期がんの患者にはQOLを落として苦痛を与えて、数か月は延命させているかもしれないね。

がん検診を受けると、良性の腫瘍を見つけられてがん治療として無駄な治療をされる確率は高くなるわね。

>本当に不要か必要かは、「確率の問題」。

本人の問題。
放置が一番。QOLが悪くなってから考えればよい。
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月27日 17:33
まあ結局はお金=視聴率のためなんしょw
どうせなおらないなら感動やら悲劇ストーリーに
した方が儲かるし愚民の頭の中に残りやすいからねw
AV蔵は家族思いキャラを、姉も妹思いの自分アピール
できてしてやったりでしょう(笑)
もうリオンに殴られた話とかみんな忘れてるだろうな
いよっ流石税金2億もとい千両役者!(笑)
Posted by at 2017年06月27日 18:22
>後退していると思う。
寿命にたいして関係ない腫瘍を、がんとして治療して治癒したとしている。
一昔前までは、内視鏡で見つけたポリープをがんの前駆だとして切除していたよね。
末期がんの患者にはQOLを落として苦痛を与えて、数か月は延命させているかもしれないね。

あのーそれ、初期癌の治癒や末期癌の延命治療の進歩とは関係ない話。ダメダコリャ
Posted by 名無しさんはデマに苦しんでいます at 2017年06月27日 22:14
またカロリーの高い書籍を挙げてきますねw
Posted by 匿名 at 2017年07月02日 20:39
  ※ コメント認証制です。船井総研を誹謗中傷するコメント不可。自演、連投、電波、犯罪、差別、スパム、オカルト、船井幸雄、URL記述も不可。
※ 全角換算400文字超を入力するとコメント飛びます。要分割投稿。